Compathy

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
旅作家とまこさんのログブック(旅行記)「不思議なほど和む、明るい哀愁をまとった歴史むきだしの街へ、ぜひ。」

不思議なほど和む、明るい哀愁をまとった歴史むきだしの街へ、ぜひ。

2015-06-05 - 2015-06-0611 Episodes
旅作家とまこ
Travel Collector
旅作家とまこ
  • female
  • Bulgaria
Places visited
Bulgaria

あのほっとする感じはなんだろう。人やごはんの、のんびりやさしい雰囲気がたまらない。街並は歴史を感じるかっこよさ。でもなんとなく漂う朽ちかけのあやうさみたいなものに惹かれるのかな。ちなみに、街に溢れるバラのコスメやヨーグルトもほんとにオススメでお安い。お試しがてら旅の息抜きに訪れるのもありです。

  • 0Favorite
  • 385view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12015/06/05

NDK Sofia-city, Bulgaria

NDK(ソフィア, ブルガリア)|不思議なほど和む、明るい哀愁をまとった歴史むきだしの街へ、ぜひ。(旅作家とまこさん) - 02

この街は、ど中心でもボロロンのポスターでいっぱい。その前でのんびり井戸端会議とか。好きだなぁ。

  • Loved to be there!

NDK Sofia-city, Bulgaria

NDK(ソフィア, ブルガリア)|不思議なほど和む、明るい哀愁をまとった歴史むきだしの街へ、ぜひ。(旅作家とまこさん)

街の中心には落書きもいっぱい。言ってみれば銀座が落書きだらけみたいな感じかな、いいじゃない。

  • Loved to be there!

Храм-паметник Св. Александър Невски (Alexander Nevsky Cathedral) Sofia-city, Bulgaria

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂(Храм-паметник Св. Александър Невски (Alexander Nevsky Cathedral))(ソフィア, ブルガリア)|不思議なほど和む、明るい哀愁をまとった歴史むきだしの街へ、ぜひ。(旅作家とまこさん) - 02

「アレクサンドルネフスキー大聖堂」
タマネギ頭の教会が染まりゆく空に浮かぶ。ちょっぴりひなびたこの街は、夕焼け以降がしっくりくる。

  • Loved to be there!

Храм-паметник Св. Александър Невски (Alexander Nevsky Cathedral) Sofia-city, Bulgaria

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂(Храм-паметник Св. Александър Невски (Alexander Nevsky Cathedral))(ソフィア, ブルガリア)|不思議なほど和む、明るい哀愁をまとった歴史むきだしの街へ、ぜひ。(旅作家とまこさん)

はがれかけのポスター越しに光るのは車のライト。事柄があますことなく控えめで、なのにこんなすてきなシーンばかりのこの街では、どうしたってココロがほどける。

  • Loved to be there!

Централни Хали (Central Market Hall) Sofia-city, Bulgaria

Централни Хали (Central Market Hall)(ソフィア, ブルガリア)|不思議なほど和む、明るい哀愁をまとった歴史むきだしの街へ、ぜひ。(旅作家とまこさん)

興味津々で笑顔を振り舞えてくれたおちびちゃん。いつもいつでも、この写真を見返すとほわっとする。

  • Loved to be there!

Levit Hostel Sofia-city, Bulgaria

Levit Hostel(ソフィア, ブルガリア)|不思議なほど和む、明るい哀愁をまとった歴史むきだしの街へ、ぜひ。(旅作家とまこさん)

LevvitHostel近所のパン屋さん
ヨーロッパで一晩好きなパンかも。しっとりのび〜る生地は甘過ぎず意外なほどさっぱり。手作りソーセージはとびっきりのジューシィさ。たまらない〜。まさかの110円。

  • Loved to be there!
  • Budget:110USD

Day 22015/06/06

Ми6-Маш Sofia-city, Bulgaria

Ми6-Маш(ソフィア, ブルガリア)|不思議なほど和む、明るい哀愁をまとった歴史むきだしの街へ、ぜひ。(旅作家とまこさん)

ブルガリアの郷土料理「ミシュマシュ」。意味はごちゃぐちゃ。トマトやタマネギなどをぐちゃっと卵でとじる。したざわりがどこまでもほわんほわんで。料理で癒されるってこういうことね。

  • Loved to be there!

Ми6-Маш Sofia-city, Bulgaria

Ми6-Маш(ソフィア, ブルガリア)|不思議なほど和む、明るい哀愁をまとった歴史むきだしの街へ、ぜひ。(旅作家とまこさん) - 03

細部までにココロを感じるおしゃれな店内はいごこち最高。いつまでも日記をかいたり本を読んだりしてたくなる。

  • Loved to be there!

