Compathy

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Yuichi Kudoさんのログブック(旅行記)「中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅」

中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅

2007-11-22 - 2007-11-2215 Episodes
Yuichi Kudo
Travel Collector
Yuichi Kudo
  • 30s / male
  • China
Places visited
China

今回は中国四川省の大足県内にある大足石窟へ行ってきました。大足石窟は9世紀から13世紀に造った約5万体の塑像が分布してあります。いくつかの石窟が保存状態良く残っていますが、なかでも北山、宝頂山の石窟はすばらしく、代表的な石刻彫塑として知られています。今回は大足に1泊することで素晴らしい石窟をゆっくり見ることができました。

  • 0Favorite
  • 251view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12007/11/22

大足石刻 北山佛湾造像区 Chongqing Shi, China

大足石刻 北山佛湾造像区(Chongqing Shi, 中華人民共和国)|中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅(Yuichi Kudoさん)

中国四川省の大足県内に、9世紀から13世紀に造った約5万体の塑像が分布してある。大足石窟といわれ、なかでも北山、宝頂山の石窟はすばらしく、代表的な石刻彫塑として知られる。まず北山石窟へ。駐車場からゆっくり坂を30分くらいかけて登っていきます。

大足石刻 北山佛湾造像区 Chongqing Shi, China

大足石刻 北山佛湾造像区(Chongqing Shi, 中華人民共和国)|中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅(Yuichi Kudoさん) - 02

入場料はここ北山石窟と後から行く宝頂山石窟の二か所で170元でした。1元で約30円ですから、日本円で5000円以上・・安いのか?高いのか?現地の相場では?ですが、観光客料金ということで良しとしましょう。世界遺産の貴重な石窟ですし。

  • Budget:5100USD

大足石刻 北山佛湾造像区 Chongqing Shi, China

大足石刻 北山佛湾造像区(Chongqing Shi, 中華人民共和国)|中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅(Yuichi Kudoさん) - 03

一つ一つの塑像がとても精巧に彫られています。塑像の表情も一つ一つ違う。大足石刻は素朴で野性的な味わいの中に奥深い趣を湛えていると言われています。塑像の1つ1つが力強い魅力にあふれ、彫塑家の優れたデザイン、工匠たちの熟練した技を体現しています。

大足石刻 北山佛湾造像区 Chongqing Shi, China

大足石刻 北山佛湾造像区(Chongqing Shi, 中華人民共和国)|中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅(Yuichi Kudoさん) - 04

北山石刻の中で、宋の時代の観音像は珍しい。中国の早期観音像は、一般的に男性の形象で、襟を正して端座し、荘厳で静粛な雰囲気を湛えているのに対し、唐の時代以後の塑像に属する北山の観音像は、女性の形象をとり、世俗的な人間美を湛えていると言われています。

大足石刻 北山佛湾造像区 Chongqing Shi, China

大足石刻 北山佛湾造像区(Chongqing Shi, 中華人民共和国)|中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅(Yuichi Kudoさん) - 05

北山の観音像は、女性の形象をとり、世俗的な人間美を湛えています。全身豪華な装飾で彩られ、頭には花の冠を戴き、上半身はやや露わに、胸には飾り房を下げ、腰は巻き衣、肘には衣帯をまとい、裸足で蓮の花の上に立っているます。衣帯が軽やかに風になびき、しなやかな姿態は妙齢の少女を思わせます。

大足石刻 北山佛湾造像区 Chongqing Shi, China

大足石刻 北山佛湾造像区(Chongqing Shi, 中華人民共和国)|中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅(Yuichi Kudoさん) - 06

ガイドの説明によると、ここ北山石窟の塑像はこの後訪れる宝頂山石窟の塑像と比べると、秀麗かつ精巧で生き生きとしているとのことです。石窟によっても塑像の表情が違うのはおもしろいですよね。次の見学地も楽しみです。そんなことを考えながら引き続き見学。

大足石刻 北山佛湾造像区 Chongqing Shi, China

大足石刻 北山佛湾造像区(Chongqing Shi, 中華人民共和国)|中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅(Yuichi Kudoさん) - 07

中国にはいくつもの石窟がありますが、中でももっとも中国らしさがあるのがここ大足石窟だと言われています。それというのも、大足石窟は他の石窟に比べて遅い時代に作られたものだからです。確かにとても古いようで歴史を感じますね。

大足石刻 北山佛湾造像区 Chongqing Shi, China

大足石刻 北山佛湾造像区(Chongqing Shi, 中華人民共和国)|中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅(Yuichi Kudoさん) - 08

もともとインドから伝わって来た仏教文化である石窟は、インドからの影響を強く受けていました。それが長年中国で作られている間に中国化していったです。この大足石窟では中国発祥の文化である儒教、道教の石像が多く残されています。

