Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Yuichi Kudoさんのログブック(旅行記)「菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅」

菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅

2012-03-05 - 2012-03-07 15 406 14

菜の花の時期に合わせて雲貴高原の旅へいってきました。写真で見て以来ずっと行きたいと思っていた訪問地です。菜の花がびっちりと敷き詰められた光景はまさに菜の花の絨毯です。時期も良く美しい菜の花を見ることができました。せっかくなので同じく雲貴高原に位置する世界遺産石林も訪問。荒々しい奇岩群に驚きでした。とても満足な旅となりました。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2012/03/05

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅(Yuichi Kudoさん)

今回の旅は菜の花の時期に雲貴高原を訪れる旅です。中国国際航空(CA)にて貴州省の州都貴陽へ。旅は貴陽から始まります。写真は石林。路南石林などの奇怪な地形がみられ名勝となっています。貴州省茘波、重慶武隆と共に、中国南方カルストのひとつとして2007年にユネスコの世界遺産に登録されました。

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅(Yuichi Kudoさん) - 02

入場料がとても高い(140元)だったと思いますが、絶景を見れると考えたらまぁ、良いでしょうと自分に言い聞かせました。1元だいたい30円だから・・やっぱり高い。忘れよう。お金のことは。歩いていくと変化にとんだ奇岩が目の前に次々と現れます。

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅(Yuichi Kudoさん) - 03

約2億7千万年前、石林周辺は海底にあり、太古の海洋生物の遺骸が堆積したことにより、分厚い石灰岩層を作られました。その後、ヒマラヤ山脈の造山活動による地殻変動で石灰岩層が隆起して陸地となり、数千万年に及ぶ風雨によって現在の石峰、石柱、石筍、石壁など奇観が作り出されました。地上から聳え立つ奇岩を遠くから眺めると森林のように見えることから、「石林」と名付けられたそうです。

石林 (Stone Forest) Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

石林 (Stone Forest)(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅(Yuichi Kudoさん) - 04

石林風景区は大石林、小石林、乃古石林、芝雲洞、奇風洞、長湖、月湖、大畳水の7つのエリアが広大な土地に広がり、各エリアの見所を全長7kmの遊歩道がつないでいます。足場はほとんど悪くなく約2時間かけて風景区内を散策致しました。

2日目2012/03/06

Luo Ping Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

Luo Ping(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅(Yuichi Kudoさん)

雲貴高原絶景街道の旅です。雲貴高原の名前は雲南省と貴州省にちなんでいます。雲南省中部の哀牢山脈よりも東、東南丘陵よりも西の一帯に広がっています。雲南省東部、貴州省全域、広西チワン族自治区の北西部、および四川省・湖南省・湖北省の省境付近にあたります。ドライブしていくと写真の通りの絶景。感激。

Luo Ping Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

Luo Ping(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅(Yuichi Kudoさん) - 02

お椀型の山と菜の花絨毯のコントラストがとても絵になります。写真のようなお椀型の山はカルスト地形だからこそ、現在のような形になっているのだとか。このあたりのカルスト地形は貴州省の自然遺産石林、そして茘波と共に世界遺産となっています。

Luo Ping Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

Luo Ping(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅(Yuichi Kudoさん) - 03

雲貴高原は海抜が高いため、高原の日照は多い割に気温は低いようです。日較差は大きいのですが、年較差は小さいと言われています。季節は雨季と乾季に分かれていて、もっとも峡谷の底や盆地、高原の各部分での気候の差は大きくなっています。少し寒い。。

Luo Ping Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

Luo Ping(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅(Yuichi Kudoさん) - 04

見晴らしの良い展望台へ来ました。美しいです。菜の花の絨毯は写真でも美しいですが、現実はもっと美しかったです。言葉を失いました。今年こんなに美しく見れたのは運が良いのかガイドに聞いたところ、毎年必ず見られるそうです。なぜか!?

