Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Tomoka Aonoさんのログブック(旅行記)「パヤタススタディーツアー」

パヤタススタディーツアー

2013-11-09 - 2013-11-0915 Episodes
Tomoka Aono
Travel Collector
Tomoka Aono
  • 30s / female
  • Philippines
Places visited
Philippines

NGO法人アイキャンによるパヤタスダンプサイトスタディーツアーに参加しました。
フィリピンの首都マニラにあった有名なゴミ山「スモーキーマウンテン」が閉鎖された今も、場所を変えてゴミ山は存在します。スタディーツアーでは、パヤタスダンプサイトに暮らす人々から直接話を聞き、ストリートチルドレンとして暮らしていた子供達と交流しました。
貧困の現場を自分の目で見て、自分の頭で考える、素晴らしい機会となりました。

☆NGO法人アイキャン http://www.ican.or.jp/
☆1日スタディーツアー参加費:6,000円(日本からの旅費は含まない)

  • 0Favorite
  • 1716view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12013/11/09

Payatas Dumpsite Metro Manila, Philippines

Payatas Dumpsite(メトロマニラ, フィリピン)|パヤタススタディーツアー(Tomoka Aonoさん) - 06

パヤタスダンプサイトの周辺には、コミュニティが存在します。この写真を撮影した場所はすでに、ひどい悪臭が漂っていました。この中で常に生活しなければならないのは、正直言ってかなり辛いです。
トタン屋根の質素な家々がびっしりと並び、小さな家に大勢の家族が一緒に暮らしています。

Payatas Dumpsite Metro Manila, Philippines

Payatas Dumpsite(メトロマニラ, フィリピン)|パヤタススタディーツアー(Tomoka Aonoさん) - 07

勢力の強い台風の上陸が多いフィリピンにおいて、このような質素な家では、トタン屋根が飛んだり、家が損壊したりすることもしょっちゅうあると言います。
しかし、ここに住む多くの人たちは1995年に閉鎖された別のダンプサイト(通称:スモーキーマウンテン)から移住してきた人たちで、彼らは高額な家賃が支払うことができず、パヤタスダンプサイトに住み着きました。そしてこのパヤタスからも立ち退きを求められていますが、他に行く場所がないため、ここに留まり続けています。

Payatas Dumpsite Metro Manila, Philippines

Payatas Dumpsite(メトロマニラ, フィリピン)|パヤタススタディーツアー(Tomoka Aonoさん)

住宅街の向こう側に見えるのが、ゴミの山です。マニラ中からのゴミが集められ、ここに放置されています。そしてマニラだけでなく、中には日本から運ばれて来るゴミもあるという話を聞き、とてもショックを受けました…。

Payatas Dumpsite Metro Manila, Philippines

Payatas Dumpsite(メトロマニラ, フィリピン)|パヤタススタディーツアー(Tomoka Aonoさん) - 02

ゴミの山が崩壊しないように、重機でならしています。
しかし、2000年には積み上がったゴミ山が崩落し、何百人もの人が犠牲になったと言います。その事故の後に一度パヤタスダンプサイトは閉鎖されたものの、結局ゴミを捨てる場所が他になく、再びダンプサイトとして利用されるようになり現在に至ります。

Payatas Dumpsite Metro Manila, Philippines

Payatas Dumpsite(メトロマニラ, フィリピン)|パヤタススタディーツアー(Tomoka Aonoさん) - 03

アイキャンが支援しているパヤタスの住人の生計向上プロジェクト見学に行きました。ここでは小物やぬいぐるみの製作を行っています。

Payatas Dumpsite Metro Manila, Philippines

Payatas Dumpsite(メトロマニラ, フィリピン)|パヤタススタディーツアー(Tomoka Aonoさん) - 04

ミシンや糸が並び、壁には設計図が貼られています。フィリピンでは、製品のクオリティコントロールが出来ず、「売れる」クオリティのものを製作するのにとても苦労しますが、こうしてポイントを抑えた設計図を作り、一定のクオリティを保てるように工夫しています。

Payatas Dumpsite Metro Manila, Philippines

Payatas Dumpsite(メトロマニラ, フィリピン)|パヤタススタディーツアー(Tomoka Aonoさん) - 05

クオリティコントロールの甲斐あり、裁縫も非常に丁寧です。
こうして裁縫技術などを学びながら、ぬいぐるみや小物を売って少しでも収入を得て、ゴミを拾いに行かなくても生活できるようになるために、サポートを行っているとのことです。

Quezon City Metro Manila, Philippines

Quezon City(メトロマニラ, フィリピン)|パヤタススタディーツアー(Tomoka Aonoさん) - 05

次に訪れたのは、ストリートチルドレンだった子供達が集められて、パンを作る技術を学んでいる場所です。
10歳〜18歳くらいの子が多かったですが、みんな小学生に見えるくらい小さいです。恐らく、十分な栄養が取れずに育ったためでしょう。

Quezon City Metro Manila, Philippines

Quezon City(メトロマニラ, フィリピン)|パヤタススタディーツアー(Tomoka Aonoさん)

エンサイマダと呼ばれるフィリピンの菓子パンを作っていました。子供達はみんなパン作りが上手!ここで技術を学び、就職して、経済的に自立した生活を送れるように、アイキャンがサポートを行っています。

