Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Hiroyuki  Fukagawaさんのログブック(旅行記)「インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い」

インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い

2015-01-13 - 2015-01-13 24 324 10

一人のだけに用意された専用車とガイド!格安なのに至れり尽くせりの北インド・世界遺産8か所周遊の旅6日間(インドは正味4日間)その現地2日目の後半戦。
正直、同じような建造物の世界遺産には飽いてきた。乾いた大地に、壮大な赤茶色の建造物と庭園。そらぁ~価値あるもんなんでしょうがね…非文化人の私には食傷気味。それに比べて、一般人民の生態と言うか暮らしぶりなんかには興味が尽きない。核兵器を持ち、先端ロケット工学に空母までもつ大国インドと、日本の戦後のバラックと変わりのない露店や貧し気に見える人民(見かけだけかもしれんが)や物売りの少年。この国の一筋縄でいかない奥深さに興味は尽きないね( 一一)

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2015/01/13

Fatehpur Sikri ウッタル・プラデーシュ, インド

Fatehpur Sikri(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん)

変哲の無いマイクロバスだが…🚌
実は小さな専用車のSUZUKI以外の車両に乗るのは初めて(笑)だから、かなり新鮮でノビノビした気分(*^^)v 今日3つ目のファティプール・シクリという舌を噛みそうな(世界遺産)へ進軍待機。

  • 行ってよかった!

Fatepur Sikri city ウッタル・プラデーシュ, インド

Fatepur Sikri city(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん)

荒涼たる大地だね
特筆する風景ではないが、日本人にはなかなか見られない風景で、其れだけでも嬉しくなるね。

  • 行ってよかった!

Fatepur Sikri city ウッタル・プラデーシュ, インド

Fatepur Sikri city(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 02

働くおじさん
敷地内で大きめのリヤカーモドキを押している…ご苦労様です。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Fatepur Sikri city ウッタル・プラデーシュ, インド

Fatepur Sikri city(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 03

修復中…打ち壊し中!?
アッとみでは判断付きかねるけど、頭が下がりますよ。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Fatehpur Sikri ウッタル・プラデーシュ, インド

Fatehpur Sikri(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 02

緑には癒される…
毎度毎度、乾いた大地に茶褐色の建造物なので異文化での興味はあるのだが、やはり緑が広がるとホッ…とはしますね(*^^)v

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Fatepur Sikri city ウッタル・プラデーシュ, インド

Fatepur Sikri city(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 04

精緻な装飾の柱
ここファティプール・シクリはムガール帝国の富と権力が作った夢の都…らしい。
ここまで大きくも精緻な細工をした柱を見たことはないな。お見事!

  • 行ってよかった!

Fatepur Sikri city ウッタル・プラデーシュ, インド

Fatepur Sikri city(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 05

ファティプール・シクリはアーグラー中心部の南西37kmにあるアクバル帝の城跡。
この広大な茶褐色の石?岩?を敷き詰めたところは日本では見慣れない景色ではあるが…一寸乾き過ぎかな(*_*)

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Fatepur Sikri city ウッタル・プラデーシュ, インド

Fatepur Sikri city(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 06

精緻なモザイクの天井
どのエリアかは分からないが、美しいモザイクの天井だね。繊細な技術は日本だけの専売特許にあらず( `ー´)ノ

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Fatepur Sikri city ウッタル・プラデーシュ, インド

Fatepur Sikri city(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 07

恐らくディワーネ・アーム(一般謁見の間)
左右対称と言うのはイスラムの影響かな…遊歩道左右の緑に癒されるね。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Fatepur Sikri city ウッタル・プラデーシュ, インド

Fatepur Sikri city(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 08

水は澱んでいる…
水に関しては日本の回遊式庭園や中国庭園に比べれば劣るね。綺麗ではないなぁ~案の定、水不足が原因でわずか14年後には立ち去る羽目に安っているみたいだね。

  • 行ってよかった!

Fatepur Sikri city ウッタル・プラデーシュ, インド

Fatepur Sikri city(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 10

回廊?床下?
暑さ対策のために床下が回廊?そんな印象すら受けるね。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Fatehpur Sikri ウッタル・プラデーシュ, インド

Fatehpur Sikri(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 03

延々と続く…
恐らくネギさんの話によると厩舎と言っていた気がする🐎🐎🐎

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Fatehpur Sikri ウッタル・プラデーシュ, インド

Fatehpur Sikri(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 04

パンチ・マハル(五層閣)
列柱に支えられた階段状の5層の吹き抜けからなり、下層の柱のデザインは全て異なるという凝った造り。うち等の感覚では、何となく奇異に映るが珍しさ度が高くて面白い。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Fatepur Sikri city ウッタル・プラデーシュ, インド

