Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Yuichi Kudoさんのログブック(旅行記)「大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅」

大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅

2011-06-10 - 2011-06-1815 Episodes
Yuichi Kudo
Travel Collector
Yuichi Kudo
  • 30s / male
  • China
Places visited
China

すごい旅をしてきました。全走行距離はどれくらいなんでしょう。。というくらい走り抜けてきました。まだ観光客があまりいない四川省の秘境ノルガイをメインに周辺のチベット仏教文化にも触れ、旅の後半には世界的に有名な黄龍、九寨溝をしっかりと見学し四川省の州都成都まで走り抜けるという壮大な旅に挑戦してきました。

  • 0Favorite
  • 160view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12011/06/10

ラブロン(夏河) Gansu, China

ラブロン(夏河)(甘粛省, 中華人民共和国)|大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅(Yuichi Kudoさん)

千歳から北京、そして北京から甘粛省の蘭州へ移動。蘭州からバスで南にひたすら下り四川省に抜けるというすごい旅をしてきました。写真は最初の目的地ラブロン鎮(夏河)です。18世紀頃ラブロン寺が創設されその門前町として発展。このお寺はチベット仏教ゲルク派(黄帽派)六大寺院の一つでこの周辺のチベット文化圏の中心となっています。

Day 22011/06/11

合作 Gansu, China

合作(甘粛省, 中華人民共和国)|大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅(Yuichi Kudoさん)

ラブロン鎮を出発しバスで南下。どんどん南下していきます。本日は180kmの移動予定。途中合作にて九層閣を見学しました。熱心にお祈りする人、たくさんのマニ車が印象的でした。その後甘南大草原を走り抜けることとなります。すごい旅だ。

合作 Gansu, China

合作(甘粛省, 中華人民共和国)|大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅(Yuichi Kudoさん) - 02

甘南大草原にてチベット族の民家があったのでお願いして家を見せてもらうことになりました。たくましく生活している姿を見ることができました。本日の目的地はランムース(郎木寺)です。白龍江が流れる甘粛省と四川省の境界にある小さな村です。

Day 32011/06/12

ランムース(郎木寺) Gansu, China

ランムース(郎木寺)(甘粛省, 中華人民共和国)|大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅(Yuichi Kudoさん)

ランムース(郎木寺)です。さびれた田舎という印象ですが、このあたりはチベット仏教の創始者ガルデンがかつて修行したところでチベット仏教とにとっては重要な町となっております。ランムースの標高は約2500mくらい。丘を登りましたが若干息切れがしました。

ランムース(郎木寺) Gansu, China

ランムース(郎木寺)(甘粛省, 中華人民共和国)|大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅(Yuichi Kudoさん) - 02

甘粛省と四川省の境界にある村です。白龍江という川を挟み省境となっています。宿泊ホテルは四川省川、そして安多達倉郎木寺(キルティ・ゴンパ)も四川省川です。お寺の中をチベット僧の案内で見学させてもらうことができました。ラッキー。

ノルガイ(若尓盖) Sichuan, China

ノルガイ(若尓盖)(四川省, 中華人民共和国)|大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅(Yuichi Kudoさん)

ランムースを見学後、町中にて昼食をとり午後は南へ約86km移動。甘南大草原を引き続き走りノルガイ(若尓盖)を目指します。道路沿いにはヤクとチベット族の暮らす様子を見ることができました。標高は徐々に上がっていきます。ノルガイの宿泊ホテルは標高約3500m!

Day 42011/06/13

ノルガイ(若尓盖) Sichuan, China

ノルガイ(若尓盖)(四川省, 中華人民共和国)|大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅(Yuichi Kudoさん) - 02

午前、花湖へ。カートに乗って湿原の広がる花湖へ移動します。木道が整備されており、のんびりと歩くことができました。高山植物がところどころ咲いていて綺麗でした。天気も最高で空の青さ、雲の白さ、湿原の緑がとても鮮やかで本当に美しかった。

ノルガイ(若尓盖) Sichuan, China

ノルガイ(若尓盖)(四川省, 中華人民共和国)|大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅(Yuichi Kudoさん) - 03

午後は九曲黄河第一湾へ。その名前の通りここは黄河の一部で川が九回曲がりくねっているのです。展望台がありここは第二展望台からの眺め。第一展望台、そして第二、第三とあります。標高も4000近くあり息がきれます。私は第二でギブアップ。

