Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Hiroyuki  Fukagawaさんのログブック(旅行記)「流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色」

流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色

2014-05-16 - 2014-05-16 33 365 8

中国人が憧れてやまない、黄山。中国の名山として五山があるが、その中でも最高峰の人気を誇る黄山。実は標高1810mでそんなに高くない。“山高きがゆえに尊からず”という名言そのものなんだなぁ(*^^)v それを十分に思い知るような、起伏に富み変化に富んだ名山だと思い知った。日本の山と比較すると男性的な尖がり、ごつごつした山であり、急峻と言う言葉が似合いそうだ。
但し、富士山の半分の標高はハードルを下げ、ロープウェイ完備ということも相まって、恐ろしい程の人混みでもあったよ。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2014/05/16

黄山…詳しくは1・2枚目の写真 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山…詳しくは1・2枚目の写真(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 33

今日明日ののハードな行程…🚶…
実はこのレジメ、百川ホテルで「何か黄山のマップとか、もっとランとぉ?」と訊いたらくれた。登山中、他の人のをみたが連中のは詳しすぎ、大きすぎて、このレジメが秀逸でしたよ。(*^-^*)

  • 行ってよかった!

黄山…詳しくは1・2枚目の写真 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山…詳しくは1・2枚目の写真(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 32

地図が不正確なのでこちらで見てね
このホテル出発から(泊)と書いている山小屋ホテルまでが、本日のルート。順番に探索しながら制覇を目指しますぜっ。

  • 行ってよかった!

黄山…詳しくは1・2枚目の写真 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山…詳しくは1・2枚目の写真(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 02

霧が出たり引っ込んだり
標高的には1200~1500m位なんだけど、兎に角ロープウェイを降りた、いや乗っている最中から霧が凄いね。

  • 行ってよかった!

黄山…詳しくは1・2枚目の写真 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山…詳しくは1・2枚目の写真(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 04

絵にかいたような深山幽谷
霧のおまけつき(笑) 人によっては霧で残念がるんだろうけど、私は山を象徴する天候でなので、嫌いじゃなかとよ。

  • 行ってよかった!

黄山…詳しくは1・2枚目の写真 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山…詳しくは1・2枚目の写真(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 07

松は芸術的
❛❜迎客松❛送客松❜という名前がある通り、もう松の姿が芸術的である。
強風によって松が一方向にたなびいて、面白い形になっている。(*^-^*)

  • 行ってよかった!

黄山…詳しくは1・2枚目の写真 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山…詳しくは1・2枚目の写真(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 09

目を手前に転ずれば…
ヤッパ、中国人憧れの地は人でいっぱい。そらぁ~憧れではあるがハードル低かけん、山全体だと恐ろしかくらいの人混みだよ。

  • 行ってよかった!

黄山…詳しくは1・2枚目の写真 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山…詳しくは1・2枚目の写真(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 10

湧水
水が湧き出ていた。こんなところの水は、水質汚染が酷い中国の大都市の水と全然違って、美味しかったよ。

  • 行ってよかった!

黄山…詳しくは1・2枚目の写真 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山…詳しくは1・2枚目の写真(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 13

引率🏁は五星紅旗( 一一)
日本では、引率の旗はエージェントの社旗なんだが、皆さん愛国心が旺盛なようで、国旗ということかぁ。

  • 行ってよかった!

黄山…詳しくは1・2枚目の写真 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山…詳しくは1・2枚目の写真(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 14

何故霧が好きかって?
お日様が出とると、熱せられて暑かろぉ~霧だと、体が適度に湿って、気持ち良かとよ。(*^-^*)

  • 行ってよかった!

黄山…詳しくは1・2枚目の写真 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山…詳しくは1・2枚目の写真(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 16

これだけ個性ある松なんで…
龍とか歓迎してるとか、見送っているとか…そんな風に見えたっちゃろうね。

  • 行ってよかった!

黄山…詳しくは1・2枚目の写真 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山…詳しくは1・2枚目の写真(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 17

さらに激しか松
確か蔵王なんかの樹氷も風で、凄い模様になっていると聞いてたが、この樹木も凄かろぉ~大自然の驚異だね。

  • 行ってよかった!

黄山…詳しくは1・2枚目の写真 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山…詳しくは1・2枚目の写真(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 18

安心してくださいっ…ルート図ありますよ
それでも、チャンと整備・管理の行き届いた世界遺産。遊歩道と案内板は完備されているので、遭難の危険はまぁ~ゼロでしょう。

  • 行ってよかった!

黄山…詳しくは1・2枚目の写真 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山…詳しくは1・2枚目の写真(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 20

親切案内板
一番景色が良かよぉ~スペースが狭いけん、気を付けんといかんよぉ~などなど親切に、日本語も含めて教えてくれてるね。

  • 行ってよかった!

