Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Yuichi Kudoさんのログブック(旅行記)「ウズベキスタンの古都を巡る旅」

ウズベキスタンの古都を巡る旅

2007-09-07 - 2007-09-1215 Episodes
Yuichi Kudo
Travel Collector
Yuichi Kudo
  • 30s / male

文明の十字路といわれるウズベキスタンの地を巡りました。日干し煉瓦に青のタイルで装飾されたイスラム建築が保存状態よく残っており、よく昔にこんなすごいものを建てたなという感想を持ちました。かつてのシルクロードをたどる旅。とてもロマンを感じながら、かつ砂漠の移動が大変な、まさに「旅」という旅でした。

  • 0Favorite
  • 289view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12007/09/07

タシケント Tashkent Province, Uzbekistan

タシケント(Tashkent Province, ウズベキスタン)|ウズベキスタンの古都を巡る旅(Yuichi Kudoさん)

早朝、千歳空港を出発し成田空港へ。成田からHY(ウズベキスタン航空)にてKIX(関空)経由でウズベキスタンの首都タシケントへ。とても長旅になりました。明日に備えてゆっくりと。さすがに到着した時間も遅く夜の散策をする気にはなれませんでした。

Day 22007/09/08

ウルゲンチ Khorezm Province, Uzbekistan

ウルゲンチ(ホラズム, ウズベキスタン)|ウズベキスタンの古都を巡る旅(Yuichi Kudoさん)

タシケント空港から国内線にてウルゲンチへ向かいます。航空機の座席は自由席となっていました。このあたりが日本では考えられないことでカルチャーショックでした。ウルゲンチ到着後、空港にて荷物を受け取りウルゲンチからヒワへと移動します。

ヒヴァ Khorezm Province, Uzbekistan

ヒヴァ(ホラズム, ウズベキスタン)|ウズベキスタンの古都を巡る旅(Yuichi Kudoさん)

ヒワ到着後、民家風のレストランにて昼食をとり午後はヒワの旧市街(イチャン・カラ)の観光へ。写真はカルタ・ミナル(未完成のミナレット)です。最初に見えた時は感動しました。ヒワの旧市街はこじんまりとしており、2時間かけて十分に散策することができました。

ヒヴァ Khorezm Province, Uzbekistan

ヒヴァ(ホラズム, ウズベキスタン)|ウズベキスタンの古都を巡る旅(Yuichi Kudoさん) - 02

ヒワの観光の最後に、日没に合わせミナレットに登り旧市街を見渡しました。城壁に囲まれたヒワの街は夕日に照らされとても幻想的でした。写真は街の中心部にあるイスラム寺院モスクです。街を見下ろすことによって本日歩いてきたルートを復習することができました。

Day 32007/09/09

ヒヴァ Khorezm Province, Uzbekistan

ヒヴァ(ホラズム, ウズベキスタン)|ウズベキスタンの古都を巡る旅(Yuichi Kudoさん) - 03

早朝、夜明け前のヒワの旧市街へ。宿泊ホテルは城壁のすぐ外だったため旧市街の朝散歩を楽しむことができました。薄暗いうちから住民が道をほうきで掃いていたり朝だから見える光景がたくさんありました。外で寝ている人が結構いたのもびっくり。

ガズリ Bukhara Province, Uzbekistan

ガズリ(ブハラ, ウズベキスタン)|ウズベキスタンの古都を巡る旅(Yuichi Kudoさん)

本日はひたすら移動。南東へと進みます。見渡す限りキジルクム砂漠のみ。途中のトイレ休憩も青空トイレ。まさに中央アジア、シルクロードを旅しているという感じ。途中、砂漠の中の大河アムダリア河を越えていきました。目的地ブハラまで約6時間の移動!

