Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Haruka Sugiyamaさんのログブック(旅行記)「Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録」

Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録

2012-09-08 - 2015-12-1927 Episodes
Haruka Sugiyama
Travel Collector
Haruka Sugiyama
  • 20s / female

2年住んでた私のホームタウンです。ムランジェ山はいつも私の心をなぐさめ、穏やかな気候にさわやかな風、陽気でにくめない優しくも憎らしい人々に囲まれて人生の価値観がぐるりと一変した場所。アフリカの水を飲んだ者は再びアフリカに帰る、というけれど、私もいつか帰りたい、と思うそんな場所です。

  • 2Favorite
  • 127view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12012/09/08

「my home town Mt.MULANJE」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

my home town Mt.MULANJE

Day 2342013/04/29

「Double rainbow 家の窓から撮影」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

Double rainbow 家の窓から撮影

Day 11982015/12/19

「マラウイではチキンは大事な収入でありご馳走です」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

マラウイではチキンは大事な収入でありご馳走です

「Nyika national park」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

Nyika national park

「ともだちんちのコヤギ」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

ともだちんちのコヤギ

「mulanje山からの一望!雲がすごく流れているー」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

mulanje山からの一望!雲がすごく流れているー

「先輩の飼いぶた」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

先輩の飼いぶた

「チャリンコマトーラ。マラウイでの交通手段のひとつ」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

チャリンコマトーラ。マラウイでの交通手段のひとつ

「かわいい×100」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

かわいい×100

「この写真すきだー」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

この写真すきだー

「アップルマンゴの青い(?)やつ」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

アップルマンゴの青い(?)やつ

「マラウイザウルス」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

マラウイザウルス

「マラウイのちびっこはかわいい」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

マラウイのちびっこはかわいい

「マラウイの主食フードはシマと呼ばれるトモロコシの粉を練ったものですが、これはシマではなくキャッサバの粉で作ったコンドーレ。北部のカロンガのみで、すこしすっぱいけど魚のおかずにあいます。」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(

マラウイの主食フードはシマと呼ばれるトモロコシの粉を練ったものですが、これはシマではなくキャッサバの粉で作ったコンドーレ。北部のカロンガのみで、すこしすっぱいけど魚のおかずにあいます。

「別名Island in the sky 天空の島と呼ばれています。」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

別名Island in the sky 天空の島と呼ばれています。

「雨季に植林するための苗木を育てています。」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

雨季に植林するための苗木を育てています。

「ムランジェはお茶畑もたくさんあります。雨季には緑色が鮮やかでとってもキレイです。」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

ムランジェはお茶畑もたくさんあります。雨季には緑色が鮮やかでとってもキレイです。

「ポテトオムレツ。北部のカロンガの名産」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

ポテトオムレツ。北部のカロンガの名産

「山小屋の中」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

山小屋の中

「Mt.MULANJEの上にある山小屋」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

Mt.MULANJEの上にある山小屋

「チテンジと呼ばれる布。マルチユースです。アフリカらしい色使い」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

チテンジと呼ばれる布。マルチユースです。アフリカらしい色使い

「湖沿いは魚が食べられます!種類は選べないけど、揚げた魚にライムをしぼればもうご馳走です。」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

湖沿いは魚が食べられます!種類は選べないけど、揚げた魚にライムをしぼればもうご馳走です。

「けんだまを披露!」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

けんだまを披露!

「夕暮れ、チャリンコの2ケツをしながら移動。(交通手段として)妙に青春の気分を味わえます。笑」Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録(Haruka Sugiyamaさん)

夕暮れ、チャリンコの2ケツをしながら移動。(交通手段として)妙に青春の気分を味わえます。笑

Travel Tracking

Comments

  • 2Favorite
  • 127view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

大自然を満喫!【世界遺産、屋久島】ジブリ映画のモデルにもなった、絶景のパワースポットへ!

大自然
大自然を満喫!【世界遺産、屋久島】ジブリ映画のモデルにもなった、絶景のパワースポットへ!

2015-05-27 - 2015-05-30

Read more

  • 29Episodes
  • 中 美砂希
都会での生活から離れ、癒しを求め世界遺産の島、屋久島へ。 まず島を歩いていてびっくりしたのは、子供たちが「こんにちは!」と挨拶をしてくれること。都会ではこんなこと絶対にない。きっと屋久島では普通のことなのでしょうが、驚きました。屋久島の大自然ももちろん素晴らしかったのですが、それ以上に島の人たちの優しさに触れることができ、思い出深い一人旅となりました。 屋久島の森の中は、どこまでも緑が深くて、空気も水も美味しくて、心身ともに癒されます。屋久島では縄文杉を始めとしたトレッキングが有名かもしれませんが、夏にはカヤックやダイビング、沢登りなどのエコツアーも楽しめる、大自然を思いっきり楽しめる島です。女性の一人旅でも、島の方々は優しく迎え入れてくれます。 日常を忘れ、大自然を肌で感じる旅に出てみませんか? 【かかった主な費用】 航空券   :16,060円 宿代    :一泊2800円×3泊 ツアー代金 :縄文杉(14,000円)        白谷雲水峡(11,000円) その他交通費:鹿児島空港から鹿児島港往復バス代(2,500円)        高速船往復(16,100円)        宮之浦から安房までローカルバス片道(790円)        縄文杉通行料往復(1,740円)

Travel Collector: 中 美砂希

  • 3
  • 2244 views

Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録 Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録

Back to Top of Malawi-warm heart of Africa-アフリカの良心と呼ばれる小国、マラウイでの2年間の記録