Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Tomoyo Hatanakaさんのログブック(旅行記)「アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅」

アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅

2014-02-08 - 2014-02-0924 Episodes
Tomoyo Hatanaka
Travel Collector
Tomoyo Hatanaka
  • female

とても寒い寒い2月、アメリカ・ミシガン州から陸路で国境越え!カナダ・トロント、そしてナイアガラの滝へ行きました!

トロント・ナイアガラ周辺にはご縁があり何度も行っているのですが、冬のナイアガラは2回目。寒さに負けず楽しみました!

  • 0Favorite
  • 1096view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12014/02/08

City of Detroit United States

デトロイト市(City of Detroit)(アメリカ合衆国)|アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅(Tomoyo Hatanakaさん)

出発して早々、緊急事態が!ミシガンで友達が愛用中のナビが国内専用と判明。まさかのナビ使用不可!更にケータイもカナダ入りすると圏外になって使えず。
予備で画面メモをしていたグーグルのルートを見ながら、なんとか、いや、案外スムーズにトロント市内の宿に到着することが出来ました!

オンタリオ(カナダ)|「陸路のイミグレーションはドライブスルー形式!

全員分のパスポートを渡して代表者(運転手)が質問に答えます。」アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅(Tomoyo Hatanakaさん)

陸路のイミグレーションはドライブスルー形式!

全員分のパスポートを渡して代表者(運転手)が質問に答えます。

オンタリオ(カナダ)|「無事にカナダへ入国!」アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅(Tomoyo Hatanakaさん)

無事にカナダへ入国!

オンタリオ(カナダ)|「ド派手で可愛いカナダの郵便ポスト」アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅(Tomoyo Hatanakaさん)

ド派手で可愛いカナダの郵便ポスト

オンタリオ(カナダ)|「今回のお宿はトロント市内のSweet Heartという日本人が経営しているB&Bです。(筆者2度目の利用)
トロント大学の目の前でロケーションもサイコーです。裏側に駐車もさせてもらえました。


http://www.sweetheartbb.com/toronto/inde

今回のお宿はトロント市内のSweet Heartという日本人が経営しているB&Bです。(筆者2度目の利用)
トロント大学の目の前でロケーションもサイコーです。裏側に駐車もさせてもらえました。

http://www.sweetheartbb.com/toronto/index.html

CN Tower Ontario, Canada

CNタワー(CN Tower)(オンタリオ, カナダ)|アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅(Tomoyo Hatanakaさん)

トロントのシンボル、CNタワーとロジャースセンター

CNタワーは自立式建築物で
32年間、世界一の高さでした!
ロジャースセンターはカナダで大人気の川崎宗則選手のいるトロントブルージェイズのホームスタジアムです。ちなみにスペルはRogers
"Centre"です。

CN Tower Ontario, Canada

CNタワー(CN Tower)(オンタリオ, カナダ)|アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅(Tomoyo Hatanakaさん) - 02

さすが2言語が公用語のカナダは、至る所でフランス語と英語を同時に見ることができるので、いい勉強になります!

Day 22014/02/09

オンタリオ(カナダ)|「車で約2時間、オンタリオ湖を沿いを走ってナイアガラへ。」アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅(Tomoyo Hatanakaさん)

車で約2時間、オンタリオ湖を沿いを走ってナイアガラへ。

Niagara Falls (Canadian Side) Ontario, Canada

ナイアガラの滝 カナダ側(Niagara Falls Canadian Side)(オンタリオ, カナダ)|アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅(Tomoyo Hatanakaさん) - 03

カナダ滝

周りの雪の厚さわかりますか?

滝(アメリカ滝)が凍ったと大きなニュースになるほど寒かった冬でした。
私はピークを越したあとに行きました。

Rainbow Bridge Ontario, United States

Rainbow Bridge(オンタリオ, アメリカ合衆国)|アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅(Tomoyo Hatanakaさん) - 02

レインボーブリッジへ。橋の通行料として50セント必要です。アメリカドルでもカナダドルでもOK!

今回はアメリカには入国せず、橋からの写真を撮ってカナダ側へ戻りました。

アメリカへ入国しなくてもパスポートは持って行った方が良いと思います。
友人はパスポートを忘れてしまいイミグレで止められました。「カナダに入れないよ」とハッキリ言われていました。ちなみにパスポートは車に置いてきたのですがアメリカの滞在許可証は奇跡的に携帯していたのでそれで何とかクリアになりました!

