Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Hiroyuki  Fukagawaさんのログブック(旅行記)「大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌」

大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌

2014-02-25 - 2014-02-25 21 346 2

中国の世界遺産48全制覇を企てての第1次中国遠征旅行。6日目は敦煌。
本来は軽く「鳴沙山」を調査の後、世界遺産の「莫高窟」を制覇する目論見だったが、かってて経験したことのない砂嵐に巻き込まれ、命からがら、喉をつぶしての(笑)発熱しての午後はキャンセルして、ホテルで静養(涙)
自然の猛威を肌で感じ、己の小ささを痛感。ここでの疲労困憊が香格里拉へ行っての、更に酷い状況の引き金となる…(この時点では分からないが)
鳴沙山:砂漠の中に砂丘をそのまま、残しての恐ろしく広い施設。砂嵐が来るような、悪天候だったため、観光客は2組だけ!オンシーズンではラクダなどで頂上を緩やかに目指せるが、オフの2人組のためにはそんなサービスはなし。自力で縄梯子で目指すが、途中の砂嵐や梯子自体が砂に埋もれて、ルートが分からなくなっての難行苦行!
冬なのに、汗が噴き出るほどの登山。頂上がどこかすら分からなくなり、中腹でこれ以上登っても砂山だらけで、方角が分からなくなり、遭難の可能性があって断念。
でも安全に気を付けさえすれば、これ程ワイルドで、人が全くいない広大な自然公園を、堪能できるわけなので、中国ならではの貴重なエリアだと思う。
私自身、鳴沙山は決して忘れえぬ思い出となった。
動画はこちら👉https://www.youtube.com/watch?v=8Frb5z1_RvE

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2014/02/25

鸣沙山 月牙泉 甘粛省, 中華人民共和国 (中国)

鸣沙山 月牙泉(甘粛省, 中華人民共和国 (中国))|大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌(Hiroyuki  Fukagawaさん)

観光センター(チケット売り場)
他もそうだが、中国の切符売り場は兎に角、モダンでバカでかい。
ここまでは市内からタクシーで約10分、15元。
(珍しくメーターを倒す)

  • 行ってよかった!

鸣沙山 月牙泉 甘粛省, 中華人民共和国 (中国)

鸣沙山 月牙泉(甘粛省, 中華人民共和国 (中国))|大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 02

観光センター
デカくてモダンで清潔な館内に人っ子一人いない。60元

  • 行ってよかった!
  • 予算:1110円

鸣沙山 月牙泉 甘粛省, 中華人民共和国 (中国)

鸣沙山 月牙泉(甘粛省, 中華人民共和国 (中国))|大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 03

立派なトイレ
前日の“ニーハオトイレ”とは雲泥の差(笑)
流石に一級の観光地は中国も気にして、立派な箱モノを作ってはくれる。

  • 行ってよかった!

鸣沙山 月牙泉 甘粛省, 中華人民共和国 (中国)

鸣沙山 月牙泉(甘粛省, 中華人民共和国 (中国))|大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 04

センターから入口へ…🚶…
兎に角広い…デカい…切符売り場から数分は歩いてやっと、入り口に行けるという広大さ!

  • 行ってよかった!

鸣沙山 月牙泉 甘粛省, 中華人民共和国 (中国)

鸣沙山 月牙泉(甘粛省, 中華人民共和国 (中国))|大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 06

鳴沙山へ突入…🚶
東西約40㎞、南北約50㎞という、恐ろしく広大な砂山の峰、鳴沙山。

  • 行ってよかった!

鸣沙山 月牙泉 甘粛省, 中華人民共和国 (中国)

鸣沙山 月牙泉(甘粛省, 中華人民共和国 (中国))|大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 07

砂に煙る太陽
黄砂なんて目じゃありませんぜっ…てことを数十分後に痛いほど思いしらされる。

  • 行ってよかった!

鸣沙山 月牙泉 甘粛省, 中華人民共和国 (中国)

鸣沙山 月牙泉(甘粛省, 中華人民共和国 (中国))|大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 08

広大すぎる!
初めは歩いて制覇しようと目論んでいたが、余りに遠すぎて、途中で出会ったカートを利用することに。往復で20元…一寸高い!

  • 行ってよかった!
  • 予算:340円

鸣沙山 月牙泉 甘粛省, 中華人民共和国 (中国)

鸣沙山 月牙泉(甘粛省, 中華人民共和国 (中国))|大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 09

登頂開始っ…🚶
何故登るのかっ?…そこに砂山があるからだ!
この縄梯子の続きようを見た時は、諦めようかと思ったが…

  • 行ってよかった!

鸣沙山 月牙泉 甘粛省, 中華人民共和国 (中国)

鸣沙山 月牙泉(甘粛省, 中華人民共和国 (中国))|大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 10

鳴沙山の登山用縄梯子
延々と中腹まで続いている。この板のところをなぞって行かねばならない!踏み外すと、かなり足が埋まってしまう。

  • 行ってよかった!

