Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Yuichi Kudoさんのログブック(旅行記)「南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅」

南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅

2012-03-13 - 2012-03-17 15 240 3

ナポリより南のイタリアを旅してきました。イタリア南部は北部に比べ地味なイメージがありますがそんなことはありません。華やかなナポリの町、古代ローマのポンペイ、世界屈指の景勝海岸アマルフィ海岸、不思議な家屋のアルベロベロ、岸壁を掘るようにつくられた町並みのマテーラ、そして南イタリアの珠玉の町々と見どころたくさんです。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2012/03/13

ナポリ(Napoli) カンパニア, イタリア

ナポリ(Napoli)(カンパニア, イタリア)|南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅(Yuichi Kudoさん)

成田からAZ(アリタリア航空)にてミラノ経由で南イタリアの中心都市ナポリに入りました。到着した時、現地はもう真っ暗。高台から世界三大夜景と言われるナポリの夜景を楽しみました。時差ボケも吹っ飛ぶくらいの美しい町並み。明日からの見学が楽しみです。

2日目2012/03/14

ポンペイ カンパニア, イタリア

ポンペイ(カンパニア, イタリア)|南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅(Yuichi Kudoさん)

ナポリ近郊の古代都市「ポンペイ」の遺跡へ。ヴェスヴィオ山の大噴火によって噴火開始からわずか19時間で滅亡してしまった街です。火砕流と火山の噴出物によって街全体は埋もれ、1748年に本格的な発掘がスタートするまで1700年近く、その存在は地中深くに眠ることとなっていました。写真はかつての横断歩道のようなもの。馬車の車輪が引っかからないようにきちんと考えられています。車輪の轍も残っています。

ポンペイ カンパニア, イタリア

ポンペイ(カンパニア, イタリア)|南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅(Yuichi Kudoさん) - 02

かつてのメインストリート沿いのお店の跡です。当時、死の灰は一気に町を飲み込み、噴火によって命を落とした人々の姿までをも、そのままの形で封じ込めていたそうです。死者は約2000人から1万人以上とされている。死者は死んだままの姿で灰の中に埋もれ、肉体が朽ちた後もその空洞は残りました。

ポンペイ カンパニア, イタリア

ポンペイ(カンパニア, イタリア)|南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅(Yuichi Kudoさん) - 03

人体があった空洞に石膏を流し込むという手法で掘り出した像は、ポンペイ人の石膏像として展示されています。死者の鋳型は、約2000年前の犠牲者たちの姿がそのままの状態で型どられており、当時の大災害の悲惨さを今に伝えています。

ナポリ(Napoli) カンパニア, イタリア

ナポリ(Napoli)(カンパニア, イタリア)|南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅(Yuichi Kudoさん) - 02

ナポリに戻り昼食。イタリアの食事は普段我々が食べ慣れた味が多くとても食べやすかったです。しかしながらその量はすごかった。昼は前菜、メイン、デザートと普通ですが、夜はそれにパスタが加わりすごい量に。イタリアに行ったら食べ過ぎ注意です。

イタリアカンパニアナポリカプリ島 カンパニア, イタリア

イタリアカンパニアナポリカプリ島(カンパニア, イタリア)|南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅(Yuichi Kudoさん)

午後、ジェットフォイルに乗り青の洞窟で有名なカプリ島へ。船がすごく揺れました。この波だと青の洞窟は入れないなと思いとりあえず島へ。残念ながらやっぱり青の洞窟にはいけないとのこと。残念ですが落ち込んでいてももったいない。カプリの町中を1時間散策しました。写真は巨大なレモンです。さすがイタリア。全てがでかい。写真のレモンは日本のオレンジくらいの大きさがありました。

3日目2012/03/15

ソレント半島 カンパニア, イタリア

ソレント半島(カンパニア, イタリア)|南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅(Yuichi Kudoさん)

この日は世界屈指の景勝海岸アマルフィ海岸をドライブ。天気は最高で青い空と海、かわいらしい町並みのコントラストが本当に素晴らしかった。途中何か所かアマルフィ海岸の小さい町に立ち寄りながら約4時間のドライブを楽しみました。素晴らしかった。