USA/Canada Border Ontario, Canada

USA/Canada Border(オンタリオ, カナダ)|アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅(Tomoyo Hatanakaさん)

ここがちょうどカナダとアメリカの国境です

サインはこんなに小さいです

Tim Hortons Ontario, Canada

Tim Hortons(オンタリオ, カナダ)|アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅(Tomoyo Hatanakaさん)

カナダに来たらやっぱりTim Horton'sを飲まないと!

オンタリオ(カナダ)|「Clifton Hill

お土産屋さん、ろう人形館、レストラン、ファストフード店などなど。

夏場は観光客でとっても賑わっていますが、冬はちょっと寂しい感じです。」アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅(Tomoyo Hatanakaさん)

Clifton Hill

お土産屋さん、ろう人形館、レストラン、ファストフード店などなど。

夏場は観光客でとっても賑わっていますが、冬はちょっと寂しい感じです。

オンタリオ(カナダ)|「カナダ料理は何?と現地の人に聞いても、ない!って言われることがよくありますが、プーティンは代表的なカナダ料理ですね〜」アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅(Tomoyo Hatanakaさん)

カナダ料理は何?と現地の人に聞いても、ない!って言われることがよくありますが、プーティンは代表的なカナダ料理ですね〜

オンタリオ(カナダ)|「ミシガンへ向けて。

ハイウェイではサービスエリアが日本ほど良いタイミングでありません。長距離走らないとなかなかありません。ガス欠になりそうでした。ガソリンには余裕を持ったドライブが大事です!

たくさんのピンチに見舞われた旅でしたが、それを乗り越えるたびに楽しさが増した素敵

ミシガンへ向けて。

ハイウェイではサービスエリアが日本ほど良いタイミングでありません。長距離走らないとなかなかありません。ガス欠になりそうでした。ガソリンには余裕を持ったドライブが大事です!

たくさんのピンチに見舞われた旅でしたが、それを乗り越えるたびに楽しさが増した素敵な旅行になりました!

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 1096view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

地球一周の旅 2カ国目~カナダ・オタワ

一人旅
地球一周の旅 2カ国目~カナダ・オタワ

2010-10-18 - 2010-10-19

Read more

  • 8Episodes
  • Masayuki Takahashi
2カ国目、カナダの首都、オタワに着いた。飛行機ではあるが国境を越えた。 国境を越えたからと言ってこの時点では何の変化も見られない。 カナダというと自然が豊かというイメージが先行しているが、実際に中心部に来てそのイメージが正しかったことを実感した。 その佇まいは田舎町のような静けさとその静けさの中に川、紅葉がかった木々、小動物の多さで、本当に一国の首都なのかと思ってしまうほど美しい町だった。 川を境にオタワが属するオンタリオ州、反対側はケベック州。対岸のガディノーという都市を含めた周辺都市とを合わせて都市圏を形成しているという事だが、面白いのは、ケベック州では公用語がフランス語だという事。 ただひたすら歩いた。 夜、宿では世界地図を広げ、次の目的地を考えた。 この旅にはガイドブックも持ってきていなければ、電子機器もない。唯一の情報源と言えば世界地図のみ。 その世界地図も安物だ。当然日本で発行されたものには書かれていない土地だってある。とりあえず地図を広げ目を通す。 東のモントリオールか。南のトロントか。 北アメリカ大陸東側での最終目的地はアメリカはフロリダ州のマイアミ。ここまで陸路で行くことになる。 物価の高い北アメリカでは余分に使える金がない。トロントに向かうことにした。ここまでくれば後はアメリカだ。 宿のドミトリーに同泊していたインド系イギリス人の彼がトロント行のミニバスを予約してくれた。彼曰く、最安値だと。 次の日、朝になって問題発生。同じ名前の待ち合わせ場所がもう一つあるという事が発覚した。前日に場所を確認しておいたのだが、そこではなく、もう一か所同じ名前の、6キロくらい離れたところだった。 バックパックを背負って2時間くらい歩いてようやく到着。 いざトロントへ。これから陸路での北アメリカ東エリア南下の旅が始まる。

Travel Collector: Masayuki Takahashi

  • 1
  • 347 views
アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅 アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅

Back to Top of アメリカから冬のナイアガラの滝へ 1泊2日、国境横断の旅