Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
kumatarouさんのログブック(旅行記)「4大陸 行ってみたらこんなところだった」

4大陸 行ってみたらこんなところだった

1998-03-21 - 2012-05-0638 Episodes
kumatarou
Travel Collector
kumatarou
  • female

日本からいっぽ出ると、「こういうものだ」と思っていたものがそうじゃなかったことがたくさんあります。
その都度びっくりしたり、感心したり
自分の甘さに凹んだりもしますが、無事通過してみればすべての体験が自分を豊かにしてくれてる、と思っています。
そんな面白体験エピソードで世界地図に足跡をつけてみました

  • 1Favorite
  • 346view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 11998/03/21

Florida Florida, United States

Florida(フロリダ州, アメリカ合衆国)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

三世代家族旅行でフロリダへ
マイアミ空港で車を借りて、南下
キーラーゴでいっぱく
翌日南端キーウェストでサウスポイントにタッチ
ヘミングウェイハウスのねこさんたちにあいさつをしてから
ディズニーリゾートのあるオーランドへ
というかなりの強行ドライブでした。
地元のひとにも
「どっからきた?」と聞かれて旅程を話すと
「クレージー!」といわれちゃいました
セブンマイルスブリッジで写真を撮っていたら、後方から近付いてきた巨大な海鳥に襲われたこともいまでは良い思い出です

あのころ君は若かった。。。

Day 81998/03/28

disney downtown orlando Florida, United States

disney downtown orlando(フロリダ州, アメリカ合衆国)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

マイアミからのドライブだったので、事前に安全に対していろいろチェック
万が一ホールドアップにあった場合は、とこどもも含めてすぐに渡せるお金をすぐに出せるところに持つように、などなど準備を整えていきました。

フロリダでは
ディズニーリゾートのオールドウェストに宿泊
毎日
ディズニーリゾートのテーマパークのほか
ケネディ宇宙センターやUSJにも行ってきました。
幸いハードスケジュールでもだれも体調を崩すこともなく、天候にも恵まれました

WDW内で乗ったモノレールに子供用リュックを忘れてしまい、気が付いて係りの方に探し出してもらったり、
USJで、歩いていたら長男の頭に上空からの糞爆弾(鳥)が命中したり、
色々想い出はつきません

出発前にハリケーンに襲われた地区を走行中
見渡す限り、なんにもないのっぱらの真ん中に果てしなくどこまでも続く一本道
空が暗くなってきたと思ったら
振り返ると稲妻が光るのが見え
その稲光がどんどん近づいてくるように思えたときには正直全員が冷や汗ものでした。

ディズニーランドパーク内にあるメモリアルブリックのコーナーで
事前に日本から購入しておいたブリックがしっかり飾られているのをみて記念の一枚

Day 15992002/08/05

O. R. Tambo International Airport (JNB) Gauteng, South Africa

O. R. Tambo International Airport (JNB)(ハウテン, 南アフリカ)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

2002年 南アフリカ駐在時
空港から赴任先住居へ向かう高速道路でまずびっくり
むき出しのピックアップトラック荷台にみっちりひとが乗っています。
仕事のある都市部へ、片道4~5時間歩いてくる場合も多いとか、で
市内で信号待ちをしていると、隣で停車しているトラックのコンテナからひとが乗り降りしてたり、
色々みなさん通勤に工夫しているようでした

駐在者は誘拐対策のため、通勤ルートは毎日替えることになっていました。
そして、夜間走行中は、赤信号は停まらない、
極端に言えば、人身事故であってもその場で止まって救護するより最寄の警察署に直行しなくてはいけない、
パンクなど故障があっても絶対に路上で停車して直さず、車が壊れても街まで走り続けなくてはいけないのでクルマは頻繁に新車に交換していました。

