Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Ito Nanasaさんのログブック(旅行記)「サンクトペテルブルク」

サンクトペテルブルク

2015-02-06 - 2015-02-0810 Episodes
Ito Nanasa
Travel Collector
Ito Nanasa
  • female
  • Russia
Places visited
Russia

2つ目のログです。1年前サンクトペテルブルクにバレエを勉強しに行ったときのことをまとめます。今回は少しくだけた感じのレポートにします。サンクトペテルブルクはそこら中に劇場がある素敵な街。街そのものが芸術って感じでした。西洋の街並みとも違う一癖ある雰囲気がエキゾチックで魅力的。

  • 1Favorite
  • 310view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12015/02/06

サンクトペテルブルグ(ロシア)|「モスクワのドモジェドヴォ空港で乗り換えてサンクトペテルブルクへ。当然のことながら空港に降りるや否やキリル文字に囲まれ、異国に来たという実感が一気に高まりました…。当時はまだキリル文字が読めなかったので、とにかく??の繰り返しで正直不安しかなかったです。でも、アルファ

モスクワのドモジェドヴォ空港で乗り換えてサンクトペテルブルクへ。当然のことながら空港に降りるや否やキリル文字に囲まれ、異国に来たという実感が一気に高まりました…。当時はまだキリル文字が読めなかったので、とにかく??の繰り返しで正直不安しかなかったです。でも、アルファベットと少しだけ似てるところを見つけては単語の意味を推測し、やっとホットチョコレートだとわかった時の達成感と安心感は今でも忘れられない。。

Day 22015/02/07

サンクトペテルブルグ(ロシア)|「モスクワは空港を経由しただけですが、それでもペテルブルクがモスクワと雰囲気が全く違うことは明らかでした。ペテルブルクの街は宮殿のような、それも色とりどりの豪華なものが建ち並び見るものを飽きさせない感じ。どれもピンク、黄色、水色、淡いグリーン基調のパステルカラーです。

モスクワは空港を経由しただけですが、それでもペテルブルクがモスクワと雰囲気が全く違うことは明らかでした。ペテルブルクの街は宮殿のような、それも色とりどりの豪華なものが建ち並び見るものを飽きさせない感じ。どれもピンク、黄色、水色、淡いグリーン基調のパステルカラーです。そのせいか、極寒の地にも関わらず気分が明るくいられました。夜はライトアップされているので尚更。柱の形で造られた年代がわかるらしいのでそれも面白いですね。

サンクトペテルブルグ(ロシア)|「イタリアンやフレンチのように巷に溢れているということはないので、ロシアの料理はある意味それまで未知のものでした。ボルシチやビーツ等をかろうじて知っている、という程度。しかし実際に現地のお料理を目の前にしたら、とても美味しかった。美味しいというより、身体に優しそうと言

イタリアンやフレンチのように巷に溢れているということはないので、ロシアの料理はある意味それまで未知のものでした。ボルシチやビーツ等をかろうじて知っている、という程度。しかし実際に現地のお料理を目の前にしたら、とても美味しかった。美味しいというより、身体に優しそうと言った方がしっくりくるでしょうか…。細かく切ってある根菜類、ぐつぐつと煮込んであるスープ、素朴な味のパン、薄くスライスされた食べやすいクレープ生地のパン。それにイクラやサワークリームを少しずつ付けて頂きます。お肉も基本的に小さく切られて何かしらに混ぜられている感じです。それぞれの素材が質素ですし、大きなお肉がそのままドカン、一品がドカン!と出てくる訳ではないので、旅行でありがちな胃の疲れを感じることはありませんでした。ある意味、日本の食スタイルに少し似ている…。

サンクトペテルブルグ(ロシア)|「夜まで元気な中心ネフスキー通り。ちょっとおしゃれなお店が軒を連ねており、東京で言えば銀座のようなものよ、と現地の方が言っていました。見慣れているはずのスターバックスなどの世界的チェーン店の看板がキリル文字で書かれているのも面白い。あと一番気になったのは、とにかく信号

夜まで元気な中心ネフスキー通り。ちょっとおしゃれなお店が軒を連ねており、東京で言えば銀座のようなものよ、と現地の方が言っていました。見慣れているはずのスターバックスなどの世界的チェーン店の看板がキリル文字で書かれているのも面白い。あと一番気になったのは、とにかく信号が青の時間が短い!!!赤でずーーーっと待たされるのに、いざ青に変わったかと思うとそれも束の間。みんな一斉ダッシュで信号を渡っていました。なんとかならないのか…。