鸣沙山 月牙泉 甘粛省, 中華人民共和国 (中国)

鸣沙山 月牙泉(甘粛省, 中華人民共和国 (中国))|大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 11

下界を見る
半分位来たか…🚶…落石や転落の危険はないが、体力の消耗は普通のトレッキングを遥かに凌駕する。美しいとは思わぬが、よくぞここまで来た…と、いうのと“アホなことやっとるなぁ~俺”と同時に思ってしまう光景。

  • 行ってよかった!

鸣沙山 月牙泉 甘粛省, 中華人民共和国 (中国)

鸣沙山 月牙泉(甘粛省, 中華人民共和国 (中国))|大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 12

頂上(と誤解した地点 笑)
吹き飛ばされそうな砂嵐で、何度となく登山を中断しては、やっとたどり着く。
初めは向こうの山まで制覇を考えるも、遭難の危険と体力消耗・時間不足で断念!
でも砂の模様は美しすぎるね。

  • 行ってよかった!

鸣沙山 月牙泉 甘粛省, 中華人民共和国 (中国)

鸣沙山 月牙泉(甘粛省, 中華人民共和国 (中国))|大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 13

下界
よくぞここまで、登ってきたと我ながら思った。
この日は私は初の登頂者…と思う。

  • 行ってよかった!

鸣沙山 月牙泉 甘粛省, 中華人民共和国 (中国)

鸣沙山 月牙泉(甘粛省, 中華人民共和国 (中国))|大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 15

縄橋子が砂に埋まっているエリア
上りでは難儀したが、下山ではそれほどの苦行にはならない。高さは其れなりにあるが、転落しても、怪我はしないので、恐怖感はない。

  • 行ってよかった!

鸣沙山 月牙泉 甘粛省, 中華人民共和国 (中国)

鸣沙山 月牙泉(甘粛省, 中華人民共和国 (中国))|大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 16

登山の注意書き
読破せずに登ったのだが、結構、シビアなことが書かれてあった。

  • 行ってよかった!

鸣沙山 月牙泉 甘粛省, 中華人民共和国 (中国)

鸣沙山 月牙泉(甘粛省, 中華人民共和国 (中国))|大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 17

月牙泉へ向かう。
砂漠に、こんな建物が出て来たら、助かったと…元気になることだろうなぁ。

  • 行ってよかった!

うどん屋さん 甘粛省, 中華人民共和国 (中国)

うどん屋さん(甘粛省, 中華人民共和国 (中国))|大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌(Hiroyuki  Fukagawaさん)

牛肉麺屋
肉うどんと言ってしまえば、そんなんだろうが…こちらでは結構名物かもしれない。昼食で。

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

チャーリーの地球でまちあわせ

世界遺産
チャーリーの地球でまちあわせ

2014-01-02 - 2014-08-27

  • 5
  • Atsuko Iwasaki
地球のいろいろな場所でいろいろな人とまちあわせ◎ALL YOU NEED iS LOVE◎なるようになる旅

作者: Atsuko Iwasaki

  • 3
  • 442

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

作者: Akira Naito

  • 10
  • 5203

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

作者: Daisuke Taniwaki

  • 14
  • 4674

ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

世界遺産
ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

2009-12-25 - 2010-01-02

  • 33
  • Yusuke Kon
人生で二回目の海外旅行はどういうわけかバックパッカーをすることになった。沢木耕太郎の深夜特急をバイブルなオレは行くしか無いのだ

作者: Yusuke Kon

  • 7
  • 3620

中国 ウルムチ滞在

一人旅
中国 ウルムチ滞在

2013-08-01 - 2013-08-08

  • 27
  • Shohei Watanabe
カザフスタンのビザを取得するため、ウルムチに1週間ほど滞在しました。思ったよりも漢民族が多く中国共産党の政策により、現在のウイグル自治区はトュルク系民族と漢民族が半々になってしまっています。 最近中国国内においてウイグル自治区がらみの問題が多いためか、ウイグルのバザール近くは中国公安が武装して治安維持にあたってました。 行くところもなく、観光地の天山天池へバスを乗り継いで行ってきました。写真はこちら。 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157637445453874/

作者: Shohei Watanabe

  • 14
  • 2802

船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

一人旅
船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

2008-04-14 - 2008-04-17

  • 9
  • Akira Naito
今でこそ飛行機が海外へのとこう手段として身近になったものの、はるか昔からついこないだまで、先人たちはこの海の向こうに待つ未知なる世界に憧れ、その身の危険を顧みず大海原へと出て行った。かつて上海で会った海路入国者たちに海路での旅の良さを聞いてからというもの、憧れるものの願わずだった海路での出国。満州から戻った僕の次の目的地は、前回の出国地。いざ、船で上海へ!

作者: Akira Naito

  • 4
  • 2993

中華人民共和国 内モンゴル自治区への旅


中華人民共和国 内モンゴル自治区への旅

2012-08-02 - 2012-08-07

  • 10
  • Kaori  Kasai
2012年8月、奔流中国のシルクロード乗馬キャラバンへ参加! 激動の中国の中にあって変わらないもの、力強く生きる人々の暮らしをこの目に焼き付けてきました。

作者: Kaori Kasai

  • 5
  • 3870

大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌 大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌

大砂嵐で遭難死にかかり、喉やられて発熱…砂漠の鳴沙山in敦煌 トップへ