Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
新田浩之(Nitta Hiroshi)さんのログブック(旅行記)「モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」」

モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」

2015-11-19 - 2015-11-2016 Episodes
新田浩之(Nitta Hiroshi)
Travel Collector
新田浩之(Nitta Hiroshi)
  • 20s / male

ルーマニアからモルドバに入りました。モルドバで3泊4日間過ごしました。2日目は首都のキシナウ、3日目は「沿ドニエストル共和国」の首都ティラスポリに行きました。特にティラスポリは「ソビエト」がそのまま残る街で驚きました。モルドバ自体も不思議なことばかりで、消化不良のまま終わりました。ルーマニアのヤシからバスで3時間30分です。詳しくはTabi-PROG http://tabiprogress.click/

  • 0Favorite
  • 881view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12015/11/19

Arcul de Triumf Moldova

Arcul de Triumf(モルドバ)|モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

これは勝利の門の前にある国会議事堂。いかにもソビエトという建物です。この建物の前に、抗議デモ参加者のテントが立ち並んでいました。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Arcul de Triumf Moldova

Arcul de Triumf(モルドバ)|モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 02

これがキシナウが誇る凱旋門「勝利の門」です。露土戦争に勝った記念としてロシア側がパリの凱旋門を真似て作ったのです。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Arcul de Triumf Moldova

Arcul de Triumf(モルドバ)|モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 03

国会議事堂の前にあった政治ポスターです。実はモルドバは昨年、大きな政治的スキャンダルに巻き込まれたのです。お金がなくなったのです。!

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Monumentul lui Ștefan cel Mare Moldova

Monumentul lui Ștefan cel Mare(モルドバ)|モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

ステファン・チェルマン大公の銅像です。中世モルドバ公国の公です。ちなみに、モルドバのお札は全てこの人です。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Catedrala din Chişinău Chisinau, Moldova

Catedrala din Chişinău(Chisinau, モルドバ)|モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

勝利の門の後ろ側にあるキシニョフ大聖堂です。中はとても荘厳な雰囲気で撮影できませんでした。昼間にも関わらず、多くの人が祈っていました。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Muzeul Național de Arheologie și Istorie a Moldovei Chisinau, Moldova

Muzeul Național de Arheologie și Istorie a Moldovei(Chisinau, モルドバ)|モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

見にくいですが、歴史博物館になります。近代、現代史が中心になります。モルドバの歴史が学べます。

  • Loved to be there!
  • Budget:100USD

Casa-muzeu „Alexandru Pușkin” Chisinau, Moldova

Casa-muzeu „Alexandru Pușkin”(Chisinau, モルドバ)|モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

プーシキンに関する博物館です。プーシキンは政治的な詩を発表したことが原因でキシナウに追放されました。この家でプーシキンは詩作に励みました。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Bus Stop Chisinau, Moldova

Bus Stop(Chisinau, モルドバ)|モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

さて、モルドバのキシナウに着きました。これは活気あるバスターミナル近くの市場です。まるで、バザールを思い出します。ここでは何でも買うことができるのです。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Day 22015/11/20

Tiraspol station Transnistria, Moldova

Tiraspol station(沿ドニエストル共和国, モルドバ)|モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

翌日は、モルドバの中にある未承認国家「沿ドニエストル共和国」に行きました。バスは、このティラスポリ駅に到着します。料金はキシナウからティラスポリまでの料金です。なお、ティラスポリへは中央バスターミナルの12番線から発車です。90分~120分くらいで着きます。

  • Loved to be there!
  • Budget:190USD

St. Lenin 31 Transnistria, Moldova

St. Lenin 31(沿ドニエストル共和国, モルドバ)|モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

ティラスポリで撮った通りのプレートです。上はロシア語ですが、下はモルドバ語(ルーマニア語ですがキリール文字表記)です。モルドバでは見られないですから、ある意味貴重かもしれません。それにしても「レーニン通り」。ソビエト的ですね。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

street Karl Marx Transnistria, Moldova

street Karl Marx(沿ドニエストル共和国, モルドバ)|モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

文化会館のような建物です。これもまたソビエト的ですね。いい味を出しています。ただ、建物の正式な名前がわかりませんでした。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

street Karl Marx Transnistria, Moldova

street Karl Marx(沿ドニエストル共和国, モルドバ)|モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 02

未承認国家、アブハジア、南オセチアの大使館です。これらの国旗もなかなか見られません。ちなみに、沿ドニエストル共和国の通貨はドニエストル・ルーブルです。他国ではただの紙屑になるので注意しましょう。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Историко-краеведческий музей / Museum of local history Transnistria, Moldova

Историко-краеведческий музей / Museum of local history(沿ドニエストル共和国, モルドバ)|モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

歴史博物館です。ここでは、ティラスポリ、沿ドニエストル共和国の歴史が学べます。またおばちゃんがいろいろ教えてくれます。

  • Loved to be there!
  • Budget:100USD

street Karl Marx Transnistria, Moldova

street Karl Marx(沿ドニエストル共和国, モルドバ)|モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 03

少し見えにくいですが政治的スローガンが見えます。「共和国と共に25年」と書いてあります。まるで、ソビエトが今でも続いているような錯覚になります。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Историко-краеведческий музей / Museum of local history Causeni, Moldova

Историко-краеведческий музей / Museum of local history(Causeni, モルドバ)|モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

博物館にあった地図です。それにしても、このような複雑な土地だと統治しにくいと思うのですが。どうなのでしょうか。

  • Loved to be there!
  • Budget:100USD

street Karl Marx Transnistria, Moldova

street Karl Marx(沿ドニエストル共和国, モルドバ)|モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 04

沿ドニエストル共和国の紋章です。ソビエト・モルドバ時代の紋章に手を加えただけです。ソビエトのまま時代が止まっています。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 881view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

沿ドニエストル共和国 地図にない国 ロシアよりもソ連、ソ連の核兵器が眠る国、日帰り入国

一人旅
沿ドニエストル共和国 地図にない国 ロシアよりもソ連、ソ連の核兵器が眠る国、日帰り入国

2010-07-15 - 2010-07-15

Read more

  • 29Episodes
  • Shohei Watanabe
モルドバ系はこの地を去り、ロシア系はモルドバからこの地へ来た。ユダヤ人は未だ迫害を受ける。 モルドバの首都キシナウから同じバスで来た若い女性は、この地に移住した母に会いに来た。 「なぜこの地が、国家承認されず、生活に困窮しなければいけないの?」 と訴えられ、言葉にならなかった。 ソ連崩壊時に各共和国が次々に独立する中、モルドバ内の沿ドニエストル地方が独立を宣言。 モルドバ政府と内戦になりロシアが介入、現在は停戦中のままであります。 もともとこの地はベッサラビア(モルドバ地域)ではなく、ソビエト時代にモルドバと一緒の自治体にさせられてしまいました。 クリミア半島と似た経緯です。この国(為政者?)もロシアへの編入を求めています。 ロシアのみがこの国を承認、あとはグルジア内の独立宣言地域アブアジア共和国、南オセチア共和国と双方で承認し合っているのみであります。 沿ドニエストル政府は実効支配をし、自国の政府、軍隊、なんと通貨まで存在すると言う点において、立場は台湾と同じと言えるでしょう。 モルドバからミニバスに乗り首都ティラスポリへ向かいました。 途中国境の検問にて、当日中に領内から出て行くことを条件に入国が許されました。 写真 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157624806897597/

Travel Collector: Shohei Watanabe

  • 3
  • 1324 views
モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」 モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」

Back to Top of モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」