Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Hiroyuki  Fukagawaさんのログブック(旅行記)「見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜」

見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜

2014-05-19 - 2014-05-19 25 125 4

最初にお断りをしておく。自分自身も写真を選んで加工して文章を練っても、“つまらんなぁ~”という感覚はずっ~とある。孔廟ということで孔子を祀った色々な建造物や石碑が広大な敷地に点在するのだ。孔子の教えやそこらの歴史には、ほとんど興味の無い私には、だだっ広すぎ。夏日で、暑すぎる天候でヘロヘロになっていたので、写真を見てもやる気の無さと義務感しか伝わってこん。ホントにこげなログを書いてて申し訳ないと思う。流れでここだけカットするすのもおかしいし、ひょっとして孔子フリークの方がいて、詳細を知りたいと思っているやもしれん(笑)
だからつまらんと思ったら、スルーしていただいてよかです。次回以降は、少しは精進して興味を引く内容を考えます。<(_ _)>

お気に入りに追加すれば、あとからいつでもこの旅行記を見返すことができます。

1日目2014/05/19

孔廟 山東省, 中華人民共和国 (中国)

孔廟(山東省, 中華人民共和国 (中国))|見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki  Fukagawaさん)

これだけ木々が生い茂っているが
何となく暑く、今一つ爽やかじゃなかとは、多分ビッシリト張り巡らされた、石畳の通路。
うち等日本人に石畳は余り体質的に受け付けられんのでは…( 一一)

  • 行ってよかった!

山東省(中華人民共和国 (中国))|「お昼ねタイムですかぁ!?
給料もらってるのに良かねぇ~仕事せんかぁ…
日本では考えられん光景やね。でも好きやなぁ~こげなおばさん、人生❛Take it easy❜ばいっ(笑)」見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki

お昼ねタイムですかぁ!?
給料もらってるのに良かねぇ~仕事せんかぁ…
日本では考えられん光景やね。でも好きやなぁ~こげなおばさん、人生❛Take it easy❜ばいっ(笑)

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

孔廟 山東省, 中華人民共和国 (中国)

孔廟(山東省, 中華人民共和国 (中国))|見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 02

だからベンチがあるのは有難い
爺様婆様御用達のみならず、私も結構ヘロヘロなので助かるね。

  • 行ってよかった!

孔廟 山東省, 中華人民共和国 (中国)

孔廟(山東省, 中華人民共和国 (中国))|見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 03

宮殿の朱と緑と石段
孔廟は孔子の死後2年目に作られ、孔子の遺品が納められとうちゃけど、ガイドなしの阿保親父だと、どの建物が何だか全然分からんとよね。

  • 行ってよかった!

孔廟 山東省, 中華人民共和国 (中国)

孔廟(山東省, 中華人民共和国 (中国))|見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 04

木の建造物は落ち着く
そして時代とともに変色・変質しているところに無常を感じるね。日本人には木やね。中国人はどうなんだろう…

  • 行ってよかった!

孔廟 山東省, 中華人民共和国 (中国)

孔廟(山東省, 中華人民共和国 (中国))|見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 05

孔子の遺物?
本物か弟子たちのものか…それともイミテ-ションか、書き写しか単なる文献か…全く分からんが、そんな施設(笑)

  • 行ってよかった!

孔廟 山東省, 中華人民共和国 (中国)

孔廟(山東省, 中華人民共和国 (中国))|見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 06

イメージは広大すぎる大寺院
それでも日本のは、其れなりにまとまってはいるが、もう孔廟は広大すぎますぜっ。
流石は中国歴代の皇帝達によって増築・補修された結果、宮殿のような壮大な建築群となっただけのことはあるね。

  • 行ってよかった!

孔廟 山東省, 中華人民共和国 (中国)

孔廟(山東省, 中華人民共和国 (中国))|見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 07

亀さんが孔子の教えを背負ってる?
全くの意味は不明だが、亀さんがユーモラスで一寸微笑ましかね。

  • 行ってよかった!

