Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Hiroyuki  Fukagawaさんのログブック(旅行記)「黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)」

黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)

2014-05-17 - 2014-05-18 27 361 19

ホノボノ、ノンビリの安徽南部の古村落「宏村」と「西逓」
国内・海外と問わず、これだけゆったりとした空気に包まれて、懐かしい景色を楽しんだことは無かった。飛ばしまくる白タクに乗って…?…1時間くらいで黄山市の老街に到着。運ちゃんは丁寧にもホテルまで探してくれたりして…エラク正規タクシーとは違う親切ぶり。泊まったホテルもレトロな古民家なみたいで○ 街並みも無理やりレトロにしてないところが心地よい。(対極は麗江古城!)道に寝そべるワンちゃんも可愛いね。お薦めの街並みだね。
★旅行代金~当時のレート
白タク(1日チャーター):400元(7200円)…?OK デポジットの100元は現金
宿泊          :180元(3240円)
炒め物+?(夕食)   :34元(558円)

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2014/05/17

Old Street Hotel Huangshan Anhui, 中華人民共和国 (中国)

Old Street Hotel Huangshan(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん)

中々味わいあるホテルの客室
ベットの大きさはこれくらいがちょうどよい。ブラウン管のテレビ…何にも問題なかぁ~
180元

  • 行ってよかった!
  • 予算:3240円

Old Street Hotel Huangshan Anhui, 中華人民共和国 (中国)

Old Street Hotel Huangshan(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 02

木戸でカーテンてのもお洒落やね
鏡や机もレトロな感じが良い。こんなホテルに泊まると大金はたいて、近代的なホテルに泊まるのが阿保らしく思える。('ω')ノ

  • 行ってよかった!

Old Street Hotel Huangshan Anhui, 中華人民共和国 (中国)

Old Street Hotel Huangshan(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 03

窓からの眺めは
但し、眺望の感動度はゼロ(笑)それでも、ぼろっちい瓦とかが、情緒あるといえるかもしれん。

  • 行ってよかった!

三馬路バス停 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

三馬路バス停(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん)

まずは敵情視察
明日朝出発に備え、最寄りのバス停調査。バスターミナルまでの路線があってホッ…(´・ω・`)

  • 行ってよかった!

老街1 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

老街1(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん)

夕闇迫る老街
この薄暮の時間帯は良いよね。石畳にホンマものの商店が続いているのが良い。欧州の街並みとは違う、アジアの古き良き街並み。麗江なんかの商売気100%に比べたら遥かに良い。

  • 行ってよかった!

老街1 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

老街1(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 02

大きな縫いぐるみみたい\(~o~)/
店の前の招きワンちゃん🐕
大型犬で穏やかでのんびりしてる風貌が良かよねぇ~癒させますぜっ。

  • 行ってよかった!

老街1 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

老街1(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 03

(˘ω˘)ワンちゃん
あんた、そげんとこで寝こかんで、ちゃんとしたところで寝りいよぉ~風邪ひくばい。

  • 行ってよかった!

老街1 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

老街1(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 04

土産物の屋というよりも
地元にも密着してるような感じもする。鮮やかな色彩が良かねぇ。

  • 行ってよかった!

老街3 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

老街3(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん)

でも私はお姐さんが好き(笑)
もう誘惑されて、思わず入りたくなるような綺麗なお姐さん💓 お金さえあれば、仲良しになれたんだがなぁ…中国元、500を切っててカードも使えんけん、泣く泣く見てパチリ📷だけ。

  • 行ってよかった!

老街3 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

老街3(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 03

あんた縫いぐるみやろぉ~
これだけワンちゃんたちが、ノンビリしとうとは、この街に“ワンちゃん可愛がり条例”があるに違いないっ。多過ぎ…でも癒されるね。🐕

  • 行ってよかった!

徽菜楼 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

徽菜楼(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん)

散々歩き回って入った食堂
どうもケバケバしいネオンに弱い弱い私(´・ω・`)

  • 行ってよかった!

徽菜楼 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

徽菜楼(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 03

店内
人民食堂ではあるが、イス・テーブルなんかの調度品は質が高そうで良かよ。

  • 行ってよかった!

徽菜楼 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

徽菜楼(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 05

炒め物に🍚
まさかゲテモノが出て来ることはなかろうが、漢字で分かりやすいものを注文。タケノコ・茎・ニンジン…その他いろいろ野菜に鶏肉だったかなぁ~美味しかったよ。
28+6元🍚、ボリュームもあり過ぎ(´・ω・`)

  • 行ってよかった!
  • 予算:578円

Old Street Hotel Huangshan Anhui, 中華人民共和国 (中国)

Old Street Hotel Huangshan(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 04

雰囲気の良かフロント
日本のメルヘンチックなペンションなんかに比べての、この堂々たる渋さ。大人の味ですわぁ。

  • 行ってよかった!

