Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Yuichi Kudoさんのログブック(旅行記)「モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで」

モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで

2011-02-10 - 2011-02-1515 Episodes
Yuichi Kudo
Travel Collector
Yuichi Kudo
  • 30s / male

モロッコ周遊の旅に再び行ってきました。モロッコの地中海沿岸沿いはカサブランカに代表される華やかな街並みがあります。そこではヨーロッパとアラブの融合建築が見られます。内陸部は世界一の迷宮フェズがあったりエキゾチックな旧市街メディナの散策も楽しめます。南部ではメルズーガ砂丘の砂漠、カスバ街道と呼ばれる日干し煉瓦の城砦が道沿いに並ぶルートを走り抜ける等、見どころたっぷりのモロッコを一周目で紹介できなかったことを中心に紹介していきます。

  • 0Favorite
  • 159view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12011/02/10

Rabat | الرباط Rabat-Sale-Zemmour-Zaer, Morocco

ラバト(Rabat | الرباط)(ラバト=サレ=ゼムール=ザイール, モロッコ)|モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで(Yuichi Kudoさん)

前日の夜イタリアのローマ経由でモロッコの首都ラバトに入りました。この日はラバトの市内見学をし港町タンジェに向かうという行程です。まずはムハンマド5世廟へ。衛兵がかっこよくポーズを決めてくれました。後ろの霊廟も荘厳な雰囲気です。

Rabat | الرباط Rabat-Sale-Zemmour-Zaer, Morocco

ラバト(Rabat | الرباط)(ラバト=サレ=ゼムール=ザイール, モロッコ)|モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで(Yuichi Kudoさん) - 02

ムハンマド5世廟と同じ敷地内にあるハッサンの塔です。ハッサンの塔は、建設中の1199年に建築家マンスールが亡くなったため未完のまま残るムーア様式のミナレットです。予定の半分の高さでも世界最大級の高さを誇る歴史的記念碑として有名です。

Rabat | الرباط Rabat-Sale-Zemmour-Zaer, Morocco

ラバト(Rabat | الرباط)(ラバト=サレ=ゼムール=ザイール, モロッコ)|モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで(Yuichi Kudoさん) - 03

ラバトにあるカスバ(城砦)です。旧市街の北側、ブーレグレグ川の河口に面しています。12世紀にムワッヒド朝のヤークーブ=アル=マンスールが築いた城壁を利用し、17世紀にアラウィー朝のムーレイ=ラシッドによって建造され、内部にアンダルシア風の庭園があります。時間があったので立ち寄りました。約30分散策を楽しみました。

タンジェ Tangier-Tetouan, Morocco

タンジェ(タンジェ=テトゥアン, モロッコ)|モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで(Yuichi Kudoさん)

ラバトの見学後港町タンジェへ。約3時間の移動となりました。夕食は伝統的な邸宅風のレストランにてモロッコ料理を食べました。モロッコ料理は前菜のメゼという小皿が何皿も出てきて、その後メインを食べ甘いデザートで〆るのが定番です。店専属の音楽家たちが演奏をしてくれました。

Day 22011/02/11

ラバト=サレ=ゼムール=ザイール(モロッコ)|「スパステル峠です。ここはアフリカ大陸北西端の地です。右が地中海、左が大西洋、その境目を1864年建造の灯台が見下ろしています。対岸にはスペインの山並みがあり天気が良いと見えます。まさに交易の心臓部であったことを感じさせる場所です」モロッコの真髄に触れた

スパステル峠です。ここはアフリカ大陸北西端の地です。右が地中海、左が大西洋、その境目を1864年建造の灯台が見下ろしています。対岸にはスペインの山並みがあり天気が良いと見えます。まさに交易の心臓部であったことを感じさせる場所です

タンジェ Tangier-Tetouan, Morocco

タンジェ(タンジェ=テトゥアン, モロッコ)|モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで(Yuichi Kudoさん) - 02

ヘラクレスの洞窟です。駐車場から約10分洞窟の階段を下りていくと写真の景色にたどり着きます。ここは波の浸食によってできた石灰岩の洞窟です。ヘラクレスが12の功業を成し遂げて、ここで休息をとったというギリシャ神話に由来します。穴の形が反転させたアフリカ大陸やヘラクレスの横顔に似ているといわれ、その向こうに青い大西洋と打ち寄せる白波が見えます。

Day 32011/02/12

Moulay Idriss Meknes-Tafilalet, Morocco

Moulay Idriss(メクネス=タフィラルト, モロッコ)|モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで(Yuichi Kudoさん)

