Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Yuichi Kudoさんのログブック(旅行記)「夏のフィンランドの旅」

夏のフィンランドの旅

2009-07-22 - 2009-07-28 16 404 0

一番近いヨーロッパと言われるフィンランドの旅です。成田からヘルシンキまでの直行便で10時間をきる時間でいけるので確かに近い。フィンランドは木々が多く素朴な町並みが魅力です。田舎を中心に堪能してきました。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2009/07/22

ハメーンリンナ カンタ=ハメ, フィンランド

ハメーンリンナ(カンタ=ハメ, フィンランド)|夏のフィンランドの旅(Yuichi Kudoさん)

2009年はフィンランド航空のキャンペーンがあり成田からフィンランド、もしくはフィンランド経由でヨーロッパ行きのツアーがたくさんあったと記憶しております。今回はフィンランド航空を利用したフィンランドの夏の旅にいってきました。日をまたぎ成田から約9時間半で首都ヘルシンキに到着。その後ハメーンリンナまで移動しました。夜中なのに白夜なので明るい。。へんな感じ。

2日目2009/07/23

ハメーンリンナ カンタ=ハメ, フィンランド

ハメーンリンナ(カンタ=ハメ, フィンランド)|夏のフィンランドの旅(Yuichi Kudoさん) - 02

前日遅い到着だったため、この日はのんびりとハメーンリンナの見学スタート。写真は有名な音楽家シベリウスの生家です。家の中は代表作フィンランディアが流れていました。素朴な家の造りはまさに北欧らしい雰囲気。ハメーンリンナではこのほかにも市内中心の広場などを散策しました。

3日目2009/07/24

アウランコ国立公園 カンタ=ハメ, フィンランド

アウランコ国立公園(カンタ=ハメ, フィンランド)|夏のフィンランドの旅(Yuichi Kudoさん)

この日はハメーンリンナ郊外にあるアウランコ国立公園へ。ここはシュタンデルシェルド大佐が故人で作った公園です。現在は国立公園になっています。森の中は心地よい木漏れ日がさし、所々の湖に立ち寄りのんびりと1時間半歩きました。最後は展望台に登り360度のパノラマビューです。

アウランコ国立公園 カンタ=ハメ, フィンランド

アウランコ国立公園(カンタ=ハメ, フィンランド)|夏のフィンランドの旅(Yuichi Kudoさん) - 02

これもアウランコ国立公園での写真。公園内は広くゆっくり歩いて約2時間かかります。大小の湖が点在しているため、じっくり歩きたい人はそれ以上の時間があります。写真のようにところどころ休憩所があるので、天気が良ければのんびり歩くのもおすすめです。

ハメーンリンナ カンタ=ハメ, フィンランド

ハメーンリンナ(カンタ=ハメ, フィンランド)|夏のフィンランドの旅(Yuichi Kudoさん) - 03

午後、ハメーンリンナからシルバーラインの船に乗り約2時間半、ハナヤベシ湖を遊覧しました。時には幅が狭く、時には海のように広がる光景を楽しみながら、下船地のヴェサヴォリへ。その後バスに乗り一路世界遺産の街ラウマへ。フィンランドは自然が素晴らしい!

4日目2009/07/25

ラウマ Satakunta, フィンランド

ラウマ(Satakunta, フィンランド)|夏のフィンランドの旅(Yuichi Kudoさん)

この日は世界遺産ラウマ旧市街の散策です。旧市街はこじんまりとしており2時間もあれば全部回れるくらいです。ボビン・レースが有名で小さいブティック等かわいらしいお店、レストランもたくさんあり素朴ですが歩いているだけで楽しい街です。家屋は全て木造建築でパステルカラーのペイントが素敵でした。

ラウマ Satakunta, フィンランド

ラウマ(Satakunta, フィンランド)|夏のフィンランドの旅(Yuichi Kudoさん) - 03

伝統工芸品ボビン・レースです。ベテランの老婦人が実際に制作過程をデモンストレーションしてくれました。手の動きがとても速く、職人技だと感じました。旧市街の中のいろいろな店でレースが販売されています。お気に入りのものを探すのもラウマ散策のおもしろいところでしょう。

ラウマ Satakunta, フィンランド

ラウマ(Satakunta, フィンランド)|夏のフィンランドの旅(Yuichi Kudoさん) - 02

旧市街を散策し、ホテルにいったん戻り休憩。信じられないと思いますが、この写真は夕食後に撮影した伝統スタイルの井戸の写真です。白夜恐るべし。夕食は旧市街に戻りこじんまりしたレストランで食べました。せっかく明るいので、この後も少し街を散策しホテルに戻りました。

