Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Mayumiさんのログブック(旅行記)「砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光」

砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光

2013-10-18 - 2013-10-18 26 825 0

トルクメニスタンにあるカラクム砂漠のほぼ中央に位置する「The door to Hell 」、日本語訳では「地獄の門」とか「地獄への扉」とか言われています。そこにたどり着くまでには、道なき道を走る四駆と道先案内人のドライバーがいないといけませんが、その闇夜に光る妖しい光の光景は、はるか何km以上先からも、その存在が確認できるそうです。
トルクメニスタンへの入国は非常に面倒ですが、一見の価値はありますよ。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2013/10/18

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 02

トルクメニスタンの中央部、カラクルム砂漠の真ん中に、「地獄の門」はあります。
首都アシガバードから北部約240㎞に位置します。

このトルクメニスタンという国、社会主義国家なのでビザを取るのが非常に厄介。
現地の旅行代理店に旅行日程・宿泊等すべてアレンジしてもらわないとビザが発給されません。
私の場合、日本からの取得は困難で、カザフスタンの旅行代理店にお願いして、現地のFAXで受領しました・・・

  • 行ってよかった!
  • 予算:500000円

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん)

地獄の門は、砂漠のど真ん中にあるので、用意してもらったドライバーの知識と経験で、四駆でしかたどり着けません。
カーナビもGPSも使わず、現地ガイドはすごいです・・・

最寄りのダルワザ村から四駆で2時間弱も走ったでしょうか、
突然、砂漠のど真ん中にぽっかり空いた巨大な穴が現れました。

ネットで見たとおりの光景が広がっていました!

時期的なものか、私たち以外は、観光客は一人もいませんでした。

  • 行ってよかった!
  • 予算:500000円

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 05

ネットの記載では、1971年に地質学者がボーリング調査をした際、偶然、天然ガスに満ちた洞窟を発見、ガイドとロンリープラネットの説明を考慮すると、1950年代のソビエト連邦時代の天然ガスの地質調査の際、陥没した巨大な穴(クレーター)だそうです。

直径は50~100m、一周するだけでも5分以上はかかる巨大さです。

  • 行ってよかった!
  • 予算:500000円

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 08

その際、有毒ガスの放出を食い止めるため、その調査隊により火を放たれたのですが、これが今日に至るまで延々と燃え続けることになっているのだとか。

つまり、自然の絶景ではなく、正確には人工的な絶景です。

  • 行ってよかった!
  • 予算:500000円

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 13

とにかく巨大な穴で燃えている炎は、ものすごい高温です。
砂漠を吹き荒れる風向き次第で自分に熱風が襲い掛かり、やけどしそうになります。

  • 行ってよかった!

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 18

最近世界中で注目されているので観光客も増えているようですが、その中には不届き者がいて、ペットボトルやごみを穴に捨てて帰っていました。
いくら燃えるからといっても満遍なくガスが噴出しているわけではなく、燃えていないところにゴミがたまっていて残念でした。

  • 行ってよかった!
  • 予算:500000円

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 10

調査隊の当時の名残でしょうか。
鉄がひし曲がった椅子みたいなものが放置されていました。
ここで、夜ぼんやり穴を眺めたりしてました。
(ただし、風向きが変わると熱風でやけどするので要注意…)

  • 行ってよかった!
  • 予算:500000円

Daşoguz welaýaty(トルクメニスタン)|「写真左上に、私のテントが建てられています。
ガイドのおじさんが一人用のテントを建ててくれました。
自分は車中泊です。」砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん)

写真左上に、私のテントが建てられています。
ガイドのおじさんが一人用のテントを建ててくれました。
自分は車中泊です。

  • 行ってよかった!
  • 予算:500000円

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 06

こんな感じ。
穴から50mぐらいしか離れていません。
かろうじて熱風を感じない距離です。

ガイドのおじちゃんも英語話せず、ロシア語オンリー、身振り手振りのコミュニケーションでした。

  • 行ってよかった!