Day 16032002/08/09

Sandton Gauteng, South Africa

Sandton(ハウテン, 南アフリカ)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

駐在中は、安全上の分厚いマニュアルがあり、厳守しないと本当に命に係わることになってしまいます。

住居は高圧電流が通った有刺鉄線で飾られた高い塀に囲まれた中に、プール、テニスコートも完備した邸宅が並ぶコロニーでした。
ゲートにはガードマンが常駐しており、顔を確認して開けてもらってから出入りする、厳重警備でした。
さらに各家にはセキュリティーがついているのですが、
これが割合頻繁に誤作動するようで、セキュリティーで警報が鳴り響いてもなぜか警備員がすぐには来ない、という状況もあり、
そのせいか、仲良くなった隣人は夫婦でそれぞれマイ銃を備えていらっしゃいました。

コロニーから出る場合は、道を挟んで見えるショッピングセンターに行くときにも絶対に徒歩ではいかないよう指導されていました。

駐車場では前向きに車を停めるよう言われていました

日本では一般的なように後方停車していると、車泥棒が逃げやすいから、だそうです。

荷物は全部トランクに入れます。
ゴルフ場の駐車場で、うっかり車内にパソコンを置いてたらプレイ中に車上荒らしに会ったかたもいました。
ショッピングモールは、その当時は日本ではあまりなかった規模の巨大で商品が豊富であらゆる娯楽が備えられている素晴らしいところでしたが
ふと見るとガードマンは銃を携帯しています。

Day 16092002/08/15

Cape Town Western Cape, South Africa

ケープタウン(Cape Town)(西ケープ, 南アフリカ)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

南端ケープタウン
大西洋と太平洋がまじわる、サウスポイントには
「ヒヒに餌を与えないように」という標識があり、
野生のヒヒが観光客をなめきった態度でうろついています。
観光を終えて車に戻り、トランクから荷物を出そうとしたところ、ふと気づくと開けたトランクのヘリに巨大ヒヒがボストンに手を突っ込むところでした!
とっさに「何するの!!!」と叫ぶと(にほんご)ヒヒが「シャーーーーッ!!!」と威嚇してきました。
思わず脳裏に『映画エイリアン』の場面がよぎり、
「やられる!!」と覚悟をしたのですが、
幸いなことにヒヒは脱兎のごとく、退散してくれました。
しかも去り際に投げ返してきたものを確認すると、緑色の小銭入れでした
何らかの果物だ、と勘違いして
「違うじゃねーか!」って感じだったようです。
完全勝利ですv

Day 16132002/08/19

カタルーニャ(スペイン)|「野生の王国サファリツアー
超絶目のよいガイド付き4WD車で広大な野生公園を巡ります。
動物たちに遭えるかどうかは運次第
いったんツアーが始まると、当然、内臓が自然の声に呼ばれてもトイレはありません。
子連れなので相当の覚悟をしていきました

世界中を旅している、というオー

野生の王国サファリツアー
超絶目のよいガイド付き4WD車で広大な野生公園を巡ります。
動物たちに遭えるかどうかは運次第
いったんツアーが始まると、当然、内臓が自然の声に呼ばれてもトイレはありません。
子連れなので相当の覚悟をしていきました

世界中を旅している、というオーストラリア人父娘連れのかたといっしょになったとき、
途中で娘さんが「ちょっと」とガイドさんに何か言って、ライフル銃を持ったガイドさん草原に消えていきました。。。ご用足しのようです
無論 草原での○○。
凄いなぁと感心

Day 23372004/08/12

Cairns Queensland, Australia

ケアンズ(Cairns)(クイーンズランド, オーストラリア)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

家族で豪州ケアンズに夏休み旅行
乗馬、ダイビング、シュノーケル、ラフティング、などなど日本ではハードルが高そうなものが割合手軽に楽しめてしまいます。
その分、自己責任、自己管理も重要だと思いました。
大型クルーザーでは、普段乗り物酔いに強い家族が激しい船酔いで撃沈
乗船時に聞くと「今日は波も穏やかだから~」と明るく言われていたのですが、
どうも黄色人種は概して船酔いしやすい、とあとで聞きました。
いわゆるゲ○袋が渡されて、使用済みのものは海に投げ捨てるように言われました。
袋の素材は海水に溶けるもので中身はお魚ちゃんたちの餌になるそうです。。。。。
シューティング(銃)も体験してきました。
子供の年齢を聞かれ
「ごめん その子はライフルしかダメだ(マグナムとかは反動が強い)」といわれて逆の意味でびっくりでした

