Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Tomoka Aonoさんのログブック(旅行記)「第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー」

第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー

2015-08-16 - 2015-08-16 40 4453 37

約4500名の日本兵が命を落としたフィリピン・コレヒドール島。
今でも当時の砲台や、要塞跡が残っていて、戦争によって人々の生活していた空間が破壊された生々しい様子を見る事ができます。
そして廃墟となった建物が、70年かけて育った植物に飲み込まれ、自然の偉大さも同時に感じます。
コレヒドール島ウォーキングツアーに参加し、廃墟を歩いて回りながら、ガイドさんに戦争の歴史を教えてもらいました。日本では、あまり深く触れられることのないコレヒドール島での戦い。ここで多くの人が犠牲になったことを知り、戦争の歴史を学ぶ事の重要性と、日本の歴史教育についても考えさせられました。

☆アクセス
マニラ湾シーサイドターミナルからフェリーで約1時間

☆一人当たりのコスト
・コレヒドール島ウォーキングツアー:P1800

※コレヒドール島へのアクセス及びツアーは、サンクルーズ社が独占しているので、サンクルーズ社のツアーでのみ訪れることができます。
http://www.corregidorphilippines.com/

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2015/08/16

Esplanade Seaside Terminal メトロマニラ, フィリピン

Esplanade Seaside Terminal(メトロマニラ, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 03

マニラ湾のシーサイドターミナルから、フェリーに乗車してコレヒドール島へ向かいます。コレヒドール島までは約1時間!

Esplanade Seaside Terminal メトロマニラ, フィリピン

Esplanade Seaside Terminal(メトロマニラ, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん)

マニラ湾・・・くさい・・・・ドブの臭いが漂っていますorz
沖にはたくさんのコンテナ船が見えます。

Corregidor Island カラバルソン, フィリピン

Corregidor Island(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 02

バスツアーの人たちはこのバスで島を回ります。なんかディズニーランドみたい笑
私たちは最初だけこのバスに乗って、あとはウォーキングツアー!

Corregidor Island カラバルソン, フィリピン

Corregidor Island(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 03

バスで通りかかったバラック(兵舎)の廃墟。
このバラックは米軍によって作られたものだけど、日本のコンクリートを使用しているとか。

Battery Way カラバルソン, フィリピン

Battery Way(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 04

ここでバスを降りて散策開始!
Battery Wayには米軍によって作られた大砲の数々が並びます。

Battery Way カラバルソン, フィリピン

Battery Way(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん)

大砲には被弾した跡もそのまま残っている・・・今はこんなに静かで平和な島なのに、数十年前にはここで間違いなく戦争があったのです。

Battery Way カラバルソン, フィリピン

Battery Way(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 02

弾薬庫の壁は崩れて鉄筋がむき出しに。
鉄筋をツイスト状にしてその上からコンクリートを塗ることで、被弾してもコンクリートが崩れないようにしているとか。

Battery Way カラバルソン, フィリピン

Battery Way(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 05

砲台から発射する爆弾の保管庫。巨大な爆弾を鎖でつり上げて、天井のレールを利用して移動させたらしい。

Battery Way カラバルソン, フィリピン

Battery Way(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 06

左側の建物が当時のトイレ。
被弾して飛んだコンクリートの塊が、木の幹に食い込んだままになっています。
この島は戦時中に全て焼け野原になってしまったため、島のほとんどの植物は戦後に植えられたものですが、この木は戦時中からここにあったことを証明しています。

Corregidor Island カラバルソン, フィリピン

Corregidor Island(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 04

ジャングルの中へ。
途中で日本軍が掘ったというトンネルの入り口の横を通り過ぎました。

Fort Mills Hospital カラバルソン, フィリピン

Fort Mills Hospital(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 02

米軍によって建設されたフォート・ミルズ病院跡。コレヒドール島が日本軍の占領下にあった間は、日本軍にも病院として使われていたといいます。

Fort Mills Hospital カラバルソン, フィリピン

Fort Mills Hospital(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん)

