Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Masashi Amanoさんのログブック(旅行記)「ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。」

ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。

2013-12-09 - 2013-12-10 19 1895 8

ヨルダン一の観光地、ペトラ遺跡を見た後、南部アカバからイスラエルの国境を越えることにした。
イスラエルの入管は世界一厳しいと噂で、パスポートに敵対国のスタンプがあると2,3時間は待たされ取り調べを受けるようだったが、イランに行った僕は案の定取り調べを受けた。
別室で、穏やかなフランス移民の女性と、威圧的な若い女性の、対照的な二人の係官に同じ質問をされ、2時間ののちに「Welcome to Israel!」と笑顔で言われ、入国を許されたのだった。
南部のビーチリゾート、エイラットに向かい、ここがアラブのど真ん中にありながら、全く違った文化の国だと思い知らされた。車内で聴こえるUKロック、ビーチでくつろぐ水着姿の欧米人、明るく現代的な街並みと、ショッピングモール・・・いずれもヨルダンにはなかったものだった。
ただ、ロケット弾が飛んでくるのだろう、同時に街中にはシェルターがいくつもあった。それはこの街が決して安全ではないことを示していたが、その事実と、この目の前の平和そうなビーチとのギャップはなんなのだろう?
違和感がぬぐえなかった。僕にはこの場所が、国境という分厚い壁と軍事力に護られ、繁栄しているヨーロッパの出張所のように思えた。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2013/12/09

The Treasury الخزنة マアーン, ヨルダン

The Treasury الخزنة(マアーン, ヨルダン)|ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。(Masashi Amanoさん)

有名なペトラ遺跡だけど、今回の旅行記の本題ではないので、この写真だけにしておく。写真は有名なエル・ハズネ。インディ・ジョーンズにも出てきたね。
ペトラ遺跡は約7000円と入場料が高い。

  • 予算:7000円

ペトラ,ヨルダン マアーン, ヨルダン

ペトラ,ヨルダン(マアーン, ヨルダン)|ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。(Masashi Amanoさん)

ペトラで泊まった安宿「ヴァレンタインイン」のディナービュッフェ。
ドミとこの夕食で10.5ディナール(1800円)
ここはチェックインの時、単価の高いシングルをやたら進めてきたり、商売気が強かったし、人によって値段を変えてくるようで、僕は少し多めに払わされたようだ。
まあ、でも料理が美味しかったからいいのだが。

  • 予算:1800円

2日目2013/12/10

al Aqabah Jordan アカバ, ヨルダン

al Aqabah Jordan(アカバ, ヨルダン)|ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。(Masashi Amanoさん)

翌日、「ヴァレンタインイン」からのピックアップワゴンで南部アカバを目指す。アカバからは、エジプトにもイスラエルにも行ける。
車内でジャマイカ人と一緒になり、彼もイスラエルに向かうというので、アカバから国境までのタクシーをシェアした。
彼は二重国籍者で、パスポートも二つ持っていた。二重国籍者の場合、入国のときパスポートは一つだけ提示すればいいのだそうだ。彼はどちらかに判を押されても、もう一つは真っ白なので、イスラエル入国の面倒もないとのこと。うらやましい。
入管の時、係官の女性に「あなたイランに行ったのね!」と忌々しそうに言われ、案の定ストップされる。ジャマイカ人には事情を話してあったので、ここでお別れである。

ペトラ→アカバ ピックアップワゴン 1000円
アカバ→国境 タクシー(二人でシェア)
 500円

  • 予算:1500円

The south border of Jordan-Israel South District, ヨルダン

The south border of Jordan-Israel(South District, ヨルダン)|ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。(Masashi Amanoさん) - 02

ここで待っていろと言われたので、やることもなく座って待ち続けた。
目の前にはためく六芒星のイスラエル国旗。
そのうちに呼ばれ、穏やかで友好的な小柄の女性にいろいろと質問を受けた。

○経歴、職業
○イスラエルに行く目的。またその期間。
○どの街に行くのか。
○イランに行った期間。出入国の日付。イランに知り合いはいるか
○イスラエルに知り合いはいるのか

