Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
George Wiltshierさんのログブック(旅行記)「世界一美しいモスク」

世界一美しいモスク

2016-03-23 - 2016-03-24 31 453 12
  • Iran
訪れた国
イラン

世界一美しいモスクと称されるピンク・モスクとシラーズ市内を観光。イランは予想以上に観光資源が豊富です

イランに行きたいと思った方は、こちらのビザの取り方も参考にしてください
http://worldtraveling.hatenablog.com/entry/2016/04/15/213611

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

2日目2016/03/24

ファールス(イラン)|「シャーチェラーグ。
シーア派の巨大なモスク。」世界一美しいモスク(George Wiltshierさん)

シャーチェラーグ。
シーア派の巨大なモスク。

ファールス(イラン)|「ヴァキル銭湯後」世界一美しいモスク(George Wiltshierさん)

ヴァキル銭湯後

ファールス(イラン)|「シラーズ名物。ファルデという名の麺のアイス。
炭水化物なので、腹にたまります。」世界一美しいモスク(George Wiltshierさん)

シラーズ名物。ファルデという名の麺のアイス。
炭水化物なので、腹にたまります。

ファールス(イラン)|「これも一応ピンクモスクの建物」世界一美しいモスク(George Wiltshierさん)

これも一応ピンクモスクの建物

ファールス(イラン)|「今日の夕飯はスープにパンを浸したイラン料理」世界一美しいモスク(George Wiltshierさん)

今日の夕飯はスープにパンを浸したイラン料理

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~

一人旅
危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~

2013-09-11 - 2013-09-15

  • 25
  • Natsumi Daizen
「イランって日本から見て、どういうイメージ?」「なんでイランへの旅行を選んだの?」「なんで女の子一人なの?」イランでは多くの人たちからこのような質問をよくされた。行く前のイランのイメージは「戦争」「核」「危険」「敬虔なイスラム国家」っていう殺伐とした印象だった。しかしイメージはあくまでイメージにしか過ぎず、ペルシャ文化が色濃く残っており、美術品やモスクなどが美しく、人々は昼間から仲間たちとチャイを飲み、非常に穏やかな国であった。 今回はエマーム・レザーが代表的である、イスラムの聖地マシュハドと世界の半分と称されるモスクのあるエスファハーン編をお送りします。

作者: Natsumi Daizen

  • 14
  • 30635

危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~首都テヘラン、歴史的なバーザールのある街タブリーズ編~

一人旅
危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~首都テヘラン、歴史的なバーザールのある街タブリーズ編~

2013-09-15 - 2013-09-18

  • 22
  • Natsumi Daizen
「イランって日本から見て、どういうイメージ?」「なんでイランへの旅行を選んだの?」「なんで女の子一人なの?」イランでは多くの人たちからこのような質問をよくされた。行く前のイランのイメージは「戦争」「核」「危険」「敬虔なイスラム国家」っていう殺伐とした印象だった。しかしイメージはあくまでイメージにしか過ぎず、ペルシャ文化が色濃く残っており、美術品やモスクなどが美しく、人々は昼間から仲間たちとチャイを飲み、非常に穏やかな国であった。 今回は首都テヘランと世界遺産とされているバーザールで有名なタブリーズ編をお送りします。

作者: Natsumi Daizen

  • 4
  • 5689

イランの文化と世界遺産を辿る2週間の旅

イラン
イランの文化と世界遺産を辿る2週間の旅

2015-04-30 - 2015-05-10

  • 83
  • Tomoko Malaghan
「イランへ行く」と言ったら、友人達がこぞって「何でそんな危険な国に行くの?」と不思議がられました。でもどの国でも自分で行って見て、食べて、話して経験して見ないことには、その国は分かりません。イランは何千年もの古い歴史があり今も人々はそれらの宗教、文化と共存しながら生きています。人々は思いの外フレンドリーで、この旅では何度も声をかけられ一緒に写真に収まりました。毎日スカーフを被らなければならないのが苦になったけど、郷に入れば郷に従えで、知られざるイランの各地を巡ってきました。

作者: Tomoko Malaghan

  • 5
  • 4884

イラン(テヘラン・シラーズ・イスファハン・アフワズ)

世界遺産
イラン(テヘラン・シラーズ・イスファハン・アフワズ)

2014-08-31 - 2014-09-05

  • 24
  • Yuichi Matsushita
イマーム広場のモスクが目当て。でも、それ以外も素晴らしかった! 行く前は砂漠のイメージが強かったんですが、実際は山と農業のが充実した国で、数千年前から文明が栄えた土地だということがよくわかりました。

作者: Yuichi Matsushita

  • 3
  • 2268

死ぬまでに見たいと思ったモスク!!

一人旅
死ぬまでに見たいと思ったモスク!!

2015-08-09 - 2015-08-14

  • 20
  • Yasutomo  Fujii
周りから危険だと言われたイラン。そこはやさしい人たちがたくさんいる国でした。

作者: Yasutomo Fujii

  • 4
  • 2130

イランの旅。マシュハドからヤズドに向かう寝台列車の中での出会い。

イラン
イランの旅。マシュハドからヤズドに向かう寝台列車の中での出会い。

2013-11-22 - 2013-11-24

  • 20
  • Masashi Amano
イラン第二の都市、マシュハドはイスラムの聖地でもある。広大なモスクにはたくさんの人が祈りを捧げていた。信仰心のない僕にも、人々の祈る姿には心打たれるものがあった。 マシュハドから寝台列車で次にヤズドに向かったのだけど、そこに出会いがあった。同じコンパートメントのイラン人の男三人と仲良くなったのだ。 彼らは英語もろくにしゃべれないのに、僕にしきりに話しかけてきて、食べ物も分けてくれた。ヤズドに着いても車で僕をホテルまで送ってくれ、さらにその中の一人が街中の案内と食事に招待してくれたのだ。 なぜこんなに親切にしてくれるのだろう?イランではこういう見返りを求めない親切に何度も出会った。今まで行った中でも好きな国の一つである。

作者: Masashi Amano

  • 1
  • 1910

My big trip to Iran


My big trip to Iran

2014-05-26 - 2014-05-27

  • 6
  • Igor Vladyka
In the beginning I had planned to see different from all that I knew the world, but in the end this trip was a turning point in my life, in both senses of this word

作者: Igor Vladyka

  • 3
  • 662

美しいモスク!

世界遺産
美しいモスク!

2004-03-06 - 2004-03-08

  • 8
  • Takashi Omura
イランのエスファハーンは、待ちも美しく、人も親日で親切です。 イランのイメージが180度変わるぐらい素晴らしい場所です。 ただ、ご飯がイマイチでした。

作者: Takashi Omura

  • 0
  • 741

世界一美しいモスク 世界一美しいモスク

世界一美しいモスク トップへ