孔廟 山東省, 中華人民共和国 (中国)

孔廟(山東省, 中華人民共和国 (中国))|見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 08

廟というよりも宮殿だね
孔子の死後2年のうちに、孔子の家は魯の哀公により廟とされた…って。
でも此の朱色、塗りなおしとうよね。

  • 行ってよかった!

孔廟 山東省, 中華人民共和国 (中国)

孔廟(山東省, 中華人民共和国 (中国))|見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 09

工事おじさん
ヤッパ世界遺産もチャンと整備・補修はせんといかんよね。ご苦労さんです。<(_ _)>

  • 行ってよかった!

孔廟 山東省, 中華人民共和国 (中国)

孔廟(山東省, 中華人民共和国 (中国))|見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 11

達筆
数多くの建物の一部が、こんな感じで土産物屋にもなっている。大きさえ問題なければ、掛け軸とか欲しかところなんやけどね。

  • 行ってよかった!

孔廟 山東省, 中華人民共和国 (中国)

孔廟(山東省, 中華人民共和国 (中国))|見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 12

延々石畳の通路と木々の大行進
横には宮殿と間違いそうな大きな建造物も並走。

  • 行ってよかった!

孔廟 山東省, 中華人民共和国 (中国)

孔廟(山東省, 中華人民共和国 (中国))|見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 13

孔廟の寺院建築群は
紫禁城に次いで二番目に大きな歴史的建造物群だよ。敷地面積は16,000㎡におよび、木々に覆われた広大な敷地に高い大きな屋根の楼閣がいくつも突き出している。建物の部屋の総数は460もある…
だけん、回るとがキツクなるとよね。

  • 行ってよかった!

孔廟 山東省, 中華人民共和国 (中国)

孔廟(山東省, 中華人民共和国 (中国))|見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 17

展示物と土産物屋も共存?
外は暑いけど、中にはいれば涼しい。こんなところは石床だからなのかねぇ。

  • 行ってよかった!

孔廟 山東省, 中華人民共和国 (中国)

孔廟(山東省, 中華人民共和国 (中国))|見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 18

藍緑朱
それに黒や灰色なんかが絶妙にまじりあい且つ、月日を重ねている…朽ち果て具合が良い感じで時を刻んでるね。

  • 行ってよかった!

孔廟 山東省, 中華人民共和国 (中国)

孔廟(山東省, 中華人民共和国 (中国))|見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 19

朱より藍や緑が色合いが良くセンス感じるね
朽ち度がまた、味わいがあって良かぁ。

  • 行ってよかった!

孔廟 山東省, 中華人民共和国 (中国)

孔廟(山東省, 中華人民共和国 (中国))|見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 20

風が吹かない
気づいた…建造物に邪魔され、石畳で熱が更に籠っているので暑かったんだね。

  • 行ってよかった!

孔廟 山東省, 中華人民共和国 (中国)

孔廟(山東省, 中華人民共和国 (中国))|見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 21

こちらは柱の朽ち果て度が良かね
何でもかんでも、新しく綺麗に塗りたくるっ…てのより、よっぽど(・∀・)イイネ!!

  • 行ってよかった!

孔廟 山東省, 中華人民共和国 (中国)

孔廟(山東省, 中華人民共和国 (中国))|見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 24

一番癒された風景\(~o~)/
こんな小さな子が、孔子教えを学べば、中国が今後、礼節を重んじた国際関係を構築すること間違いなしっ(爆)

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

お気に入りに追加すれば、あとからいつでもこの旅行記を見返すことができます。

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

中国1人旅 in甘粛省、ウィグル

一人旅
中国1人旅 in甘粛省、ウィグル

2014-07-16 - 2014-07-26

  • 30
  • Seki
今回は、甘粛省の蘭州から新疆の伊寧まで12日間旅をしました。 2日に1回は移動していたので、結構あっという間でした。 今回の主な目的は「絶景」「国境」「名物料理」でしたが、すべて達成できて内容の濃い旅となりました。 新疆地区の料理は、また行ってはしごしたいです。笑