ラフティングでもオージーのワイルドさをなめていました。
何艘か連なりなかなかハードな川下りをしていくのですが、
ガイドさんたちがサービスのつもりではしゃいでボートごと体当たりをしてきたりするのが
あちらの感覚ではかなりソフトな感じかもしれません
けど
日本人的には吹っ飛ばされ感半端なかったです。

Day 51462012/04/21

Downtown Dubai وسط مدينة دبي Dubai, United Arab Emirates

Downtown Dubai وسط مدينة دبي(ドバイ, アラブ首長国連邦)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

金満王国ドバイでは、
あちこちに金塊の自販機がありました。
滞在中、ひとりだけ白人観光客のおじいちゃんが買おうとしているところに出会いましたが
機械が作動しなかったようで
スタッフがわらわら集まってきた挙句に買えずに終わったようでした。
日本の自動販売機を見て海外からは
なんて安全な国なんだ、とみられる、と聞きますが
ドバイの安全さはもっと上でした。

Day 51472012/04/22

Day 51482012/04/23

Praha | Prague Hlavní město Praha, Czechia

プラハ(Praha)/プラーグ(Prague)(プラハ, チェコ)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

プラハは、美しい街並みとは裏腹に
弱冠治安に不安もありました。
特にタクシーに関しては、空港内で客待ちをしていても乗ってはいけない、とガイドブックにも書いてあります。
空港には無線タクシーのブースがあるのでそこに行って個別に呼んでもらいます
実際、2度目のプラハで油断していて劇場前から乗ったタクシーに、通常の数倍もぼったくられてしまいました。
電話を持っていない場合などは、近くのホテルでフロントに頼めば安全な無線タクシーを呼んでもらえる、ということをあとで教えてもらいました。

市内の移動ではトラム(路面電車)が便利だと聞いていたのですが、
路線、チケット売場がわかりにくかったり、戸惑っているうちに来たトラムに乗車
乗客に聞いても英語が通じないのか?不親切なのか?
チケットを持たないまま降りるところに着いて
結果無賃乗車になってしまいました。。。すみません

友人家族がやはりわからないまま乗っていたところ、たまたま検札が来ておおもめになった、という話もありました。
プラハは少し前まで社会主義国だったせいか、
公権という感覚が、融通が利かない、というか高圧的で話が通じない印象でした
2度目のときにも市内ツアーのドライバーや
ホテルでたのんだタクシードライバーがポリスマンともめていました
街で道を聞いても親切とは言えず、
日本にいるとおまわりさんとみるとほっとするところと違う感じです。

Day 51492012/04/24

Praha hlavní nádraží | Prague Main Train Station Hlavní město Praha, Czechia

プラハ本駅(Praha hlavní nádraží | Prague Main Train Station)(プラハ, チェコ)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

プラハ駅
ここから電車でドイツ ドナウ川のほとりレーゲンスブルグへ向かいます
大きなスーツケースを引きずって駅に到着
大柄な男性が近寄ってきたので到着ホームを尋ねると
「ついてこい」とスーツケースをもってさっさと行ってしまいます。
慌ててあとを追い、ホームまで案内してもらい、とりあえず荷物をとられる感じではなさそうなので一安心したところでチップ50クローネを渡すと
「これでは少ない 250だ!」と怒りだしました
言いなりになるのも悔しいけど、トラブルも怖いので300渡して退散してもらいました。

お金では、前日教会コンサートのチケットがカードを使えず、現金が足りなかったので近くの両替やで慌てて日本円→クローネに替えたのですが、
あとで気付いたら空港で両替したときよりも20パーセントも違っていました。
日本円からのレートが悪かったのか?ぼったくられたのか?
ATMもあったので、そちらでカードキャッシングするかユーロから替えるかした方が良かったのかもしれません。
どちらにしても、レートをよくよく確認しなかったことは失敗でした。

