Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Mayumiさんのログブック(旅行記)「真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」」

真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」

2015-09-20 - 2015-09-2017 Episodes
Mayumi
Travel Collector
Mayumi
  • female
  • China
Places visited
China

中国の東北地方・遼寧省にある盤錦市で見られる、一年に一度この時期にしか見られない奇跡の絶景。
マツナという海藻類の一種が9月中旬から10月上旬にかけて真っ赤に紅葉します。
まだまだ日本人にはなじみの薄いエリアで、これ以外何もないど田舎ですが、一見の価値ありです。

  • 2Favorite
  • 703view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12015/09/20

panjin Red beach Liaoning, China

盤錦市レッドビーチ(panjin Red beach)(遼寧省, 中華人民共和国)|真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」(Mayumiさん)

中国・東北地方の遼寧省盤錦市にある「紅海灘風景区」。
盤錦市は省都・瀋陽から高速鉄道で約1時間半のところにある田舎の都市です。
英語はほぼ100%通じません。
中国語オンリー。
鉄道駅出口では、地元の旅行代理店がツアー勧誘をしています。
(もちろん中国人向け)
自力で行くにはタクシーが便利。
わたしは交渉で半日チャーターで370元でした。(入場料80元は別

路線バスでも駆使したら行ける、という話を聞きましたが、
労多くして得るもの少なし、で、相当大変な様子。
時間をお金で買うつもりで、気持ちよく観光するにはタクシーチャーターもしくは現地ツアーに参加する方が賢いと思います。

また、かつては風景区内を回る遊覧カートがあったそうですが、
観光客が増え管理が行き届かなくなり廃止されたそうです。
(タクシー運ちゃん曰く)
当てにしないよう、要注意。
※ただし、各観賞ポイントには専用のカートやサイクリングが有料で走っています。

  • Loved to be there!
  • Budget:7200USD

panjin Red beach Liaoning, China

盤錦市レッドビーチ(panjin Red beach)(遼寧省, 中華人民共和国)|真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」(Mayumiさん) - 02

風景区には大きく観賞ポイントが5か所あります。
入口に近い手前側のスポットは、やや枯れ気味で「あれ?」と思います。
奥に行くほど赤の絶景が広がるので期待して大丈夫です。

この写真のように、ポイントポイントで立派でなが~い遊歩道が整備されています。
湿地帯の上を直接歩くことは禁止されています。

この遊歩道、それぞれ何百mにも渡っているので、すべての観賞ポイントの歩道を踏破するには結構体力が必要です。

後に行くほど圧巻の絶景が広がるので、手前側の観賞ポイントではほどほどに楽しんだ方が賢明だと思いました(笑)

  • Loved to be there!

panjin Red beach Liaoning, China

盤錦市レッドビーチ(panjin Red beach)(遼寧省, 中華人民共和国)|真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」(Mayumiさん) - 03

遊歩道では、観光客が沢蟹?の釣りを楽しんでいます。
まるでザリガニ釣りのようです。

料金は不明、遊歩道の途中で業者からソーセージなどの簡単な餌を買うようです。
釣った蟹はもらえるようですが、果たして食用なのかなど、詳しくは不明です。

panjin Red beach Liaoning, China

盤錦市レッドビーチ(panjin Red beach)(遼寧省, 中華人民共和国)|真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」(Mayumiさん) - 04

各観賞スポットには屋台が立ち並び、地元特産の料理やお土産物が売られています。

ここ盤錦は上海蟹に匹敵するほどの美味しい蟹が有名らしく、
しかも上海蟹よりだいぶリーズナブルにおなかいっぱい食べられるそう。
盤錦に来たらぜひお試しあれ。

…あいにく、私は滞在時間が短くて味わえなかった…悔やまれます。

  • Loved to be there!

panjin Red beach Liaoning, China

盤錦市レッドビーチ(panjin Red beach)(遼寧省, 中華人民共和国)|真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」(Mayumiさん) - 05

これが盤錦蟹。
茹でただけのシンプルな蟹がいただけます。
しかしダシが出て、それはそれは美味とのこと。

盤錦駅近くのまちの商店ですら、生け簀に大量の蟹を売っています。
それぐらいこのまちではポピュラーのようです。

  • Loved to be there!

panjin Red beach Liaoning, China

盤錦市レッドビーチ(panjin Red beach)(遼寧省, 中華人民共和国)|真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」(Mayumiさん) - 06

これも盤錦の名物のひとつ。
しかし、何の卵かは、実は不明。

紅海灘風景区の近くには丹頂鶴の飛来地・保護区があり、まさか鶴の卵ではないよな、、、と思いつつ。

ちょっと緑がかっています。
ピータンのような色合いのものもあります。

  • Loved to be there!

panjin Red beach Liaoning, China

盤錦市レッドビーチ(panjin Red beach)(遼寧省, 中華人民共和国)|真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」(Mayumiさん) - 07

第4 or 5観賞ポイント付近にあった、遊歩道にかかった恋人たちのハートのアーチ。

こうした、意味も脈絡もなく無駄にサービス精神旺盛なつくりは、ちょっと中国っぽいです。

  • Loved to be there!

panjin Red beach Liaoning, China

盤錦市レッドビーチ(panjin Red beach)(遼寧省, 中華人民共和国)|真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」(Mayumiさん) - 08

これが、マツナという海藻の一種。
とても愛らしい小さな花です。

第5観賞ポイント付近で間近に見られるポイントがあります。

  • Loved to be there!

