Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Miku Girasol Takeuchiさんのログブック(旅行記)「ナイアガラの滝~カナダ編~」

ナイアガラの滝~カナダ編~

2015-08-08 - 2015-08-08 2 1107 8
  • Canada
訪れた国
カナダ

ナイアガラの滝!!アナザースカイを見てからずーっと行きたいと思ってた滝にやっと行けた!(/_;) 
というわけで、カナダ側からナイアガラの滝見てきました~!
まさに、絶景でした。。。感無量とういう言葉につきますかね。。。
その日は曇り空で見通しはそこまでよくなかったものの各国からの観光客で賑わっていました!
ナイアガラの滝で一番楽しみにしていたのは、ナイアガラの滝クルーズ(*ノωノ)
これは、船に乗って滝に極限まで近づくというものなんですけど。。。これがまたすごいんです!!赤いレインコート(クルーズ乗船の料金に含まれているので無料です!)を着ていざ乗船~!あの壮大な滝をまじかで見れるとワクワクして乗船したものの。。。ものすごい滝のしぶきと風でした(*_*;
クルーズの時間はだいたい15~20分くらいだと思われますが、軽い船酔いになってしまいました(笑)
ですが、やはりまじかで見る滝は言葉を失う程美しく感動しました。。。人生で一度は訪れたいものですね☆

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2015/08/08

niagara falls オンタリオ, カナダ

niagara falls(オンタリオ, カナダ)|ナイアガラの滝~カナダ編~(Miku Girasol Takeuchiさん)

ナイアガラの滝での事故を耳にしたことがありますか?そうです、美しい滝を背景に写真をおさめようと手すりの部分から過って転落。。。という事故です(;_; 事件が多発しているにも関わらず手すりの部分に立とうとしてる方を見かけました。せっかくの旅行にこの美しい滝でこういった事件は残念ですよね。。。写真におさめたい気持ちもよくわかりますが、そういった事故がなくなればいいのになあとふと思いました。

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

世界遺産ナイアガラの滝&トロント

世界遺産
世界遺産ナイアガラの滝&トロント

2009-05-02 - 2009-05-06

  • 16
  • Narumi Terahara
新型インフルエンザが世界的流行をみせる中、GW5連休でムリヤリ決行。いろいろ鬱憤がたまってたのですが、壮大なナイアガラの滝に心洗われてきました。

作者: Narumi Terahara

  • 4
  • 6287

-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!

一人旅
-25℃でもアツい国!冬のカナダ散策は、痛たのしい!

2014-02-17 - 2014-02-23

  • 30
  • Moyuru Matsuda
カナダといえば、快適な気候の夏がおすすめ。 なんですが…冬こそ本当のカナダらしさが味わえます。 神秘的な雪の世界、航空券も安いし、個人的には大好きなNBA(バスケットボールのプロリーグ)やアイスホッケーも見れるし、本当のカナダ好きはこの時期に行くのがオススメ!

作者: Moyuru Matsuda

  • 9
  • 4685

「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅

大自然
「世界で一番美しい島」 カナダ・プリンスエドワード島の旅

2007-08-28 - 2007-09-05

  • 36
  • Satoshi Abe
赤毛のアンの舞台である、カナダ東部の小さな島、プリンスエドワード島に滞在。 島中がとてもゆっくりと、穏やかで、優しい空気と景色に包まれており、他のどこの地にいても体験し得ないであろう感動をもたらしてくれた。 この島の至る所に見られる綺麗な赤土、そこにいつまでも座って穏やかな海の先を見つめ、オレンジ色の夕日が沈む瞬間を待つ、風と鳥の鳴き声以外何も聞こえない美しい草原の道を目的もなくただ歩く。 この島での滞在は、自分を美しい自然界にゆっくりと溶け込ませてくれたようで、とても穏やかな気持ちを持たせてくれたとおもう。

作者: Satoshi Abe

  • 3
  • 2274

カナダ オンタリオ州 ナイアガラフォールズ、トロント

世界遺産
カナダ オンタリオ州 ナイアガラフォールズ、トロント

2014-07-28 - 2014-07-30

  • 33
  • Shohei Watanabe
https://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157649453716742/ ナイアガラの滝をトロントから日帰りで、その後経済都市トロントを散策しました。移民や留学生が多く、アジアのどこかの国にいるようでした。 次回 ミシガン グランドラピッズ https://www.compathy.net/tripnotes/3255 前回 モントリオール https://www.compathy.net/tripnotes/2956

作者: Shohei Watanabe

  • 2
  • 1334

Canada Toronto


Canada Toronto

2013-12-31 - 2013-12-31

  • 1
  • Taka'fumi Sa-chiku
Toronto is the most populous city in Canada and the provincial capital of Ontario. It is located in Southern Ontario on the northwestern shore of Lake Ontario.

作者: Taka'fumi Sa-chiku

  • 0
  • 300

Road to Niagara Falls

大自然
Road to Niagara Falls

2012-06-23 - 2012-06-24

  • 15
  • Takahiro Kariya
トロントからナイアガラの滝まで自転車の旅。

作者: Takahiro Kariya

  • 1
  • 592

usa


usa

2014-05-31 - 2014-06-02

  • 5
  • Tomasz Gołda
usa and canada with my wife. lowcost trip..........

作者: Tomasz Gołda

  • 0
  • 234

地球一周の旅 2カ国目~カナダ・オタワ

一人旅
地球一周の旅 2カ国目~カナダ・オタワ

2010-10-18 - 2010-10-19

  • 8
  • Masayuki Takahashi
2カ国目、カナダの首都、オタワに着いた。飛行機ではあるが国境を越えた。 国境を越えたからと言ってこの時点では何の変化も見られない。 カナダというと自然が豊かというイメージが先行しているが、実際に中心部に来てそのイメージが正しかったことを実感した。 その佇まいは田舎町のような静けさとその静けさの中に川、紅葉がかった木々、小動物の多さで、本当に一国の首都なのかと思ってしまうほど美しい町だった。 川を境にオタワが属するオンタリオ州、反対側はケベック州。対岸のガディノーという都市を含めた周辺都市とを合わせて都市圏を形成しているという事だが、面白いのは、ケベック州では公用語がフランス語だという事。 ただひたすら歩いた。 夜、宿では世界地図を広げ、次の目的地を考えた。 この旅にはガイドブックも持ってきていなければ、電子機器もない。唯一の情報源と言えば世界地図のみ。 その世界地図も安物だ。当然日本で発行されたものには書かれていない土地だってある。とりあえず地図を広げ目を通す。 東のモントリオールか。南のトロントか。 北アメリカ大陸東側での最終目的地はアメリカはフロリダ州のマイアミ。ここまで陸路で行くことになる。 物価の高い北アメリカでは余分に使える金がない。トロントに向かうことにした。ここまでくれば後はアメリカだ。 宿のドミトリーに同泊していたインド系イギリス人の彼がトロント行のミニバスを予約してくれた。彼曰く、最安値だと。 次の日、朝になって問題発生。同じ名前の待ち合わせ場所がもう一つあるという事が発覚した。前日に場所を確認しておいたのだが、そこではなく、もう一か所同じ名前の、6キロくらい離れたところだった。 バックパックを背負って2時間くらい歩いてようやく到着。 いざトロントへ。これから陸路での北アメリカ東エリア南下の旅が始まる。

作者: Masayuki Takahashi

  • 3
  • 530

ナイアガラの滝~カナダ編~ ナイアガラの滝~カナダ編~

ナイアガラの滝~カナダ編~ トップへ