Fatepur Sikri city(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 12

緑がいっぱい
そらぁ~こんな気象条件下に、これだけ広大な敷地に緑を絶やさないようにすれば、水不足にもなりますわね( 一一)

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Fatepur Sikri city ウッタル・プラデーシュ, インド

Fatepur Sikri city(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 13

リス君
どういうわけか、リス君たちが多くいて人を怖がらない。それだけ自然がいっぱいで苛めたりしないということで警戒心が無いのかな。

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Fatephur Sikri ウッタル・プラデーシュ, インド

Fatephur Sikri(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん)

マイクロバス
本来は世界遺産の地を走るバスなんだから、環境に配慮を…といいたいところ、おんぼろバスっ…てところが渋いっ(笑)

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

Fatehpur Sikri ウッタル・プラデーシュ, インド

Fatehpur Sikri(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 05

物売りの少年
乞食や物乞いごいに比べて、マシとは思うけれども、やはりこのくらいの子が15時半ごろ車の窓を叩いて、お金を稼がねばならないというのは、発展してるとは言い難いね。矢張り日本以外では格差は大きく、如何に我々が恵まれている世界化ということを思い知る(´ー`)

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

通り1 ウッタル・プラデーシュ, インド

通り1(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん)

露店1
どう見てもバラックだね。車窓からだから、実際には見れなかったし、買うこともことも出来なかったけど興味津々。日本では数十年前に絶滅だよな(´ー`)

  • 行ってよかった!
  • 予算:0円

通り1 ウッタル・プラデーシュ, インド

通り1(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 02

露店2
旅行者にとっては、こんな日本ではない店を見ることは興味が尽きなくて面白い。でも客観的に見て、貧しかぁ~とは思ってしまう。完全な発展途上国の店だね。

  • 行ってよかった!

通り1 ウッタル・プラデーシュ, インド

通り1(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 03

男衆
何かファッションションセンスと言うか、着ているものから、我々の価値とは違いそう…単に貧しいからなのか、無頓着なのか…これが彼らのスタイルなのか…バラック風の店と合わせて、まだ発展ならず、というのは事実だろうな(´ー`)

  • 行ってよかった!

通り1 ウッタル・プラデーシュ, インド

通り1(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 04


綺麗なサリーではあるけれども、街の華やかさなんかは無いね。一般人民か下層かは分からないが、豊かそうには見えない…かといって不幸そうにも見えないところが、インドの奥深いところだね。

  • 行ってよかった!

通り1 ウッタル・プラデーシュ, インド

通り1(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 05

アグラ市内の渋滞
緑と黄色の車がオートリキシャ。noヘルで2人乗り3人乗りがインドらしかねぇ~原住民の生態が観察されるので、渋滞は歓迎中(笑)

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜

世界遺産
初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜

2008-11-11 - 2008-11-11

  • 19
  • Horie Kentaro
聖なる河、ガンガー(ガンジス河)の流れる街であり、ヒンドゥー教の聖地でもあるヴァラナシ(ベナレス)。ここではこれまでインドに来てから「一刻も早く帰りたい」と思っていた自分が「帰りたくないな」と思うようになるような、インドでの疑問や不満を解消するできごとがありました。 「世界の広さ」とは、「自分が許せる世界の広さ」が大きければ大きいほど広がる、そんなことを教えてくれ、自分の視点を一つ高くしてくれた街、ヴァラナシでの思い出。

作者: Horie Kentaro

  • 10
  • 5448

女子大生インドに行く~ ガンジス川で働く人 編~

女子旅
女子大生インドに行く~ ガンジス川で働く人 編~

2013-02-26 - 2013-02-28

  • 12
  • Alice
小さい頃からテレビで見ていた、バラナシ ガンジス川。 インド中から沐浴をしに来る人、その姿を見ようと世界中から訪れる観光客で溢れ返る街で、”働く地元民”に注目してみました! ガンガー/サドゥー/ババジー/バラナシ/ヴァラナシ/沐浴/ヘナ/メヘンディ

作者: Alice

  • 3
  • 2736

2012.11 濃いするインド ~Agra~

一人旅
2012.11 濃いするインド ~Agra~

2012-11-24 - 2012-11-24

  • 16
  • tabitabi parsley
タージマハルが観てみたくて、インドへ。 まさか、インドに行くことになるとは、、、今まで全く興味がなかったしインドに行くなんて想像することができなかった。ところが、昨年アンコールワット遺跡群を訪れてみると、なんとなく、タージマハルを観たいと。インドに行ってみたくなったのです。残金危うく、そして途中通せんぼされるというトラブルもあって少し怖かったけど・・・^^; 夕暮れに染まったタージマハル。観れました。