黄山…詳しくは1・2枚目の写真 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山…詳しくは1・2枚目の写真(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 21

但し人混みには注意
悪いことはせんだろうが、展望台にも人が多いけん、ぶつかって転落だけはせんごとね。手すりも低かごたあけんね。( 一一)

  • 行ってよかった!

黄山…詳しくは1・2枚目の写真 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山…詳しくは1・2枚目の写真(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 22

鬼の居ぬまに無血占領(笑)
何故、こんなことが出来るかって?…そらぁ~彼ら団体行動が多いけん、チョットやり過ごせば空くとよ。(*^^)v

  • 行ってよかった!

黄山…詳しくは1・2枚目の写真 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山…詳しくは1・2枚目の写真(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 26

接近戦
下も眺められたっちゃけど、結構怖かった。それにしても松くんの生命力たぁ~凄かねぇ。

  • 行ってよかった!

黄山…詳しくは1・2枚目の写真 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山…詳しくは1・2枚目の写真(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 28

霧が晴れてきた
緑の深さが段階的に違変わり、山頂の先に曇りの先に薄い青空。雄々しき山容だが癒されるね。

  • 行ってよかった!

黄山…詳しくは1・2枚目の写真 Anhui, 中華人民共和国 (中国)

黄山…詳しくは1・2枚目の写真(Anhui, 中華人民共和国 (中国))|流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 31

人間はちょぽけやぁ…
あれだけ大勢の連中がいたが、やり過ごすとそこには霧と樹木と静寂があるんですぜっ。

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

作者: Akira Naito

  • 11
  • 5381

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

作者: Daisuke Taniwaki

  • 14
  • 4879

ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

世界遺産
ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

2009-12-25 - 2010-01-02

  • 33
  • Yusuke Kon
人生で二回目の海外旅行はどういうわけかバックパッカーをすることになった。沢木耕太郎の深夜特急をバイブルなオレは行くしか無いのだ

作者: Yusuke Kon

  • 7
  • 3760

中国 ウルムチ滞在

一人旅
中国 ウルムチ滞在

2013-08-01 - 2013-08-08

  • 27
  • Shohei Watanabe
カザフスタンのビザを取得するため、ウルムチに1週間ほど滞在しました。思ったよりも漢民族が多く中国共産党の政策により、現在のウイグル自治区はトュルク系民族と漢民族が半々になってしまっています。 最近中国国内においてウイグル自治区がらみの問題が多いためか、ウイグルのバザール近くは中国公安が武装して治安維持にあたってました。 行くところもなく、観光地の天山天池へバスを乗り継いで行ってきました。 次回 カザフスタン アルマトイ https://www.compathy.net/tripnotes/652 写真はこちら。 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157637445453874/

作者: Shohei Watanabe

  • 14
  • 2877

中華人民共和国 内モンゴル自治区への旅


中華人民共和国 内モンゴル自治区への旅

2012-08-02 - 2012-08-07

  • 10
  • Kaori  Kasai
2012年8月、奔流中国のシルクロード乗馬キャラバンへ参加! 激動の中国の中にあって変わらないもの、力強く生きる人々の暮らしをこの目に焼き付けてきました。

作者: Kaori Kasai

  • 5
  • 4318

船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

一人旅
船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

2008-04-14 - 2008-04-17

  • 9
  • Akira Naito
今でこそ飛行機が海外へのとこう手段として身近になったものの、はるか昔からついこないだまで、先人たちはこの海の向こうに待つ未知なる世界に憧れ、その身の危険を顧みず大海原へと出て行った。かつて上海で会った海路入国者たちに海路での旅の良さを聞いてからというもの、憧れるものの願わずだった海路での出国。満州から戻った僕の次の目的地は、前回の出国地。いざ、船で上海へ!

作者: Akira Naito

  • 4
  • 3167

中国1人旅 in甘粛省、ウィグル

一人旅
中国1人旅 in甘粛省、ウィグル

2014-07-16 - 2014-07-26

  • 30
  • Seki
今回は、甘粛省の蘭州から新疆の伊寧まで12日間旅をしました。 2日に1回は移動していたので、結構あっという間でした。 今回の主な目的は「絶景」「国境」「名物料理」でしたが、すべて達成できて内容の濃い旅となりました。 新疆地区の料理は、また行ってはしごしたいです。笑

作者: Seki

  • 6
  • 3400

5時間トランジットで【中国 上海】を満喫♡

女子旅
5時間トランジットで【中国 上海】を満喫♡

2013-10-22 - 2013-10-22

  • 16
  • Alice
上海浦東空港にて5時間あまりのトランジット。 どうせなら上海を最大限に満喫したい! 上海の定番コースを女子一人で回ってきました。 陸家嘴駅/上海タワー/濱江大道/外灘/上海フェリー/豫園/Maglev

作者: Alice

  • 1
  • 8166

流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色 流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色

流石は中国人が恋い焦がれる名山中の名山、黄山…霧ですら素晴らしか景色 トップへ