Levit Hostel Sofia-city, Bulgaria

Levit Hostel(ソフィア, ブルガリア)|不思議なほど和む、明るい哀愁をまとった歴史むきだしの街へ、ぜひ。(旅作家とまこさん) - 02

建物中のカラーリングがかわいくてわくわくする。みんなが深夜まで飲んでるメインストリートに面したドミトリーの窓はのぞきがいがあって大好き。ちなみに4階だから音は届かないのでご安心くださいな。

※ユースホステルは誰でも利用できる宿泊施設ですが、ユースホステル会員になると世界中のユースホステルをお得な会員料金で利用することができ ます。
各国のユースホステルと提携した美術館などの割引を受けることも可能です。
ユースホステル会員の入会についてはこちら
http://www.jyh.or.jp/membership/index.html

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 385view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

ブルガリア 伝統ある街ハスコヴォ 首都ソフィア

一人旅
ブルガリア 伝統ある街ハスコヴォ 首都ソフィア

2013-09-07 - 2013-09-12

  • 36Episodes
  • Shohei Watanabe
トルコからブルガリアに入国し、ハスコヴォで一旦滞在。あまり有名ではないので、外国人もおらず、たまたま広場で演奏会などがあり、有意義に過ごしました。 その後バスと列車で首都のソフィアへ。 この国はソ連崩壊時にあまり動乱もなく民主化に移行したので、そんなに思い入れは無かったんです。 しかしブルガリア正教関係の建築物が多く残る素敵な街でした。 まだまだこれからという遅れた雰囲気で、よくEUに加盟できたなあという印象でした。 写真 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157638875984466/

Travel Collector: Shohei Watanabe

  • 3
  • 1603 views

ドナウ川の田舎街。のんびりモードしかない、朝釣り模様。

一人旅
ドナウ川の田舎街。のんびりモードしかない、朝釣り模様。

2015-06-08 - 2015-06-08

  • 10Episodes
  • 旅作家とまこ
川にはロマンを感じます。いろんな国を静かに潤し、時に暴れて通り過ぎる川。いろんな土地と歴史を体験として知ってる川。ドナウ川は東欧の肝。ヴァルナでのこの川は、はじめてのご対面にはふさわしい、なんとものんびり風情全開の様子を見せてくれました。

Travel Collector: 旅作家とまこ

  • 0
  • 363 views

Sofia Bulgaria - visiting my friends -

街歩き
Sofia Bulgaria - visiting my friends -

2014-11-26 - 2015-02-28

  • 25Episodes
  • Haluna Nss
Sofia is the beautiful country where it's filled with fresh air and joy. My friend took me around the nice places.

Travel Collector: Haluna Nss

  • 0
  • 310 views

Sofia, Bulgaria


Sofia, Bulgaria

2013-04-10 - 2013-04-10

  • 6Episodes
  • Katarzyna Stasiuk-Fijalkowska
Chyba nikt by się nie spodziewał, że Sofia może być tak ładna wiosną

Travel Collector: Katarzyna Stasiuk-Fijalkowska

  • 0
  • 204 views

21歳!wild beauty girl!世界一周へ!〜ブルガリア〜

女子旅
21歳!wild beauty girl!世界一周へ!〜ブルガリア〜

2014-09-24 - 2014-09-25

  • 27Episodes
  • Misaki Iguchi
通り道の予定のブルガリアでひょんな出会いから 人生初の廃墟探検。 神秘的な空間に魅せられた強烈な思い出。

Travel Collector: Misaki Iguchi

  • 1
  • 683 views

Bulgaria

sea
Bulgaria

2014-07-09 - 2014-07-09

  • 6Episodes
  • Андрей Попко
Балчик – город своеобразный, интересный, и хорошо годится для без сомнения запоминающегося романтического путешествия. С давних времен его считают настоящим городом влюбленных. Набережная Балчика длинной более четырёх километров, подходящее место для прогулок, также как и гавань и выложенные булыжником старинные улицы. В районе набережной расположено как большинство отелей, представляющих из себя, в основном, небольшие пансионаты семейного типа, так и все заведения курортной инфраструктуры. Активная жизнь здесь не прекращается практически круглые сутки.

Travel Collector: Андрей Попко

  • 0
  • 302 views

Wild beaches of Bulgaria


Wild beaches of Bulgaria

2013-09-19 - 2013-09-19

  • 5Episodes
  • Da Moh
Among my favorite travel destinations! Warm even when the rest of Europe starts freezing. is cheap and very interesting.

Travel Collector: Da Moh

  • 1
  • 234 views

Bolgaria

summer
Bolgaria

2012-08-10 - 2012-08-10

  • 5Episodes
  • Katya Usik
Once in Bulgaria or my 18-year anniversary. Here are a few of the holiday in Bulgaria, as well as the beautiful nature and about what you can take yourself there

Travel Collector: Katya Usik

  • 3
  • 264 views

不思議なほど和む、明るい哀愁をまとった歴史むきだしの街へ、ぜひ。 不思議なほど和む、明るい哀愁をまとった歴史むきだしの街へ、ぜひ。

Back to Top of 不思議なほど和む、明るい哀愁をまとった歴史むきだしの街へ、ぜひ。