ポジターノ カンパニア, イタリア

ポジターノ(カンパニア, イタリア)|南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅(Yuichi Kudoさん)

アマルフィ海岸は、「世界一美しい海岸」といわれる景勝地で1997年にユネスコの世界遺産に登録されています。途中休憩で立ち寄った街ではたくさんの人が海岸沿いで日光浴をしていました。3月なのにと思いますが、太陽は燦々。暖かいです。

アマルフィ カンパニア, イタリア

アマルフィ(カンパニア, イタリア)|南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅(Yuichi Kudoさん)

アマルフィの街で昼食と散策を楽しみました。写真はアマルフィの大聖堂です。千年の歴史をほこる大聖堂です。アマルフィの街は、この大聖堂を取り囲むように地中海都市特有の坂道と狭い路地が複雑に入り組んで、まるで迷宮のようです。

アマルフィ カンパニア, イタリア

アマルフィ(カンパニア, イタリア)|南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅(Yuichi Kudoさん) - 02

本当に素晴らしい景色です。アマルフィ海岸はイタリア半島南部からティレニア海に向けて西から東へ突き出したソレント半島の南岸にあたり、半島の付け根にあたるヴィエトリ・スル・マーレから、アマルフィを経て、西にポジターノへ至るまでの一帯がアマルフィ海岸の名で呼ばれています。

4日目2012/03/16

アルベロベッロ(Alberobello) プッリャ, イタリア

アルベロベッロ(Alberobello)(プッリャ, イタリア)|南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅(Yuichi Kudoさん)

本日はアルベロベッロの見学。アルベロベッロはプッリャ州バーリ県にある、人口約1万1000人の基礎自治体です。こじんまりとした旧市街には写真のような「トゥルッロ」と呼ばれる伝統的な家屋が約1500軒あることで知られています。約1時間半かけて散策を楽しみました。

アルベロベッロ(Alberobello) プッリャ, イタリア

アルベロベッロ(Alberobello)(プッリャ, イタリア)|南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅(Yuichi Kudoさん) - 02

トゥルッロの内部はお土産屋さんになっているところも多く中を見学できるので面白い。白壁に円錐形の石積み屋根を載せたこの家屋は、16世紀から17世紀にかけて開拓のために集められた農民によって造られたものです。住居や店舗として利用されている景観は貴重であり、「アルベロベッロのトゥルッリ」は1996年に世界遺産として登録されました。

5日目2012/03/17

Panoramic Viewpoint(マテーラの絶景ポイント) バシリカータ, イタリア

Panoramic Viewpoint(マテーラの絶景ポイント)(バシリカータ, イタリア)|南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅(Yuichi Kudoさん)

朝、アルベロベッロを出発し、この日は世界遺産マテーラへ。まずは旧市街全体を見渡せるビューポイントから見学。マテーラは、バジリカータ州にある都市で、その周辺地域を含む人口約6万人の基礎自治体で、マテーラ県の県都となっています。

Panoramic Viewpoint(マテーラの絶景ポイント) バシリカータ, イタリア

Panoramic Viewpoint(マテーラの絶景ポイント)(バシリカータ, イタリア)|南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅(Yuichi Kudoさん) - 02

マテーラの旧市街地区は、石灰質の岩肌に作られた「サッシ」と呼ばれる洞窟住居があることで有名です。写真のようになだらかな斜面沿いに家屋が岩窟をくり抜いたようにつくられています。「マテーラの洞窟住居」は1993年にユネスコの世界遺産に登録されています。

Panoramic Viewpoint(マテーラの絶景ポイント) バシリカータ, イタリア

Panoramic Viewpoint(マテーラの絶景ポイント)(バシリカータ, イタリア)|南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅(Yuichi Kudoさん) - 03

この日の昼食に選んだのはカルツォーネです。中にトマトソースとチーズが入っており、日本のコンビニで売られているブリトーのようなもの。要するにピザを二つに折って蓋と閉じ窯で焼いた食べ物ですね。さっぱりとしておいしかった。満足です。