Praha hlavní nádraží | Prague Main Train Station Hlavní město Praha, Czechia

プラハ本駅(Praha hlavní nádraží | Prague Main Train Station)(プラハ, チェコ)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん) - 02

チップ事件で悶々としたまま電車に乗って、しばらくして持ち歩いていたビデオのバッテリーパックがないことに気づきました。

検札に来た車掌さんに言うと親切に駅に連絡をとってくれましたが残念ながら届いていないようでした。

プラハ駅にチケットを買いに行ったときにも無愛想な駅員に当たったり、
チップでもめてるときに隣に駅員らしきひとがいても知らん顔だったりでしたが初めて良いひとに会った、という気がしました。

近年まで社会主義国だったからか?
国民性がシャイなのか?
正直なところ、総じてプラハのひとたちには陽気で親切な良い感じは持てなかったので
この時の駅員さんやホテルのスタッフ、修道院の親切なおばちゃん、市内観光でお世話になったセグウェイツアーのガイド青年など、
感じが良かったかたたちの印象が一層強く心に染みました

前日夜、
プラハで憧れのセントミクラーシュ教会で、モーツァルトも演奏した、というパイプオルガンのコンサートを聞いたのですが、
石造りで古い建物のためかほこりと底冷えがひどく、
身体が冷え切ってしまいました。
しかも、電車内が寒い。。暖房が効いていない様子
で、だんだんと体調がおかしくなってきました

Day 51502012/04/25

Regensburg Bavaria, Germany

Regensburg(バイエルン, ドイツ)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

第二次世界大戦の戦火を奇跡の様に逃れたレーゲンスブルクの美しい街波
せっかくのドナウ河と世界最古の石橋を臨む特等部屋だったのに、発熱と悪寒で動けず
日本から持参した薬を飲み、熱が下がってくれることを祈りながらひたすら寝ます
時差、欲張りがちな強行スケジュール、常に大目の食事と、
旅行中は楽しみ以上に身体に負荷がかかりがちですので
間には休息時間もいれて余裕のある行動をするべきだと痛感いたしました。

Day 51512012/04/26

bodensee Bavaria, Germany

bodensee(バイエルン, ドイツ)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

無事、熱も下がってくるまで移動してきたボーデン湖畔の街リンダウ
ボーデン湖は、ドイツ、オーストリー、スイスに囲まれた湖で、車で一周すると3か国を巡ることになります。
ドイツ側からボートでオーストリーに渡ってみました。
向こう岸に見えるのは、アルプス山脈
イタリアもすぐそこです。
EUです

Liechtenstin Vaduz, Liechtenstein

Liechtenstin(Vaduz, リヒテンシュタイン)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

リンダウから車でスイス経由
ちいさいけどかなりお金持ちの国
リヒテンシュタインに来ました。
タックスヘブンで世界中からお金が集まってくる、という不思議な国
EUなので通関はないのですが、街の観光局に行って有料でパスポートに記念スタンプを押してくれます。
これも不思議な感覚です

丘の上にあるリヒテンシュタイン城は、公爵家の方たちが住んでいて公開はされていません。
よくわからないで敷地に入りそうになってしまって怒られました
すみませんでした

Day 51522012/04/27

Schloss Neuschwanstein Bavaria, Germany

Schloss Neuschwanstein(バイエルン, ドイツ)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

ミュンヘンからのフライトが夕方なので、途中でノイシュバンシュタイン城によることにしました。
山間にお城が見えたときには感動しましたがよくみるとなんか変です。
包帯まきのミイラのよう。。
大丈夫か?と到着後、インフォメーションで聞くと部分的に修復作業を行っているところで見学ツアーには支障はない、とのこと
馬車に押し込まれて山頂まで上がっていきました

München Airport Center Bavaria, Germany

München Airport Center(バイエルン, ドイツ)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

