Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Takeshi  Sekigamiさんのログブック(旅行記)「レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。」

レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。

2014-01-04 - 2014-01-0415 Episodes
Takeshi  Sekigami
Travel Collector
Takeshi Sekigami
  • 30s / male
  • China
Places visited
China

上海市の郊外にある上海影視楽園はレトロな時代を再現した撮影所で、私の好きな映画・『カンフーハッスル』(原題・功夫)のロケ地ということもあり、訪問することにしました。中国の撮影所(いわゆる映画村)は広大なロケ地に立派な建物でその時代を再現していることが多いので、近くまで行ったら訪問することをお勧めします。

  • 0Favorite
  • 325view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12014/01/04

上海影視楽園 Shanghai, China

上海影視楽園(上海, 中華人民共和国)|レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。(Takeshi  Sekigamiさん)

上海市の中心部からかなり離れた郊外にあるので、アクセスはちょっと不便かと思います。入場料90元を支払い、中に入るとそこは1930年代の上海の街並みです。

  • Loved to be there!

上海影視楽園 Shanghai, China

上海影視楽園(上海, 中華人民共和国)|レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。(Takeshi  Sekigamiさん) - 04

現在の上海では、浦東空港から市内までリニアで移動できますし、地下鉄も10本以上走っていますが、繁華街に路面電車はありません。しかし、上海影視楽園では路面電車が走っていて、一般客も乗ることができます。

  • Loved to be there!

上海影視楽園 Shanghai, China

上海影視楽園(上海, 中華人民共和国)|レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。(Takeshi  Sekigamiさん) - 03

この辺はカンフーハッスルで撮影された場所のようですね。カンフーハッスルは監督・主演のチャウ・シンチーの大好きであろう金庸の武侠小説ネタや香港漫画のパロディが散りばめられていたのも面白かったですね。

  • Loved to be there!

上海影視楽園 Shanghai, China

上海影視楽園(上海, 中華人民共和国)|レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。(Takeshi  Sekigamiさん) - 02

夕方ですが、園内の何か所かで映画かドラマの撮影が行われていました。

  • Loved to be there!

上海影視楽園 Shanghai, China

上海影視楽園(上海, 中華人民共和国)|レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。(Takeshi  Sekigamiさん) - 05

園内には当時の高層ビルも再現されています。

  • Loved to be there!

上海影視楽園 Shanghai, China

上海影視楽園(上海, 中華人民共和国)|レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。(Takeshi  Sekigamiさん) - 07

私が日本の映画ですごいと思うのは
①特撮・アニメ
②ホラー映画
③映画の音楽(日本人がアジアの映画の音楽を担当することがあるので)
中国の映画ですごいと思うのは
①アクション映画(ジャッキー・チェンやジェット・リーのような世界的に有名なアクションスターが日本人の現役俳優で思い浮かばないので)
②砂漠や草原など、広大なロケ地
③動員できる人数の多さ(人民解放軍を投入することも)
スタッフが大勢のエキストラと打ち合わせをしているようです。中国の映画監督は時には大勢のスタッフを管理しなければいけないので、大変そうだと思いました。

  • Loved to be there!

上海影視楽園 Shanghai, China

上海影視楽園(上海, 中華人民共和国)|レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。(Takeshi  Sekigamiさん) - 06

この辺もスタッフが撮影の準備をしているみたいでした。

  • Loved to be there!

上海影視楽園 Shanghai, China

上海影視楽園(上海, 中華人民共和国)|レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。(Takeshi  Sekigamiさん) - 09

こういった街並みの裏側がただの骨組み・・・だったりするのも撮影所らしくてGoodです。

  • Loved to be there!

上海影視楽園 Shanghai, China

上海影視楽園(上海, 中華人民共和国)|レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。(Takeshi  Sekigamiさん) - 08

とてもセットとは思えない、リアルな雰囲気の貧民街。撮影スタッフも一般客もいなくて、一人で歩くのはちょっと怖かった・・・

  • Loved to be there!