イランに関する質問は細かくされた。
パレスチナ自治区には行くの?と聞かれ、一瞬答えに迷い、「行きません、危険そうだし」と答えた。日本政府の危険情報を鵜呑みにしているうぶな旅行者を演じたのだけど、彼女には「危険」という言葉がひっかかったらしく、「そう、危険かしら?そうでもないみたいよ」とちょっと心外そうに、いくらか不機嫌そうに言い、「もっとも私は行ったことないんだけどね」と言った後、また前の笑顔に戻った。
彼女がフランス語を口にするのを聞いたから、フランス語で「あなたはフランス語を話すんですか」と聞いてみたら、「私はフランスで生まれたのよ。移民してきたの。母国語はフランス語だわ」と彼女もフランス語で返してきた。そうだ、イスラエルは移民国家(ユダヤ人限定の)だったっけ。

The south border of Jordan-Israel South District, ヨルダン

The south border of Jordan-Israel(South District, ヨルダン)|ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。(Masashi Amanoさん)

またしばらく放置され、次に取り調べをしたのは、まだ若いが早口で高圧的な態度の女性係官だった。
彼女は先ほどとほぼ同じ質問を僕にしてきた。回答にブレがないかチェックするためだろう。
彼女が僕の返答をノートにメモする手が、右から左に動いていた。あ、これはヘブライ語だな、と思った。アラビア語も右から左である。また、ヘブライ語では挨拶を「シャローム」というそうだ。アラビア語では「サラーム」とも言う。両者は似ている言語なのだ。

2時間待たされた後、先ほどの友好的な小柄の女性が、「Welcome to Israel!」と笑顔でパスポートを渡してくれた。パスポートはリクエスト通り、スタンプを押さないでいてくれた(イスラエルのスタンプがあると、行けなくなる国があるため)

Eilat / Эйлат / אילת South District, イスラエル

Eilat / Эйлат / אילת(South District, イスラエル)|ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。(Masashi Amanoさん) - 02

国境の町エイラットのバスステーション。

国境で僕を待ち受けていたタクシーに乗るとき、ここまで20シュケルと聞いていたが、35シュケルと言われ一悶着。

「勘弁してくれ、10ドルなんだよ!」とドライバーが言う。「おれはこの国境で働いている正規のタクシーなんだぜ」

この辺が引き時かと思い、「ごめんね、僕はヨルダンから来たばかりだから、ヨルダンではよく騙してくるからつい」と言うとにやりと笑い、まあ乗れというジェスチャーを見せた。

タクシーに乗って変化に気づいたのは、車内の音楽だった。イスラムの祈りの歌のような独特の音楽ではなく、英語のロックが流れている!
ここは中東だけど、この国の文化は欧米に近いと感じる。

国境→エイラット タクシー 1000円

  • 予算:1000円

Eilat / Эйлат / אילת South District, イスラエル

Eilat / Эйлат / אילת(South District, イスラエル)|ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。(Masashi Amanoさん)

この日はエイラットで一泊してもよかったが、宿が高そうだったので、一気にエルサレムまで行くことにした。
バスが出るまで少し時間があるので、街をぶらついてみる。
ここは欧米人が好みそうな、明るく開放的なビーチリゾートである。

Eilat Airport (ETH) (שדה תעופה אילת) South District, イスラエル

Eilat Airport (ETH) (שדה תעופה אילת)(South District, イスラエル)|ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。(Masashi Amanoさん)

ただ、異様に思ったのは、市街地のど真ん中に空港があったことだった。
市街地すれすれを旅客機が飛んでいる。普通空港って事故したときや騒音を考えて、少し離れた郊外に造るものだろうに。軍用機は見なかったけど、これも軍事上の理由なんだろうか。

Eilat / Эйлат / אילת South District, イスラエル

Eilat / Эйлат / אילת(South District, イスラエル)|ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。(Masashi Amanoさん) - 06