Old Street Hotel Huangshan Anhui, 中華人民共和国 (中国)

Old Street Hotel Huangshan(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 05

何か昔の豪商の館みたい…ホテルロビー
日本的に言うとペンション?古民家改装の民宿?…どちらにせよ、大規模ホテルよりも温かみがあって全然良かぁ~

Old Street Hotel Huangshan Anhui, 中華人民共和国 (中国)

Old Street Hotel Huangshan(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 06

廊下の水墨画も渋かぁ~
下手な洋風絵画を飾るより,全然こっちの方が良かよね。(*^^)v

  • 行ってよかった!

2日目2014/05/18

三馬路バス停 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

三馬路バス停(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 02

市内🚌
最寄りのバス停から黄山のバスターミナルまで。
手すり等が黄色は良いんだけど、シートのプラスティクだけはねぇ( 一一)
2元

  • 行ってよかった!
  • 予算:36円

黄山旅遊集散中心 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山旅遊集散中心(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 02

時刻掲示板なんだけど…
実はチケットと時間が微妙に違っていて、少しは慌てた。それでも中国旅行で学んだとこは「まぁ~何とかなるやろぉ~細かいことは言わん!」

  • 行ってよかった!

黄山旅遊集散中心 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山旅遊集散中心(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 03

待合室
相変わらずのプラスティツクの椅子( 一一)
いや、そんなことよりも安全検査が、単に自分でX線機に入れるだけでなく、ボディーチェックとかまでされる…こらぁ~何か異変でも
(正解は次のログで 笑)

  • 行ってよかった!

黄山旅遊集散中心 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山旅遊集散中心(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 05

車内
シートは悪くはないが一寸古くはなっていた。乗車率は40%くらいかな。

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色

黄山
流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色

2014-05-16 - 2014-05-16

  • 33
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国人が憧れてやまない、黄山。中国の名山として五山があるが、その中でも最高峰の人気を誇る黄山。実は標高1810mでそんなに高くない。“山高きがゆえに尊からず”という名言そのものなんだなぁ(*^^)v それを十分に思い知るような、起伏に富み変化に富んだ名山だと思い知った。日本の山と比較すると男性的な尖がり、ごつごつした山であり、急峻と言う言葉が似合いそうだ。 但し、富士山の半分の標高はハードルを下げ、ロープウェイ完備ということも相まって、恐ろしい程の人混みでもあったよ。

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 415

ホテル従業員のお姉ちゃんの家に押し入り、白い粉強奪っ…( 一一) 激しすぎ?


ホテル従業員のお姉ちゃんの家に押し入り、白い粉強奪っ…( 一一) 激しすぎ?

2014-05-15 - 2014-05-16

  • 30
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産48全制覇を目論んでの第4次遠征。 今回は黄山麓のホテル周辺を歩いての、翌日バスターミナル事前調査とホテルに帰還後の白い粉分捕り作戦と夕食、最後は翌日の黄山制覇の前哨戦。 本来はホテルにスムーズに着いたので、体力温存が出来たはずなのだが…( 一一) ★旅費(1元=17円) 宿泊    128元 2176円 塩       2元   34円 荷物預け   20元  340円 黄山入山料 230元 3910円 専用バス   19元  323円 索道(片道) 80元 1360円 晩御飯    18元  306円 合計    497元 8449円

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 347

黄山で、一触即発!中国人民とは友好関係なるも、中国猿とは全面対決かぁ?

中国猿
黄山で、一触即発!中国人民とは友好関係なるも、中国猿とは全面対決かぁ?

2014-05-16 - 2014-05-16

  • 25
  • Hiroyuki  Fukagawa
最初にお断り<(_ _)> 位置は実際の所在地地点と、そこからの眺望した景色との2段構えになっとうとよ。どっちがどっちかは、今ではよう分からんから、自己責任で見てね。そして今回もどちらかと言うと備忘録的な自己中心主義。延々と同じような風景が続いて、すまんことです。関心が無くなったらスルーしてね。 霧は多少は晴れたが、そこで出現したのは、デカ中国猿。第3次遠征でも蛾眉山で遭遇するも、今回のは明らかに私を山道上で警戒拒絶…さてさて、て顛末はどうなることやら…(´ー`)

