Compathy

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
新田浩之(Nitta Hiroshi)さんのログブック(旅行記)「ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて」

ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて

2015-09-07 - 2015-09-0822 Episodes
新田浩之(Nitta Hiroshi)
Travel Collector
新田浩之(Nitta Hiroshi)
  • 20s / male

ポーランド、ワルシャワからスタートして3ヶ月に渡る中欧、東欧の旅が始まりました。最初の都市はワルシャワ。だいたい、見所は見終わっているので、マニアックな博物館と美しい青空を撮影しました。他ではなかなか見られない旅行記だと思います。詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。なお、現在ですとポーランド航空で、成田空港からワルシャワまで10時間30分です。
Tabi-PROG http://tabiprogress.click/

  • 0Favorite
  • 620view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12015/09/07

成田国際空港 (Narita International Airport) (NRT) Chiba Prefecture, Japan

成田国際空港 (Narita International Airport) (NRT)(千葉県, 日本)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 02

成田空港第一ターミナル、アエロフロート・ロシア航空のカウンターです。この日は満席。あまりに多くの人がいたので驚きました。この時点で離陸90分前でしたが、少し焦りました。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

成田国際空港 (Narita International Airport) (NRT) Chiba Prefecture, Japan

成田国際空港 (Narita International Airport) (NRT)(千葉県, 日本)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

アエロフロート・ロシア航空、モスクワ行きの機内です。今回は4年前のクロアチア旅行と同じ席でした。少し嬉しくなりました。モスクワでワルシャワ行きに乗り換えです。

  • Budget:100000USD

成田国際空港 (Narita International Airport) (NRT) Chiba Prefecture, Japan

成田国際空港 (Narita International Airport) (NRT)(千葉県, 日本)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 03

機内食です。これがとても美味しかったです。アエロフロート乗る旅にレベルアップしてるような気がします。今年からはポーランド航空が乗り入れるので、どんどんサービスが良くなるのでしょうね。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

成田国際空港 (Narita International Airport) (NRT) Chiba Prefecture, Japan

成田国際空港 (Narita International Airport) (NRT)(千葉県, 日本)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 04

これは座席前のモニターです。残念ながら日本語はありません。ロシア語か英語だけです。これは改善の必要がありますね。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Pałac Kultury i Nauki Masovian Voivodeship, Poland

文化科学宮殿(Pałac Kultury i Nauki)(マゾフシェ, ポーランド)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

1年ぶりのポーランド、ワルシャワ。いつ見ても、この文化科学宮殿はいいですね。思ったよりも、ちょっと寒かったですね。ここからホステルに向かいました。空港から鉄道で20分少々です。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Hostel Oki Doki mazowieckie, Poland

Hostel Oki Doki(mazowieckie, ポーランド)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

ようやくホステルに到着。ホステルもほぼ満室の状態でした。日本から着いて、いろいろ準備するのは本当に面倒です。まあ、とにもかくにも無事に着けて良かったです。料金は2泊分です。

  • Loved to be there!
  • Budget:3000USD

Day 22015/09/08

Metro Rondo Daszyńskiego mazowieckie, Poland

Metro Rondo Daszyńskiego(mazowieckie, ポーランド)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

まずは鉄道博物館に行きました。マニアックな所に行くなら、ここは外せないでしょう。ところで、ワルシャワには2015年に新しい地下鉄が開業しました。ホームはまるで近代美術館のようです。

  • Loved to be there!
  • Budget:100USD

Muzeum Kolejnictwa | Warszawa Główna Osobowa mazowieckie, Poland

Muzeum Kolejnictwa | Warszawa Główna Osobowa(mazowieckie, ポーランド)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

ワルシャワ鉄道博物館です。ここは元ワルシャワ中央駅です。何か蒲鉾みたいな建物で思っていたよりも小さかったです。ワルシャワ西駅すぐです。

  • Loved to be there!
  • Budget:360USD

Muzeum Kolejnictwa | Warszawa Główna Osobowa mazowieckie, Poland

Muzeum Kolejnictwa | Warszawa Główna Osobowa(mazowieckie, ポーランド)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 02

館内は2つに分けられています。一つ目は室内展示でポーランドの鉄道の歴史が紹介されています。館外はポーランドの名車が展示されています。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Muzeum Kolejnictwa | Warszawa Główna Osobowa mazowieckie, Poland

Muzeum Kolejnictwa | Warszawa Główna Osobowa(mazowieckie, ポーランド)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 03