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

ガイドブックから顔をあげよう―本当は誰にも教えたくない、ナポリ歩きのススメ

女子旅
ガイドブックから顔をあげよう―本当は誰にも教えたくない、ナポリ歩きのススメ

2007-03-22 - 2007-03-27

  • 41
  • Guarini Letizia
「ナポリ、”この世で一番美しい街”出発だ。トレド通り、そしてナポリの他のどんな場所でも決して忘れないだろう。私の目には、比べるものの無い、世界で一番美しい街」(スタンダール 1817年) https://www.youtube.com/watch?v=aH0rkhoZxCs

作者: Guarini Letizia

  • 18
  • 10272

南イタリアの夏巡り


南イタリアの夏巡り

2012-08-03 - 2012-08-26

  • 6
  • Guarini Letizia
夏になると実家の南イタリアはワイン祭り、ライブフェスティバル、そして澄み切った海がキーワードになります。 今回はチレント地方から、バシリカータ州を渡って、サレント半島で行われるイタリア最大のフェスティバルへ行きました。

作者: Guarini Letizia

  • 5
  • 2346

南イタリア 一人旅

一人旅
南イタリア 一人旅

2013-04-29 - 2013-05-05

  • 28
  • Hiroshi Yamazaki
今回のイタリア旅行は初の南イタリア!ナポリを拠点に色々回ります♪ 有名な青の洞窟があるカプリ島、や約2000年前から時間が止まっているポンペイ、そして最後の目的地はおとぎ話に出てきそうなトゥルッロと呼ばれる家が立ち並ぶアルベロベッロ♪

作者: Hiroshi Yamazaki

  • 5
  • 3909

Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」


Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」

2014-01-23 - 2014-01-23

  • 20
  • Vincenza Vicky Maione (美貴)
皆さん、今日は! 電車が好きなら、こういう記事を読まないと駄目だと思います。なぜなら、今回はナポリの最近変更された地下鉄のLinea 1(リネア・ウーノ「1線」)の新しい駅についてお話しようと思いますから。 これまで、ナポリだは地下鉄の駅が結構古いし、あんまりかっこよくないと思いました。しかし、2000年代に革命的な予定が出来て、ナポリの一番有名な観光地や大学の場所などを繋がる為に段々新しくてモダンアートのような駅を造ることになりました。その駅の建築家が世界中のどこからの有名な方だそうです。 この間、ナポリ中央駅にいて新しい地下鉄の駅を見てみようと思ってつい1の線に乗っちゃったのです。

作者: Vincenza Vicky Maione (美貴)

  • 8
  • 2923

イタリア ナポリ

女子旅
イタリア ナポリ

2013-11-29 - 2013-12-01

  • 11
  • Ayu  Aoki
陽気な人が多く、道ですれ違うだけでciaoと声をかけてくれるナポリ人。 美味しいものをいっぱい食べ歩いた3日間。

作者: Ayu Aoki

  • 4
  • 2188

イスキア島


イスキア島

2011-08-01 - 2011-08-04

  • 6
  • Claudia Di Meo
夏休みのロマンチックな旅として、イスキア島を訪れました。 景色も海もすてき! 地中海の雰囲気がよく感じられました。

作者: Claudia Di Meo

  • 6
  • 1704

緩慢に生きるナポリへの旅


緩慢に生きるナポリへの旅

2009-02-25 - 2009-03-10

  • 17
  • Guarini Letizia
国によって時間の感覚が違い、南へ行けば行くほどゆっくりしたライフスタイルとなっていくといわれています。イタリア南部に位置するナポリがまさにゆっくりできる町です。電車は一度使わず、ゆっくり町を歩いていたナポリです。

作者: Guarini Letizia

  • 4
  • 1437

イタリアのクリスマス2014年

お正月
イタリアのクリスマス2014年

2014-12-23 - 2015-01-04

  • 30
  • Guarini Letizia
2年ぶりにイタリアの実家でクリスマス・お正月を過ごしました。 バシリカータ州は空港がないので、ナポリに到着して、2日間過ごしてから地元ポテンツァへ。 もともと山なので寒いところですが、今年は意外に寒かったです。雪もものすごく降っていて、温度はマイナス9度。そんなときは家に引きこもって食べるしかないです~!

作者: Guarini Letizia

  • 2
  • 1519

南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅 南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅

南イタリアの世界遺産を満喫 南イタリアとシチリア島の旅 トップへ