お城見学を堪能後、また馬車でふもとに降りて来て空港へナビをセットすると到着予想時間が思ったよりも遅く、吃驚
焦って出発
ドイツはガンガン飛ばせるイメージもあったのですが、
道路標識をみるとスピードも出せず、追い越しもできない区間が続いてなかなか思うようにすすみません。
やっと追い越しができるようになってスピードを上げると対向車からパッシングされました。
あれ?と思っているとまた後続車からのパッシングがあったので念の為、とスピードを落としたところ
いました、スピードガンを持った警察官
間一髪でした。
その後、ミュンヘン市内でさらに渋滞にはまり、本当にギリギリのタイミングで空港に飛び込んで広大な空港の端っこにあるLCCカウンターなでスーツケースを引きずりながらの激走で、
なんとかかんとかチェックインすることができました
もし、スピード違反で捕まっていたら確実にフライトに間に合わず、ミラノで翌朝予約している最後の晩餐見学に間に合ったかどうか。。。

ドイツのドライバーさんたちに感謝!です。

Day 51532012/04/28

Milano Lombardy, Italy

Milano(ロンバルディア, イタリア)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

無事着いたミラノ
最後の晩餐を鑑賞後、公園を歩いていると、ミサンガの物売りたちがあちこちにいます。
ふと振り返ると相方が掴まっているのが見えました
ダッシュで戻るとミサンガを腕に巻いて大荷物を持ちながら財布を出そうと四苦八苦していました。
聞くとしつこく寄ってくるので振り払おうとした腕に匠の技でミサンガをまきつけ、縛ってしまったそうで、
仕方ないので代金を払おうとしているところ。
腹は立つけどもめるのも面倒なので、これ以上の被害が出ないように至近距離から監視
とりあえず代金を払って終わりましたが
このあと、大聖堂でも同じような物売りたちがいて、
警官の取締でミサンガを取り上げられていましたので
完全に違法行為でした。

観光中は常に動きやすいよう、携行品にも気をつけなくてはいけない、と痛感しました。

Duomo di Milano Lombardy, Italy

ミラノ大聖堂(ドゥオーモ)(Duomo di Milano)(ロンバルディア, イタリア)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

ミラノ大聖堂
観光ポイントですが、宗教施設のため、見学者は服装などにも要注意です。
前に並んでいたカップルは、女性が露出が高い服装だったので入場を断られていました
市内を一望できる、と噂の高い屋上へ上ろうと、係り員に聞いてそっけなく指差されたほうへ向かうと列ができていたので並びました。
チケットはいらないのか?と若干不安になりながら並んでいること20分
前のドイツから来た若いカップルも
「南はダメね 私たちの国ならこんな(不案内な)ことはないのに」と不満げでした。
と、嫌な予想は当たってしまい、やっとリフトに着いたと思ったらチケットが必要で、買いにいかなくてはいけないことがわかったのです。
周りにいたひとたちと文句を言ったけれど仕方なく、チケットセンターを探して買って戻る羽目になりましたが
登ってみるとその絶景に、とりあえず悪いことは全部吹っ飛んでしまいました。
これがミラノマジック?

Duomo di Milano Lombardy, Italy

ミラノ大聖堂(ドゥオーモ)(Duomo di Milano)(ロンバルディア, イタリア)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん) - 02

屋上にあった
「これ必要か?」
なアバウト標識

Day 51562012/05/01

Airport Barcelona Catalonia, Spain

Airport Barcelona(カタルーニャ, スペイン)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

バルセロナの空港
突然大音響とともに始まるセクシーダンスの唖然
コスメショップで香水の売出しプロモーションだったようです。
かなり長いこと踊ったあと、
みるとあちこちに白黒の羽が舞い散ってました

Granada Airport Spain

Granada Airport(スペイン)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん) - 02

グラナダの国際空港
荷物待ちをしていると、ターンテーブルの入口にあるゴムカーテンが、風で揺れると外が見えるのですが
おじさんがいっしょうけんめい荷物をベルトに乗せているのが見えてご苦労様!と声をかけたくなりました。

