Compathy

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Hiroyuki  Fukagawaさんのログブック(旅行記)「初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激」

初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激

2014-02-22 - 2014-02-2320 Episodes
Hiroyuki  Fukagawa
Travel Collector
Hiroyuki Fukagawa
  • 50s / male
  • China
Places visited
China

中国世界遺産48全制覇の第1次中国調査旅行、3~4日目
旅程:ウルムチ駅23時55分発、空調快速K9782軟座寝台(205元)ハミ南7時35分着。
手配していたウィーグル族の専用車・ガイドと落ちあい、2時間ほどかけて三道嶺炭鉱の構内線へ。SLを反日程撮影後、ハミ市内に戻り観光後、ホテルへ。
使命感は全くなくて、単なる鉄ちゃんに戻る(笑)事前調査中にSLがハミで走っていることが分かり、無理やり行程に入れた。三道嶺はハミ市内から相当離れているので、烏魯木斉でお世話になった解さんに依頼して専用車&ガイドを手配してもらう。日本などの保存鉄道とは違い、生きている現役のSLの活躍を見れて大感激。また朝食や昼御飯はイスラム料理店に連れて行ってもらい、現地料理に舌鼓。最後にはガイドさんの友達の家まで連れて行ってもらい、原住民の生活にも触れて、内容が濃いい旅行となった。
ガイド等の手配は、当然に高くはなるが、それ以上の収穫もあるので目的によっては手配することもありカナと…私はガイドブックに掲載していた旅行者にメールを数階やり取りして、意向を伝え依頼した。大正解!

  • 0Favorite
  • 854view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12014/02/22

乌鲁木齐駅 Xinjiang, China

乌鲁木齐駅(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 03

中々モダンなウルムチ駅
案内板で構造も良く分かる。中国の鉄道では15~20分前まではホームに降りられず、待合室で待ち、案内があって初めて改札をするスタイル。

  • Loved to be there!

乌鲁木齐駅 Xinjiang, China

乌鲁木齐駅(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん)

ウルムチ駅の軟座(1等車)待合室
中国の鉄道は階級で待合室まで違う。ここらは✈のビジネスクラス以上の待合室的な感じかな。
ソファーがありゆったりとしている。

  • Loved to be there!

乌鲁木齐駅 Xinjiang, China

乌鲁木齐駅(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 02

軟座待合室
受付で係員に切符を見せて中に。何時間も待たなければならない。

  • Loved to be there!

乌鲁木齐駅 Xinjiang, China

乌鲁木齐駅(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 04

軟座寝台通路
思ったより近代的な寝台。B型寝台に扉が付いてコンパートメントになっている感じ。

  • Loved to be there!

Day 22014/02/23

乌鲁木齐駅 Xinjiang, China

乌鲁木齐駅(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 05

軟座寝台室内
上下2段ベッドが2つの4人定員。B寝台を少しデラックスにした感じ。幅は70cm以上はありそうでシーツとかは日本のより良い感じ。
今回は2名で使う。
しかし同室の中国人は殺人的なイビキで一気に最高の不愉快さを味わうことに(耳栓必携!)

  • Loved to be there!

哈密南駅 Xinjiang, China

哈密南駅(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん)

ハミ南駅
終着駅で予定より15分以上早く7時20分頃到着。ローカル時間で5時20分なので朝早く眠い
イビキ野郎のお陰で一睡もできず、寝不足。

  • Loved to be there!

三道嶺 Xinjiang, China

三道嶺(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん)

うどんみたいなもの
寒い朝にはうどんが似合う。ガイドさんに案内されて入る。薬味が独特で美味い。

  • Loved to be there!

三道嶺 Xinjiang, China

三道嶺(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 02

店内
早すぎて客はまばら…でも開いていて、温かな料理を出してくれているだけで有難いよ。

  • Loved to be there!

三道嶺 Xinjiang, China

三道嶺(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 03

ドラーバーとガイド
ウルムチの解散に手配をお願いした。2人ともウィーグル族。朝早く、おばさんガイドのグリーさんをハミ南駅で見つけた時は、ホッ…とした。
スムーズにSK撮影で来たのは、この2人のお陰m(__)m

  • Loved to be there!

三道嶺 Xinjiang, China

三道嶺(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 04

三道嶺炭鉱構内線
ひょんなことでSLが走っているということで、予定を捻じ曲げて(笑)撮影旅行!
鉄ちゃんとしては、感動以外の何物でもない。

  • Loved to be there!

三道嶺 Xinjiang, China

三道嶺(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 05

石炭列車
炭鉱で積み出ししてきた貨物列車を、交換ポイントで待ち伏せしての撮影。
小中学生の頃、SLを追いかけていたころを思い出し懐かしく、とても楽しいひと時。

  • Loved to be there!

三道嶺 Xinjiang, China

三道嶺(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 06

蒸気機関車
20両くらいの貨車を引き、私の待ち構えているポイントで停車。背後の山脈が雄大な中国を見せ付ける。

三道嶺 Xinjiang, China

三道嶺(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 07

蒸気を吐きだす機関車
待機所なので、長時間と待っている。入構料を払っている強みで接近戦。
型式は分からないが、かなり使い古されている機関車だなぁ~

  • Loved to be there!

三道嶺 Xinjiang, China

三道嶺(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 08

機関士
目いっぱい接近して撮影。10年前くらいから有名になっている。ガイドの話では昔は結構、日本人が来たそうだが現在は皆無。嫌中が蔓延していて、全然来ないらしい。勿体無いっ!

  • Loved to be there!

三道嶺 Xinjiang, China

三道嶺(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 09

蒸気機関車
停車中でもサービスで(笑)これだけ、蒸気を出してくれると絵になるのでありがたい。

  • Loved to be there!

