Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Yuichi Kudoさんのログブック(旅行記)「中国シルクロードロマンの旅」

中国シルクロードロマンの旅

2010-10-11 - 2010-10-1615 Episodes
Yuichi Kudo
Travel Collector
Yuichi Kudo
  • 30s / male
  • China
Places visited
China

中国のシルクロードを旅するツアーに行ってきました。世界遺産敦煌を始め列車を使うことによってに日程に余裕ができ、世界遺産炳霊寺、西安にある秦の始皇帝建造の兵馬俑等をゆっくり見学してきました。中国の西域。北京、上海にはないエキゾチックな魅力たっぷりの旅となりました。機会があるなら是非またいきたい。

  • 0Favorite
  • 709view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12010/10/11

秦始皇兵马俑 Museum of the Terra-cotta Warriors and Horses of Qin Shihuang Shaanxi, China

秦始皇帝陵博物院(秦始皇兵马俑 Museum of the Terra-cotta Warriors and Horses of Qin Shihuang)(陝西省, 中華人民共和国)|中国シルクロードロマンの旅(Yuichi Kudoさん)

旅は遼寧省の州都成安から始まります。写真は秦の始皇帝の陵墓である兵馬俑坑です。1987年に世界遺産に登録されています。3つの号抗を約2時間かけて回りました。1974年に井戸を掘っていた農民が偶然発見したというのですから驚きです。

华清池 Huaqing Pool Shaanxi, China

华清池 Huaqing Pool(陝西省, 中華人民共和国)|中国シルクロードロマンの旅(Yuichi Kudoさん)

写真は華清池。玄宗と楊貴妃のロマンスで知られる観光スポットです。ここは747年に唐の玄宗が華清宮として整備し、毎年冬になると楊貴妃とここを訪れ、温泉に浸かりながらゆっくり過ごしたことで有名です。中国人観光客が多かったです。

西门 West Gate Shaanxi, China

西门 West Gate(陝西省, 中華人民共和国)|中国シルクロードロマンの旅(Yuichi Kudoさん)

西安市内に戻り大雁塔へ。三蔵法師がインドから持ち帰った経典を納めているといわれる大雁塔は何度かの修復を重ね、明代に現在の姿になりました。お寺の境内は広く入口の門から約10分歩くと塔の入口に到着します。塔を登るにはもちろん階段。足に自信がある人はぜひ試してみてください。

Day 22010/10/12

Xi'an Jiaotong University (South Gate) Shaanxi, China

Xi'an Jiaotong University (South Gate)(陝西省, 中華人民共和国)|中国シルクロードロマンの旅(Yuichi Kudoさん)

本日は中国が誇る寝台快速列車、西域鉄路もしくは新東方快車に乗車です。2泊3日の列車の旅がスタートしました。スタッフ(バトラー)が乗車の際お出迎え。さすが同じアジア人。素晴らしいサービスです。乗車後、列車はどんどん西へ進みます。東方快車。西に進むのに東?おそらく本来は西から東に進むたみに漢民族が造った列車なのでしょう。

Jin Jiang Inn Tianshui 锦江之星 Gansu, China

Jin Jiang Inn Tianshui 锦江之星(甘粛省, 中華人民共和国)|中国シルクロードロマンの旅(Yuichi Kudoさん)

甘粛省に入り、天水で下車。麦積山の見学に行きました。泰嶺山脈の西側にある麦積山を西側からと東側からとしっかり見学しました。ここは塑像(粘土で作った自然乾燥の仏像)が充実していることで知られています。写真の通り参道は歩くのが恐ろしかったです。

Lanzhou Gansu, China

Lanzhou(甘粛省, 中華人民共和国)|中国シルクロードロマンの旅(Yuichi Kudoさん) - 03

麦積山の見学後列車に戻ります。写真はバーがある車両。夜にはピアノの奏者も現れ良いムードになります。カウンターにいる女性乗務員もとても愛想がよくかわいらしいです。飲み物の種類はコーヒー、紅茶、緑茶、ビール、楼蘭ワイン、各種スピリッツなど豊富です。今宵はのんびりバーで過ごします。

Day 32010/10/13

Lanzhou Gansu, China

Lanzhou(甘粛省, 中華人民共和国)|中国シルクロードロマンの旅(Yuichi Kudoさん)