Granada Airport Spain

Granada Airport(スペイン)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

グラナダの朝
散歩をかねて駅までチケットを買いに出かけました
途中でトイレに行きたくなったのですが、
日本のようにコンビニなど、安心して借りられるところはまずありません。
駅まで冷や汗をかきながらの辛い散歩となりました

Granada Andalusia, Spain

グラナダ(Granada)(アンダルシア, スペイン)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

グラナダでホテルを移動する際、タクシーをお願いしたところ、ドライバーさんがフロントで何か話しています。
今日はお祭りがあっていつもの道が通れないので空港に戻るような遠回りの道になってしまうことを英語がわからないので通訳してもらって伝えてくれたのです。
グラナダは古い観光ガイドなどをみるとタクシーのぼったくりや、ひと気が少なくなる昼の治安がよくない、などという記載がありましたが
訪れた範囲では夜間でも心配はなく、タクシーなども安心して乗れて観光地として
努力を重ねている様子がうかがえました。

La Alhambra y el Generalife Andalusia, Spain

アルハンブラ宮殿(La Alhambra y el Generalife)(アンダルシア, スペイン)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

アルハンブラ宮殿は、アメージング
見とれて歩いていると巨大迷路に入り込んだようになって
じぶんのいる場所がわからなくなります。
行動には充分な時間的余裕が必要です
それから、ここもやはりトイレは行きたい、と思ってあるものでなないことをお忘れなく

Day 51582012/05/03

Algeciras Spain

Algeciras(スペイン)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん) - 02

ヨーロッパ西の端
港町アルヘシラス
ホテルの部屋においてあるパンフレットもグローバルです

Algeciras Spain

Algeciras(スペイン)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

ここまで来ると、ホテルと観光案内、チケットセンター以外 なかなか英語も通じませんでした。
EU最後なので免税書類の手続きをしたり、
勇気を出して外へレストランを探しにいったり
その都度言葉の壁で四苦八苦しましたが
最後は根性と気合!で乗り越えました。

Tarifa Andalusia, Spain

タリファ(Tarifa)(アンダルシア, スペイン)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

翌朝、フェリーでアフリカ大陸モロッコのタンジールへ渡るため、早朝出発なので、と話すとフロントでお弁当を用意してくれました。
思いっきり愛情のこもったバスケットボックスは
大きすぎて荷物としてはちょっと大変でした。。

Tarifa Andalusia, Spain

Tarifa(アンダルシア, スペイン)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

フェリー乗り場まではバスに乗っていけ、とチケット売場で案内されていたのですが
タクシーで下されたところにはなんの案内もありません。
ものすごく不安になりながら待っているとそれらしき赤いバスが来たので聞いて、乗り込みました

Tanger Tangier-Tetouan, Morocco

Tanger(タンジェ=テトゥアン, モロッコ)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

タンジールの波止場からタクシーで鉄道の駅に移動
着くなり荷物運びのおじさん(おじいさん?)が来て止める間もなくスーツケースを運んで行ってしまいます。
タクシーの運転手は
「大丈夫」というし、フェリーで話をしていた旅行業者のおじさんに聞くと
「彼は45年(!)以上働いているグッドマンだ」というのでならば問題ないか、とちなみにチップについても聞いてみると「10か20DHでよいよ」と言われ、それならばと列車まで運んでもらいました。
と、親切丁寧にコンパートメントの荷物代まであげてくれたので感謝して20Dh渡したところ
「・・・足りない」とくびをふるのです
内心「またやられた・・」と思いながら仕方ないので
財布をみると50しかなくわたして「さっきの返して」というと思いっきりイヤイヤされてしまったので
最後は「もう、いいよ OK」と結局70になりました。
よほどうれしかったのか、歯がないしわくちゃの笑顔で思いっきりハグされてしまいました。。。
完敗です

Tanger Tangier-Tetouan, Morocco

Tanger(タンジェ=テトゥアン, モロッコ)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん) - 02

フェズへの列車
走行中だけどドア 閉まり切ってませんって

Day 51592012/05/04

Fez Fes-Boulemane, Morocco

Fez(フェズ・ブルマーヌ, モロッコ)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

旧市街全体が世界遺産モロッコの白い街フェズ
時間が止まっているかのような生活があります。
細く入り組んだ道は、運搬にはロバが活躍
道路標識もロバの一方通行?

