Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Hiroyuki  Fukagawaさんのログブック(旅行記)「疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ」

疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ

2014-05-16 - 2014-05-16 22 250 4

やっと本日の宿泊地に到着しますよ…世界遺産の黄山の山歩き。
遭難とか滑落とかの危険は、殆どないモノのの、疲労に関しては蓄積しまくり。本音を言うと“風景とかどげんでっちゃ良かけん、早くホテルに着きたかぁ~”
恐らく2万歩は下らない程度の強行軍。だからホテル(山小屋)に到着は15時チョイ過ぎなんですわ…と言うより、他を回るのをキャンセルしたんですね。ココの判断だけは良かったと思いますね。そうじゃないと翌日死んでいますね(ノД`)・゜・。それと、山は高い…宿泊代も飯代も高いというのも実感。そこらは覚悟してね。
★旅費
宿泊代(6人ドミトリー) 4615円
スポンジケーキ(晩飯)   595円(35元)
合計           5210円

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2014/05/16

Huangshan Mountain 黄山 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

Huangshan Mountain 黄山(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ(Hiroyuki  Fukagawaさん)

疲れをいやしてくれる🌸君
実際は疲労困憊していた。危険度は低いも疲労度は低くないけん、ほぼ1日の山歩きは、運動不足の50オイちゃんにはきつすぎだったよ('ω')ノ

  • 行ってよかった!

回音壁 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

回音壁(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ(Hiroyuki  Fukagawaさん)

回音壁
ようはエコーするって言うか、こだまするということなんかねぇ。

  • 行ってよかった!

回音壁 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

回音壁(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 03

下を見れば……
素晴らしい景色も気を抜くと…あの世への早道っ(-。-;)

  • 行ってよかった!

排雲亭 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

排雲亭(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ(Hiroyuki  Fukagawaさん)

遂に…ついに…ついに……
今夜の宿がある、“西海大渓谷”が表示に('ω')ノ

  • 行ってよかった!

真 黄山西海饭店 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

真 黄山西海饭店(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 03

凄かぁ~~まるで一流ホテルのごたぁ……
・・・て感動しながら、入ると……       いやいや……
ホテルだったんですわぁヽ(*'0'*)ツ
じつはですねっ、この「黄山西海飯店」には2タイプの宿泊施設があって、一つはこの写真の入口があるホテルタイプ…そう、ホテルなんですわぁ…
でもう一つが反対にあるドミトリータイプの宿泊施設…そう私が泊まる山小屋( `ー´)ノ

  • 行ってよかった!

真 黄山西海饭店 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

真 黄山西海饭店(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 04

お部屋はこんな感じ
一番乗りだから、領土と同じで先に声を挙げた者のかちっ…下を取りましたぜっ。

  • 行ってよかった!
  • 予算:4615円

真 黄山西海饭店 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

真 黄山西海饭店(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 15

2段ベッドから入口の眺め
いやぁ~こんな部屋に6人とはある意味、貴重な経験かもしれん。疲れ果ててもう19時前くらいから寝とったら、相棒らは皆中国人(←当たり前)で「何か日本人みたいよ」みたいな声が聞こえてきた。耳栓着用やったけど、22時半くらいには彼らも寝こいたみたい。

  • 行ってよかった!

真 黄山西海饭店 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

真 黄山西海饭店(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 05

ここらは山小屋の安っぽい、イメージ無しっ
そうそう、フロントのお姉ちゃん、流暢な英語しゃべりましたわ…(^∇^)

  • 行ってよかった!

真 黄山西海饭店 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

真 黄山西海饭店(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 06

渡り廊下
これが、人民階級とブルジョワとの境ですわぁ…行ってみるだけはタダですが
(左:山小屋~右:チャンとしたホテル)

  • 行ってよかった!

真 黄山西海饭店 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

真 黄山西海饭店(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 08

ホテル下の小川……
まさか大氾濫してこの岩とかが流れ着いたっちゃなかろうね?

  • 行ってよかった!

真 黄山西海饭店 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

真 黄山西海饭店(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 10

日本的な山小屋的な感じはゼロ
近代的な建物……内部には情緒感はないなぁ。

  • 行ってよかった!

真 黄山西海饭店 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

真 黄山西海饭店(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 11

白🌸ピンク🌸にグリーンがそろい踏み
美しか山中の風景に疲れも吹っ飛ぶ……なわきゃございません。(´・ω・`)

  • 行ってよかった!

真 黄山西海饭店 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

真 黄山西海饭店(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 13

前回も言ったが…
中国人は山頂でも立派な近代的な建物を造るんやねぇ~大変やったろうねぇ~ ある意味凄かぁ。

真 黄山西海饭店 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

真 黄山西海饭店(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 14

まぁそれなりのスポンジケーキみたいなのですが、値段がナナナナ……何と……

35元(約595円っ!)ヽ( )`ε´( )ノ

教訓:麓での食料調達、必須!

