Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Yuichi Kudoさんのログブック(旅行記)「ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅」

ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅

2011-10-04 - 2011-10-10 15 565 4

船内見学編、観光編と記事を書いてきましたがまだまだ書ききれない思い出がたくさんあります。この記事ではそれらをできるだけまとめて紹介していきたいと考えています。室蘭を出発しウラジオストックから韓国の釜山、中国の青島、大連、そして天津へとクルーズ。その後天津から北京までは陸路移動となりました。旅の詳細部分を紹介します。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2011/10/04

ロシア沿海地方ウラジオストク Primorskiy kray, ロシア

ロシア沿海地方ウラジオストク(Primorskiy kray, ロシア)|ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅(Yuichi Kudoさん)

船はウラジオストックの港に到着。シベリア鉄道の執着駅であるウラジオストック駅を見学後、鷲の巣展望台へ。なぜ鷲の巣なのだろうか?写真の建物の中はお土産屋さんになっています。何千体ものマトリョーシカがお店の中にありました。それに一番びっくり。

ロシア沿海地方ウラジオストク Primorskiy kray, ロシア

ロシア沿海地方ウラジオストク(Primorskiy kray, ロシア)|ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅(Yuichi Kudoさん) - 02

ウラジオストックC-56潜水艦博物館です。第二次世界大戦中実際に使われていた潜水艦の内部を博物館として現在利用しているもので、内部には当時の写真、文章、道具が展示されています。写真は潜水艦の操縦部です。何がなんだかさっぱりわかりませんでしたが、なぜか恐怖を感じました。戦争は恐ろしいです。

ロシア沿海地方ウラジオストク Primorskiy kray, ロシア

ロシア沿海地方ウラジオストク(Primorskiy kray, ロシア)|ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅(Yuichi Kudoさん) - 03

潜水艦博物館を見学後、一度船内に戻り昼食を食べました。午後は引き続き船がウラジオストックに停泊していたため、再度市内にでました。お散歩がてら国営のデパートであるグム百貨店へ。ロシアのお店はどうも民主主義時代の名残があり店員が愛想がありません。なのでとても冷たい雰囲気を感じました。これが西のサンクトペテルブルクに行くとまた違うのですが。

3日目2011/10/06

Busan 釜山, South Korea 釜山, 韓国

Busan 釜山, South Korea(釜山, 韓国)|ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅(Yuichi Kudoさん)

朝、韓国第二の都市釜山に到着。この日は高速道路を通り新羅の古都慶州の見学をしに行く日。釜山の港では民族舞踊や楽器の演奏等、船を歓迎してくれました。朝まだ早いのに港はすごい活気に溢れ、降りていく我々もとてもうれしい気持ちになりました。

경주시 慶尚北道, 韓国

경주시(慶尚北道, 韓国)|ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅(Yuichi Kudoさん)

古都慶州では仏国寺の他に慶州博物館も見学しました。国宝の鐘や慶州周辺からの出土品が展示されておりましたが、新羅922年の歴史を物語る品々であり、新羅の文化・技術レベルの高さがその精巧な遺物から伝わってきました。約2時間かけて見学。

4日目2011/10/07

경주시 慶尚北道, 韓国

경주시(慶尚北道, 韓国)|ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅(Yuichi Kudoさん) - 02

なんとなく船内自室のバスルームを撮ってみました。トイレはわかりますが、左奥が一応シャワールームになっています。熱いお湯がでますがシャワー室は狭いです。船の中だから仕方ありませんね。日本の飛鳥は大浴場がついているらしいです。

中華人民共和国山東省青島市 山東省, 中華人民共和国 (中国)

中華人民共和国山東省青島市(山東省, 中華人民共和国 (中国))|ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅(Yuichi Kudoさん)

青島ビール博物館の見学時の一枚。白黒で見えにくいですが、実はこれ青島ビールの袋売りです。当時はこの袋にストローを刺しビールを飲んでいたようです。歴史を感じますね。そう思うと現在キンキンに冷えたビールを飲めるのは本当に幸せなことなんだと思います。

中華人民共和国山東省青島市 山東省, 中華人民共和国 (中国)

中華人民共和国山東省青島市(山東省, 中華人民共和国 (中国))|ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅(Yuichi Kudoさん) - 02

青島ビール醸造所兼博物館の見学がひと段落すると最後に試飲場所があります。なんとおつまみまでセットで出してくれるんです。うれしいサービスです。試飲を楽しんだ後は販売コーナーもあり青島ビールバーもあります。これはビール好きにはたまりません。

中華人民共和国山東省青島市 山東省, 中華人民共和国 (中国)

中華人民共和国山東省青島市(山東省, 中華人民共和国 (中国))|ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅(Yuichi Kudoさん) - 03

青島見学後船に戻ります。夕食後、また船内散策をしました。写真はスパです。サウナの施設もあり自由に使えます。また予約をすればフェイシャルエステ、各種マッサージ等もできます。本当に船は至れりつくせりです。世界のお金持ちの中には船の中で暮らしている人もいるそうです。

5日目2011/10/08

旅顺口区 遼寧省, 中華人民共和国 (中国)

旅顺口区(遼寧省, 中華人民共和国 (中国))|ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅(Yuichi Kudoさん)

朝、大連に到着。専用バスにて旅順に向かいました。写真は旅順博物館にて。大谷光瑞のシルクロードコレクションを見学中、写真のような王族の酒器を発見しました。飲むところが三つついておりガイドの説明によると三人一緒に飲めたようですと。うーん。どうやって使ったんだろう。

6日目2011/10/09

中華人民共和国天津市天津 天津, 中華人民共和国 (中国)

