Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Takuo Shikataさんのログブック(旅行記)「何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?」

何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?

2012-03-27 - 2012-04-0318 Episodes
Takuo Shikata
Travel Collector
Takuo Shikata
  • male

50年に1度のオーロラの当たり年と言われた2012年。一度は見てみたいオーロラだが、幻想的な風景も寒がりの身には堪える。そこで、オーロラが見える地域では、比較的寒さが緩やかなアイスランドへ。10日近い旅程を確保し、毎日オーロラが楽しめると思っていたら、天気に恵まれずなかなかオーロラが見れない! 迫りくる出国日を前に、しまいには自力で天気予報を調べてオーロラの見えそうな地域に移動して最後のチャンスにかけてみると…。旅行の神様が微笑んでくれて、1度だけオーロラ観賞のチャンスを与えてくれた。待ち望んだ光のショーは、寒さを忘れて、冬空の下、5時間近く楽しめた。

  • 1Favorite
  • 758view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12012/03/27

Harpa Concert Hall Capital Region, Iceland

Harpa Concert Hall(デンマーク首都地域, アイスランド)|何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?(Takuo Shikataさん)

アイスランドの人口は30万人ほど 日本でいえば中核市ほどの規模。そのうち、3分の1が首都のレイクキャビックに暮らす。

訪れるまでは、全く国のイメージが湧かなかった、街のいたるところに目を引く建築物が観光客を迎える。

  • Loved to be there!

Hallgrímskirkja Capital Region, Iceland

ハットルグリムス教会(Hallgrímskirkja)(デンマーク首都地域, アイスランド)|何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?(Takuo Shikataさん)

事前に調べた通り、寒さはそれほど厳しくなく、街歩きも十分に楽しめる。

  • Loved to be there!

Alþingi Capital Region, Iceland

Alþingi(デンマーク首都地域, アイスランド)|何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?(Takuo Shikataさん)

歴史を感じる建物も街には残されており、こちらは国会議事堂。30万人の国では、これくらいの規模でも十分なのだろう。

さて、肝心のオーロラだが、首都のツアーに申し込んだものの、天候が悪く、ツアーの開催自体がキャンセル。ツアーでは、オーロラが見えるまで1回の料金で何度でも参加できるシステム。

3日間粘ったものの、天気が回復せず。観光案内所の人に天気予報の情報をもとに相談すると、レイキャビックの天気はこの先、よくならないので、違う町に行ったほうがよいとアドバイスを受ける。

  • Loved to be there!

Day 32012/03/29

HOF Menningarhús Northeast, Iceland

HOF Menningarhús(Northeast, アイスランド)|何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?(Takuo Shikataさん)

天気予報で太陽のマークが見えた北部 アイスランド第二の都市・アークレイリを目指す。

普段はバスの中ではすぐに眠りについてしまうが、道中パノラマに広がる景色は、眠気を奪い去るほどだった。

街に着くと空は快晴。オーロラへの期待が高まり、ツアー会社に出向くも、今日は木曜で参加者がいないから、ツアーはなし。週末には観光客も来るから、明日また来てと告げられる。

  • Loved to be there!

Brynju Ís Northeast, Iceland

Brynju Ís(Northeast, アイスランド)|何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?(Takuo Shikataさん)

アイスランド第2の都市と言えど、人口は2万人ほど。

観光案内所でおすすめの場所を尋ねると、アイスクリーム屋さん。確かに寒い時に温かい部屋で食べるアイスは何とも贅沢と思っていると、テラス席でアイス!

寒くないのか?日が照ってれば問題なしということだろう。

  • Loved to be there!

Day 42012/03/30

Viti Crater Northeast, Iceland

Viti Crater(Northeast, アイスランド)|何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?(Takuo Shikataさん)

オーロラ観賞のチャンスは夜だけなので、昼間はデイツアーに参加 ツアーは1~2万円ほど。

ツアー客と話していると、昨夜ホテルの窓からオーロラが見えた!と言うではないか。アークレイリでは、町の灯りがそれほどないので、中心地からでも十分に鑑賞できたそうだ。

確かに昨日の夜空は澄みきっていたが、町の中心でもオーロラが見えることを知らなかったため、夜もふけぬうちに就寝してしまった。

チャンスを1回逃してしまい落胆したが、ツアーで訪れた先々の大自然の絶景が気持ちをなだめてくれた。

  • Loved to be there!

Námafjall Northeast, Iceland

Námafjall(Northeast, アイスランド)|何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?(Takuo Shikataさん)

地球のマグマが脈打つのを感じられるナウマフィヤットル

くぼみの奥を歩く人の姿が小さくみえるくらい、巨大なクレーターのようだ。

  • Loved to be there!