病院内部には無数の落書き。
実はこの病院跡はフィリピンの中でも、有名な心霊スポット・・・夜には来たくない・・・笑

Fort Mills Hospital カラバルソン, フィリピン

Fort Mills Hospital(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 05

病院のトイレの壁には、当時の注意書きが残っていました。
米軍に建てられた病院ですが、トイレはぼっとん便所のようなスタイルでした。

Fort Mills Hospital カラバルソン, フィリピン

Fort Mills Hospital(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 03

病院には中庭もあり、広々としています。
戦闘機のパイロットにここが病院であると知らせるために、この病院を上空から見ると十字架の形になっているといいます。
当時、「教会、病院、学校は空爆してはいけない」と条約で定められていましたが、日本はその条約にサインをしていないため、この病院も爆撃対象となりました。

Corregidor Island カラバルソン, フィリピン

Corregidor Island(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 05

「ショッピングモール」と呼ばれる商業施設跡地。米兵が食べ物などを買うための場所でした。
こういった場所が残っていると、「ここに人が住んでいた」という過去をはっきりと感じることができます。

Mile-Long Barracks カラバルソン, フィリピン

Mile-Long Barracks(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん)

1914年に建設されたマイル・ロング兵舎は世界で最も長く続く兵舎です。敷地内には、プールや映画館、ゴルフコースもあり、まさにソルジャーズパラダイス(兵士の楽園)でした。

Mile-Long Barracks カラバルソン, フィリピン

Mile-Long Barracks(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 06

マイル・ロング兵舎の前の広場には、国旗掲揚のポールが。
フィリピンの統治者がスペイン→アメリカ→日本と移り変わるごとに、ここで掲げられる国旗も変わったといいます。

Mile-Long Barracks カラバルソン, フィリピン

Mile-Long Barracks(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 04

映画館跡。
こうした娯楽施設まで軍事要塞にあるとは驚きです・・・アメリカ人らしい。笑

Mile-Long Barracks カラバルソン, フィリピン

Mile-Long Barracks(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 08

映画館跡の内部。
広々とした空間が広がっていて、ここで当時米兵たちが映画を楽しんでいたと想像すると、なんだか不思議な感じがします。

Corregidor War Museum カラバルソン, フィリピン

Corregidor War Museum(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん)

マイル・ロング兵舎の隣には、ミュージアムがあり、戦時中の写真や日本占領下にあった時代のお札、日本軍や米軍の装備品や銃などが展示されています。

Pacific War Memorial カラバルソン, フィリピン

Pacific War Memorial(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 02

天井から差し込む光が記念碑を照らしています。フィリピンでは珍しく、シンプルで洗練された造りが美しいです。

Corregidor Island カラバルソン, フィリピン

Corregidor Island(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 07

再びジャングルの中を歩いていると、米軍高官の家の跡地が。植物に飲み込まれて、まるでカンボジアの遺跡みたい・・・!!

Corregidor Island カラバルソン, フィリピン

Corregidor Island(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 06

崩れたコンクリートの下から木が力強く生えています。自然の偉大さを感じます・・・!!

Corregidor Island カラバルソン, フィリピン

Corregidor Island(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん) - 09

木の根元がボコボコに・・・なんだか、ここで戦死した人たちの怨念を感じる気がして、背筋が寒くなりました。

Corregidor Inn カラバルソン, フィリピン

Corregidor Inn(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん)

ウォーキングツアーは、コレヒドールインで終了。ここでランチ!

☆ランチ:P250

  • 予算:700円

Corregidor Island Port カラバルソン, フィリピン

Corregidor Island Port(カラバルソン, フィリピン)|第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー(Tomoka Aonoさん)

ウォーキングツアーは半日だけだったけど、暑い中歩き回って疲れた!芝生で寝っ転がってフェリーの出航を待ちました。
とっても有意義な一日だったー!!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

フィリピン留学/じんわりあたたかなケソンでの3ヶ月

留学
フィリピン留学/じんわりあたたかなケソンでの3ヶ月

2008-07-13 - 2008-10-06

  • 53
  • Shino Ichimiya
フィリピン留学が日本で流行る前の2008年夏。たった3ヶ月ですが、ケソンでの日常の風景と、人々の優しさをお届けできたら嬉しいです。