作者: tabitabi parsley

  • 2
  • 1995

ネパール、ポカラからヴァラナシに抜けて

一人旅
ネパール、ポカラからヴァラナシに抜けて

2012-12-12 - 2013-01-24

  • 20
  • Takuma Shibagaki
バックパッカーらしいバックパッカーをと思いたち、クアラルンプールへの片道航空券を手にして半年後、帰国前日となった我が身に降り掛かったのは、写真データを詰め込んだ外付けHDDの故障でした。ポカラから国境を超え、修羅の国インドへ。道中スノウリ、ゴーラクプルを経て、ガンガーを抱える聖地ヴァラナシへ。

作者: Takuma Shibagaki

  • 3
  • 1150

インド、バナラシからネパールへ。ローカルバス乗り継ぎの国境越え

バナラシ
インド、バナラシからネパールへ。ローカルバス乗り継ぎの国境越え

2013-09-16 - 2013-09-21

  • 16
  • Masashi Amano
二か月かけて一周したインドの後、ネパールに向かった。 ガンジス河の沐浴で有名な街ヴァナラシからネパール入りするルートである。 このルートには、ポカラまで一泊二日、宿代込み、乗り換えなしで走ってくれるワゴンがあるのだが、出発のまさにその朝、僕含めて二人しか乗客がいないことを理由に、運航中止を言い渡された。 僕はもう一人の日本人と一緒に、ローカルバスを乗り継いで国境を目指すことにした。 まずは中間地点のゴーラクプルへ行き、そこで乗り換え国境のスノウリへ。 スノウリで一泊の後、朝一番で国境を越えネパール入国の予定だった。 このルートは僕が経験したインドの中でもワースト3に入る悪路で、舗装されていないだけでなく、道がぼこぼこなので振動がすごかった。 頻繁に人の乗り降りのあるローカルバスは常に満員で、通路に立ち客が出る始末。 ただでさえ狭い車内に、停車すると物売りが声を張り上げて入ってくる。焼きとうもろこし、炒った豆のおつまみ、浅漬けきゅうり、ココナッツ、冷えた水・・・そういうのを直接籠に入れて包装もせず、僕の鼻先にぬっと近づける。こぼれた水滴や豆が僕の膝元にかかる。 埃を巻き上げて走るバスの窓は常に全開で、埃をかぶり、吸いながら過ごすこの不快なバスに10時間耐えた後、国境近くのホテルにチェックインした時には全身埃まみれになっていた。 翌朝国境を越え、ポカラ行きのバスに乗る。二か月インドにいた僕にはネパールは新鮮で、そしてポカラは湖の美しい静かな観光地だった。

作者: Masashi Amano

  • 1
  • 1558

初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜アグラ編〜

世界遺産
初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜アグラ編〜

2008-11-03 - 2008-11-03

  • 8
  • Horie Kentaro
デリー( http://www.compathy.net/tripnotes/65 )を発ち、挫けそうになった心をなんとか繋ぎ止めようと訪れたのがここ、インド2都市目となるアグラでした。 アグラはタージ・マハルを擁する都市で世界中から観光客が押し寄せるためなのか(はたまた自分のそういった思い込みか)、インドで訪れた都市の中で一番「インドの良くない部分」に触れた記憶があります。 一方で、こんなに「居にくさ」を感じさせてくれた街がインドで初めて「落ち着き」を感じた日でもありました。 そんな激動の一日をまとめてみました。

作者: Horie Kentaro

  • 4
  • 862

ベラナシ   ヒンズ教の聖地

ガンガの祈り
ベラナシ   ヒンズ教の聖地

2014-10-26 - 2014-10-26

  • 11
  • Takeshi
偉大なるガンガに夜明け前から沐浴し、河向う彼岸へ日の出に祈る。ガンガにはガード(火葬場)が沢山あり、灰は河へ流される。火葬の燃料は金持は薪、貧乏人は牛糞の乾燥品。

作者: Takeshi

  • 3
  • 1664

インド6泊7日の旅~世界遺産タージマハルは美しかった~


インド6泊7日の旅~世界遺産タージマハルは美しかった~

2014-10-04 - 2014-10-10

  • 10
  • MORI SHIZUKU
世界遺産ファーテーブル・シークリーで、玉座を見学。 アーグラ城塞とタージマハルを観光。 ガンジス川を見に行く。 大きな国土を、移動、移動の毎日。 インドは広いと実感した、6泊7日の旅。

作者: MORI SHIZUKU

  • 0
  • 868

インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い

インド周遊…?、世界遺産よりもリス君や原住民の暮らしぶりの方が、面白い トップへ