Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Nakano Takayukiさんのログブック(旅行記)「シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」」

シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」

2016-02-21 - 2016-02-2433 Episodes
Nakano Takayuki
Travel Collector
Nakano Takayuki
  • 30s / male

僕はシリアで協力隊として活動していたこともあり、
「シリア難民の今」を知るために、シリア難民を巡る旅をしました。

報道だけでは決して見えない現実。
世界にはこんなにも難民にあふれていることを知りました。

ギリシャで出逢ったのは、ドイツ・イギリスなどヨーロッパからやってきているボランティアの若者たち、
そして、シリアだけでなく、ソマリア・アフガニスタン・イラク・イエメンからやってきている難民や、仕事を求めてやってきているエジプト・アルジェリア・リビアなど様々な国からの移民たちでした。

ヨルダン編 「ザータリ難民キャンプの生活、とキャンプの外に住む人たち」
https://www.compathy.net/tripnotes/21144
-
トルコ編
「トルコはなぜ、ヤカンが2つあるのか?トルコの日常」
https://www.compathy.net/tripnotes/21888
「トルコで始まった新生活。シリアの人たちはどんな暮らしをしている?」
https://www.compathy.net/tripnotes/21889
-
イラク編
「モールに気球にロープーウェイ?意外に都会!クルドの人たちと共に生きる」
https://www.compathy.net/tripnotes/21891
-
ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」
https://www.compathy.net/tripnotes/21887
-
フランス編 「イギリスを目指して…。男たちは希望と絶望の中で生きる」
https://www.compathy.net/tripnotes/21890
-
スウェーデン編
(近日公開。2016年3月9日まで旅してます。詳細は、http://twitter.com/takayuki18aug

  • 2Favorite
  • 525view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12016/02/21

Η Ακρόπολις Makedonia Thraki, Greece

Η Ακρόπολις(東マケドニア・トラキア, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん)

一応観光しました。アクロポリスです。

  • Budget:1500USD

Πρακτορείο ΟΠΑΠ Attica, Greece

Πρακτορείο ΟΠΑΠ(アッティカ, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん)

ドイツやスウェーデンに向かう各国からの難民が、マケドニア行きのバスを待つビクトリア公園の近くにあった看板。

携帯電話の店の看板です。

Πλατεία Βικτωρίας (Victoria Square) Attica, Greece

Πλατεία Βικτωρίας (Victoria Square)(アッティカ, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん)

ビクトリア公園で、バス待ちの難民へのTVインタビューが行われていました。

Πλατεία Βικτωρίας (Victoria Square) Attica, Greece

Πλατεία Βικτωρίας (Victoria Square)(アッティカ, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 03

彼らは、トルコから命がけの密航の後、アテネまでたどり着いています。

Πλατεία Βικτωρίας (Victoria Square) Attica, Greece

Πλατεία Βικτωρίας (Victoria Square)(アッティカ, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 02

ビクトリア公園の近くには、難民の人向けの施設が2つあります。

入れるのは子連れの人たち優先です。
ご飯も出ます。

Day 22016/02/22

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port Mitilini, Greece

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port(Mitilini, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん)

トルコから20kmほどのところにあるギリシャのレスボス島。

ここから、アテネなどギリシャ本土に向かってバスでドイツやスウェーデンを目指します。
アラビア語の看板をたくさん見ました。

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port Mitilini, Greece

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port(Mitilini, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 04

美しい島ですが、観光で成り立っているわけではなく、自給自足できる農作物と家畜、その加工品で潤っている島です。

その島の人口に匹敵する数の難民が、2015年の夏に殺到し、島は混乱したそうです。

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port Mitilini, Greece

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port(Mitilini, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 06

アラビア語が目立ちますが、難民はアラブ人だけではありませんでした。

シリア・イラクからの難民は、自国が危険な状態のため、難民として国境を越えやすいのですが、
経済的な理由できている人たちは、難民ではなく移民なので、僕の行った2016年2月の時点で、非常に制限がかかっていたそうです。

アッティカ(ギリシャ)|「賑わう街には、難民の姿は見ませんでした。」シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん)

賑わう街には、難民の姿は見ませんでした。

Φυκιότρυπα Egeo, Greece

Φυκιότρυπα(エゲオ, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん)