タンジェを出発しメクネスに向かう途中、ムーレイ・イドリスに立ち寄りました。ここは8世紀末、アッバース朝に追われたムーレイ=イドリス1世がモロッコ初のイスラム王朝であるイドリス朝を開いた地として知られています。丘の上のホルムとよばれるイスラム教徒の聖域には、ムーレイ=イドリス1世の霊廟があり聖地となっています。実際に霊廟近くまで30分歩きました。

メクネス, メクネス=タフィラルト地方, モロッコ Meknes-Tafilalet, Morocco

メクネス, メクネス=タフィラルト地方, モロッコ(メクネス=タフィラルト, モロッコ)|モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで(Yuichi Kudoさん)

メクネスに到着後ランチ。本日のランチはいかめしのタジンです。まさかモロッコに来ていかめしを食べれるとは。北海道函館のいかめしのようにいかの中に調理されたごはんがつめられいます。全体はトマトと香辛料ベースの味付けがされていてとてもおいしかった。

Day 42011/02/13

Fez Fes-Boulemane, Morocco

Fez(フェズ・ブルマーヌ, モロッコ)|モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで(Yuichi Kudoさん)

この日は世界遺産の迷宮フェズ旧市街の見学でした。旧市街の中の民家訪問をした際家のご主人がミントティーをふるまってくれました。それにしてもすごい高さからお湯をポットにそそいでいます。こうすることで香りがよりたつのだとか。職人技ですね。

Fez Fes-Boulemane, Morocco

Fez(フェズ・ブルマーヌ, モロッコ)|モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで(Yuichi Kudoさん) - 03

引き続きフェズのメディナの散策です。こんな道がいろいろな方向角度に広がっているんです。迷うなという方が無理なような気がします。方向感覚に自信のある私も世界中でこのフェズだけはさすがにガイドさんなしでは歩けないと思います。

Fez Fes-Boulemane, Morocco

Fez(フェズ・ブルマーヌ, モロッコ)|モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで(Yuichi Kudoさん) - 02

フェズのメディナ(旧市街)内の細い路地裏の一室、のぞいてみると、そこは小学校でした。こんなところで勉強しているのかと正直驚きを隠せませんでした。メディナ内で全ての生活ができるように設計されているのですね。フェズ。すごいところです。

Day 52011/02/14

イフレン, メクネス=タフィラルト地方, モロッコ Meknes-Tafilalet, Morocco

イフレン, メクネス=タフィラルト地方, モロッコ(メクネス=タフィラルト, モロッコ)|モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで(Yuichi Kudoさん)

この日はフェズを出発しアトラス山脈越えを行う一日となりました。写真はモロッコのスイスといわれるイフレンの町です。ここで休憩をとりアトラス山脈をひたすら南に走っていきます。アフリカなのに雪で真っ白という不思議な景観を楽しむことができました。

メルズーガ砂丘 Meknes-Tafilalet, Morocco

メルズーガ砂丘(メクネス=タフィラルト, モロッコ)|モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで(Yuichi Kudoさん)

無事アトラスを越えエルフードの町で4WDに乗り換えさらに南へ移動。メルズーカ砂漠に到着致しました。本日の宿泊はオーベルジュ・カスバ・トゥンブクトゥというカスバに見立てて設計された砂漠の中に建つホテルです。ホテルからでるとすぐ砂漠。素晴らしい夕日を見られました。

Day 62011/02/15

メルズーガ砂丘 Meknes-Tafilalet, Morocco

メルズーガ砂丘(メクネス=タフィラルト, モロッコ)|モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで(Yuichi Kudoさん) - 02

早起きしてメルズーガ砂丘の朝日を見に行きました。専属の砂漠ガイドが案内しています。砂漠ですから足場は全て砂なのですが、ガイドがいると歩き易い道を教えてくれるのだとか。朝日ポイントまで行くとガイドさんは眠ってしまいました。

メルズーガ砂丘 Meknes-Tafilalet, Morocco

メルズーガ砂丘(メクネス=タフィラルト, モロッコ)|モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで(Yuichi Kudoさん) - 03

日中メルズーガ砂丘のサファリツアーを楽しみました。アルジェリアとの国境付近まで行ったりリン鉱石の採掘所を見に行ったり砂漠の中をやく3時間ドライブ。砂漠だから何もないと思っていましたが以外にいろいろあり満足。ホテルに戻り午後はゆっくりと過ごします。

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 159view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで

Back to Top of モロッコの真髄に触れた モロッコ二周目の旅 首都ラバトからメルズーガ砂丘まで