Day 72012/04/02

Café Paris Northeast, Iceland

Café Paris(Northeast, アイスランド)|何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?(Takuo Shikataさん)

アークレイリに滞在した4日間ともオーロラ観賞に

1日目は夜になり雲1つない星空に。絶好の機会にオーロラの出現を確信したものの、光のカーテンは夜空にかからず。

2、3日目は吹雪の中、ツアー出発。何とか細かい空の状況を分析しながら、雲のない夜空のスポットを探したものの天気には勝てず。

4日目は、どこまでいくのだろうというくらい遠くまで車で進んだものの、少し晴れ渡った夜空が見えたと思った瞬間、雲に覆われ降雪。

  • Loved to be there!

HOF Menningarhús Northeast, Iceland

HOF Menningarhús(Northeast, アイスランド)|何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?(Takuo Shikataさん) - 02

気が付けばアイスランドに滞在できるのもあと数日。

朝は雲1つない快晴。昨夜の雪で町の景色が雪化粧された。こんな天気がいいのに、夜の予報は雪。

オーロラツアー会社のスタッフに相談すると、見込みは薄いので西に行った方が確立が上がるだろうとアドバイスをもらい、アークレイの町を去る事に。

  • Loved to be there!

Day 82012/04/03

Stykkishólmur Westland, Iceland

Stykkishólmur(Westland, アイスランド)|何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?(Takuo Shikataさん) - 03

ボルガルネースかスティキッシュホルムが狙い目ということで、後者に目的地を設定。

バスで移動中も快晴が続く。このまま天気が持ちこたえてくれるのを祈りながらの移動。

  • Loved to be there!

Stykkishólmur Westland, Iceland

Stykkishólmur(Westland, アイスランド)|何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?(Takuo Shikataさん) - 02

スティキッシュホルムは小さな港町。

宿泊先がどこにあるのか不明だったが、guest houseの案内に沿って進むと、小さなペンションのような宿に到達。

小さな町だが、観光案内所があり、早速オーロラツアーについて尋ねると、ツアーは実施していないということだった。

はるばるここまで来たのに…。アイスランドでの残された時間もあとわずか、どこに行けばオーロラが見れるか?聞いてみると、その辺で見えるよという返答。その辺って?

  • Loved to be there!

Stykkishólmur Westland, Iceland

Stykkishólmur(Westland, アイスランド)|何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?(Takuo Shikataさん)

拍子抜けしてしまったが、宿のオーナーに尋ねても、宿の前からでもオーロラが見えるという。

まだ4月なのに20時を回っても空が明るい。幸い、まだ快晴。天気が崩れそうな気配もなし。

  • Loved to be there!

Stykkishólmur Westland, Iceland

Stykkishólmur(Westland, アイスランド)|何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?(Takuo Shikataさん) - 04

地元の民である宿のオーナーの言葉を信じ、宿の前に椅子を持ち出し、毛布にくるまりながら、しばしその時を待つ。

空にうっすらと雲がかかったように見え、先行きが心配になってきた。手持ちのカメラでオーロラが撮影できるのか、いろいろ設定をいじり、試しに1枚撮ってモニターをみると、画面にはオーロラ!?

  • Loved to be there!

Stykkishólmur Westland, Iceland

Stykkishólmur(Westland, アイスランド)|何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?(Takuo Shikataさん) - 05

肉眼では雲のように白く見えるだけなのに、カメラで撮影すると、それはまさにオーロラ。どうなってるのか。幻でも見ているのか。

  • Loved to be there!

Stykkishólmur Westland, Iceland

Stykkishólmur(Westland, アイスランド)|何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?(Takuo Shikataさん) - 06

場所を変えて、港の方へ移動。

すると、辺りが日が完全に沈み、闇夜が広がるとともに、先ほどまでは雲のように白く空に広がっていた帯が、どんどんグリーンに染まっていくようだった。

  • Loved to be there!

Stykkishólmur Westland, Iceland

Stykkishólmur(Westland, アイスランド)|何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?(Takuo Shikataさん) - 09

ついに、待ち望んだオーロラ。

幸い、オーロラが鑑賞できる地帯でアイスランドの寒さはそれほど厳しくはない。とはいえ、氷点下近い気温だが、オーロラが見えた興奮で寒さを忘れてしまうくらい。

  • Loved to be there!

Stykkishólmur Westland, Iceland

Stykkishólmur(Westland, アイスランド)|何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?(Takuo Shikataさん) - 08

オーロラ観賞の醍醐味はやはりなんといっても オーロラが織り成す姿が刻々と変化することだ。

次から次へと夜空をキャンバスに、オーロラのショーが繰り広げられる。

  • Loved to be there!

Stykkishólmur Westland, Iceland

Stykkishólmur(Westland, アイスランド)|何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?(Takuo Shikataさん) - 07

気が付けば日付も変わり、午前2時。寒さの中、撮影を続けたデジカメのバッテリーの残量は残りわずか。

時間が経つのと、寒さを完全に忘れてしまうほど魅せられた。

旅行の神様が最後に微笑んでくれた瞬間だった。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 1Favorite
  • 758view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!? 何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?

Back to Top of 何が何でも見たい!旅行の神様が微笑んだ!?