5日目2009/07/26

トゥルク Southwest Finland, フィンランド

トゥルク(Southwest Finland, フィンランド)|夏のフィンランドの旅(Yuichi Kudoさん)

ラウマを出発し海辺の小さな街ナーンタリ経由で古都トゥルクへ。スウェーデン時代には首都であったところです。写真はトゥルク城。荘厳な雰囲気がありました。その後、マーケット広場を散策しました。珍しいお菓子、果物等を見ることができ良かった。

トゥルク Southwest Finland, フィンランド

トゥルク(Southwest Finland, フィンランド)|夏のフィンランドの旅(Yuichi Kudoさん) - 02

古都トゥルクの大聖堂です。煉瓦造りの外装がとても印象的でした。さすがかつての首都というだけありとても大きい教会でした。約1時間教会の内部、そして敷地内の散策。丘の上に建っているため、教会の外からは街のパノラマの景色が見ることができました。

フィスカルス ウーシマー, フィンランド

フィスカルス(ウーシマー, フィンランド)|夏のフィンランドの旅(Yuichi Kudoさん)

フィスカルス村です。とてもこじんまりとして芸術家が好んでこの村に滞在します。一つ一つのお店がギャラリーになっていて散策にはもってこいの村です。また高品質なハサミでも名前が良く知られた村で、お店には大小さまざまなハサミや刃物が置いていました。

6日目2009/07/27

ヘルシンキ Southwest Finland, フィンランド

ヘルシンキ(Southwest Finland, フィンランド)|夏のフィンランドの旅(Yuichi Kudoさん)

この日は首都ヘルシンキの街の散策です。いままではどちらかというと田舎を旅してきましたが、さすが首都。賑わいが違います。写真は元老院広場にある大聖堂です。海辺の街なので潮風が心地よい楽しい散策となりました。旅もいよいよ終盤です。

ヘルシンキ Southwest Finland, フィンランド

ヘルシンキ(Southwest Finland, フィンランド)|夏のフィンランドの旅(Yuichi Kudoさん) - 02

引き続き首都ヘルシンキの散策です。写真は目抜き通りのエスプラナーデ通りです。ヘルシンキで一番大きいデパートストックマンでお土産購入タイムです。フィンランド生まれのムーミングッツ等を調達しました。ヘルシンキはトラム(路面電車)があるので移動もスムーズです!

ヘルシンキ Southwest Finland, フィンランド

ヘルシンキ(Southwest Finland, フィンランド)|夏のフィンランドの旅(Yuichi Kudoさん) - 03

ヘルシンキの街から専用の船に乗り約15分で世界遺産スオメンリンナの要塞へ到着。写真はかつての城壁の後です。敷地内には当時のままの建物が残っており内部は博物館になっています。フィンランドの歴史を勉強することができました。レストランなども敷地内にはあります。

7日目2009/07/28

ポルボー ウーシマー, フィンランド

ポルボー(ウーシマー, フィンランド)|夏のフィンランドの旅(Yuichi Kudoさん)

ヘルシンキを出発しフィンランドで二番目に古い街ポルヴォーへ。旧市街の散策をします。丘の上の大聖堂、河に沿って並ぶ木造建築等、全体がかわいらしく立体的に見える町でした。旧市街で約1時間半散策し、昼食を食べいよいよ帰国に向けヘルシンキの空港へ。楽しい旅でした!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

☆゚:*:・。,フィンランドの窓辺 3日目 ,。・:*: '☆

北欧
☆゚:*:・。,フィンランドの窓辺 3日目 ,。・:*: '☆

2014-07-24 - 2014-07-24

  • 67
  • yumiyumi
この日は、最も楽しみにしていた予定のある日。 友達ご夫婦と4人で電車に乗って、大好きなガラスたちを堪能してきました。 ガラスの美しさだけでなく、フィンランドの人々の温かさを痛感する出来事もあり、今回の旅行で最も大切な想い出の一日となりました。

作者: yumiyumi

  • 5
  • 4033

初めての一人旅 北欧スウェーデン〜フィンランド

一人旅
初めての一人旅 北欧スウェーデン〜フィンランド

2008-09-23 - 2008-10-01

  • 32
  • Hiroaki Takeuchi
大学4年生の夏休み、初めて一人で海外に行きました。 行き先は北欧、ノルウェーから入ってスウェーデン・フィンランドと回りました。 北欧にしたのは、当時フィンランドに留学していた友人が居たため。 このログブックは旅の後半、スウェーデン〜フィンランドの記録です。