まず日本では見られない戦車型の車両です。こんなのが目の前を通り過ぎたら、不気味でしょうねえ。おそらく第二次世界大戦時の車両でしょう。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Muzeum Kolejnictwa | Warszawa Główna Osobowa mazowieckie, Poland

Muzeum Kolejnictwa | Warszawa Główna Osobowa(mazowieckie, ポーランド)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 04

この日は肌寒く小雨がぱらつく天気でした。平日ということもあり、館外展示は私1人だけでした。さて、この機関車は戦後、使われたものです。いかにも「共産主義」という感じがしますね。

  • Budget:0USD

Muzeum Kolejnictwa | Warszawa Główna Osobowa mazowieckie, Poland

Muzeum Kolejnictwa | Warszawa Główna Osobowa(mazowieckie, ポーランド)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 05

これはVIPな方が乗る、日本で言えばお召し列車ですね。他の車両が雨ざらしでボロボロだったのに対し、この車両は整備されていました。青が実にまぶしい。

  • Budget:0USD

Muzeum Kolejnictwa | Warszawa Główna Osobowa mazowieckie, Poland

Muzeum Kolejnictwa | Warszawa Główna Osobowa(mazowieckie, ポーランド)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 06

車内は2人用の個室となっています。一昔前の日本の寝台列車と似ています。車内では映画監督とスタッフが打ち合わせをしていました。どうも、車内で映画を撮るようです。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Mińska 25 mazowieckie, Poland

Mińska 25(mazowieckie, ポーランド)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

マニアックなワルシャワ第二弾。共産主義時代に関する博物館に行きました。行き方が少々ややこしいです。地下鉄2号線のStadion Narodowy(国立スタジアム)で下車。ここで、路面電車3系統、6系統、22系統、26系統のどれかで、Wiatraczna方面行きの電車に乗ってください。gocławska 下車、徒歩5分です。

  • Loved to be there!
  • Budget:240USD

Mińska 25 mazowieckie, Poland

Mińska 25(mazowieckie, ポーランド)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 02

ソ連の指導者、レーニンやブレジネフがあなたを熱烈歓迎してくれます。下の肖像画は誰でしょうか。ポーランド人だとは思いますが。ビエルトでしょうか。まるでロシアの博物館に着いたような感覚です。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Mińska 25 mazowieckie, Poland

Mińska 25(mazowieckie, ポーランド)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 03

この時代、資本主義の象徴、英語が付いている製品が売れました。反対にロシア語が付いている製品は全く人気がなかったらしいです。強烈な反ロですね。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Mińska 25 mazowieckie, Poland

Mińska 25(mazowieckie, ポーランド)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 04

これは当時使われいた自動販売機のような機械です。ロシアでいうクワスのような物が飲めます。ところで、このデザイン。うまく使えば今でも使えるような気がしますが。博物館止まりではもったいない。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Mińska 25 mazowieckie, Poland

Mińska 25(mazowieckie, ポーランド)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 05

これは今で言う警察「民警」のデモ弾圧時の制服と装備です。この警棒でバシバシ、デモ隊を叩いたわけです。おまけに、デモ隊に向けて銃を向けることも。もちろん多くのデモ隊が亡くなりました。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Krakowskie Przedmieście Masovian Voivodeship, Poland

Krakowskie Przedmieście(マゾフシェ, ポーランド)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

共産主義博物館から旧市街に向かったわけですが、突然の大雨。これが結構、長く続いたのです。何もできませんでした。大雨の後は快晴。その時の写真です。クラクフ校外通りです。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Zamek Królewski Masovian Voivodeship, Poland

ヴァヴェル城(Zamek Królewski)(マゾフシェ, ポーランド)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

大雨が去った後のワルシャワの青空は本当に澄んでいて気持ちよかったです。王宮もこの通り。前回、中に入っているので今回は行きませんでした。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

Rynek Starego Miasta | The Old Town Market Masovian Voivodeship, Poland

ワルシャワ歴史地区(Rynek Starego Miasta | The Old Town Market)(マゾフシェ, ポーランド)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)

この後の3ヶ月の旅行の成功を予感させるような青空です。思えば、3ヶ月の旅行中、天気に関して言えば、この日が一番良かったですね。

  • Budget:0USD

Rynek Starego Miasta | The Old Town Market Masovian Voivodeship, Poland

ワルシャワ歴史地区(Rynek Starego Miasta | The Old Town Market)(マゾフシェ, ポーランド)|ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん) - 02

旧市街広場から南方面への写真です。ヨーロッパらしい青空と建物。よく調和してますね。この後、ワルシャワに住む友人と会い寿司を食べました。翌日はグダンスクへと旅立ちました。