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 07

日が暮れてきました。

砂漠のど真ん中で、さえぎるものは何もなく、トイレ探すのもひと苦労。
まぁ、ガイドのおじさんと観光客1組しかいないのですが。

  • 行ってよかった!
  • 予算:500000円

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 03

穴から200mぐらい離れたところに小高い砂丘があります。
そこからの眺め。

そこではじめて、本日私たち以外の一組の観光客が来ていました。
フランス人のご夫妻でした。

  • 行ってよかった!

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 04

月が真ん丸で大きかった…
北半球も上の方だからでしょうか。

あ、ここに蛇がいました。毒はなさそうでしたが。

  • 行ってよかった!

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 12

だんだん暗くなってきました。
手前に豆粒のように人がいますね、穴の巨大さが比較できると思います。

  • 行ってよかった!

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 09

テントからの眺め
結構至近距離でしょう?
寝ていてもゴウゴウと炎が燃える音が聞こえます。
子守歌にはなりませんが、かなりスリリングです。

  • 行ってよかった!

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 17

真っ暗になりました。
この明かりは、はるか彼方からもわかるので、この明かりを目印に砂漠でも迷わずたどり着けるそうです。

  • 行ってよかった!

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 14

最寄りの村までバス等で送ってもらって、そこから夜を待ってこの明かりを頼りに歩く強者もいるとか。

  • 行ってよかった!

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 19

まさに「地獄の門」!
闇夜に不気味に妖しく光っています。
こんな光景を、独り占めしてもったいない感じ。

  • 行ってよかった!

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 22

吸い込まれそうな鮮やかな炎です。

ところが、熱風がすごくて一歩間違えると、冗談抜きで火傷しそうです。

  • 行ってよかった!

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 24

2010年にトルクメニスタン大統領により、穴の封鎖が言い渡されたらしいですが、今のところまだ保留みたいですね。

計り知れない天然ガスの埋蔵量を無駄に燃やすのは惜しい、ということでしょう。

  • 行ってよかった!

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 21

世界遺産でも国立公園でもなく、何より情報操作されているトルクメニスタンにある観光スポットのため、まだまだ世界的にもなじみが薄く、日本からの観光客は非常に少ないそうです。欧米からが多いそうです。

  • 行ってよかった!

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 20

苦労して訪ねたこの絶景、一見の価値あります。
ずっと見ていても飽きませんでした。
日本からもツアーを組んでいる秘境系の旅行社もあるようですので、問い合わせてみては。

ぜひご興味のある方、訪ねてみてください。

  • 行ってよかった!

Door to Hell Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン

Door to Hell(Daşoguz welaýaty, トルクメニスタン)|砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん) - 23

おまけ。
ガイド手製のディナーという名の、サラダ。
そして、からだを温めるウォッカで乾杯。

  • 行ってよかった!

Daşoguz welaýaty(トルクメニスタン)|「おまけ。
バーべキューで焼き鳥をしてくれました。
どこの国でも、チキンは美味しい。」砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光(Mayumiさん)

おまけ。
バーべキューで焼き鳥をしてくれました。
どこの国でも、チキンは美味しい。

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

トルクメニスタン旅行-3

絶景
トルクメニスタン旅行-3

2015-04-28 - 2015-04-28

  • 14
  • Saki Suzuki
中東の北朝鮮、と言われる鎖国国家、トルクメニスタン。 そこは、近代化と広大な自然が混在する不思議な国です。 天然ガスが噴き出す巨大クレーター、海が干上がってできたヨウ素と石灰の奇石群。砂漠でのテント泊で冒険心が踊ります!

作者: Saki Suzuki

  • 2
  • 826

トルクメニスタン旅行-1

一人旅
トルクメニスタン旅行-1

2015-04-26 - 2015-04-26

  • 10
  • Saki Suzuki
中東の北朝鮮、と言われる鎖国国家、トルクメニスタン。 そこは、近代化と広大な自然が混在する不思議な国です。 この不思議な国に行ってみたい!

作者: Saki Suzuki

  • 2
  • 1268

トルクメニスタン旅行-2

世界遺産
トルクメニスタン旅行-2

2015-04-27 - 2015-04-27

  • 14
  • Saki Suzuki
中東の北朝鮮、と言われる鎖国国家、トルクメニスタン。 そこは、近代化と広大な自然が混在する不思議な国です。 この不思議な国に行ってみたい!