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色

黄山
流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色

2014-05-16 - 2014-05-16

  • 33
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国人が憧れてやまない、黄山。中国の名山として五山があるが、その中でも最高峰の人気を誇る黄山。実は標高1810mでそんなに高くない。“山高きがゆえに尊からず”という名言そのものなんだなぁ(*^^)v それを十分に思い知るような、起伏に富み変化に富んだ名山だと思い知った。日本の山と比較すると男性的な尖がり、ごつごつした山であり、急峻と言う言葉が似合いそうだ。 但し、富士山の半分の標高はハードルを下げ、ロープウェイ完備ということも相まって、恐ろしい程の人混みでもあったよ。

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 402

ホテル従業員のお姉ちゃんの家に押し入り、白い粉強奪っ…( 一一) 激しすぎ?


ホテル従業員のお姉ちゃんの家に押し入り、白い粉強奪っ…( 一一) 激しすぎ?

2014-05-15 - 2014-05-16

  • 30
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産48全制覇を目論んでの第4次遠征。 今回は黄山麓のホテル周辺を歩いての、翌日バスターミナル事前調査とホテルに帰還後の白い粉分捕り作戦と夕食、最後は翌日の黄山制覇の前哨戦。 本来はホテルにスムーズに着いたので、体力温存が出来たはずなのだが…( 一一) ★旅費(1元=17円) 宿泊    128元 2176円 塩       2元   34円 荷物預け   20元  340円 黄山入山料 230元 3910円 専用バス   19元  323円 索道(片道) 80元 1360円 晩御飯    18元  306円 合計    497元 8449円

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 295

世界遺産、黄山~霧の中で進軍は続く…?…


世界遺産、黄山~霧の中で進軍は続く…?…

2014-05-16 - 2014-05-16

  • 29
  • Hiroyuki  Fukagawa
お断り<(_ _)> 同じような風景が続くと思う。行ってなくて、単に見るだけだと退屈し飽きると思うかも…どうぞ、そんな方は遠慮せずスルーで…今回次回は、何方かと言うと自己満足の備忘録的執筆なので、あまり面白くないかも。9時56分~10時59分まで、始信峰から北海賓館(泊まるんでなく通過だけ 笑)まで

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 279

黄山で、一触即発!中国人民とは友好関係なるも、中国猿とは全面対決かぁ?

中国猿
黄山で、一触即発!中国人民とは友好関係なるも、中国猿とは全面対決かぁ?

2014-05-16 - 2014-05-16

  • 25
  • Hiroyuki  Fukagawa
最初にお断り<(_ _)> 位置は実際の所在地地点と、そこからの眺望した景色との2段構えになっとうとよ。どっちがどっちかは、今ではよう分からんから、自己責任で見てね。そして今回もどちらかと言うと備忘録的な自己中心主義。延々と同じような風景が続いて、すまんことです。関心が無くなったらスルーしてね。 霧は多少は晴れたが、そこで出現したのは、デカ中国猿。第3次遠征でも蛾眉山で遭遇するも、今回のは明らかに私を山道上で警戒拒絶…さてさて、て顛末はどうなることやら…(´ー`)

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 240

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

作者: Akira Naito

  • 11
  • 5464

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

作者: Daisuke Taniwaki

  • 14
  • 5039

ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

世界遺産
ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

2009-12-25 - 2010-01-02

  • 33
  • Yusuke Kon
人生で二回目の海外旅行はどういうわけかバックパッカーをすることになった。沢木耕太郎の深夜特急をバイブルなオレは行くしか無いのだ

作者: Yusuke Kon

  • 7
  • 3849

中国 ウルムチ滞在

一人旅
中国 ウルムチ滞在

2013-08-01 - 2013-08-08

  • 27
  • Shohei Watanabe
カザフスタンのビザを取得するため、ウルムチに1週間ほど滞在しました。思ったよりも漢民族が多く中国共産党の政策により、現在のウイグル自治区はトュルク系民族と漢民族が半々になってしまっています。 最近中国国内においてウイグル自治区がらみの問題が多いためか、ウイグルのバザール近くは中国公安が武装して治安維持にあたってました。 行くところもなく、観光地の天山天池へバスを乗り継いで行ってきました。 次回 カザフスタン アルマトイ https://www.compathy.net/tripnotes/652 写真はこちら。 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157637445453874/

作者: Shohei Watanabe

  • 14
  • 2928

疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ 疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ

疲労困憊しての山小屋到着…?…人生で、これだけ山の中を歩いたこと無かぁ トップへ