Compathy

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
新田浩之(Nitta Hiroshi)さんのログブック(旅行記)「ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク」

ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク

2015-09-09 - 2015-09-1016 Episodes
新田浩之(Nitta Hiroshi)
Travel Collector
新田浩之(Nitta Hiroshi)
  • 20s / male

ワルシャワの次はぜひ行きたいと思っていたグダンスクに行きました。思っていたよりも「ドイツぽい」街でした。それとおもしろかったのが琥珀。グダンスクは琥珀で有名な街で、格安で琥珀を購入することができます。最後に忘れてはならないのが「連帯」。民主化運動はここグダンスクから始まったのです。詳しくはTabi-PROG http://tabiprogress.click/。ペンドリーノでワルシャワから約2~2時間30分です

  • 0Favorite
  • 338view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12015/09/09

Warszawa Centralna Masovian Voivodeship, Poland

ワルシャワ中央駅/ワルシャワ・ツェントラルナ(Warszawa Centralna)(マゾフシェ, ポーランド)|ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

ポーランドが誇るEIP(ペンドリーノ)に乗って北の街グダンスクを目指します。このスピード感を感じさせるデザインが素敵ですね。

  • Loved to be there!
  • Budget:4800USD

Warszawa Centralna Masovian Voivodeship, Poland

ワルシャワ中央駅/ワルシャワ・ツェントラルナ(Warszawa Centralna)(マゾフシェ, ポーランド)|ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 02

EIPの車内です。これは2等車です。ですが、日本人にとってはグリーン車と同等の快適さです。そして、駅が到着する度にショパンの曲が流れます。旅の気分を盛り上げます。

  • Loved to be there!
  • Budget:4800USD

Gdańsk Główny Pomeranian Voivodeship, Poland

Gdańsk Główny(ポモージェ, ポーランド)|ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

グダンスク中央駅です。まるでドイツみたいな駅ですね。この写真だけ見せるとうまく誤魔化せそうです。駅構内にはマクドナルドが入っています。北に位置するので少し寒いです。

  • Loved to be there!
  • Budget:300USD

five_point_hostel Pomeranian Voivodeship, Poland

five_point_hostel(ポモージェ, ポーランド)|ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

グダンスクで泊まったFive Point Hostel。トイレやシャワーの扉を開くとセンスのいい音楽が流れるのです。素敵でした。料金は2泊分です。

  • Loved to be there!
  • Budget:3000USD

Ratusz Głównego Miasta Pomeranian Voivodeship, Poland

Ratusz Głównego Miasta(ポモージェ, ポーランド)|ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

これは旧市庁舎です。14世紀にマニエスリム様式で建てられました。この建物もどこか「ドイツ」を感じますね。なお、現在は歴史博物館になっています。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Most Zielony Pomeranian Voivodeship, Poland

Most Zielony(ポモージェ, ポーランド)|ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

ジェロ二ー橋から海洋中央博物館方面を見ています。木造船の筋に琥珀のお店が立ち並んでいます。グダンスクはナチスドイツが最初に攻め落とした街でもあるのです。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

ul. Dlugi Targ Pomeranian Voivodeship, Poland

ul. Dlugi Targ(ポモージェ, ポーランド)|ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

グダンスク旧市街を貫くドゥーガ通りです。グダンスクの街はナチスドイツの攻撃で多くの建物が破壊されました。これらの建物は戦後、再建されたものです。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Day 22015/09/10

St Nicholas Basilica Pomeranian Voivodeship, Poland

St Nicholas Basilica(ポモージェ, ポーランド)|ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

聖母マリア教会です。ゴシック様式の由緒ある立派な教会です。14世紀に建てられた教会ですが、よく戦争でも残ったなあというのが正直な感想ですね。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

St Nicholas Basilica Pomeranian Voivodeship, Poland

St Nicholas Basilica(ポモージェ, ポーランド)|ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 02

王の礼拝堂です。17世紀、バロック様式で建てられました。ポーランド王ヤン3世ソビエスキの寄付によって建てられたのです。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Muzeum Bursztynu Pomeranian Voivodeship, Poland

Muzeum Bursztynu(ポモージェ, ポーランド)|ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

囚人塔にある琥珀博物館です。グダンスクは琥珀で有名な街。日本と比較すると格安で入手できます。ただ、それでも私は高いですけどね。

  • Loved to be there!
  • Budget:30USD

Brama Wyżynna Pomeranian Voivodeship, Poland

Brama Wyżynna(ポモージェ, ポーランド)|ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

「高い門」から撮影しました。ドイツの雰囲気が漂いますが、やっぱりポーランドの街です。ポーランド人でポーランド語がそこらで聞こえるわけですから。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Zielona Brama Pomeranian Voivodeship, Poland

ジェロナブラマ(Zielona Brama)(ポモージェ, ポーランド)|ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

「緑の門」にあるミニコンサートです。ムーンリバーを弾いていましたがとても美しかったです。ポーランドのパフォーマンスはレベルが高いのです。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Długi Targ Pomeranian Voivodeship, Poland

Długi Targ(ポモージェ, ポーランド)|ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

これが旧市街にある美しいネプチューンの噴水です。この周りには多くの観光客が写真を撮っていました。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Europejskie Centrum Solidarności Pomeranian Voivodeship, Poland

Europejskie Centrum Solidarności(ポモージェ, ポーランド)|ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