中華人民共和国天津市天津(天津, 中華人民共和国 (中国))|ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅(Yuichi Kudoさん)

ダイヤモンドプリンセスは最終目的地天津へと到着。下船後、天津市内のレストランへ向かいました。本日の昼食は老舗「狗不理本店(ごぶり)」にて西太后も愛したといわれる名物肉まんを賞味しました。とても上品な味付けで何個でも食べれそうでした。

7日目2011/10/10

北京 | Běijīng 北京, 中華人民共和国 (中国)

北京 | Běijīng(北京, 中華人民共和国 (中国))|ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅(Yuichi Kudoさん)

午後天津市内を見学しバスで北京へ移動しました。夕食は市内のレストランにて名物しゃぶしゃぶを食べました。日本のしゃぶしゃぶと違いしっかり目の出汁に野菜、肉団子等いろいろいれて食べます。つけだれもごま油の風味が強い醤油ベースのタレにパクチーをたっぷり入れて食べるという感じ。私は好みですが人によっては好き嫌いがあるかも。

北京 | Běijīng 北京, 中華人民共和国 (中国)

北京 | Běijīng(北京, 中華人民共和国 (中国))|ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅(Yuichi Kudoさん) - 02

本日は終日北京の見学です。まずは北京の地下鉄に乗ってみました。初めての体験でしたがチケット売り場、改札そして車両ともに日本の地下鉄と変わらず快適でした。地下鉄に乗ってまずは天壇公園を目指します。北京はよく渋滞するので地下鉄で移動する方が時間の節約になります。

北京 | Běijīng 北京, 中華人民共和国 (中国)

北京 | Běijīng(北京, 中華人民共和国 (中国))|ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅(Yuichi Kudoさん) - 03

前門前駅で地下鉄を降り徒歩で約15分、天壇公園に到着です。明・清時代に肯定が天に五穀豊穣を祈ったところです。中国最大の祭祀建造物はとても美しく巨大で皇帝の権力を象徴しているようでした。天壇公園を約1時間半かけて見学しました。

北京 | Běijīng 北京, 中華人民共和国 (中国)

北京 | Běijīng(北京, 中華人民共和国 (中国))|ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅(Yuichi Kudoさん) - 04

午後は運河クルーズ。船で頤和園に入りました。頤和園は北京郊外西北約15kmにある広大な中国庭園です。もともと清朝の離宮で、清末には西太后が利用しました。頤和園では船を乗り継ぎながら十七個のアーチが印象的な十七孔橋、石舟、シンボルの仏香閣を見学しました。

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

中国1人旅 in甘粛省、ウィグル

一人旅
中国1人旅 in甘粛省、ウィグル

2014-07-16 - 2014-07-26

  • 30
  • Seki
今回は、甘粛省の蘭州から新疆の伊寧まで12日間旅をしました。 2日に1回は移動していたので、結構あっという間でした。 今回の主な目的は「絶景」「国境」「名物料理」でしたが、すべて達成できて内容の濃い旅となりました。 新疆地区の料理は、また行ってはしごしたいです。笑

作者: Seki

  • 6
  • 3556

済南

一人旅
済南

2008-04-20 - 2008-04-25

  • 12
  • Akira Naito
上海を後にして向かった先は、別名「泉城」と呼ばれる済南。満州の後に青島に来てくれた友達が、この街に今いると言うのでその子に会いに行ってきた。雨に迎えられ、水路のほとりで浴びる程ビールを飲み、自分の失態から涙も流し。なにかと水に縁のあるところだった。

作者: Akira Naito

  • 5
  • 523

中国青島出張

美食・グルメ
中国青島出張

2015-03-22 - 2015-03-25

  • 6
  • Masaki Nagata
中国青島出張。 美味しい料理いっぱいです。

作者: Masaki Nagata

  • 1
  • 485

親父と二人旅in中国

家族旅行
親父と二人旅in中国

2015-09-03 - 2015-09-08

  • 3
  • 岩金 勇輝
6日間にも及ぶ中国旅行! 日本とこんなにも違うのに、文化や習慣がまるで違う。中国に行った事ない人は、是非行くべき!本当に楽しいかった!

作者: 岩金 勇輝

  • 1
  • 246

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

作者: Akira Naito

  • 11
  • 5526

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

作者: Daisuke Taniwaki

  • 15
  • 5207

ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

世界遺産
ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

2009-12-25 - 2010-01-02

  • 33
  • Yusuke Kon
人生で二回目の海外旅行はどういうわけかバックパッカーをすることになった。沢木耕太郎の深夜特急をバイブルなオレは行くしか無いのだ

作者: Yusuke Kon

  • 7
  • 3883

中国 ウルムチ滞在

一人旅
中国 ウルムチ滞在

2013-08-01 - 2013-08-08

  • 27
  • Shohei Watanabe
カザフスタンのビザを取得するため、ウルムチに1週間ほど滞在しました。思ったよりも漢民族が多く中国共産党の政策により、現在のウイグル自治区はトュルク系民族と漢民族が半々になってしまっています。 最近中国国内においてウイグル自治区がらみの問題が多いためか、ウイグルのバザール近くは中国公安が武装して治安維持にあたってました。 行くところもなく、観光地の天山天池へバスを乗り継いで行ってきました。 次回 カザフスタン アルマトイ https://www.compathy.net/tripnotes/652 写真はこちら。 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157637445453874/

作者: Shohei Watanabe

  • 14
  • 2996

ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅 ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅

ウラジオストックから韓国、そして中国へ ダイヤモンドプリンセスの船旅 トップへ