作者: Hiroaki Takeuchi

  • 13
  • 25624

ふぃんらんど

世界遺産
ふぃんらんど

2014-03-04 - 2014-03-21

  • 114
  • M Noguchi
1日目ヘルシンキ 2-7日目サヴォンリンナ 8-13日目ロヴァニエミ 14-18日目ヘルシンキ だったかな。2014/3/22帰国。 宿はホテルではなくほぼairbnbというサービスを使っています。 旅では、観光だけでなく、仕事(web制作)もします。

作者: M Noguchi

  • 12
  • 4719

カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。

一人旅
カルヤランピーラッカを夜に食べながら、フィンランドの秘密を考える。

2008-10-27 - 2008-10-31

  • 21
  • Satoko Nishiyama Fujioka
半年間寮で暮らした友人達を訪ねる旅路に、選んだ最初の地は、フィンランド。 湖をオールを漕いでお散歩して、寒くなったら、あたたかいスープを飲んで暖をとる。 あぁそうか、自然と触れ合うって、こういうことなんだなぁと、この国にきて教えてもらった。 暗い冬を過ごす秘訣を、家の中で見いだした国の人達は、なんだか人生も、楽しく生きる秘訣を、持っている気がするのです。

作者: Satoko Nishiyama Fujioka

  • 9
  • 4348

☆゚:*:・。,フィンランドの窓辺 1~2日目 ,。・:*: '☆

北欧
☆゚:*:・。,フィンランドの窓辺 1~2日目 ,。・:*: '☆

2014-07-22 - 2014-07-23

  • 64
  • yumiyumi
フィンランドのガラスが大好き!インテリアが大好き! 陽射しを受けキラキラ輝くガラスを眺める、そんな『窓辺のある暮らし』が憧れ( *´艸`)♡ そう思いつつ、何となくフィンランドへ行くことに現実味を感じられないでいたワタシ。 ところが! この度ステキなご縁があって、念願が叶いマシタ! オットの時差ボケ問題とフィンエアーの重量規制問題(荷物を持つオットの問題でもあるw。)と闘い?ながら楽しんだ、ヘルシンキでの日々。 今回は写真の出来があまりにも悪いので、あくまでも記録ってことで優しい目でご覧下さいませ…(*T∀T*)。

作者: yumiyumi

  • 6
  • 3623

Finland,Helsinki2014

北欧
Finland,Helsinki2014

2014-03-17 - 2014-03-18

  • 73
  • yokoichi
ノルウェーからの帰路。乗換までの半日だけの観光。ヘルシンキ大聖堂とウスペンスキー寺院、あとはカフェと街並み。またゆっくり来たいです。

作者: yokoichi

  • 7
  • 2539

フィンランド


フィンランド

2013-09-02 - 2013-09-06

  • 37
  • Mika Watabe
インテリアが大好きな母の影響で幼い頃からなぜか身近な存在に感じて育った北欧。いつかいってみたいと思っていました。 そしてついに大学2年の夏にフィンランドに行くことを決意! 北欧の中でもフィンランドを選んだのには理由があります。 それは将来小学校の教員になることを考えてる私は、幸福度指数と共に、教育水準も高いフィンランドにとても惹かれたからです。 またなんであんなに税金が高いのに国に対する国民満足度が高いのか…その謎に迫りたいという思いもありました。 そして、本場フィンランドでムーミンとmarimekkoのものを買い占めたいという目的も(笑) 実際に行ってみたら... そこは想像をはるかに超えた幸せに溢れた国でした。

作者: Mika Watabe

  • 4
  • 2206

Finland - 2月初旬、贅沢にアアルトの建築を巡る旅。+オーロラ

aalto
Finland - 2月初旬、贅沢にアアルトの建築を巡る旅。+オーロラ

2015-02-03 - 2015-02-12

  • 62
  • Yuko
アアルトの建築を見たいと思いフィンランドに行った。ラップランドのロヴァニエミという街にはアアルトの作品もいくつかあり、実は第二次世界大戦の戦後復興都市計画もアアルトが行ったそうだ。冬にはオーロラも見られるということでこの時期に行くことにした。 ヘルシンキはフィンランドの首都だがゆったりとしていて、過ごしやすかった。また、ショッピングセンター文化は日本人にはなじみやすい。この旅行でヘルシンキに住んでみたいとさえ思わされた。 見たい作品を優先したため、ヘルシンキを拠点にパイミオやマイレア邸も行ったのでバス代がかなり高くついた。そもそも建物ごとの見学代もかなり高かったので、贅沢な旅であった。 1日目-6日目 ヘルシンキ宿泊 7日目-9日目 ロヴァニエミ宿泊

作者: Yuko

  • 4
  • 4061

夏のフィンランドの旅 夏のフィンランドの旅

夏のフィンランドの旅 トップへ