Luo Ping Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

Luo Ping(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅(Yuichi Kudoさん) - 05

中国では料理には必ずと言って良いほど菜種油が使われます。そして雲貴高原地帯では中国で消費されるほとんどの菜種油が生産されているとのこと。こんなに美しい菜の花は実は食用の油用に栽培されているとのことでした。だから毎年しっかりと見れるんです。

Luo Ping Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

Luo Ping(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅(Yuichi Kudoさん) - 06

棚田の絶景は見る角度、時間によってまったく表情が違います。ここは写真好きの間では知る人ぞ知るスポットになっているとのこと。特に朝日に照らされる棚田が良いのだとか。若いころに写真を勉強しておけばよかった。しかしながら素人目でも美しいものは美しい。

3日目2012/03/07

Luo Ping Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

Luo Ping(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅(Yuichi Kudoさん) - 07

この日は菜の花見学から少し離れ、九龍瀑布へ。ここは4kmの間に10段の滝が連なる壮大な景観を持ち、中国六大名滝の一つに数えられ、その中でも最も美しい瀑布といわれています。いままで菜の花の美しさを堪能してきましたが、これもまた美しい。

Luo Ping Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

Luo Ping(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅(Yuichi Kudoさん) - 08

「九龍十瀑 南国一絶」の石碑がある入口から橋を渡り、川上に進むとケーブルカー乗り場に辿り着きます。ここでは滝にそって歩道も作られていますが、ケーブルカーで展望台まで上がり、降りながら滝を見るコースがよく活用されています。確かに九つの段に分かれています。

Luo Ping Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

Luo Ping(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅(Yuichi Kudoさん) - 09

馬嶺河渓谷へ。これからあの吊り橋を渡ることになります。風光明媚な渓谷なのですが・・本当にあれを渡れるのですか・・?一抹の不安が。。ガイドに確認したところ、まぁ頻繁に事故があるとのこと。・・・恐る恐る橋を渡りますが行く先には絶景が待っていました。

Luo Ping Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

Luo Ping(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅(Yuichi Kudoさん) - 10

静かで空気がおいしく素晴らしい観光地です。約2時間かけてゆっくり歩きました。マイナスイオンを体全体に吸収します。今まで目に入ってくるのは黄色い景色ばかりだったのに対し、ここでは奇岩、滝、川のせせらぎ等違った景色を堪能できました。

Luo Ping Yunnan, 中華人民共和国 (中国)

Luo Ping(Yunnan, 中華人民共和国 (中国))|菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅(Yuichi Kudoさん) - 11

旅の締めくくりは万峰林の展望台へ。お椀型の山々の間に村が存在している観光スポットです。小型のカートに乗り展望台まで行きました。菜の花の絨毯でびっしりという感じではありませんでしたが、カルスト地形の不思議な景観を楽しみました。翌日帰国。楽しい旅でした。

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

麗江と瀘沽湖


麗江と瀘沽湖

2003-10-27 - 2003-11-04

  • 109
  • Masaki Hilano
2003年なのでちょっと古いですが素晴らしい旅だったのでシェアします。民族のるつぼ雲南省の北西部、麗江のトンパで有名はナシ族と母系社会のモソ人を訪ねました。世界遺産の街なので10年たった今もあまり変わりはないと思う。瀘沽湖の方は今どうなっているかな・・・ もし行く人がいたら10年の時の流れを感じて下さい。 4日目からはいよいよ母系社会のモソ人が住む地域へ

作者: Masaki Hilano

  • 3
  • 1268

世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景を親切過ぎる中国人家族とドライブ

紅河ハ二族棚田
世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景を親切過ぎる中国人家族とドライブ

2014-04-05 - 2014-04-05

  • 24
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産の中で一番行きたかった「紅河ハ二族棚田」 前回は、ホテルで宿泊していた中国人に声がけして、観光拠点となる新街鎮バスターミナルまで送ってもらう作戦にでたところまで執筆した。 今回は、そこからの物語… 何となく、バスターミナルらしいところを通ったのだが(50分もかかった!)素通りしてしまう。そうこうするうちに、棚田の観光拠点のセンターに着いてしまう。 結論から言うと、結局この日一日、3つの大きな展望台や昼食も含めてすべてを案内…同行してくれた。昼食も奢ってくれた上に、ホテルまで送って戴いた。せめてものガソリン代の足しにと200元を差し出すも、固辞! いやはやTVのやらせ旅番組以上の、親切とだけでは片づけられないホスピタリティーを受けて、生涯最高の旅行となった。中国人への好感度が上がったことは言うまでもない。私も日本ではこうありたいものだと心に決めた。

