Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Ito Nanasaさんのログブック(旅行記)「ストックホルム、ガムラスタンを中心に1人街歩き」

ストックホルム、ガムラスタンを中心に1人街歩き

2016-01-01 - 2016-02-115 Episodes
Ito Nanasa
Travel Collector
Ito Nanasa
  • female
  • Sweden
Places visited
Sweden

老若男女問わず安心して暮らす国スウェーデン。今回はその首都ストックホルムの中心部、ガムラスタンをゆったりと廻ってみました。

  • 3Favorite
  • 594view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12016/01/01

Stockholm Stockholm County, Sweden

ストックホルム(Stockholm)(ストックホルム, スウェーデン)|ストックホルム、ガムラスタンを中心に1人街歩き(Ito Nanasaさん)

ストックホルム自体が幾つかの島によって構成されています。そのうちでも古くからの建物が連なっておりおしゃれなカフェや雑貨屋さんで溢れてるのがガムラ・スタン島。赤や黄色、緑など奇抜な配色で街全体が彩られていますが、なぜかそれぞれが調和して温かみのある雰囲気に包まれています。迷路のような石造りの建物の間の石畳みの小径を歩くのは、それだけで心が弾んでくるような気がします。そのガムラスタンのシンボルとも言える中心部の広場では、写真の様なお馴染みの風景が広がっています。この広場にはノーベル博物館も隣接しており、お散歩で楽しんだついでに教養を増やすことも。

  • Loved to be there!

Day 392016/02/08

ストックホルム(スウェーデン)|「ガムラスタンの一角でひっそりと人の流れを作っているのは、ご覧の様な細〜く長〜い階段。ちょっとした人気スポットになっていましたが、当然この幅なのですれ違うのは不可能。1人が一方に進むことしかできません。なので、階段のふもと側の入り口には一度この階段を登ってみたい沢山の

ガムラスタンの一角でひっそりと人の流れを作っているのは、ご覧の様な細〜く長〜い階段。ちょっとした人気スポットになっていましたが、当然この幅なのですれ違うのは不可能。1人が一方に進むことしかできません。なので、階段のふもと側の入り口には一度この階段を登ってみたい沢山の観光客で溢れていました。それにしても、ガムラスタンの小径は曲がりくねったかと思えば登り坂だったり下り坂だったり。広い道に出たのに、すぐ右に入るととんでもなく狭い小径が生えていたり。そんな無秩序さと唐突さが、いつまでも私達を飽きさせないのです。

  • Loved to be there!

Day 422016/02/11

ストックホルム(スウェーデン)|「ガムラスタンをふらふらと歩いていると、思い掛けずに素敵な光景に出会ったりします。一本道を歩いていたら他の小径と交差する小さく開けた空間にぶつかりました。そこで視界が突然開けて目に飛び込んできたのは2つの建物を繋ぐようにしてだらんと掛かっている蔦の葉っぱ。建物の高さが

ガムラスタンをふらふらと歩いていると、思い掛けずに素敵な光景に出会ったりします。一本道を歩いていたら他の小径と交差する小さく開けた空間にぶつかりました。そこで視界が突然開けて目に飛び込んできたのは2つの建物を繋ぐようにしてだらんと掛かっている蔦の葉っぱ。建物の高さが低いので、風通しが良く日差しがしっかりと差し込んできました。その真上から照り込む穏やかな日の光が蔦や木々の葉と織り混ざって地面や壁面にキラキラと素敵な模様を描いています。なんとも落ち着きのある素敵な光景です。時間の流れが他と切り離されており確実にゆったりとしていました。気が付いたのは、確かに無造作に絡まる蔦や窓から掛けられた花それ自体も美しいけれど、本当に美しく見える理由はそれらを引き立てるような街並みとそれらに目を向けることができるような余裕のある暮らしを人々はしているからです。

ストックホルム(スウェーデン)|「ここからはガムラスタンから外に出るようにお散歩してみます。南のガムラスタン島と北のショッピング・ビジネス街のある島を繋ぐようして両者の間に浮かぶ小さな島はなんと丸々国家議事堂。つまり、スウェーデンの国会議事堂は小さな島の上に建っており四方が水に囲まれているのです。ス

ここからはガムラスタンから外に出るようにお散歩してみます。南のガムラスタン島と北のショッピング・ビジネス街のある島を繋ぐようして両者の間に浮かぶ小さな島はなんと丸々国家議事堂。つまり、スウェーデンの国会議事堂は小さな島の上に建っており四方が水に囲まれているのです。スウェーデンは政治の範囲に至るまでもまるでおとぎの国のよう… ガムラスタンと北の街を行き来する人は、国会議事堂の中に作られた通り抜け道を通っていきます。石造りの議事堂の壁には、スウェーデンのシンボルである3つの王冠が至るところにあしらわれていました。

ストックホルム(スウェーデン)|「ガムラスタン島を出て国会議事堂を通り抜けた先は、ストックホルムの商業的中心街。なので、セントラル駅もそこにあります。そんなに大きな街ではない上に歩くのが気持ちが良いのですが、快適な地下鉄が張り巡らされているのでそれを使って観光するのも楽しいです。そのセントラル駅のブ

ガムラスタン島を出て国会議事堂を通り抜けた先は、ストックホルムの商業的中心街。なので、セントラル駅もそこにあります。そんなに大きな街ではない上に歩くのが気持ちが良いのですが、快適な地下鉄が張り巡らされているのでそれを使って観光するのも楽しいです。そのセントラル駅のブルーラインのホームがなんとこの写真。地下に掘った空洞をそのままにしているのか、壁にはムラがありでこぼこです。でもそれを生かして全体をアート空間にしてしまっているから凄い。どこもかしこも発色の良い青に塗られ、可愛いペイントが施してあります。混雑して気を揉む地下鉄のイメージとは掛け離れた、楽しい空間です。

Travel Tracking

Comments

  • 3Favorite
  • 594view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

ストックホルム、ガムラスタンを中心に1人街歩き ストックホルム、ガムラスタンを中心に1人街歩き

Back to Top of ストックホルム、ガムラスタンを中心に1人街歩き