ブハラ Bukhara Province, Uzbekistan

ブハラ(ブハラ, ウズベキスタン)|ウズベキスタンの古都を巡る旅(Yuichi Kudoさん)

無事ブハラ到着。夕食後ようやくホテルにてゆっくりできました。バスの移動中エンジントラブル等で到着が遅れました。しかしさすが砂漠の旅。何が起こるかわかりません。しかしまたこういう旅が本当の旅なんだろうなぁとつくづく感じました。楽しいです。

Day 42007/09/10

ブハラ Bukhara Province, Uzbekistan

ブハラ(ブハラ, ウズベキスタン)|ウズベキスタンの古都を巡る旅(Yuichi Kudoさん) - 02

本日は終日ブハラの旧市街の観光を楽しみました。ブハラもヒワに劣らずと趣たっぷりの古都です。それにしても砂漠の真ん中に日干し煉瓦のみで作られたイスラム建築がこんなにも素晴らしいとは思ってもみませんでした。雨がたくさん降ると溶けてしまうというから驚きです。

ブハラ Bukhara Province, Uzbekistan

ブハラ(ブハラ, ウズベキスタン)|ウズベキスタンの古都を巡る旅(Yuichi Kudoさん) - 03

屋根付きのバザール・タキも丁寧に見学。エキゾチックな絵柄な布製品や独特の香りの香水等、シルクロードの旅を感じさせるものばかりでした。なぜか日本語で「安いよ安いよ」と声掛けする商人もいて日本人も観光に来ているんだなぁと理解。そういえばガイドさんも日本語を話す方でした。

ブハラ Bukhara Province, Uzbekistan

ブハラ(ブハラ, ウズベキスタン)|ウズベキスタンの古都を巡る旅(Yuichi Kudoさん) - 04

ブハラでの夕食はメドレセ(イスラムの神学校)を改装したレストランにて民族舞踊を楽しみながらの贅沢なディナーとなりました。素敵な衣装に身を包んだ踊り子がくるくる回りながら踊る姿は独特の魅力があり素晴らしかった。素敵な夜となりました。

Day 52007/09/11

シャフリサブス Kashkadarya Province, Uzbekistan

シャフリサブス(Kashkadarya Province, ウズベキスタン)|ウズベキスタンの古都を巡る旅(Yuichi Kudoさん)

午前、ブハラを出発し英雄ティムールの故郷シャフリサブスに向かいました。写真はアク・サライの遺跡。かつての隊商宿の後です。見学後、レストランにて昼食。午後は一路さらに東へ。青の都サマルカンドを目指します。所要時間は6時間。。がんばろう。。

サマルカンド Samarkand Province, Uzbekistan

サマルカンド(サマルカンド, ウズベキスタン)|ウズベキスタンの古都を巡る旅(Yuichi Kudoさん)

シャフリサブスを出発し引き続き移動。長時間バスに揺られついに夕刻青の都サマルカンドに到着。ホテルにチェックインし夕食を食べ、夜中心部のレギスタン広場のライトアップを見に行きました。砂漠の夜の静けさとライトアップがとても幻想的でした。

Day 62007/09/12

サマルカンド Samarkand Province, Uzbekistan

サマルカンド(サマルカンド, ウズベキスタン)|ウズベキスタンの古都を巡る旅(Yuichi Kudoさん) - 02

本日は終日サマルカンドの市内見学。まずは昨日訪れたレギスタン広場へ。昨日の静けさとはうって変わってさすがに賑やか。青の都といわれる所以となったタイルの青(サマルカンドブルー)はとても鮮やかで圧巻でした。よく砂漠にこんなものをつくったものです。

サマルカンド Samarkand Province, Uzbekistan

サマルカンド(サマルカンド, ウズベキスタン)|ウズベキスタンの古都を巡る旅(Yuichi Kudoさん) - 03

旧市街を離れ郊外にあるシャーヒジンダ廟群へ。はよくもこれだけ豪華な廟が群集しているものだと感心する場所でした。歴史的文化遺産というのは一般的には墓が殆どであるといってもいいのですが、これだけ沢山の大きく豪華な廟が群集しているのを見たのは初めてでした。