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 2
  • 526

チベット

文化・宗教
チベット

2012-07-29 - 2012-08-11

  • 14
  • Daishi Miyamoto
外国人には厳しい入域制限が課されたチベット自治区へ。 壮大な自然の中で育まれたチベットの人たちの信仰の力強さを感じた旅。

作者: Daishi Miyamoto

  • 3
  • 412

天国への階段?!見渡す限りの圧巻の棚田に人間の計り知れないパワーを見る

絶景
天国への階段?!見渡す限りの圧巻の棚田に人間の計り知れないパワーを見る

2012-09-20 - 2012-09-20

  • 30
  • Mayumi
雲南省元陽県の山深い山間にある元陽棚田。中国唐の時代より受け継がれる圧巻の5000段もの棚田は、2013年、世界遺産に認定されました。 その登録の1年前、2012年の、あの反日運動が過激化し、日中関係にただならぬ緊張感が走った当時の中国でひとり旅した記録の一つです。

作者: Mayumi

  • 4
  • 671

Get a sneak peak of lovely Yunnan

roundthe
Get a sneak peak of lovely Yunnan

2013-01-20 - 2013-01-22

  • 6
  • Philipp Schleier
It was a spontaneous trip to Yunnan by travelling through Guangzhou (Canton) and Beijing. I can easily suggest everyone to travel to this part of China instead of somewhere else!

作者: Philipp Schleier

  • 0
  • 300

丽江でのんびり旅 1日目

世界遺産
丽江でのんびり旅 1日目

2015-11-30 - 2015-11-30

  • 5
  • Tsuyoshi Fujikawa
18年ぶりの再訪。流石に人が多くなっていたけど好きな街。

作者: Tsuyoshi Fujikawa

  • 1
  • 307

世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景をホテルで知り合った中国人とドライブ

世界一の棚田
世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景をホテルで知り合った中国人とドライブ

2014-04-04 - 2014-04-05

  • 25
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国の世界遺産で一番行きたかった「紅河ハ二族棚田」 世界遺産ではあるが、観光?どころか元陽の街自体へのaccessも大変。 行き方;雲南省の省都、昆明(上海から多数の航空便で約2時間)から長距離バスで約6時間、1日に数便、128元。しかも元陽を目の前にしたところで、大規模な交通事故に遭遇。大型トラックが畑に突っ込むは、道を塞ぐはで、1時間半くらいの足止め( 一一) それでも、親切な中国の女子学生が「道分んなくなったら、電話かけていいよぉ~」と(英語だけど…)夜ホテルへの帰り道が分かんなくなったら、薬局屋の親父が、店空けてまで、連れて行ってくれたり、ビックリするくらいの親切。 極み付けは、2日目の棚田を一緒に回ってくれたCRVに乗って昆明から来た家族旅行の中国人4人!1日一緒に回ってくれた上に、昼ご飯も奢ってくれた。最後はホテルまで送ってくれたのに、頑として謝礼を受け取らなかった。世界遺産の棚田は素晴らしかったが、それ以上の感動を貰った旅行だった。

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 333

世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景後半戦はさらに感動へ(中国人家族の車に便乗)

家族旅行に便乗
世界遺産、紅河ハ二族棚田の絶景後半戦はさらに感動へ(中国人家族の車に便乗)

2014-04-05 - 2014-04-05

  • 19
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産の中で一番行きたかった「紅河ハ二族棚田」 前回は、昆明からドライブで来ていた程さん家族との昼食まで話した。ココでもプチ感動なのだが、何と昼食を奢って戴いた。よくBSの旅番組でやらせっぽく、知り合った現地の人と仲良くなりご馳走をされる……まさか自分が体験できるとは思っていなかったので、未だに思い出しても感動がよみがえってくる。 今回は後半戦でメインの展望台2つ。これがやや傾きかけた太陽の光線により、更に壮観な美しさを見せる。最後の方には綺麗な民族衣装の少女も…そして… 降り出した大雨の中、怒涛のゴール、ホテル到着。恐らくは、数多くの海外旅行の中で最高の感動を与えてくれた。このような人たちが中国にいる限り、私は政府や一部の連中がどうであれ、中国とは付き合うに値する国だと心底思う。 どうぞ、本編をご覧いただきたい。

作者: Hiroyuki Fukagawa

  • 2
  • 344

菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅 菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅

菜の花の絨毯は圧巻 雲貴高原の旅 トップへ