Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Ai Ogasawaraさんのログブック(旅行記)「【イルカと水中撮影の旅】Underwater photo trip」

【イルカと水中撮影の旅】Underwater photo trip

2015-10-05 - 2015-10-0611 Episodes
Ai Ogasawara
Travel Collector
Ai Ogasawara
  • female
  • Japan
Places visited
Japan

東京の竹芝桟橋から船で8時間。
イルカの棲む島、御蔵島へ。

しかし海が大荒れでイルカとの対面はほんの少し。

急遽、予定変更でお隣の三宅島に移動し水中撮影に切り替え。

10月の海でも気合いで水着のまま海に入ってきました。

海はなるべく薄着で入るのが気持ちいい。

  • 0Favorite
  • 374view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12015/10/05

東京都(日本)|「イルカたちは移動モード。
私達には目もくれず、すーーーっと行ってしまいました。
野生の動物と遊ぶということは、もちろんこんなこともある。
それにしてもここまで相手にされないのは珍しかったな。」【イルカと水中撮影の旅】Underwater photo trip(Ai Ogasawar

イルカたちは移動モード。
私達には目もくれず、すーーーっと行ってしまいました。
野生の動物と遊ぶということは、もちろんこんなこともある。
それにしてもここまで相手にされないのは珍しかったな。

Mikurajima-mura Tokyo-to, Japan

Mikurajima-mura(東京都, 日本)|【イルカと水中撮影の旅】Underwater photo trip(Ai Ogasawaraさん)

気持ちを切り替えて人物撮影。

その間に海がだんだんと荒れてくる。

Mikurajima-mura Tokyo-to, Japan

Mikurajima-mura(東京都, 日本)|【イルカと水中撮影の旅】Underwater photo trip(Ai Ogasawaraさん) - 03

かなり海が荒れて来たので、跳ねるボートにに興奮と恐怖が混ざった声が飛び交う。

Mikurajima-mura Tokyo-to, Japan

Mikurajima-mura(東京都, 日本)|【イルカと水中撮影の旅】Underwater photo trip(Ai Ogasawaraさん) - 02

このままだと、明日乗るはずの船が迎えに来れないかもしれないということで、漁船で御蔵島を脱出して三宅島へ。想像以上の揺れで乗船した人達はノックアウト寸前。

ホテル海楽 Tokyo-to, Japan

ホテル海楽(東京都, 日本)|【イルカと水中撮影の旅】Underwater photo trip(Ai Ogasawaraさん)

船酔いと三宅島のゆるーいエネルギーが相まって夕方まで爆睡。
夜はホテルで新鮮なお刺身などで舌鼓。

Day 22015/10/06

錆ヶ浜 Tokyo-to, Japan

錆ヶ浜(東京都, 日本)|【イルカと水中撮影の旅】Underwater photo trip(Ai Ogasawaraさん)

誰もいない貸切の海〜!何て贅沢!
海が荒れて、ここにたどり着いたのは三宅島が呼んでくれてたんだね。感謝。

Miyake Island, Miyake, Tokyo, Japan Tokyo-to, Japan

Miyake Island, Miyake, Tokyo, Japan(東京都, 日本)|【イルカと水中撮影の旅】Underwater photo trip(Ai Ogasawaraさん) - 02

貸切の海でひたすら泳ぐ。

水は10月でも24度位。
外は21度と寒い。

泳ぐことが大好きな2人で時間を忘れ撮影。
Photo by: Mayumi Nakajima

Miyake Island, Miyake, Tokyo, Japan Tokyo-to, Japan

Miyake Island, Miyake, Tokyo, Japan(東京都, 日本)|【イルカと水中撮影の旅】Underwater photo trip(Ai Ogasawaraさん)

貸切の海でひたすら泳ぐ。

水は10月でも24度位。
外は21度と寒い。

泳ぐことが大好きな2人で時間を忘れ撮影。

Photo by: Mayumi Nakajima

Miyake Island, Miyake, Tokyo, Japan Tokyo-to, Japan

Miyake Island, Miyake, Tokyo, Japan(東京都, 日本)|【イルカと水中撮影の旅】Underwater photo trip(Ai Ogasawaraさん) - 03

フィンも履かずに足のつかないところで長時間は辛くなってくるため、疲れたら水中で瞑想。

Photo by: Mayumi Nakajima

三宅島錆ヶ浜港 Tokyo-to, Japan

三宅島錆ヶ浜港(東京都, 日本)|【イルカと水中撮影の旅】Underwater photo trip(Ai Ogasawaraさん) - 02

バイバイ、三宅島!
また来るね!
船から遠くなる島を眺めるのが好き。

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 374view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

【小麦アレルギーだからこそヘルシーに生きて行ける】Eat Gluten Free In Tokyo

冒険
【小麦アレルギーだからこそヘルシーに生きて行ける】Eat Gluten Free In Tokyo

2014-08-08 - 2014-08-18

Read more

  • 6Episodes
  • Yumi Nakamura
グルテンとは、小麦、大麦、ライ麦などから生成されるタンパク質の一種です。このタンパク質に対して抵抗力を失われてしまうのが、セリアック病(シリアック病)やグルテン不耐症などの、免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患です。 グルテンフリーは表記通りグルテンが含まれていない食べ物の事を指します。海外に行けば、お菓子の袋などをよく注意して見てみるとグルテンフリーと書いてるお菓子や食べ物がたくさんあります。通常グルテンフリーの食べ物は普通のお菓子からグルテンを抜いているので若干高めに売られています。ですのでスーパーなどで通常のお菓子より高めだなと思ったらもしかしたらグルテンフリーかもしれません。 アメリカ大陸やヨーロッパ諸国での知名度は高いのですが日本やアジア諸国ではあまりポピュラーではありません。聞くところによると、オランドやカナダはほぼどのレストランでもグルテンフリーのメニューがもうけられているらしいです。 とのことで海外から日本に訪れるセリアック病の方々は大変困ります。基本日本の食べ物はグルテン入っていないだろうと想定してやってくるのですが実は日本の料理に欠かせない醤油の中にグルテンが含まれているため、食べれるものが限られていしまいます。 今回ドイツ人の友人が日本に2週間遊びに来ていたのですが、セリアック病だったため、東京にあるわずかなグルテンフリーのレストランを数ヶ所訪れて来ました。

Travel Collector: Yumi Nakamura

  • 3
  • 2354 views
【イルカと水中撮影の旅】Underwater photo trip 【イルカと水中撮影の旅】Underwater photo trip

Back to Top of 【イルカと水中撮影の旅】Underwater photo trip