三道嶺 Xinjiang, China

三道嶺(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 10

専用車の運転手
私がはしゃぎ過ぎて、中々車に戻らないので心配になって迎えに来る。

  • Loved to be there!

三道嶺 Xinjiang, China

三道嶺(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 11

石炭積み出し工場
2時間くらい、写真を撮りまくって場所を変更。積み出し工場まで行ったが、SLは殆ど来なく残念。

  • Loved to be there!

三道嶺 Xinjiang, China

三道嶺(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 12

ディーゼル機関車牽引の貨物列車
場所を開けての撮影。段々とディーゼル機関車への変換が進んでいて、ユックリと近づいてきた。
もう数年すると、三道嶺炭鉱のSLは全廃されるかもしれないね。

  • Loved to be there!

ハミのレストラン Xinjiang, China

ハミのレストラン(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん)

清真(イスラム)料理のレストラン
はみに戻って、ガイドのグリーさんに連れて行ってもららった。

  • Loved to be there!

ハミのレストラン Xinjiang, China

ハミのレストラン(新疆ウイグル自治区, 中華人民共和国)|初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激(Hiroyuki  Fukagawaさん) - 02

炒飯みたいな奴
ポロポロとしていて、真ん中に肉が乗っていて美味しかった。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 854view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

中国 ウルムチ滞在

一人旅
中国 ウルムチ滞在

2013-08-01 - 2013-08-08

  • 27Episodes
  • Shohei Watanabe
カザフスタンのビザを取得するため、ウルムチに1週間ほど滞在しました。思ったよりも漢民族が多く中国共産党の政策により、現在のウイグル自治区はトュルク系民族と漢民族が半々になってしまっています。 最近中国国内においてウイグル自治区がらみの問題が多いためか、ウイグルのバザール近くは中国公安が武装して治安維持にあたってました。 行くところもなく、観光地の天山天池へバスを乗り継いで行ってきました。写真はこちら。 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157637445453874/

Travel Collector: Shohei Watanabe

  • 14
  • 2705 views

Uygur


Uygur

2004-05-05 - 2004-05-05

  • 1Episodes
  • Masa Yoshimura
Uygur, China, 2004/4/30-2004/5/6 Urumqi, Kashgar, and Beijing

Travel Collector: Masa Yoshimura

  • 0
  • 197 views

新疆 カシュガル


新疆 カシュガル

2003-08-18 - 2003-08-18

  • 19Episodes
  • Atsuko Hayashi
2003年に行った新疆。ウルムチの次にカシュガルに行きました。カシュガルも思ったより開発が進んでいました。この、のんびりとした雰囲気、とても好きでした。

Travel Collector: Atsuko Hayashi

  • 0
  • 278 views

新疆ウルムチ


新疆ウルムチ

2003-08-16 - 2003-08-16

  • 19Episodes
  • Atsuko Hayashi
10年以上前に旅した、開発途中だったウルムチです。この時には既にかなり開発されていました。あの時に見た古い家並みはもう存在していないだろうなぁ。。。

Travel Collector: Atsuko Hayashi

  • 0
  • 173 views

新疆 ヤルカント / カシュガル

维吾尔
新疆 ヤルカント / カシュガル

2003-08-21 - 2003-08-21

  • 23Episodes
  • Atsuko Hayashi
2003年に砂漠公路を半周した時の写真です。たくさんの子供たちに会いました。どこへ行っても、子どもが付いて来て『写真撮って!』攻撃を受けました。ヤルカントはもう一度行きたい場所です。

Travel Collector: Atsuko Hayashi

  • 0
  • 230 views

新しい中国の世界遺産、天山山脈:1980mの凍り付いた天池には驚愕

天山山脈
新しい中国の世界遺産、天山山脈:1980mの凍り付いた天池には驚愕

2014-02-21 - 2014-02-21

  • 20Episodes
  • Hiroyuki  Fukagawa
13日間で中国世界遺産の5か所を回る個人旅行。 2日目は天山山脈。2013年に新たに登録されたばかしの、中央アジアを国境を越え数千キロにもわたる、壮大な山脈だ。 事前の調査により、起点となる新彊ウィーグル自治区の省都、烏魯木斉(ウルムチ)からは冬季は一切の公共交通機関が出ていないとのこと(どんだけ極寒の地か?) 仕方なく、ガイドと専用車を雇い約1時間40分かけて、高速も使い向かう。 オフシーズンということで、旅行会社の部長の解さん自ら、自家用車持ち込みハンドルを握る。ガイドの寧さんとも日本語は流暢。 烏魯木斉:242万人、思ってる以上の大都市で、泊まっているホテルも含め中心部は他の中国の都市や日本と変わりはない。 新彊ウィーグル自治区:中国最大の省?自治区で日本の面積の役4.5倍。よく中国官憲との衝突やテロが喧伝されているが、私が回ったところでは、そのような兆候は皆無。新彊自治区だけでも十数以上の少数民族が暮らしている。実は4日目のハミでのガイドと専用ドライバーはウィーグル族で、漢人の解さんが友人のウィーグル族のガイドに現地でのガ手配を依頼している。だから通常は、マスコミの報道とは違い漢人とウィーグル族は仲良くやっている。 兎に角、中国でもかなりの奥地で、日本人皆無の土地で旅行を満喫できた。

Travel Collector: Hiroyuki Fukagawa

  • 0
  • 247 views

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52Episodes
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

Travel Collector: Akira Naito

  • 9
  • 5075 views

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26Episodes
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

Travel Collector: Daisuke Taniwaki

  • 14
  • 4444 views

初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激 初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激

Back to Top of 初中国の寝台車でウルムチからハミへ…三道嶺炭鉱で、SL未だに活躍してて大感激