夕方に「連帯」に関するツアーに参加しました。これはグダンスクにあった元造船所です。ここで活躍したのが後に大統領になるヴァレンサ。ここで民主化運動が始まったのです。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Europejskie Centrum Solidarności Pomeranian Voivodeship, Poland

Europejskie Centrum Solidarności(ポモージェ, ポーランド)|ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 02

これは民主化運動に参加して政府によって殺された人々を追悼する碑です。このような土台があって、「連帯」が成功したのでしょうね。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Europejskie Centrum Solidarności Pomeranian Voivodeship, Poland

Europejskie Centrum Solidarności(ポモージェ, ポーランド)|ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 03

最後にヨーロッパ連帯センターに行きました。大きくて立派な博物館です。これは当時の警察(民警)のトラックです。これで大量のデモ犯を逮捕したわけです。

  • Loved to be there!
  • Budget:100USD

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 338view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)


白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)

2009-03-03 - 2009-03-03

  • 17Episodes
  • Misaki Tachibana
「1個の電球を取り替えるのに何人のポーランド人が必要か?」。これは、ポーランド人の知性を馬鹿にしたブラックジョークである。かつて大流行したこの文句を作った人が目の前にいたならば、わたしは物申したい、ポーランド人を馬鹿にするなと。総じて白い空、灰色の雲に覆われた天気が続く日々は、かつてポーランドで起こった悲惨な歴史を彷彿とさせる。けれど今、彼らはかなり、羨ましいほど自由気ままに、現代を生きている。

Travel Collector: Misaki Tachibana

  • 2
  • 4925 views

EU加盟前のポーランド 悲しきポーランドの歴史とアウシュビッツ強制収容所

世界遺産
EU加盟前のポーランド 悲しきポーランドの歴史とアウシュビッツ強制収容所

2002-10-22 - 2002-10-24

  • 28Episodes
  • Shohei Watanabe
まだ旧東欧の雰囲気が臭う2002年のポーランドです。 強制収容所訪問後は食べ物とお酒が合わなかったのか、クラクフで一泊二日入院。点滴を打ち、脱水症状、黄疸が出る中、日本に帰ってきました。 何度も近隣諸国に分割され、虐殺された歴史から解き放たれて10年のポーランド。 写真 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157600515987730

Travel Collector: Shohei Watanabe

  • 9
  • 3048 views

Warsaw

girl
Warsaw

2013-03-18 - 2013-03-20

  • 8Episodes
  • Katya Sondak
Warsaw, nurturing over 400 years of pride as a capital, is Poland’s largest city and an economic, political, and cultural centre. The symbol of the city is the Mermaid, featured on the city seal. Warsaw is a bustling metropolis and features an unforgettable history.

Travel Collector: Katya Sondak

  • 27
  • 700 views

ポーランドをのんびり+登山に挑戦

大自然
ポーランドをのんびり+登山に挑戦

2014-08-07 - 2014-08-15

  • 29Episodes
  • 新田浩之(Nitta Hiroshi)
3回目のポーランド。首都ワルシャワ、西部ヴロツワフ、そして、ポーランドのリゾート地、カルパチに行きました。さらに、ポーランド、チェコの国境の山、スニェシュカ山に登りました。カルパチ、スニェシュカ山にはほとんど外国人観光客がいませんでした。もったいないと思います。

Travel Collector: 新田浩之(Nitta Hiroshi)

  • 0
  • 1342 views

Warsaw weekend


Warsaw weekend

2014-06-21 - 2014-06-22

  • 8Episodes
  • Valentyna Kuznetsova
We decided visit Warsaw with my boyfriend and we were pleased how nice was this town. The new modern buildings are standing close to the soviet-style grand architecture, the old town streets are narrow but very clean and crowdy. The Polish cuisine was similar to Ukrainian and Czech but with own charm and flavour.

Travel Collector: Valentyna Kuznetsova

  • 6
  • 606 views

Where I lice - Warsaw!

castle
Where I lice - Warsaw!

2014-04-15 - 2014-04-15

  • 5Episodes
  • Kamil Adamiec
The city I moved to 3 years ago. In April I took a trip to see some places I usually don't have time to see. Warsaw is a beautiful, historical city...

Travel Collector: Kamil Adamiec

  • 0
  • 726 views

Wakacje 2014


Wakacje 2014

2014-06-14 - 2014-07-22

  • 5Episodes
  • Klaudia Chmielińska
Coś co się dzieje w czasie wakacji, żeby urozmaicić studenckie życie i studenckie wakacje.

Travel Collector: Klaudia Chmielińska

  • 1
  • 373 views

Путешествие


Путешествие

2012-07-05 - 2014-05-03

  • 5Episodes
  • Даша Амелишко
Приключение – это путь. Настоящее приключение предпринимается самоопределившимися, целеустремленными людьми. И как правило, это всегда рискованно. Иногда приходиться «есть прямо из рук судьбы». Только пройдя достаточное расстояние, вы встретите настоящую безвозмездную доброту и безграничную жестокость и поймете, что способны и на то, и на другое. Все это в корне изменит вас, и мир перестанет быть для вас черно-белым

Travel Collector: Даша Амелишко

  • 0
  • 377 views

ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク

Back to Top of ペンドリーノで行くドイツのような北の街 グダンスク