Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Mayumiさんのログブック(旅行記)「聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史」

聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史

2013-10-14 - 2013-10-1428 Episodes
Mayumi
Travel Collector
Mayumi
  • female
  • Kazakhstan
Places visited
Kazakhstan

2013年10月に訪れた中央アジア・西部カザフスタンにあるマンギスタウ州のウスチュルト台地、ドゥズバエル塩湖らです。
日本人にはまだまだなじみの薄いカザフスタン。その西部に地元カザフスタン人もあまり知らない太古の大地が今もその姿のままに息づいています。
世界中の感動的な絶景を見ていますが、ベスト3に入る、涙が出るほど美しい秘境・絶景でした。
その一部をお伝えします。

  • 2Favorite
  • 901view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12013/10/14

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 02

日本人にはなじみが薄いカザフスタン。
アシアナ航空で、ソウル経由、約7時間でたどり着けます。
東南アジアやオーストラリアに行くぐらいのフライトで意外に近いのです。

カザフはカスピ海の潤沢な石油、天然ガスによる資源国家なので実はすごく裕福。
゛~スタン”とつくと危険な香りを感じ取る人は多いですが、実は穏やかな民族で、街にはごみがなく非常に清潔、治安も安全で、高層ビルも立ち並び、まちは発展しています。

ウスチュルト台地の観光拠点は、そのアルマトイからさらに西のカスピ海沿岸の地方都市アクタウまで移動。

アクタウもとてもきれいで落ち着いた都市ですが、やっぱり田舎です。特に何もありません。

小さなアクタウ空港には旅行代理店などないので、わたしはネットで探して、ネットからオーダーメイドで個人ツアーを組んでもらいました。
日本でも扱っているのは秘境を扱うS遊旅行社ぐらいみたいです。

  • Loved to be there!
  • Budget:400000USD

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 03

ウスチュルト台地は、まだ大陸が一つだった時の太古のゴンドワナ大陸時代の海・テチス海が、5000万年前ぐらいに隆起し、海進海退を繰り返して、気が遠くなる年月をかけて形成された感動的な大地です。

白亜の正体はチョークの原料である石灰の成分。
マーブル模様の部分は、鉄の成分などが混じる層です。

まさに、東のホワイト・グランドキャニオンとも言えるぐらいのスケールとダイナミックさです。

  • Loved to be there!

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 05

シェルカラ・マウンテン。

写真で撮ると小さいですが、かなり大きいです。

こうしたウスチュルト台地は、カザフスタンの人々にもほとんど知られることがなく、観光地としての認識が薄いため、ツアーを組む旅行代理店が数少ないです。

それゆえに、私の個人ガイドは、かつてNHKのグレートネイチャーでも撮影協力したという考古学の先生でした。
彼は英語も全く話せず、コミュニケーションに苦労しましたが…
移動中、当時のVTRを見せてくれました(笑)

  • Loved to be there!

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 06

シェルカラ・マウンテンを別角度から。

移動は四駆。
道路などなく、カーナビもGPSもないので、考古学先生の経験に頼る、かなりスリリングな旅です。

当然、こんな巨大な大地に観光客は先生とわたしだけ。
それもまたすごい経験です。

  • Loved to be there!

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 04

麓では、ラクダや馬が放牧されていました。

ちゃんと家畜と認識できるように、番号が刈られています。

ある意味、サファリのように普通にそこらにいます。

  • Loved to be there!

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 07

ウスチュルト台地。

白亜の大地は、風雨の浸食により異形な形をしており、まるで天然の白亜の宮殿です。
高貴な王族でも住んでいそうな様相です。

  • Loved to be there!

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 08

どこまでも白亜の大地が続く光景・・・

ただただ、ため息が漏れます。

  • Loved to be there!

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 09

右にいる方が、考古学先生兼ドライバーの方。

考古学の先生らしくいろいろ説明してくれるのですが、ロシア語でさっぱり分かりません。
ちゃんとロシア語を勉強してくればよかったと、後悔しました…
もったいない機会でした。

  • Loved to be there!

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 10

高台から眺める塩湖。

雪解け水や降雨によって、ウユニ塩湖のように表面にうっすら水が張り、鏡面のようになるそうです。

10月は乾季らしく、鏡面となっているのは一部しか見られませんでした。

  • Loved to be there!

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 11

ここまでスケールの大きな台地は、グランドキャニオン以来、いや、観光地化されていない分、グランドキャニオン以上かもしれません。

  • Loved to be there!

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 12

当日は曇っていたのですが、わずかな瞬間晴れ間が出ました。

その壮大さにため息が漏れます。

  • Loved to be there!

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん)

ウスチュルト台地がかつて海底であったことを示す証拠がみられる場所。

サメの歯の化石が豊富に落ちているのです。

  • Loved to be there!

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 13

こんな感じ。

当たり前に落ちているのでありがたみも薄れ…

サメの歯の化石は、地域の部族によってはお守りにされているので、かなり貴重なはずなのですが…

「お土産に持って帰りなさい」とたくさんくれました。

  • Loved to be there!

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 17

塩湖に降り立ったところ。

さきほど上から見下ろした白亜の宮殿が眼前に迫ります。

道なき道を四駆は飛ばします。

  • Loved to be there!

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 18

これがツアー車。

わたしだけ個人テント。
ガイドのおじさんは車中泊。

「お手洗いは・・・」と尋ねたら「Anyware!」と言われたのが衝撃でした。
木陰などないのが致命的。

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 20

ドズバエル塩湖。

水が張っているエリア。まさに鏡面になっています。

曇っていたのが残念。

  • Loved to be there!