大足石刻 北山佛湾造像区 Chongqing Shi, China

大足石刻 北山佛湾造像区(Chongqing Shi, 中華人民共和国)|中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅(Yuichi Kudoさん) - 09

北山の石窟には1万体近い塑像が彫られているようで、すでに1000年以上の歴史をもつそうです。窟内の観音や菩薩は人間味あふれる親しみやすい表情で、普通ありがちな神秘的雰囲気はないとガイドが説明してくれました。確かにそういわれればそうかも。

大足石刻宝顶山景区 Dazu Rock Cave Chongqing Shi, China

大足石刻宝顶山景区 Dazu Rock Cave(Chongqing Shi, 中華人民共和国)|中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅(Yuichi Kudoさん)

宝頂山石窟の塑像は雄大な気勢と壮観さで知られています。大仏湾を中心に、長さ約500メートルの馬蹄形をした奥深い山洞に散在する石窟を見学。壁沿いに彫られた塑像を階段の上り下りしながら約2時間半の見学となりました。入場料は先ほど払ったのでスルー。

大足石刻宝顶山景区 Dazu Rock Cave Chongqing Shi, China

大足石刻宝顶山景区 Dazu Rock Cave(Chongqing Shi, 中華人民共和国)|中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅(Yuichi Kudoさん) - 02

大足石窟は、深い山の奥にあるため交通が不便です。ですが、だからこそ人的破壊を逃れ、これほど多くの石像を残すことができたのです。 山の奥に隠れた宗教の世界へ行くと、世俗を離れた清い空気が残されています。他の中国の観光地と比べ厳かな雰囲気もあります。

大足石刻宝顶山景区 Dazu Rock Cave Chongqing Shi, China

大足石刻宝顶山景区 Dazu Rock Cave(Chongqing Shi, 中華人民共和国)|中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅(Yuichi Kudoさん) - 03

最も注目される「釈迦涅槃聖跡図」は31メートルも長い涅槃仏が体を斜めにして横たわり、上半身は裸身で下半身は岩石の中に隠れ、ほとんど北崖全体を占めています。釈迦の表情は穏やかで慈愛に満ち、両眼をうっすら開き、円寂前の心境が余すところなく表現されています。

大足石刻宝顶山景区 Dazu Rock Cave Chongqing Shi, China

大足石刻宝顶山景区 Dazu Rock Cave(Chongqing Shi, 中華人民共和国)|中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅(Yuichi Kudoさん) - 04

中国の早期観音像は、一般的に男性の形象で、襟を正して端座し、荘厳で静粛な雰囲気を湛えているのに対し、ここ大足石窟では女性のイメージした観音像が多いのが特徴です。その中にも男性象はやはり多いよう。写真の象は典型的は中国古典スタイルではないでしょうか。

大足石刻 北山佛湾造像区 Chongqing Shi, China

大足石刻 北山佛湾造像区(Chongqing Shi, 中華人民共和国)|中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅(Yuichi Kudoさん) - 10

大足石刻に含まれるのは北山、宝頂山、南山、石篆山、石門山の5カ所です。このように広い規模に優れた技術の彫り物が作られ、また中国の石窟芸術の中で大きな位置を占めているという理由から1999年、世界遺産に登録されました。石窟としては敦煌の莫石窟に続く2つめの登録です。

大足石刻 北山佛湾造像区 Chongqing Shi, China

大足石刻 北山佛湾造像区(Chongqing Shi, 中華人民共和国)|中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅(Yuichi Kudoさん) - 11

北山の石窟群を始めに作ったのは、大足付近をおさめる役人でした。唐の将軍だった彼は、自分が多くの殺生を犯したことを恐れ、石工などを集め、892年、北山の崖に毘沙門天や千手観音を彫らせました。これが大足石刻の始まりとなったのです。ガイドも優秀で詳細な説明を聞きながら大足石窟の見学を楽しむことができました。

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 251view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

大足…世界遺産、宝頂山の石刻も素晴らしいが、8~10元の人民食堂、安っ美味っ!


大足…世界遺産、宝頂山の石刻も素晴らしいが、8~10元の人民食堂、安っ美味っ!