スーパーでは普通にビールが売っていた。イスラムの国では酒は売っていないか、隠れるように営業しているかなのである。とりあえず面倒な国境を抜けたことを祝し乾杯。

  • 予算:300円

Eilat / Эйлат / אילת South District, イスラエル

Eilat / Эйлат / אילת(South District, イスラエル)|ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。(Masashi Amanoさん) - 05

街中にはシェルターの表示をいくつも見つけた。ここはイスラエルの最南部の街、戦闘が始まったらロケット弾が真っ先に落ちてきそうだ。ただそんな物騒な街が同時に明るく繁栄したビーチリゾートでもあることに、違和感があった。武力を盾にした繁栄なのだろうか。

Jerusalem (ירושלים) エルサレム, イスラエル

Jerusalem (ירושלים)(エルサレム, イスラエル)|ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。(Masashi Amanoさん)

エルサレム行きのバスは14時発、19時エルサレムに着いた。

エイラット→エルサレム バス 3000円

  • 行ってよかった!
  • 予算:3000円

Jerusalem (ירושלים) エルサレム, イスラエル

Jerusalem (ירושלים)(エルサレム, イスラエル)|ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。(Masashi Amanoさん) - 03

旧市街の門に到着。
エルサレムでは、日本人バックパッカーの定宿「イブラヒムの家」に泊まるつもりだった。
イブラヒムという爺がボランティアでやっている宿で、宿代は寄付制となっている。一応目安は一泊50シュケル(1500円程度)

Jerusalem (ירושלים) エルサレム, イスラエル

Jerusalem (ירושלים)(エルサレム, イスラエル)|ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。(Masashi Amanoさん) - 04

夜のエルサレムを、重い荷物を引きずって歩いた。
イブラヒムの家は、街を抜け東のオリーブ山にある。

Jerusalem (ירושלים) エルサレム, イスラエル

Jerusalem (ירושלים)(エルサレム, イスラエル)|ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。(Masashi Amanoさん) - 05

歩いていると何か所かセキュリティチェックがあり、パスポートの提示を求められ、荷物を赤外線に通す。

Jerusalem (ירושלים) エルサレム, イスラエル

Jerusalem (ירושלים)(エルサレム, イスラエル)|ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。(Masashi Amanoさん) - 07

夜も暗いのでタクシーを使ったが、同じオリーブ山の、似たような名前のホテルに間違えて連れていかれる。
こうなったら自分の足でたどり着いてやる、と意地になり、オリーブ山を歩き回る。急な坂を登るのに重い荷物がつらい。
ところどころに写真のような教会がある。

Jerusalem (ירושלים) エルサレム, イスラエル

Jerusalem (ירושלים)(エルサレム, イスラエル)|ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。(Masashi Amanoさん) - 06

オリーブ山から見たエルサレムの夜景。
この後彷徨い人に聞いてやっと目指す宿にたどり着いたが、オリーブ山はパレスチナ人が多く住む地区で、あまり治安が良くないことを後で知った。
歩いていて「Fuck you!」と言われたこともある。
この時は何事もなかったが、夜重い荷物で歩き回るべき場所ではなかった。

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

イスラエル


イスラエル

2011-08-21 - 2011-08-26

  • 60
  • Keisuke Asami
ユダヤ教の嘆きの壁、キリスト教の聖墳墓教会、イスラム教の岩のドームという3つの聖地を抱えながらも微妙なバランスで保たれてきたイスラエル。