上海影視楽園 Shanghai, China

上海影視楽園(上海, 中華人民共和国)|レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。(Takeshi  Sekigamiさん) - 12

貧民街にぶら下げられた魚や鶏肉はよくできた偽物ですが、本物の野菜を並べていた場所もありました。

  • Loved to be there!

上海影視楽園 Shanghai, China

上海影視楽園(上海, 中華人民共和国)|レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。(Takeshi  Sekigamiさん) - 11

レトロな外観の「好時光」なのですが・・・

  • Loved to be there!

上海影視楽園 Shanghai, China

上海影視楽園(上海, 中華人民共和国)|レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。(Takeshi  Sekigamiさん) - 10

園内の「好時光」の裏側。核戦争後の世界とかまったく別のジャンルの映画のセットに使えそうです。

  • Loved to be there!

上海影視楽園 Shanghai, China

上海影視楽園(上海, 中華人民共和国)|レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。(Takeshi  Sekigamiさん) - 13

港?に停泊する船も再現。

  • Loved to be there!

上海影視楽園 Shanghai, China

上海影視楽園(上海, 中華人民共和国)|レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。(Takeshi  Sekigamiさん) - 15

園内の路上の雪も撮影のための偽物です。触ってみると湿り気はまったくありませんが、映像で観たら偽物とはたぶん気づかないでしょう。よくできていると思いました。

  • Loved to be there!

上海影視楽園 Shanghai, China

上海影視楽園(上海, 中華人民共和国)|レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。(Takeshi  Sekigamiさん) - 14

時代の流れとはいえ、日本の民放のゴールデンタイムから時代劇が消えて久しいので、中国を旅行中にホテルでテレビをつけると時代劇がいくつも放映されているのは正直、羨ましいです。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 325view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

意外と親切な奴らばかりだぜっ、中国の上海人!タクシーの運転手に代って、ホテル発見?3回目の個人旅行は珍道中!

一人旅
意外と親切な奴らばかりだぜっ、中国の上海人!タクシーの運転手に代って、ホテル発見?3回目の個人旅行は珍道中!

2013-03-09 - 2013-03-09

Read more

  • 27Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
人生で3回目の個人旅行。 前年に日本に初就航した中国のLCC、春秋航空を有明佐賀空港から利用。 上海まで片道、3000円という驚きの価格(燃油サ-チャージ等は別)そして初めてのネットでホテルの予約。 世の中すべてネットで出来るという便利だけど、チョッピリ不安な旅立ち。 空港までは下道で約1時間半。 有明佐賀空港の駐車は何日でも無料。新しくコンパクトな空港。 春秋航空も、1時間半にフライトは快適…CAさんとかも悪くないなぁ(*^^)v ~佐賀✈上海、往復22580円(カード別手数料有) 上海浦東空港も大きくてモダン、直ぐにタクシー乗り場へ。 しかし、ホテル予約サイトの口コミで書いてあった通り、運ちゃん、ホテルが分からない。地図を見たり電話をかけたりしても埒があかず、30分以上も走る。 結局、ホテルの写真を持っていた私が発見!Uターンさせて到着。それでも1000円もしなかったのは、近くてタクシー代が安いということか… ガイドブックとかにも、ホテル地図にも載っておりず、殆ど冒険で適当に最寄りのバス停からバスに乗る。2元だったかな…エアコン付。 適当に降りたところが地鉄2号線の川沙駅近く。 川沙公園に行ってみる(適当に歩いていたら着く) 原住民の憩いの公園、無料で、何となくホノボノ…嫌いじゃない。 駅に行って、地下鉄2号線で静安寺に行き、上海雑技を見る。 帰りは川沙まで地下鉄で来たが、帰りのバスがなくなって仕方なしにタクシーで🚖 道不案内を恐れたが、良く知っていて、スムーズに到着…20分くらい。 トラブルもあったが、中々楽しい1日目(*^^)v

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 2117 views
レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。 レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。

Back to Top of レトロな雰囲気の撮影所・上海影視楽園は映画・『カンフーハッスル』のロケ地だった。