2015-12-08 - 2015-12-09

  • 33Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産48全制覇を目論んでの第5次遠征13日。その9~10日目。 想像以上の感動の大足石刻と人民食堂にホテルと翌日の重慶空港までのバスの旅。 ここでは相も変わらず中国語出来ないが、道はどんどん訊き、人民食堂にも入る主義!翌日のためにバスターミナル偵察に出撃して(2つあるので)分からず、おいちゃんに訊くと、大きな通りまで案内してくれる。またタクシーの真っ当さ(笑)にも感動。バスターミナル🚖ホテルが5元10元てのは、もう安すぎで嬉しすぎですよ。メーターをチャンと倒し、遠回りしないのは久しぶり。翌朝の宿のトラブルなど若干あったが、成都ほど怒らなかったのは免疫が出来たからかな…大足、良かよ('ω')ノ

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 186 views

圧巻の世界遺産、中国・大足の宝頂山石刻…その岩肌に彫刻された仏像に感動

大足石刻
圧巻の世界遺産、中国・大足の宝頂山石刻…その岩肌に彫刻された仏像に感動

2015-12-08 - 2015-12-08

  • 24Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産48全制覇を目論んでの第5次遠征13日間、その9日目の後半戦。 今回5つ回る世界遺産の中で、全くの新規としては大足石刻が唯一。兎に角、施設のだだっ広さに圧倒されつつ、無数の石刻仏像が見えてきたときは、今でもはっきりと覚えているほどの感動だった。立体絵図を見ているような世界が広がる。単なるスケールの大きさだけなら、他にもある。ココの素晴らしいところは、物語の様なシーンが幾つもあって、現代の私たちに話しかけているところだ。ゆっくりとご覧いただきたい。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 179 views

やってしまった…✈の預け荷物に予備バッテリー、保安検査場で足止め、ピンチ!

保安検査
やってしまった…✈の預け荷物に予備バッテリー、保安検査場で足止め、ピンチ!

2015-12-09 - 2015-12-09

  • 25Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国世界遺産48全制覇を目論んでの第5次遠征13日間の10日目。 大足から🚌…重慶空港✈…広州空港…🚇…広州駅前のホテルまで。 重慶を経由しないで、いきなり空港へてのは時間節約にも嬉しい。実は重慶は初めて。その中で空港でやってしまった。チェックインして荷物を預け、搭乗券のチェック(パスポート提示)の時に何か言われた。英語で向こうに行けっ…と言われて、意味が分からずに(係員も説明はしないので)うろうろしてたら公安のイケメンが来て詰所みたいなところに連行。そこで預け荷物を指差し、危険物があるから…ということでやっと分かった。ビデオの予備バッテリーを入れていたのだ。数分、トランクを裏返してやっと出てきた。このイケメンの公安アンちゃんは優しくも「飛行機の時間、大丈夫とぉ?」と心配までしてくれる。「大丈夫やけん…時間あるけん」と恐縮する私。皆さんも予備バッテリーは持ち込み荷物にしないとダメだよ('ω')ノ

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 260 views

長江クルーズの旅

長江
長江クルーズの旅

2011-03-10 - 2011-03-20

  • 19Episodes
  • Yuichi Kudo
中国の大河長江をクルーズにてのんびりと旅してきました。重慶から上海までの約2400キロを9泊10日で下りました。長江は全長6300mなので、約3分の1を旅してきたことになります。下船観光では三国志ゆかりの地を訪ね、ハイライトの三峡、そして三峡ダムの通過は圧巻でした。振り返ると、とても壮大な旅をしてきたんだなぁといまさらながら実感しています。旅の最後には、上海の近郊江南水郷古鎮も訪れるという盛りだくさんの旅でした。

Travel Collector: Yuichi Kudo

  • 0
  • 381 views

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52Episodes
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

Travel Collector: Akira Naito

  • 9
  • 5075 views

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26Episodes
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

Travel Collector: Daisuke Taniwaki

  • 14
  • 4452 views

ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

世界遺産
ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

2009-12-25 - 2010-01-02

  • 33Episodes
  • Yusuke Kon
人生で二回目の海外旅行はどういうわけかバックパッカーをすることになった。沢木耕太郎の深夜特急をバイブルなオレは行くしか無いのだ

Travel Collector: Yusuke Kon

  • 7
  • 3506 views

中国 ウルムチ滞在

一人旅
中国 ウルムチ滞在

2013-08-01 - 2013-08-08

  • 27Episodes
  • Shohei Watanabe
カザフスタンのビザを取得するため、ウルムチに1週間ほど滞在しました。思ったよりも漢民族が多く中国共産党の政策により、現在のウイグル自治区はトュルク系民族と漢民族が半々になってしまっています。 最近中国国内においてウイグル自治区がらみの問題が多いためか、ウイグルのバザール近くは中国公安が武装して治安維持にあたってました。 行くところもなく、観光地の天山天池へバスを乗り継いで行ってきました。写真はこちら。 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157637445453874/

Travel Collector: Shohei Watanabe

  • 14
  • 2706 views

中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅 中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅

Back to Top of 中国仏教彫刻の元祖 世界遺産大足石窟の旅