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 21

ウユニ塩湖のようになっています。

ここの岩塩は渋みがなく甘みがあって、とてもおいしい塩でした。

  • Loved to be there!

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 22

水がやっていたとき溺れたのでしょうか・・・
たまに小動物や虫などが無残な姿で亡くなっていました。

でも、その姿すら、なぜか美しい…

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 25

ボスジラの台地。

左の山は、高さ200mぐらいあり、ロッククライミング可能です。
わたしは登りませんでした。

  • Loved to be there!

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 26

ローズマウンテン(正確な名前不明)

ケーキみたいで美味しそうな、キュートな見た目です。

  • Loved to be there!

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 27

ウスチュルト台地にほど近いところにある、もう一つの目玉「ラウンドロック」

なぜこんな真ん丸になるのかは、考古学的にも未だに謎だそうです。
一つの丸岩で高さ2mぐらいのものもあります。

風雨と侵食で、まるで異世界に紛れ込んだみたいな異形な風景が楽しめます。

  • Loved to be there!

Mangystau Region, Kazakhstan Mangystau Region, Kazakhstan

Mangystau Region, Kazakhstan(Mangystau Region, カザフスタン)|聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史(Mayumiさん) - 28

ここがかつて海底だったことを示す貝の化石。
普通にそこかしこに転がっていました。
そしてアンモナイトの化石も見せてもらいました。

博物館で見るものが、普通に落ちているので、あまりにも貴重なエリアでした。

ほんとに半端ないスケールによる感動と観光客が一人もいないスリルが味わえる、今時貴重な絶景スポットです。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 2Favorite
  • 901view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

カザフスタン うるるん滞在記 〜家族のつながりを知る、シルクロード〜

シルクロード
カザフスタン うるるん滞在記 〜家族のつながりを知る、シルクロード〜

2014-10-01 - 2014-10-01

Read more

  • 15Episodes
  • Nakano Takayuki
2014年 シルクロードの旅。カザフスタン編。 - 上海から入り、ウイグル自治区を抜けてキルギス、ウズベキスタン、そして、カザフスタンへ。 - 天然資源マネーで潤い始めたカザフスタンは、新首都アスタナを中心に急速に経済発展をしています。 - 僕は、ウズベキスタンの西の果てから鉄道で入りました。 3日間52時間の電車移動を経てたどり着くという、なかなかの長旅でした。 - 驚いたのは、北上して急速に温度が下がったこと。 到着したら、9月末にもかかわらず、雪が降っていました。街の人たちも冬の防寒具で全身を包んでいます。 - 観光地としては首都のアスタナは見るものは少ないかもですが、 僕がアスタナを訪れた理由は、大学の後輩を訪れるためでした。 後輩家族に、本当にお世話になりました。 1ヶ月の旅の間では味わえなかった日本食や、日本でもなかなか見ない洗練されたおうちでの滞在など、旅の終盤にめっちゃ幸せな時間を過ごしました。 - 子育てのこと、文化の違い、外から見た日本なども聞いたり、 日本では耳に入ってこないカザフスタンのことを知れて、思いがけない良い時間。 - 旅人が来ることは少ないかもしれませんが、意外な発展具合に驚くかと思います。 - <シルクロードのログブック> ウイグルからキルギスへ。国境を越えてから、次の国境までの距離数百キロ?謎の境目をヒッチハイク。 https://www.compathy.net/tripnotes/18588 キルギス うるるん滞在記 〜青年海外協力隊とシルクロード〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18672 - ウズベキスタン うるるん滞在記 〜世界遺産と雑貨探し!シルクロードの旅〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18850

Travel Collector: Nakano Takayuki

  • 1
  • 772 views
サムギョプサル名店巡り&明洞ショッピング。3泊ソウル女子旅

女子旅
サムギョプサル名店巡り&明洞ショッピング。3泊ソウル女子旅

2012-10-26 - 2012-10-29

Read more

  • 20Episodes
  • Kasumi Jou
美味しい韓国グルメ“サムギョプサル”の名店へ通いつめ、 ホテルは明洞にして、ひたすら韓国コスメショッピングに没頭してました。 グルメもショッピングも、韓国では安価で良いものが見つかるんです。 この「見つけた感」がたまらないというか何というか。 もう観光はいいや…となったので、夜もスパに行きのんびり〜。 いかにも韓国女子旅ってかんじに明洞を中心に過ごした3日間♪ ★今回の韓国旅★ ・仁川国際空港 ・宿泊:Ambassador(イビスアンバサダーホテル) ・FX KOREA(超お得な両替所) ・明洞(ミョンドン)ギル ・コスメショップめぐり ・韓国焼肉、サムギョプサルの名店めぐり ・ドラゴンヒルズスパでチムジルバン ・ロッテ百貨店本店 ・ダンキンドーナツ ★プチプラコスメおすすめ明洞周辺ショップ★ ・It`s SKIN(イッツスキン) ・MISSHA(ミシャ) ・ETUDE HOUSE(エチュードハウス) ・Shara Shara(シャラシャラ) ・BEAUTE'(ボーテ) ・Holika Holika(ホリカホリカ) ・innis free(イニスフリー) ★韓国焼肉・サムギョプサル名店★ ・サンボンファログイ(산봉화로구이) ・黒豚屋 明洞店

Travel Collector: Kasumi Jou

  • 4
  • 109971 views
聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史 聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史

Back to Top of 聖地マンギスタウ!白亜の大地で息づく太古の海の歴史