Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Tadayuki Kishimotoさんのログブック(旅行記)「山方淡水魚館」

山方淡水魚館

2015-06-14 - 2015-06-14 8 207 0
  • Japan
訪れた国
日本

日本で一番小さい水族館、らしいです。あっという間に見終わってしまいますが、地域に根差した展示は好きです。入館券の半券でミニSLに乗れます。
あと、隣接している公園が狭いながらも遊具が充実していて子供らは大喜びでした。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

ジェフ千葉 アウェイ・水戸戦&偕楽園

サッカー
ジェフ千葉 アウェイ・水戸戦&偕楽園

2012-04-08 - 2012-04-08

  • 8
  • 坂本裕幸
アウェイ・水戸戦、この日は1-0で勝利!! 勝ち点3を手にして、帰りに偕楽園で梅を観賞! お土産には「水戸の梅」

作者: 坂本裕幸

  • 1
  • 499

福岡食べまくり家族旅行

家族旅行
福岡食べまくり家族旅行

2014-04-30 - 2014-05-02

  • 5
  • Masayo
家族4人で飛行機に乗るのは本当久々。バリ以来6年ぶり?! 福岡ではひたすら食べまくってます。念願の九州国立博物館にも行けました

作者: Masayo

  • 2
  • 373

今、いま、イマ!見ごろのネモフィラブルー!美しき青の花畑。

天国
今、いま、イマ!見ごろのネモフィラブルー!美しき青の花畑。

2015-04-27 - 2015-04-27

  • 9
  • Nalumi Uchiyama
国営ひたち海浜公園は、夏には有名な大型フェスROCK IN JAPAN FESTIVALをやることで有名ですが、四季折々に植物の見どころがある公園です。中でもこのネモフィラの丘は他では見られないと思います。

作者: Nalumi Uchiyama

  • 2
  • 471

ひたち海浜公園

日帰り
ひたち海浜公園

2015-05-07 - 2015-05-07

  • 6
  • Yu
GW仕事だった友人たちと花に癒されに行きました

作者: Yu

  • 1
  • 284

映画テルマエ・ロマエのロケ地を巡る温泉旅行

温泉
映画テルマエ・ロマエのロケ地を巡る温泉旅行

2014-08-15 - 2014-08-22

  • 9
  • 大西桜子
実写劇場版テルマエ・ロマエに登場した平たい顔の種族の住む世界(日本)の様々なロケ地、温泉地、銭湯や観光地を県を大幅に跨いでご紹介します。車と防寒具は必須!

作者: 大西桜子

  • 11
  • 15118

美瑛、富良野、旭川と札幌、北の大地を満喫する旅 Jul.2014

一人旅
美瑛、富良野、旭川と札幌、北の大地を満喫する旅 Jul.2014

2014-07-06 - 2014-07-08

  • 16
  • momocol
初めての北海道は、前から行ってみたかった「青い池」を起点に。風景に圧倒されてしまいつつ、美味しいものも食べちゃう、遠慮のない旅。

作者: momocol

  • 11
  • 6507

“東洋のガラパゴス” 奄美大島へ、往復6,000円でいってきた!


“東洋のガラパゴス” 奄美大島へ、往復6,000円でいってきた!

2014-10-18 - 2014-10-21

  • 59
  • Miho Nico Suzuki
トロピカルカラーで透明な海 おだやかでゆっくりなひとびと おいしい食事と、黒糖焼酎・・・ 鹿児島県の奄美大島へ行ってきました! 2014年7月からLCCのバニラエアが 奄美大島へのフライトを開始したんです。 (以前は東京からの飛行機が片道2〜4万円くらい) 今回、バニラエアのキャンペーンで 航空券が往復6,000円でGETできたので、 初めての奄美大島へ 彼と一緒にふたり旅♪

作者: Miho Nico Suzuki

  • 4
  • 12741

建築とアートを巡る瀬戸内旅行

建築
建築とアートを巡る瀬戸内旅行

2011-03-10 - 2011-03-13

  • 24
  • Chikako Murakami
大学の卒業旅行として瀬戸内海に浮かぶ島々へ行きました。 2010年に瀬戸内国際芸術祭が開催され、注目を浴びた瀬戸内海の島々。この芸術祭のキレイなポスターに魅せられ、いろいろ調べてみると有名な建築家が設計した美術館やアート作品が数多くあることを知りました。調べているうちに、webで見るだけでなく実際にその空間にいって見てみたいとの思いが強くなり、瀬戸内海の島々へ行くことに決まりました。島から島へは主にフェリーで移動します。フェリーから見える島々の景色もとてもきれいでした。

作者: Chikako Murakami

  • 2
  • 5383

山方淡水魚館 山方淡水魚館

山方淡水魚館 トップへ