作者: Shino Ichimiya

  • 8
  • 4425

当たり前って何か?を考える。国際協力に触れたい一歩目。フィリピンのNGOスタディーツアー。


当たり前って何か?を考える。国際協力に触れたい一歩目。フィリピンのNGOスタディーツアー。

2007-08-09 - 2007-09-19

  • 25
  • Nakano Takayuki
大学最後の春休みに選んだ旅は、フィリピン支援のNGOアクセスが企画したフィリピンのスタディーツアーでした。 - 捨てられたゴミが山になり、発酵したゴミが自然発火して煙を出したことから、スモーキーマウンテンと呼ばれるようになった場所を訪れました。 - 世界中にスモーキーマウンテンはあり、フィリピンだけ数百と言われています。僕が訪れたのは、マニラのトンド地区にある場所。 - 初めて訪れたときは、言葉を失うような光景に、現実感が感じられないほどでした。 鼻をつんざく生ゴミの臭い、まとわりつく蝿、地面は濡れたゴミという生活環境で、必死に生きる人たちと出会いました。 ゴミの中から、換金できる鉄、ガラス、プラスチックなどを拾い、生活費に充てて生きている人たちです。 - - 「なんでここに来たんだ?俺たちはここに生きてることを恥だと思っている」 インタビューの時、そんな疑問も投げかけられました。 - 「この地域に、健康上の問題はありますか?」と尋ねたこともあります。 「ないわよ」と答える彼女の腕の中には、充血して涙を流す赤ん坊。 - インタビューの後、現地人スタッフが僕に教えてくれました。 「ここでは病気が当たり前なんだ。それが問題だと思ってるから、私たちは活動してるんだよ」と。 - 住みたい場所に住むこと、水があること、教育を受けること、そして健康であることは、決して当たり前では無い、と気付かされました。 - - そんな中で、手を引いて僕らを案内してくれる子ども達がいました。 ごみ拾いをさせてもらった時も、助言してくれたり、換金できるものを見つけて、拾わせてくれた大人達がいました。 家族の時間を大切に、思いやりあってる光景を見ました。 - 普通の旅では行けない旅へ、一歩を踏み出してみませんか? - - ※重要※ 個人旅行は現地の人たち、活動する人たちのために避けて下さい。 - 「清く貧しく美しい生活」知りたいという先進国の人たちの博物館ではなく、生きるためにこの場所でしか住むことができない人たちの生活空間です。 - 治安も悪く、犯罪も起こっています。が、長期に渡って地道な活動で信頼関係を作っていった現地人、日本人NGOスタッフ達の努力の結果、ツアーとして入ることが出来ています。 - しかし、自己責任であっても、日本人が巻き込まれたとなれば、活動そのものが止めざるを得ないケースが出てきます。 一人ひとりの生活に、心に、寄り添った、本当に素晴らしい活動をされています。 - 訪問したい場合は、NGOを通してするようにお願い致します。 - また個別の対応をした場合、その時間のスタッフの仕事が滞りますので、NGOが企画しているツアーに参加するようにご配慮お願いします。 その方が同じ想いを持った仲間と出逢い、感想を共有し、帰国後も学び会える、良い時間を過ごせます。 - また、ゴミ拾い体験は、スタディーツアーでは安全面から、できません。僕は、ツアー後に国内ボランティアスタッフとして1年以上活動し、スタッフとして現地調査に行った時に体験させてもらいました。 - 僕がお世話になったのはNGOアクセスという団体です。是非HPを見てみてください。 http://www.page.sannet.ne.jp/acce/ - <フィリピンについてのログブック> 人身売買、戦争、貧困。日本とフィリピンの見えない関係 〜フィリピンのスタディツアーで見た風景 田舎編〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18915 - スラム街の向こうに高級マンション。格差が生む貧困。〜フィリピンのスタディツアーで見た風景 都会編〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18917