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 248

疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ

山小屋
疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ

2014-05-16 - 2014-05-16

  • 22
  • Hiroyuki  Fukagawa
やっと本日の宿泊地に到着しますよ…世界遺産の黄山の山歩き。 遭難とか滑落とかの危険は、殆どないモノのの、疲労に関しては蓄積しまくり。本音を言うと“風景とかどげんでっちゃ良かけん、早くホテルに着きたかぁ~” 恐らく2万歩は下らない程度の強行軍。だからホテル(山小屋)に到着は15時チョイ過ぎなんですわ…と言うより、他を回るのをキャンセルしたんですね。ココの判断だけは良かったと思いますね。そうじゃないと翌日死んでいますね(ノД`)・゜・。それと、山は高い…宿泊代も飯代も高いというのも実感。そこらは覚悟してね。 ★旅費 宿泊代(6人ドミトリー) 4615円 スポンジケーキ(晩飯)   595円(35元) 合計           5210円

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 267

読者は飽きているだろうが<(_ _)> 私は当日、全然飽き無し世界遺産・黄山

黄山
読者は飽きているだろうが<(_ _)> 私は当日、全然飽き無し世界遺産・黄山

2014-05-16 - 2014-05-16

  • 30
  • Hiroyuki  Fukagawa
お断り、今回まで読者にとっては、ダラダラした黄山のお馴染みの、風景が続くかもしれない。自分自身の備忘録的執筆なのでごめんなさい。 位置に付いては、相当に気を付けて確認しているので、一応信用しても良いかな。この経路は14時1分から15時26分までの山歩き。また地点に関しては、そのものの場合でもあるし、そこからの眺望ポイントの場合もあるので、そこらは理解の上で見てくださいね。

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 292

世界遺産、黄山~霧の中で進軍は続く…?…


世界遺産、黄山~霧の中で進軍は続く…?…

2014-05-16 - 2014-05-16

  • 29
  • Hiroyuki  Fukagawa
お断り<(_ _)> 同じような風景が続くと思う。行ってなくて、単に見るだけだと退屈し飽きると思うかも…どうぞ、そんな方は遠慮せずスルーで…今回次回は、何方かと言うと自己満足の備忘録的執筆なので、あまり面白くないかも。9時56分~10時59分まで、始信峰から北海賓館(泊まるんでなく通過だけ 笑)まで

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 291

飾らない原住民の生活がある…ユッタリと時が流れるのが良かぁ~黄山市宏村

安徽南部古村落
飾らない原住民の生活がある…ユッタリと時が流れるのが良かぁ~黄山市宏村

2014-05-17 - 2014-05-17

  • 27
  • Hiroyuki  Fukagawa
毎回毎回、個人旅行とは言いながら、ビッシリとスケジュールが入っていて、ヘロヘロになりながら中国遠征をしている。今回は第4次遠征10日間の6日目の午前の部。 ホノボノとした世界遺産「安徽南部の古村落」その中の宏村に来ている。 小雨の中、大池の水面に映る木々や建物、スケッチをする綺麗なお姐さん、鴨君たちの大行進…こんなに穏やかな時が流れているのは、久しぶりに味わった。勿論有名スポットなので、観光客は多いのだが、何かみんな穏やかだ。今回は熱いお好み焼を頬張りながら、原住民を見て動植物を建物をゆっくりと見る。黄山とは違うがここでも、美しき時が流れていた。

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 257

ご来光見れずにガッカリの私に、神様の粋な贈り物…黄山、水墨画の極地 (*^^)v

霧に煙る黄山
ご来光見れずにガッカリの私に、神様の粋な贈り物…黄山、水墨画の極地 (*^^)v

2014-05-17 - 2014-05-17

  • 29
  • Hiroyuki  Fukagawa
早朝の豪雨で目が覚めた。ご来光を楽しみにしていたのだが、相部屋の中国人の話では(適当意訳 笑)未だに雨が降ってるとのこと…2段ベッドの下段で、相当にガッカリしたね。やる気を失って、さっさと撤収し今日の安徽の古村落にかけようと思い、起床して下山の準備に取り掛かる。 そしてロープウェイの乗り場へ向かう…?…するとどうだろう。雨は小雨に変わり、霧の向こうに見えてきたものは……想像を絶するほどの、霧と雲とのグラデーションに包まれた黄山が!言葉が出ないほどの感動を受けた。水墨画の様な景色とは、こんなことだったのか?絶景とはこのことだったのか?生涯の中でガッカリが、これほどまでに感動に変わることは無かった。神様は粋なプレゼントをしてくれたものだ。

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 219

黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑) 黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑)

黄山市の旧市街~老街…何かしっくりくる、古い町並みが私に良く似合う(笑) トップへ