作者: Seki

  • 6
  • 3105

済南

一人旅
済南

2008-04-20 - 2008-04-25

  • 12
  • Akira Naito
上海を後にして向かった先は、別名「泉城」と呼ばれる済南。満州の後に青島に来てくれた友達が、この街に今いると言うのでその子に会いに行ってきた。雨に迎えられ、水路のほとりで浴びる程ビールを飲み、自分の失態から涙も流し。なにかと水に縁のあるところだった。

作者: Akira Naito

  • 3
  • 413

中国青島出張

美食・グルメ
中国青島出張

2015-03-22 - 2015-03-25

  • 6
  • Masaki Nagata
中国青島出張。 美味しい料理いっぱいです。

作者: Masaki Nagata

  • 0
  • 343

親父と二人旅in中国

家族旅行
親父と二人旅in中国

2015-09-03 - 2015-09-08

  • 3
  • 岩金 勇輝
6日間にも及ぶ中国旅行! 日本とこんなにも違うのに、文化や習慣がまるで違う。中国に行った事ない人は、是非行くべき!本当に楽しいかった!

作者: 岩金 勇輝

  • 1
  • 194

ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅


ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅

2011-10-04 - 2011-10-10

  • 15
  • Yuichi Kudo
船内見学編、観光編と記事を書いてきましたがまだまだ書ききれない思い出がたくさんあります。この記事ではそれらをできるだけまとめて紹介していきたいと考えています。室蘭を出発しウラジオストックから韓国の釜山、中国の青島、大連、そして天津へとクルーズ。その後天津から北京までは陸路移動となりました。旅の詳細部分を紹介します。

作者: Yuichi Kudo

  • 1
  • 351

ウラジオストックから韓国の慶州、中国の青島、大連、天津そして北京への船旅


ウラジオストックから韓国の慶州、中国の青島、大連、天津そして北京への船旅

2011-10-04 - 2011-10-10

  • 16
  • Yuichi Kudo
室蘭を出港し予想以上の揺れを体験しながらも、なんとか1日の終日クルーズを終え、いよいよウラジオストックに到着しました。早速観光をスタート。ここから韓国の慶州、中国に入り大連、青島、天津と見学し天津から陸路で北京に移動し見学するという旅です。豪華客船でのんびりゆったりとアジアの3か国を訪ねる旅を楽しんできました。

作者: Yuichi Kudo

  • 0
  • 307

ホテルから一歩も出たくなかぁ(´・ω・`)…世界遺産の孔廟へ行かねばならぬとしても


ホテルから一歩も出たくなかぁ(´・ω・`)…世界遺産の孔廟へ行かねばならぬとしても

2014-05-19 - 2014-05-19

  • 32
  • Hiroyuki  Fukagawa
毎回毎回、ヘロヘロになりながら中国世界遺産を全制覇を目指し回っている私。 第4次遠征でも曲阜の孔子関係(故郷)を回れば実質終わる。贅沢からは無縁の節約旅行を続けてきたが、ここ曲阜では困ったことがあった。それは経済型ホテル(2000~3000円)が全く取れなかったのだ。倍にしても無いっ…手配自体が数日前だったので、予約がとれないことを恐れて、清水の舞台から飛び降りた。シャングリアホテルを予約したのだ。1万円を超すホテルはマカオのあのふざけた(5★中1)ホテル以来だ。 快適な3時間以上の高速鉄道乗車後、紆余曲折の後にチェックインしたホテルは… 2度と泊まれぬホテルなので、ホテルの記載が多くて🙇

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 194

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

作者: Akira Naito

  • 10
  • 5164

見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜 見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜

見ていてつまらないかもしれん…本当の見どころは街にある…孔廟in曲阜 トップへ