作者: Nakano Takayuki

  • 4
  • 5743

Yang's first family trip in Cebu

リゾート
Yang's first family trip in Cebu

2014-07-27 - 2014-08-01

  • 17
  • Hong-il Yang
社会人になって初めてまとめて取れた夏休み。 2002年に嫁とチェジュ島3泊行って以来、ちゃんと家族を旅行に連れてってなかったので、アジアのどっかのリゾートへ行ってやろうと思い立ったのが去年の年末。 チビ達にとって初の海外旅行、どこにしよかと思ったけどやっぱ行き先はほぼ毎日やってるDMM英会話の先生から興味を持ったフィリピン。 この旅は将来チビ達が世界のどこでも生きて行けるようになって欲しくて色んな世界を見させ、セブへの語学留学の視察も兼ねたライフハック的なテーマがあったが、予想をはるかに上回る冒険になったのだった。

作者: Hong-il Yang

  • 8
  • 2016

フィリピン マニラ ホスピタリティとカオスの街

一人旅
フィリピン マニラ ホスピタリティとカオスの街

2007-11-22 - 2007-11-24

  • 32
  • Shohei Watanabe
フィリピンについての最初の記憶はマルコス大統領独裁と、テレビで生放送されたニノイ・アキノ暗殺事件。 https://www.youtube.com/watch?v=p_hchH6uN0s マニラ とても人懐っこくてホスピタリティ溢れる昼間と、売春斡旋の男達が外国人に声を掛けまくる夜。 とても親切で明るい人たちと、何とか外国人からカネを毟り取ろうと声を掛けてくる物売り。  カフェに集まる売春婦達もセックスに寛容なのか陽気でした。 春を買うために多くの外国人が訪れる街。 夜でも方法を見つければ安全に移動ができます。 日本人リタイアメント居住施設があるタガイタイにも足を運び視察をしてきました。 写真 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157603520067833/

作者: Shohei Watanabe

  • 2
  • 3042

アンヘレスぶらり旅


アンヘレスぶらり旅

2014-07-19 - 2014-07-20

  • 8
  • Hiroki Ishikawa
アンヘレスにあるいくつかのおもしろスポットを訪れました。特に、山の中に作られたリゾート地がとても綺麗でおすすめの場所です。

作者: Hiroki Ishikawa

  • 3
  • 1284

スラム街の向こうに高級マンション。格差が生む貧困。〜フィリピンのスタディツアーで見た風景 都会編〜

スタディツアー
スラム街の向こうに高級マンション。格差が生む貧困。〜フィリピンのスタディツアーで見た風景 都会編〜

2006-03-03 - 2007-09-15

  • 17
  • Nakano Takayuki
2005年と2006年に参加した NGOの企画するスタディツアーで見た景色です。 普通の旅では出会えないような景色に出会えました。 都会の景色を中心にまとめています。 - 貧困とは「皆が貧しい」という状況では起こらず、「格差がある」ときに生まれると思います。 日本の中流家庭(ときに、日本のお金持ちレベル)と変わらない生活ができる人たちのすぐそばに、 今日明日のご飯の不安を抱えた人たちが住む場所があります。 - スモーキーマウンテン(ゴミ山の景色)はこちらのログブックで。 https://www.compathy.net/tripnotes/18683 - 田舎の景色はこちらのログブックで。 https://www.compathy.net/tripnotes/18917

作者: Nakano Takayuki

  • 0
  • 7034

Philippines/フィリピン


Philippines/フィリピン

2012-02-06 - 2012-02-09

  • 10
  • 玉井 大輔/生粋の旅人
国民の一割が出稼ぎ労働者であるフィリピンは、東南アジアで、唯一、キリスト教徒の人口が多数はを占めている国です。アジア最大のスラム街といわれているスモーキーマウンテンには、フィリピンという国にしかない輝きがあります。

作者: 玉井 大輔/生粋の旅人

  • 2
  • 1074

第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー 第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー

第二次世界大戦激戦地コレヒドール島で戦争の歴史を学ぶウォーキングツアー トップへ