早朝、甘粛省の州都蘭州に到着。天下黄河第一橋へ。朝日が綺麗でした。朝方広場で太極拳をしている人もたくさんいました。寝台列車は個室になっており一部屋2名分のベットがあります。快適なのは快適ですが、やはり列車。揺れなどがあり少し疲れ気味。

Lanzhou Gansu, China

Lanzhou(甘粛省, 中華人民共和国)|中国シルクロードロマンの旅(Yuichi Kudoさん) - 04

蘭州の街を流れる黄河を遡り約時間。高147m、幅840m、総貯水量57億立方メートルの劉家峡ダムへ到着。ここから本日のハイライト炳霊寺石窟に向かいます。移動手段はというと6人乗りの高速ジェットボートです。窓から見える奇岩群と水のコントラストが素晴らしかった。

Lanzhou Gansu, China

Lanzhou(甘粛省, 中華人民共和国)|中国シルクロードロマンの旅(Yuichi Kudoさん) - 02

約1時間船に揺られ、ようやく炳霊寺石窟に到着。船着き場からゆっくりと歩くこと30分。大仏を拝むことができました。残念ながら修復中ではありましたが、その迫力は圧巻。炳霊寺石窟は4世紀、十六国時代の西泰の頃に造られ始めました。約1時間かけて散策。残念ながらメインの大仏が修復中でした。

Day 42010/10/14

中華人民共和国甘粛省蘭州 Gansu, China

中華人民共和国甘粛省蘭州(甘粛省, 中華人民共和国)|中国シルクロードロマンの旅(Yuichi Kudoさん)

早朝、嘉峪関に到着。ホテルで朝食をとり懸壁長城へ。約30分かけてゆっくりと階段を登りました。明代に築かれた頃は当初1.5kmあったそうですが、1987年に整備されたのは500mで、そのうち231mは山の斜面に築かれています。

中華人民共和国甘粛省蘭州 Gansu, China

中華人民共和国甘粛省蘭州(甘粛省, 中華人民共和国)|中国シルクロードロマンの旅(Yuichi Kudoさん) - 02

万里の長城の西の端の関所嘉峪関です。明代に造られた嘉峪関は、高さ11mの城壁に囲まれた広い要塞です。ここが北京の万里の長城とつながっているとは想像が難しい。私は北京の長城を訪れたことがないのでさらに難しいという状態でした。

Lanzhou Gansu, China

Lanzhou(甘粛省, 中華人民共和国)|中国シルクロードロマンの旅(Yuichi Kudoさん) - 05

建物の反対側を見ると見渡す限り砂漠。さすが西の果てという感じです。時間も十分にあったのでしばらく砂漠の景色を見ながらのんびりとしていました。するとラクダに乗らないかとおじさんがしつこく迫ってきます。ここで乗ったらまさに月の砂漠の世界。そんなことを考えながら、やたらに高かったのでやめました。

Day 52010/10/15

Dunhuang R Gansu, China

Dunhuang R(甘粛省, 中華人民共和国)|中国シルクロードロマンの旅(Yuichi Kudoさん)

翌日旅列車でさらに西に走り旅のハイライト莫高窟へ。今回は11か所の石窟を見学しました。飛天や菩薩、千仏が描かれた57窟と北涼の特徴である両足を交差した交脚弥勒菩薩が安置されている275窟は特別窟として見応えがありました。

敦煌 Gansu, China

敦煌(甘粛省, 中華人民共和国)|中国シルクロードロマンの旅(Yuichi Kudoさん)

敦煌を出発し郊外の楡林窟へ。楡林窟は敦煌の莫高窟の流れをくむ、シルクロード芸術の頂点に立つ美しい壁画を持つ石窟群です。川沿いに作られた石窟群を12窟、13窟、15窟、19窟、23窟、6窟の順で見学しました。約2時間の散策でした。

Day 62010/10/16

敦煌 Gansu, China

敦煌(甘粛省, 中華人民共和国)|中国シルクロードロマンの旅(Yuichi Kudoさん) - 02

旅の締めくくりは敦煌の鳴沙山です。敦煌の南約5kmに位置し、東西約40m、南北に50kmにわたり広がる砂漠です。写真は、月形の泉(オアシス)月牙泉です。オアシスの真ん中に中国らしい楼閣が建っており不思議な光景をつくっています。見学後帰国。楽しかった。

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 709view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

中国シルクロードロマンの旅 中国シルクロードロマンの旅

Back to Top of 中国シルクロードロマンの旅