Мариинский театр / Mariinsky Theatre Saint Petersburg, Russia

Мариинский театр / Mariinsky Theatre(サンクトペテルブルグ, ロシア)|サンクトペテルブルク(Ito Nanasaさん)

マリインスキー2と書いてあります。モスクワを代表するのはボリショイ劇場、ペテルブルクを代表するのはマリインスキー劇場。両者はロシアの二大バレエ団ですが、その創設の背景や歴史は全く異なるので知れば知るほど興味深い。今回はペテルブルクなのでマリインスキーバレエ団の公演を堪能してきました。2013年に新しい劇場(マリインスキー2)が出来たばかりなので、それも楽しみの1つ!

サンクトペテルブルグ(ロシア)|「モダンな造りの第2マリインスキー劇場。極寒の夜、ぎゅうぎゅう詰めのどこに行くのか分からないようなバスに不安になりながら乗って着いた先で観るバレエはより一層最高に感じます。右を見ても左を見てもすらっとした金髪の美男美女…お客様もみんな見慣れているのでやはり本場は違いま

モダンな造りの第2マリインスキー劇場。極寒の夜、ぎゅうぎゅう詰めのどこに行くのか分からないようなバスに不安になりながら乗って着いた先で観るバレエはより一層最高に感じます。右を見ても左を見てもすらっとした金髪の美男美女…お客様もみんな見慣れているのでやはり本場は違います。

Санкт-Петербург / Saint Petersburg Saint Petersburg, Russia

サンクトペテルブルク(Санкт-Петербург / Saint Petersburg)(サンクトペテルブルグ, ロシア)|サンクトペテルブルク(Ito Nanasaさん)

サンクトペテルブルクといえばクラシックバレエ。1700年代に創設された国立バレエ学校は今でも世界トップの実力を誇ります。ペテルブルク中心部の長〜い建物一帯に何百ものスタジオを構えており、若い選りすぐりの生徒達が日々そこで訓練しています。一般の人は入れませんが、これはそのバレエ学校の入り口の様子。

サンクトペテルブルグ(ロシア)|「地下鉄に乗ってみました。それもどういうわけか、改札から地上までがものすごく高低差がある。しかもその間をたった一本のエスカレーターで昇り降りするので、ものすごく長い。こんなに長いエスカレーター初めて見ました。待てども待てどもつかない…。なんせ、乗っている間乗り降りする

地下鉄に乗ってみました。それもどういうわけか、改札から地上までがものすごく高低差がある。しかもその間をたった一本のエスカレーターで昇り降りするので、ものすごく長い。こんなに長いエスカレーター初めて見ました。待てども待てどもつかない…。なんせ、乗っている間乗り降りする端っこが見えないほどですから!

Day 32015/02/08

サンクトペテルブルグ(ロシア)|「ちょっとばかり足を延ばしてエカテリーナ宮殿にやってきました。とにかく豪華です。一口に豪華といっても、西欧や中欧とは一風変わった不思議な印象を与えていました…。配色だったり、デザインだったり、センスとしてはかなり尖ったものが多いです。やはり地理的にも色々な地域の文化を

ちょっとばかり足を延ばしてエカテリーナ宮殿にやってきました。とにかく豪華です。一口に豪華といっても、西欧や中欧とは一風変わった不思議な印象を与えていました…。配色だったり、デザインだったり、センスとしてはかなり尖ったものが多いです。やはり地理的にも色々な地域の文化を吸収して独特な何かを作り上げてきたのでしょうか。そのエキゾチックさが何故か心を惹きつけて止まない理由でもあるのですが…

サンクトペテルブルグ(ロシア)|「エカテリーナ宮殿の内部です。黄金に囲まれた空間は圧巻でした。」サンクトペテルブルク(Ito Nanasaさん)

エカテリーナ宮殿の内部です。黄金に囲まれた空間は圧巻でした。

Travel Tracking

Comments

  • 1Favorite
  • 310view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

サンクトペテルブルク サンクトペテルブルク

Back to Top of サンクトペテルブルク