Day 52011/06/14

ノルガイ(若尓盖) Sichuan, China

ノルガイ(若尓盖)(四川省, 中華人民共和国)|大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅(Yuichi Kudoさん) - 04

ノルガイ(若尓盖)を出発し本日は南に188kmの移動です。本日の目的地は世界遺産黄龍です。黄龍は標高約3000mに位置しています。通常その標高の高さに訪問を尻込みするところなのですが、今回の旅ではノルガイからだと標高が下がることになります。余裕です。

Day 62011/06/15

Huanglong Sichuan, China

Huanglong(四川省, 中華人民共和国)|大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅(Yuichi Kudoさん)

本日は黄龍風景区の半日観光です。風景区のある山の隣山にロープウェイが完成したため、上りはロープウェイを利用することができるようになりました。木道を歩き風景区へ。あっという間に頂上の五彩池へ。あとは素晴らしい景色を見ながら木道を下るのみ。黄龍の観光も以前に比べると楽になりました。かつては当然のように終日観光していましたが。この日午後九寨溝風景区へ移動しました。

九寨沟 Jiuzhaigou Natural Park Sichuan, China

九寨沟 Jiuzhaigou Natural Park(四川省, 中華人民共和国)|大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅(Yuichi Kudoさん) - 02

黄龍風景区を堪能し、午後は九寨溝へ移動となります。昨日真っ白だった峠も本日は快晴。雪宝頂(4007m)もうきれいに見ることができました。川主寺経由で九寨溝へ移動します。夕刻九寨溝に到着。宿泊はいつもの九寨溝シェラトン。明日が楽しみ。

Day 72011/06/16

九寨沟 Jiuzhaigou Natural Park Sichuan, China

九寨沟 Jiuzhaigou Natural Park(四川省, 中華人民共和国)|大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅(Yuichi Kudoさん)

本日は九寨溝風景区の見学です。いつも思いますが何度きても素晴らしい。その時の季節、天気、時間帯によって全く違う表情を見せてくれます。しかもいろいろな種類の景勝地がありというのがすごいですよね。今回の旅では1日観光でしたが、前回訪問の慣れもありしっかり見学できました。写真は臥龍海です。

九寨沟 Jiuzhaigou Natural Park Sichuan, China

九寨沟 Jiuzhaigou Natural Park(四川省, 中華人民共和国)|大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅(Yuichi Kudoさん) - 03

九寨溝風景区で特筆すべきはトイレの進化だと思います。本当にこの風景区は年々整備が進み綺麗になっていると感じます。中国のトイレはお世辞にも綺麗とはいえませんが九寨溝風景区のトイレは別格です。こんなトイレが木道脇に何か所も整備されているのですよ。

Day 82011/06/17

长松寺 Sichuan, China

长松寺(四川省, 中華人民共和国)|大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅(Yuichi Kudoさん)

本日はいよいよ今回の旅の最終目的地、成都へ。しかも車で移動という快挙を成し遂げようとしています。移動距離は約418km。すごい。。途中、松藩、茂県、文川、都江堰と経由し成都に向かいました。途中立ち寄ったトイレ休憩でなんと白いヤクが。珍しい。

Day 92011/06/18

China, Chendu Sichuan, China

China, Chendu(四川省, 中華人民共和国)|大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅(Yuichi Kudoさん)

本日の夜の便で北京へ。その後北京で宿泊しいよいよ帰国という日程です。成都で時間があったので、王道パターンで郊外にあるパンダ繁殖研究基地へ。かわいらしいパンダ、そしてレッサーパンダもたくさんいました。かわいい動物で癒され帰国となりました。

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 160view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌

鳴沙山
大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌

2014-02-25 - 2014-02-25

Read more

  • 21Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国の世界遺産48全制覇を企てての第1次中国遠征旅行。6日目は敦煌。 本来は軽く「鳴沙山」を調査の後、世界遺産の「莫高窟」を制覇する目論見だったが、かってて経験したことのない砂嵐に巻き込まれ、命からがら、喉をつぶしての(笑)発熱しての午後はキャンセルして、ホテルで静養(涙) 自然の猛威を肌で感じ、己の小ささを痛感。ここでの疲労困憊が香格里拉へ行っての、更に酷い状況の引き金となる…(この時点では分からないが) 鳴沙山:砂漠の中に砂丘をそのまま、残しての恐ろしく広い施設。砂嵐が来るような、悪天候だったため、観光客は2組だけ!オンシーズンではラクダなどで頂上を緩やかに目指せるが、2人組のためにはそんなサービスはなし。自力で縄梯子で目指すが、途中の砂嵐や梯子自体が砂に埋もれて、ルートが分からなく案っての難行苦行! 冬なのに、汗が噴き出るほどの登山。頂上がどこかすらわからなく、中腹でこれ以上上がる砂山だけで、方角が分からなくなり、遭難の可能性があり、断念。 但し、安全に気を付けさえすれば、これ程ワイルドで、人が全くいない広大な自然公園を、堪能できるわけなので、中国ならではの、貴重なエリアだと思う。 私自身、鳴沙山は決して忘れえぬ思い出となった。 動画はこちら👉https://www.youtube.com/watch?v=8Frb5z1_RvE

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 1
  • 225 views
中国の世界遺産、敦煌の莫高窟:タクシーは公安の詰所に降ろす…窓口開かず、散々な目に

敦煌の莫高窟
中国の世界遺産、敦煌の莫高窟:タクシーは公安の詰所に降ろす…窓口開かず、散々な目に

2014-02-26 - 2014-02-26

Read more

  • 25Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
中国の世界遺産48か所全制覇を目論んでの第1次中国遠征旅行、7日目 ◇行程:午前、敦煌莫高窟。午後、中食後チェックアウトして、空路西安へ 莫高窟行のバスの場所を確認して、数十分松もバスは来ない(中国ではたまにある) 仕方なく、タクシーで向かうも、メーターも倒さず飛ばして向かう。幹線から外れて、莫高窟へ入って行く道は、ベトナムの地方・カンボジアのシュムリアップから郊外以上の未舗装で、恐ろしいほどの凸凹!おまけに、運ちゃん、何故だかチャンと奥まで行かず、公安のビルの様なところで降ろす!仕方なしに20分以上荒野をテクテク歩き倒す。到達してもチケット売り場が分からず、途中で発見するも発券せず、時間外かどうかも分からず、結果として中には入れず。✈の時間があるので、1時間半くらいで外から見ただけで、戻ることに。 正直、世界遺産の割のは、インフラからサービス、おもてなし心ZEROに、いい加減なタクシーの運ちゃんのお陰で、評価は最低に近い。 但し、空港までの市内バスの女車掌は、親切で荷物を前に置いたり、空港まで、このバスがチャンと行く旨、伝えてくれて大いに助かった。一般人民はココも良い感じ。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 306 views
前回見れなかった、敦煌の莫高窟センター…実物前にモダンな施設で大作映画鑑賞

莫高窟
前回見れなかった、敦煌の莫高窟センター…実物前にモダンな施設で大作映画鑑賞

2015-12-04 - 2015-12-04

Read more

  • 21Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
13日行程の第5次中国世界遺産調査の大遠征。5~6日目。莫高窟前半とホテル周辺での人民食堂での夕食。 実は第1次中国遠征時に敦煌は2日間滞在していた。しかし見学出来きずに、また出鱈目なタクシーの運ちゃんなんかで、かなり私の評価は低かった(当該ログブックでもアップ済み)今回はそのリベンジ戦( `ー´)ノ 荷物が紛失したままだが、意気消沈してても何の解決にはならない。今回、引きこもっていれば。益々莫高窟に対して恨みつらみしか堪らない。だから、PCのバッテリーを気にしながら(ACコードはスーツケースごと無いので)どこで切符を買い、どうゆう風に行けばよいのかを検索して、外人用のチケット(ガイド料込)を街中の莫高窟センターで購入して、早め早めの行動…🚌…中国の5A(最高ランク)の公園を幾つも見てきたが、市中の映画館も真っ青な映画を2本(うち1本は3D!)見せられた上に、バスで本物を見に行く…中国当局の並々ならぬ力の入れようが垣間見れる。価格は高いがお薦めの世界遺産である。それと対極は街中の人民食堂。普通のおばちゃんが作る中華料理は安くて美味い…中国語はダメだが漢字は読めるので指先注文。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 105 views
大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅 大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅

Back to Top of 大草原ノルガイから黄龍・九寨溝へ。甘粛省から四川省へ走破の旅