作者: Saki Suzuki

  • 0
  • 904

Santorini 2009 - サントリーニ島にて、白と青の断崖の向こうに世界一の夕陽を眺める

絶景
Santorini 2009 - サントリーニ島にて、白と青の断崖の向こうに世界一の夕陽を眺める

2009-04-14 - 2009-04-16

  • 51
  • Akiyuki Minami
エーゲ海に浮かぶ火山島、サントリーニ。カルデラ地形の断崖絶壁の上に空高くそびえる、白と青のシンプルで美しい街から、ワインを飲みながら絶景を眺める。

作者: Akiyuki Minami

  • 17
  • 5750

ヨセミテ国立公園とサンフランシスコの旅(アメリカ)

絶景
ヨセミテ国立公園とサンフランシスコの旅(アメリカ)

2013-09-28 - 2013-10-01

  • 26
  • Rieko Matsumoto
自然に触れて癒されたいと思い立ち、メインの旅先をヨセミテ国立公園に 定めてアメリカを旅してみた。ついでのハズのサンフランシスコも満喫☆

作者: Rieko Matsumoto

  • 7
  • 6946

【超絶景!純白のミコノス島】エメラルドグリーンの海を眺める贅沢な旅!

絶景
【超絶景!純白のミコノス島】エメラルドグリーンの海を眺める贅沢な旅!

2014-06-01 - 2014-06-04

  • 35
  • 田島知華(たじはる)
真っ白な建物が立ち並ぶ街で有名なギリシャのミコノス島。また、歩いていればネコに当たるとも呼ばれるほどネコがたくさんいる島です。シーズン始めとなる6月に行ってきました! 純白と呼べるほど真っ白な建物に心を洗われ、太陽を反射するエメラルドグリーンの海はかなりの絶景で最高の毎日でした! 女子旅、ハネムーンにもオススメです♡

作者: 田島知華(たじはる)

  • 5
  • 5210

【まるで氷の世界?世界で一番の絶景】私の人生を変えたウユニ塩湖

絶景
【まるで氷の世界?世界で一番の絶景】私の人生を変えたウユニ塩湖

2013-03-12 - 2013-03-14

  • 33
  • 田島知華(たじはる)
2012年8月。私は人生で初めてウユニ塩湖へ訪れました。乾期だけど少し水があり美しい景色を見た私は次の雨期に絶対来る!と言いその約半年後の3月、宣言通りボリビアまでの航空券を買い旅立ちました。夢にまでみたウユニ塩湖の鏡張り。言葉に表せないほどの美しさは今でも変わらず私にとって世界で一番の絶景です。

作者: 田島知華(たじはる)

  • 5
  • 4182

こんな絶景見たことない!宙を浮く船が見られるランペドゥーザ島でバカンスを☆【イタリア】

絶景
こんな絶景見たことない!宙を浮く船が見られるランペドゥーザ島でバカンスを☆【イタリア】

2014-07-23 - 2014-07-25

  • 28
  • Mai Maki
ここ最近注目されてきているイタリアにあるランペドゥーザ島。こちらは海の透明度が高すぎてなんと船が宙に浮いているように見えるのです。 ベストシーズンはたくさんの船が浮いている7月〜9月。私は7月に行ってきました。 主にイタリア人のバカンスの場所とされているようで、私が行った2014年はまだイタリア人以外の観光客はほとんどおらず、英語がほぼ通じない場所だったので情報を集めるのが大変でした。しかし小さい島なので一度わかれば簡単に観光できます。 こんな絶景を見られる場所は他にあまりないと思います。 ローマから飛行機で約1時間半なのでアクセスはしやすいです。 私が今オススメしたいNO.1の場所です♡ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー <詳細> ローマから2泊3日 ローマ(イタリア)⇆ランペドゥーザ島 飛行機代往復約2万 交通費 約1000円(市内でのバス) ホテル代 2泊 約1万5千円(1人当たり/2人) 食費 約5000円 クルーズ代 約4000円 計 約45000円

作者: Mai Maki

  • 4
  • 8982

砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光 砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光

砂漠に開いた「地獄の門」。闇夜に光る妖しい光 トップへ