こうしたゴムボートで密航してきています。

Ακτή Τσαμάκια (Tsamakia beach) Egeo, Greece

Ακτή Τσαμάκια (Tsamakia beach)(エゲオ, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん)

非公式の難民キャンプです。
No Border Kitchenが活動していました。

ヨーロッパの若者たちが、海を渡ってきた難民たちと、楽しそうにご飯を作り、物資を渡し、音楽を奏でていました。

公式の難民キャンプは人でいっぱいで居心地が悪く、こっちのほうがいい、とアルジェリアから来ている男性が言っていました。
彼は国境が閉まっているため、3ヶ月ほどこのキャンプに住んでいます。

Day 32016/02/23

アッティカ(ギリシャ)|「町中に難民の子ども達。」シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん)

町中に難民の子ども達。

Μόρια (Moria) Egeo, Greece

Μόρια (Moria)(エゲオ, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん)

仲良くなったアルジェリアの人に、連れて行ってもらった難民キャンプ。

公式の難民キャンプのすぐ隣にありますが、ここは非公式キャンプ。

Μόρια (Moria) Egeo, Greece

Μόρια (Moria)(エゲオ, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 02

同じく。

屋外fesのような雰囲気がありつつも、
そこにいる人たちは、命がけの航海のあとでぐったりしている様子でした。

Moria refugee camp Egeo, Greece

Moria refugee camp(エゲオ, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 02

公式の難民キャンプ。
ここで難民としての登録をします。

数百人の人が行列を作って、登録を待っていました。

Moria refugee camp Egeo, Greece

Moria refugee camp(エゲオ, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん)

プレハブの家。
冬は寒く、スペースも狭いため、評判は悪いですが、多くの人はすぐにヨーロッパ本土に向けて移動をします。

Moria refugee camp Egeo, Greece

Moria refugee camp(エゲオ, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 03

プレハブだけでは足りず、野外キャンプで使うような小さなテントを張っている人たちも多くいました。

Moria refugee camp Egeo, Greece

Moria refugee camp(エゲオ, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 04

市街地から難民キャンプには、バスが出ています(1ユーロ)が、1時間に一本あるかどうかなので、4人乗りのルートタクシー(10ユーロ)を使う人も多く見ました。

本数が少ないため、すごく満員ですが、
フェリーのチケットの購入、あるいはフェリーに乗るための移動にこのバスは必須です。

  • Budget:130USD

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port Mitilini, Greece

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port(Mitilini, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 02

手前にあるのは、救命器具。
右の中央部にあるのは、船の残骸。

どちらも、難民が船を渡る際に使っていたものだそうです。

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port Mitilini, Greece

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port(Mitilini, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 09

こうした船の残骸は、奥にある大きなフェリーにぶつかって壊れたもの、と説明されました。

アッティカ(ギリシャ)|「この日の夜、彼らはフェリーで本土に向かう。」シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん)

この日の夜、彼らはフェリーで本土に向かう。

Day 42016/02/24

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port Mitilini, Greece

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port(Mitilini, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 03

翌日、僕もフェリーに乗る。

密航は、一人1~3時間で700ドルかかることも珍しくない。しかも命の危険もある。

しかし、一度ギリシャについてしまえば、一人47ユーロで安全に本土まで行ける。8時間で。

  • Budget:6000USD

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port Mitilini, Greece

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port(Mitilini, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 05

空席のはずの僕の隣の席に座ってきたのはシリア人の子ども達。

アラビア語が話せて、かまってくれるからだろう、ずっとそばから離れなかった。

こうした無邪気な子ども達も、
死の危険を自国でも、密航でもくぐり抜けてきていて、一歩間違えたら死んでいたかもしれなかったと思うと、ぞっとする。

Λιμάνι Καβάλας (Port of Kavala) Makedonia Thraki, Greece

Λιμάνι Καβάλας (Port of Kavala)(東マケドニア・トラキア, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 02

本土に到着。Kavalaという港町。
彼らはここからマケドニア行きのバスに乗り換える。

僕は飛行機に乗るためにイスタンブールに向かう。

Travel Tracking

Comments

  • 2Favorite
  • 525view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」 シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」

Back to Top of シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」