作者: Keisuke Asami

  • 5
  • 1496

Kibbutz Stay in Israel


Kibbutz Stay in Israel

2014-06-27 - 2014-08-24

  • 73
  • Yukako Ban
今年の夏6月末から9月の頭まで、2ヶ月をかけてイスラエルにおりました。 主にネゲブ砂漠の方にあるキブツという共同体に滞在しておりました。 そこではボランティアとして最短2ヶ月から滞在することができます。大学3年の夏休みをフルに使って、Revivimというキブツで働いてくらしてきました。 キブツメンバーのイスラエルの人々、ヘブライ語の教育機関である「ウルパン」に通い、将来的に移民として「アリヤー」をしようとしている各国のユダヤ系ウルパン生。そして一緒に暮らし働いた世界から集まったボランティアたち。 休暇中に止めてくれたエルサレムやテルアビブに住む友人たち。 ヨルダンに遊びにいった時に、とめてくれたり遊んでくれた友人。 東アジア人、女性、1人ということで、道中に手助けしてくれた人々。 みんなに感謝感謝です! イスラエル建国前からはじまったキブツという形の生活スタイルに関心が有り、今年の2月頃に渡航を決心。 ところが皆さんご存知のとおり、ちょうど渡航前に、湯田亜人少年の誘拐殺人事件があり、不穏な空気の中入国。 滞在中にあれよあれよというまに、地上進行、戦争状態に陥りました。 私の滞在場所は、ガザ地区から車で50分ほどのところだったので、ガザへの爆撃音やハマスからのロケットに対する警告のサイレンを聞くこともありました。 ロケットが飛び、”鉄のドーム”によって撃ち落とされる瞬間も何度は目にしました。 こんな状況になるとは誰が予想したでしょう。 良くも悪くも、この上ない貴重な体験をしてきました。 2日ほど前に帰国したのですが、利用するはずの大韓航空も、情勢の悪化のため1ヶ月以上テルアビブからの便を運休するわで、本当にいろいろ ありました! 前後に旅行した西岸地区とヨルダンを合わせて、少しずつ更新していこうと思います。 i joined the kibbutz volunteer program this summer. i stayed in kibbutz Revivim for about 2 months basically we, the volunteers, are suppose to work 6 days a week and we can take 2 days off a month. the experiences are amazing. i also visited West Bank and Jordan. I traveled abound the country by taking days off anyway all the things there are so precious so im gonna share them :) ill update it little by little *9

作者: Yukako Ban

  • 9
  • 1400

Winter trip to Israel

女子旅
Winter trip to Israel

2013-12-25 - 2014-01-04

  • 6
  • Arsen Chystyakov
Winter trip to Israel in December 2013 - january 2014. I visited Jerusalem, Mitzpe Ramon, Tel Aviv and Acre.

作者: Arsen Chystyakov

  • 0
  • 850

Yaffo


Yaffo

2010-03-01 - 2010-11-21

  • 7
  • Holly Wood
A journey trough the Holy Land Israel, including Eilat, Yaffo, TLV

作者: Holly Wood

  • 0
  • 395

Izrael


Izrael

2014-05-14 - 2014-05-18

  • 5
  • Milan Ječný
  • Aneta Ječná
Israel is a tricky country to visit even when it’s at its absolute best. Jewish, Christian, and Muslim holidays dot the calendar with accompanying high season crowds and prices. It’s also a very compact country in a politically sensitive part of the world.

作者: Milan Ječný

  • 0
  • 322

Israel immer eine Reise-Wert


Israel immer eine Reise-Wert

2014-03-15 - 2014-03-21

  • 5
  • Hanna Flötz
Die Reise ging von Jerusalem nach Eilat. Israel ist ein sehr spannendes Land mit vielen unterschiedlichen Menschen und Kulturen.

作者: Hanna Flötz

  • 0
  • 319

Vojtiskova.zus@seznam.cz

リゾート
Vojtiskova.zus@seznam.cz

2013-02-28 - 2013-03-03

  • 9
  • Jana Vojtíšková
Travel to Israel. I visitid Israel on Februery 2014 vith my friends.We were there for dais. We visitid Jerusalem, Masada,Haifa. Israel is exotic and beautiful country.

作者: Jana Vojtíšková

  • 0
  • 316

Israel


Israel

2014-06-06 - 2014-06-07

  • 6
  • Sebastian Bochan
First time in israel, indluding Tel Aviv and Jeruselem.

作者: Sebastian Bochan

  • 0
  • 331

ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。 ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。

ヨルダンからイスラエルへ。文化の壁と断絶を痛感した国境越え。 トップへ