panjin Red beach Liaoning, China

盤錦市レッドビーチ(panjin Red beach)(遼寧省, 中華人民共和国)|真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」(Mayumiさん) - 09

第4~5観賞ポイントの近くにある田んぼアート。
物見櫓があり、観賞できます。

中国語では田んぼアートは「稲田画」。
中国の古代故事を模したワンシーンのようです。
結構な規模ですよ。

  • Loved to be there!

panjin Red beach Liaoning, China

盤錦市レッドビーチ(panjin Red beach)(遼寧省, 中華人民共和国)|真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」(Mayumiさん) - 10

真っ赤な圧巻の絨毯の絶景は、第4~5観賞ポイントに近づくにつれ広がります。

入口から出口まで約18㎞。
通常はタクシーをチャーターするか観光バスでゆっくり縦断します。
中には健脚のつわものが踏破するようですが、ほとんど見かけませんでした。

  • Loved to be there!

panjin Red beach Liaoning, China

盤錦市レッドビーチ(panjin Red beach)(遼寧省, 中華人民共和国)|真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」(Mayumiさん) - 11

今更ですが、
敷地面積は100㎢ほど、東京ドーム2000個分ぐらいだそうです。
スケール半端ないです。
中国スゴイ。

ぜひ、上空からも見てみたかった・・・

  • Loved to be there!

遼寧省(中華人民共和国)|「ときどき鶴か白鷺?が飛んでいます。
(写真には収められませんでしたが・・・)

赤に映えて美しい色のコントラスト、この時期ならではの風景。

紅海灘風景区は、第1~5観賞ポイントまで、ゆっくり観光して半日がかりでした。

朝焼け、夕焼けはもっと赤が映えて、それはそれは息を

ときどき鶴か白鷺?が飛んでいます。
(写真には収められませんでしたが・・・)

赤に映えて美しい色のコントラスト、この時期ならではの風景。

紅海灘風景区は、第1~5観賞ポイントまで、ゆっくり観光して半日がかりでした。

朝焼け、夕焼けはもっと赤が映えて、それはそれは息を呑む絶景とのことでしたが、私は高速鉄道の時間があり、タイムリミットであえなく後にしました。

盘锦站 Panjin Railway Station Liaoning, China

盘锦站 Panjin Railway Station(遼寧省, 中華人民共和国)|真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」(Mayumiさん)

さて、ここは盤錦駅。
駅のつくりは、こんな田舎にはもったいないぐらいとても立派です。
一階が出口、2階が入口、切符売り場は2階の右手にあります。

最近、外国人でもオンラインで高速鉄道の切符購入が可能となりました。
予約番号とパスポートを持って、結局切符売り場の行列に並びます。
ここは田舎なので大した混雑はないですが、大きな都市では、窓口にたどり着くまで30分待ちはザラです。

改札通るのも一苦労、無秩序の人込み、さらにセキュリティチェックもあります。

中国で電車に乗るときは、余裕を持った行動が肝心です。

panjin Liaoning, China

panjin(遼寧省, 中華人民共和国)|真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」(Mayumiさん)

盤錦駅周辺の眺望。

こんな感じで、駅周辺は割と閑散としています。
レストラン、お土産物屋、ホテルも少ないです。
(地元の人が使う招待所(簡易宿泊所)は多かったですが)

遠方には高層マンションが建設中。
しかし、その工法は、果たして耐震性は大丈夫か??と素人目にも疑うような怖い構造でした。
(一部屋一部屋の箱状のものが積まれている感じ)
中国、恐るべし。

錦江之星 (盤錦火車站店) Liaoning, China

錦江之星 (盤錦火車站店)(遼寧省, 中華人民共和国)|真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」(Mayumiさん)

盤錦で泊まったホテル。
盤錦駅より徒歩1分の好立地!
中国ではよく見かけるホテルチェーンです。
しかし、2000円ちょっとで非常に清潔で設備は充実しており大満足でした。

当ホテルのフロントでも紅海灘風景区への現地ツアーの申し込みができるようです。(もちろん中国語)

  • Budget:2400USD

盘锦站 Panjin Railway Station Liaoning, China

盘锦站 Panjin Railway Station(遼寧省, 中華人民共和国)|真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」(Mayumiさん) - 02

省都・瀋陽と盤錦をつなぐ高速鉄道の「和階号」。
いわゆる新幹線です。

2等指定席は2400円ぐらいですが、足回りも広く座り心地も良好。

中国は時間にルーズというイメージが強いですが、高速鉄道に関してはオンタイムで発着していました。
これもまた経済成長の賜物でしょうか。

駅のホームもゴミ一つなくとてもきれいです。

  • Budget:2400USD

沈阳站 Shenyang Railway Station Liaoning, China

沈阳站 Shenyang Railway Station(遼寧省, 中華人民共和国)|真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」(Mayumiさん)

瀋陽駅到着。

瀋陽駅はかつて東京駅を設計した日本人設計者・辰野金吾の弟子によるものとのこと。
そのため、赤レンガと白のしっくいの構造は、東京駅とよく似ており日本を想起させます。

ただし、夜のライトアップはちょっとけばけばしく、自己主張が強い中国色が出ています(苦笑)

駅構内は、日本ほどではないですが、カフェやお土産物屋が充実しています。
駅前には地下鉄も走っています。

Travel Tracking

Comments

  • 2Favorite
  • 703view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」 真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」

Back to Top of 真紅の絨毯が広がる、一年に一度しか見られない圧巻の絶景「紅海灘風景区」