Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
George Wiltshierさんのログブック(旅行記)「歴史とアートのベルリン Day1-3」

歴史とアートのベルリン Day1-3

2015-08-15 - 2015-08-1717 Episodes
George Wiltshier
Travel Collector
George Wiltshier
  • 20s / male
  • Germany
Places visited
Germany

ベルリン3日間!
ベルリンの壁、大聖堂、ブランデンベルク門、オリンピックスタジアムなど、歴史とアートの街ベルリンを堪能!
詳しくはブログでも書いてます。
http://worldtraveling.hatenablog.com/entry/2016/01/28/175508

  • 2Favorite
  • 294view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12015/08/15

Olympiastadion Berlin, Germany

ベルリン・オリンピアシュタディオン(Olympiastadion)(ベルリン, ドイツ)|歴史とアートのベルリン Day1-3(George Wiltshierさん)

ベルリン・オリンピック・スタジアム

2015年チャンンピオンズ・リーグの決勝が行われたスタジアム。

また、1936年、ヒトラー率いるナチス政権下でオリンピックが開催された歴史あるスタジアム。

  • Loved to be there!
  • Budget:700USD

ベルリン(ドイツ)|「1936年ベルリンオリンピックの聖火台。」歴史とアートのベルリン Day1-3(George Wiltshierさん)

1936年ベルリンオリンピックの聖火台。

ベルリン(ドイツ)|「中は改修され現代的ですが、柱や廊下は石造りで歴史を感じます。」歴史とアートのベルリン Day1-3(George Wiltshierさん)

中は改修され現代的ですが、柱や廊下は石造りで歴史を感じます。

  • Loved to be there!

ベルリン(ドイツ)|「歴史を感じるスタジアムでした。

スタジアムのことはブログで詳しく書いてるので是非見てみてください
http://worldtraveling.hatenablog.com/entry/2015/08/15/000000」歴史とアートのベルリン Day1-3(George Wi

歴史を感じるスタジアムでした。

スタジアムのことはブログで詳しく書いてるので是非見てみてください
http://worldtraveling.hatenablog.com/entry/2015/08/15/000000

Tiergarten Berlin, Germany

ティーアガルテン(Tiergarten)(ベルリン, ドイツ)|歴史とアートのベルリン Day1-3(George Wiltshierさん)

S-BahnのTiergarten 駅の壁。
ナチス政権誕生の1933年
オーストリア併合の1938年
ナチス政権終了の1945年

ベルリンは至る所に歴史が刻まれ、「過去を忘れるな」というメッセージの現れの気がします

ベルリン(ドイツ)|「ホロコーストメモーリアル

たくさんの直方体の石がある。その数2711基だが、数に特に意味はなく、あえてシンボル性をなくしたらいい。」歴史とアートのベルリン Day1-3(George Wiltshierさん)

ホロコーストメモーリアル

たくさんの直方体の石がある。その数2711基だが、数に特に意味はなく、あえてシンボル性をなくしたらいい。

  • Loved to be there!

Day 22015/08/16

ベルリン(ドイツ)|「早朝の博物館島と奥に立つテレビ塔。」歴史とアートのベルリン Day1-3(George Wiltshierさん)

早朝の博物館島と奥に立つテレビ塔。

ベルリン(ドイツ)|「右が西側、左が東ベルリン。
西側へ行こうと、多くの人が壁を越えようとしたらしい。」歴史とアートのベルリン Day1-3(George Wiltshierさん)

右が西側、左が東ベルリン。
西側へ行こうと、多くの人が壁を越えようとしたらしい。

  • Loved to be there!

ベルリンの壁 Berlin, Germany

ベルリンの壁(ベルリン, ドイツ)|歴史とアートのベルリン Day1-3(George Wiltshierさん)

ベルリンの壁。

「兄弟キス」または「独裁者のキス」と呼ばれるこの作品には旧ソ連のブレジネフ書記長と旧東ドイツのホーネッカー書記長のキスシーンが!

オープンギャラリーとして開放された壁には21カ国118名ものアーティストによって描かれたアート作品をみることができます。

  • Loved to be there!
  • Budget:0USD

ベルリン(ドイツ)|「日本がテーマの壁画。

それにしても、落書きが多いのが残念。」歴史とアートのベルリン Day1-3(George Wiltshierさん)

日本がテーマの壁画。

それにしても、落書きが多いのが残念。

ベルリン(ドイツ)|「ベルリンの壁の写真はブログの方にもっとあります
http://worldtraveling.hatenablog.com/entry/2016/01/28/172849」歴史とアートのベルリン Day1-3(George Wiltshierさん)

ベルリンの壁の写真はブログの方にもっとあります
http://worldtraveling.hatenablog.com/entry/2016/01/28/172849

ベルリン(ドイツ)|「イスラエルとドイツの国旗を重ね合わせた壁画。

意味深です。」歴史とアートのベルリン Day1-3(George Wiltshierさん)

イスラエルとドイツの国旗を重ね合わせた壁画。

意味深です。

Checkpoint Charlie Berlin, Germany

チェックポイント・チャーリー(Checkpoint Charlie)(ベルリン, ドイツ)|歴史とアートのベルリン Day1-3(George Wiltshierさん)

チェックポイント・チャーリー。

東西冷戦下、唯一の東ベルリンと西をつなぐ検問所だったらしい

Topographie des Terrors Berlin, Germany

Topographie des Terrors(ベルリン, ドイツ)|歴史とアートのベルリン Day1-3(George Wiltshierさん)

テロのポトグラフィー

昔、ゲシュタポとSSの本部があった場所を、ナチス期の恐怖政治を解説した展示がたくさんある。

入場料は無料。無料の英語ツアーもある。

無料トイレの少ないベルリンで、無料のトイレ休憩としてでもいいから、行く価値あり。

  • Loved to be there!

Reichstag Berlin, Germany

国会議事堂(Reichstag)(ベルリン, ドイツ)|歴史とアートのベルリン Day1-3(George Wiltshierさん)

ドイツ国会議事堂。
中に入るには、事前に予約する必要があるらしい

ナチスの独裁政治の誕生をもたらした国会議事堂放火事件もここで起こった事件。

中央の奥に見えるドームが、そのとき焼け落ちたドーム。

東西分断時代は、ボンが仮首都となり、建物は屋根がないまま放置されていたが、ドイツ統一後にガラスで修復された。

Day 32015/08/17

Berlin Hauptbahnhof Berlin, Germany

ベルリン中央駅(Berlin Central Station/Berlin Hauptbahnhof)(ベルリン, ドイツ)|歴史とアートのベルリン Day1-3(George Wiltshierさん)

ベルリン中央駅。

超モダンで現代的な駅。

Travel Tracking

Comments

  • 2Favorite
  • 294view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

歴史とアートのベルリン Day1-3 歴史とアートのベルリン Day1-3

Back to Top of 歴史とアートのベルリン Day1-3