  • Budget:0USD

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 620view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)


白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)

2009-03-03 - 2009-03-03

  • 17Episodes
  • Misaki Tachibana
「1個の電球を取り替えるのに何人のポーランド人が必要か?」。これは、ポーランド人の知性を馬鹿にしたブラックジョークである。かつて大流行したこの文句を作った人が目の前にいたならば、わたしは物申したい、ポーランド人を馬鹿にするなと。総じて白い空、灰色の雲に覆われた天気が続く日々は、かつてポーランドで起こった悲惨な歴史を彷彿とさせる。けれど今、彼らはかなり、羨ましいほど自由気ままに、現代を生きている。

Travel Collector: Misaki Tachibana

  • 2
  • 5081 views

EU加盟前のポーランド 悲しきポーランドの歴史とアウシュビッツ強制収容所

世界遺産
EU加盟前のポーランド 悲しきポーランドの歴史とアウシュビッツ強制収容所

2002-10-22 - 2002-10-24

  • 28Episodes
  • Shohei Watanabe
まだ旧東欧の雰囲気が臭う2002年のポーランドです。 強制収容所訪問後は食べ物とお酒が合わなかったのか、クラクフで一泊二日入院。点滴を打ち、脱水症状、黄疸が出る中、日本に帰ってきました。 何度も近隣諸国に分割され、虐殺された歴史から解き放たれて10年のポーランド。 写真 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157600515987730

Travel Collector: Shohei Watanabe

  • 9
  • 3165 views

Warsaw

女子旅
Warsaw

2013-03-18 - 2013-03-20

  • 8Episodes
  • Katya Sondak
Warsaw, nurturing over 400 years of pride as a capital, is Poland’s largest city and an economic, political, and cultural centre. The symbol of the city is the Mermaid, featured on the city seal. Warsaw is a bustling metropolis and features an unforgettable history.

Travel Collector: Katya Sondak

  • 27
  • 737 views

ポーランドをのんびり+登山に挑戦

大自然
ポーランドをのんびり+登山に挑戦

2014-08-07 - 2014-08-15

  • 29Episodes
  • 新田浩之(Nitta Hiroshi)
3回目のポーランド。首都ワルシャワ、西部ヴロツワフ、そして、ポーランドのリゾート地、カルパチに行きました。さらに、ポーランド、チェコの国境の山、スニェシュカ山に登りました。カルパチ、スニェシュカ山にはほとんど外国人観光客がいませんでした。もったいないと思います。

Travel Collector: 新田浩之(Nitta Hiroshi)

  • 0
  • 1403 views

Warsaw weekend


Warsaw weekend

2014-06-21 - 2014-06-22

  • 8Episodes
  • Valentyna Kuznetsova
We decided visit Warsaw with my boyfriend and we were pleased how nice was this town. The new modern buildings are standing close to the soviet-style grand architecture, the old town streets are narrow but very clean and crowdy. The Polish cuisine was similar to Ukrainian and Czech but with own charm and flavour.

Travel Collector: Valentyna Kuznetsova

  • 6
  • 632 views

Wakacje 2014


Wakacje 2014

2014-06-14 - 2014-07-22

  • 5Episodes
  • Klaudia Chmielińska
Coś co się dzieje w czasie wakacji, żeby urozmaicić studenckie życie i studenckie wakacje.

Travel Collector: Klaudia Chmielińska

  • 1
  • 388 views

Where I lice - Warsaw!


Where I lice - Warsaw!

2014-04-15 - 2014-04-15

  • 5Episodes
  • Kamil Adamiec
The city I moved to 3 years ago. In April I took a trip to see some places I usually don't have time to see. Warsaw is a beautiful, historical city...

Travel Collector: Kamil Adamiec

  • 0
  • 752 views

Путешествие


Путешествие

2012-07-05 - 2014-05-03

  • 5Episodes
  • Даша Амелишко
Приключение – это путь. Настоящее приключение предпринимается самоопределившимися, целеустремленными людьми. И как правило, это всегда рискованно. Иногда приходиться «есть прямо из рук судьбы». Только пройдя достаточное расстояние, вы встретите настоящую безвозмездную доброту и безграничную жестокость и поймете, что способны и на то, и на другое. Все это в корне изменит вас, и мир перестанет быть для вас черно-белым

Travel Collector: Даша Амелишко

  • 0
  • 398 views

ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて

Back to Top of ポーランド ワルシャワーマニアックな博物館と青空を見つめて