タシケント Tashkent Province, Uzbekistan

タシケント(Tashkent Province, ウズベキスタン)|ウズベキスタンの古都を巡る旅(Yuichi Kudoさん) - 02

いよいよ帰国日となりました。朝サマルカンドを出発しバスで北上。首都タシケントへ戻ります。引き続き長距離の移動となりましたが、なんと途中でバスが故障。砂漠の真ん中で取り残されるも、なんとか他のバスに拾ってもらいサマルカンドへ。深夜の航空機だったため、少し時間が。ブロードウェイというところを少し散歩し夕食レストランへ。その後空港へ。日をまたぎ無事成田に帰国。楽しかった!

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 289view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

カラカルパクスタン共和国とアラル海 〜世界から消えていく世界最大級の湖〜

シルクロード
カラカルパクスタン共和国とアラル海 〜世界から消えていく世界最大級の湖〜

2014-09-25 - 2014-09-25

Read more

  • 17Episodes
  • Nakano Takayuki
アラル海。 - かつては世界で四番目に大きな湖が、今やなくなりかけていて、 あと数年で姿を消すとまで言われている。 - と言うわけで行って来ました! - 現地の人みたく、バスを駆使! 片道3ドル、3時間半。 アラル海の漁で栄えていた町モイナク。 - 着いて、どうしようかなーとキョロキョロしてたら、 「おい、乗れ」と運転手と3人の若者が乗る車に言われて、 どこに行くかも聞かずに乗せられる。 - 若者たちが学校で降りたあと、 「で、お前は何処に行くんだ?」 - 今、聞く? - まー、乗る方も乗る方だけど。 - - 船の写真見せたら、連れてってくれた。 船の墓場。 - - トルコ人のツアー客が何人が居た。 - (ジープで元々は海の底だったとこを突っ切って、今の海岸線まで行くツアーが出てる。一日で50~80ドル、一泊で150~200ドルくらい) - 僕は3時のバスまで、自由時間。 250km先にある、今の海岸線まで行く時間はなく、かつての海岸線を歩く。 - まるで砂漠なのだが、 足元には貝殻がある。 - - 昨日、ヒヴァでは命の連続を感じた。 遺跡の中に、今も人が日常を送っているからだ。 - 今日は、命の断絶を感じた。 つながるはずのバトンが途切れたような、そんな感覚。 - - ツアーじゃないから、 一人の時間が長い。 - - 色んなことを思う。 - あまりに広い「失った海」。 世界は、この海より遥かに広い。 - まだまだ見たい世界が広がってる。 立ち止まるにはもったいないほどの。 - - 行こうと思えば、どこだって行ける。 - 一歩一歩、どこに向かうか決めてさえいれば。 いつまでに、着くか決めてさえいれば。 - 風の音だけが無為に聞こえる一人の時間が、 忘れない時間を、身体に刻み込んでく。 - - 作りかけの建物に入ると、 なぜか、鳥肌がやまなかった。 - どんな想いが、 ここに残されてるのか。 - ここには、あったはずの水が「無い」。 - - 「無いこと」が有り、 それが、僕らに何かを残す。 - - <シルクロードのログブック> ウイグルからキルギスへ。国境を越えてから、次の国境までの距離数百キロ?謎の境目をヒッチハイク。 https://www.compathy.net/tripnotes/18588 キルギス うるるん滞在記 〜青年海外協力隊とシルクロード〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18672 - ウズベキスタン うるるん滞在記 〜世界遺産と雑貨探し!シルクロードの旅〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18850 - カザフスタン うるるん滞在記 〜家族のつながりを知る、シルクロード〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18633

Travel Collector: Nakano Takayuki

  • 3
  • 962 views
ウズベキスタンの古都を巡る旅 ウズベキスタンの古都を巡る旅

Back to Top of ウズベキスタンの古都を巡る旅