Fez Fes-Boulemane, Morocco

Fez(フェズ・ブルマーヌ, モロッコ)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん) - 02

鶏だの野菜だの
市場はカオスです

カタルーニャ(スペイン)|「岩づくりのアパートメント
冬は上層で太陽の暖をとり、暑さきびしい夏場は下層で涼しくすごくエコシステム
耐震基準とか、建築基準とかは別世界
かなり心もとない木材の補強で現役続行中です
けっこう欧米のもの好きさんたちに人気だそうで売れてるそうです」4大陸 行ってみたらこんなと

岩づくりのアパートメント
冬は上層で太陽の暖をとり、暑さきびしい夏場は下層で涼しくすごくエコシステム
耐震基準とか、建築基準とかは別世界
かなり心もとない木材の補強で現役続行中です
けっこう欧米のもの好きさんたちに人気だそうで売れてるそうです

Fez Fes-Boulemane, Morocco

Fez(フェズ・ブルマーヌ, モロッコ)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん) - 04

軒下にさらされてる食肉
おこぼれもらいにねこたちが集まってきています。
日本の衛生管理にうるさいひとたちがみたら卒倒ものですな

Fez Fes-Boulemane, Morocco

Fez(フェズ・ブルマーヌ, モロッコ)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん) - 05

巨大迷路の市内を独力で回る勇気はなくてホテルで頼んだガイドさんにお願いしました。
メディナ案内のほか、要望を聞かれて「バブーシュ(スリッパ靴)、革製品、アルガンオイル(モロッコだけにある植物油)を買いたい」とお願いしました。
他、ガイドさん推奨で
タイルの工房、彫金細工、絨毯の店にも案内されたのですが、
その物売りの攻勢には心底疲れました。

Day 51612012/05/06

Casablanca Grand Casablanca, Morocco

カサブランカ(Casablanca)(カサブランカ, モロッコ)|4大陸 行ってみたらこんなところだった(kumatarouさん)

カサブランカ空港に着いてカウンターが開くのを待っていると、アルヘシラス以降、ほとんど出会わなかった日本人の個人、団体のツアー客が次から次へとやってきました。
マラケシュ、サハラ砂漠などのメジャーなポイントから来たのだと思いますが、
圧倒的な人数で、空港側の不親切さもあり
かなり前から待っていたわたしたちとモロッコの大家族グループが並んでいた列からいつのまにか押し出される格好になってしまいました。
なんとか列の先頭に踏みとどまっていよう、と頑張っていたのに、慣れた様子の個人客のガイド(日本人)がチェックインが始まると同時にするりと入り込んできて、自分の客を呼んで手続きを初めてしまいました。
ガイドとして客へのサービスだったのでしょうが、失礼な話です。
他の団体客も、悪意はないけれども人数の多さで自分たちが本来の列のようになってしまっているので
はぐれたような個人客のわたしたちふたりはこんなに待っていたのにどこで手続きをすればよいのか、と怒りを感じていました。
すると、現地大家族の若奥様が、自分たちだけでなく、わたしたちのことも係り員に怒ってアピールしてくださったので、無事、嫌なガイド付き日本人家族の後にカウンターに行けるようになりました。
ありがたかったです。

昨今、他国からの旅行者の態度を批判する報道などありますが、海外での日本人も、もしかするとこんな感じで現地のひとの顰蹙を買っているのかもしれません。
気をつけたいです

....TO BE CONTINUED

Travel Tracking

Comments

  • 1Favorite
  • 346view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

4大陸 行ってみたらこんなところだった 4大陸 行ってみたらこんなところだった

Back to Top of 4大陸 行ってみたらこんなところだった