Quezon City Metro Manila, Philippines

Quezon City(メトロマニラ, フィリピン)|パヤタススタディーツアー(Tomoka Aonoさん) - 07

子供達はみんな人なつこくて、写真が大好き!カメラを向けると、どんどん人が集まって来て素敵な笑顔を向けてくれます。

Quezon City Metro Manila, Philippines

Quezon City(メトロマニラ, フィリピン)|パヤタススタディーツアー(Tomoka Aonoさん) - 06

なかにはこんなやんちゃな雰囲気の男の子たちも!笑
彼らももちろんパン作りを学びに来ています。

Quezon City Metro Manila, Philippines

Quezon City(メトロマニラ, フィリピン)|パヤタススタディーツアー(Tomoka Aonoさん) - 04

パン作り見学の後は、外に出てみんなでゲームをしました!
円になってみんなで自己紹介をしたり、自由にお話したり。

Quezon City Metro Manila, Philippines

Quezon City(メトロマニラ, フィリピン)|パヤタススタディーツアー(Tomoka Aonoさん) - 03

そして歌って踊る!!笑
ダンスが得意な子達が中心となって踊り始め、私たちも参加!最終的にはみんなでダンス!!!

Quezon City Metro Manila, Philippines

Quezon City(メトロマニラ, フィリピン)|パヤタススタディーツアー(Tomoka Aonoさん) - 08

子供達とすっかり仲良くなることができました。
見学するだけでなく、こうして交流を持てるのはとても貴重な体験!

Quezon City Metro Manila, Philippines

Quezon City(メトロマニラ, フィリピン)|パヤタススタディーツアー(Tomoka Aonoさん) - 02

最後はみんなで集合写真!
パヤタスダンプサイトの視察、そしてストリートチルドレンだった子供達との交流、貧困問題について深く考えさせられる一日でした。
最後にツアーの参加者同士で、今日感じた事の感想などをシェアしましたが、その時にアイキャンのスタッフの方が涙ながらに「単純に『かわいそう』と同情するのではなく、参加者一人一人が自分には何が出来るかを考えてくれてうれしい」と言っていたのが印象的でした。

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 1716view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

当たり前って何か?を考える。国際協力に触れたい一歩目。フィリピンのNGOスタディーツアー。


当たり前って何か?を考える。国際協力に触れたい一歩目。フィリピンのNGOスタディーツアー。

2007-08-09 - 2007-09-19

Read more

  • 25Episodes
  • Nakano Takayuki
大学最後の春休みに選んだ旅は、フィリピン支援のNGOアクセスが企画したフィリピンのスタディーツアーでした。 - 捨てられたゴミが山になり、発酵したゴミが自然発火して煙を出したことから、スモーキーマウンテンと呼ばれるようになった場所を訪れました。 - 世界中にスモーキーマウンテンはあり、フィリピンだけ数百と言われています。僕が訪れたのは、マニラのトンド地区にある場所。 - 初めて訪れたときは、言葉を失うような光景に、現実感が感じられないほどでした。 鼻をつんざく生ゴミの臭い、まとわりつく蝿、地面は濡れたゴミという生活環境で、必死に生きる人たちと出会いました。 ゴミの中から、換金できる鉄、ガラス、プラスチックなどを拾い、生活費に充てて生きている人たちです。 - - 「なんでここに来たんだ?俺たちはここに生きてることを恥だと思っている」 インタビューの時、そんな疑問も投げかけられました。 - 「この地域に、健康上の問題はありますか?」と尋ねたこともあります。 「ないわよ」と答える彼女の腕の中には、充血して涙を流す赤ん坊。 - インタビューの後、現地人スタッフが僕に教えてくれました。 「ここでは病気が当たり前なんだ。それが問題だと思ってるから、私たちは活動してるんだよ」と。 - 住みたい場所に住むこと、水があること、教育を受けること、そして健康であることは、決して当たり前では無い、と気付かされました。 - - そんな中で、手を引いて僕らを案内してくれる子ども達がいました。 ごみ拾いをさせてもらった時も、助言してくれたり、換金できるものを見つけて、拾わせてくれた大人達がいました。 家族の時間を大切に、思いやりあってる光景を見ました。 - 普通の旅では行けない旅へ、一歩を踏み出してみませんか? - - ※重要※ 個人旅行は現地の人たち、活動する人たちのために避けて下さい。 - 「清く貧しく美しい生活」知りたいという先進国の人たちの博物館ではなく、生きるためにこの場所でしか住むことができない人たちの生活空間です。 - 治安も悪く、犯罪も起こっています。が、長期に渡って地道な活動で信頼関係を作っていった現地人、日本人NGOスタッフ達の努力の結果、ツアーとして入ることが出来ています。 - しかし、自己責任であっても、日本人が巻き込まれたとなれば、活動そのものが止めざるを得ないケースが出てきます。 一人ひとりの生活に、心に、寄り添った、本当に素晴らしい活動をされています。 - 訪問したい場合は、NGOを通してするようにお願い致します。 - また個別の対応をした場合、その時間のスタッフの仕事が滞りますので、NGOが企画しているツアーに参加するようにご配慮お願いします。 その方が同じ想いを持った仲間と出逢い、感想を共有し、帰国後も学び会える、良い時間を過ごせます。 - また、ゴミ拾い体験は、スタディーツアーでは安全面から、できません。僕は、ツアー後に国内ボランティアスタッフとして1年以上活動し、スタッフとして現地調査に行った時に体験させてもらいました。 - 僕がお世話になったのはNGOアクセスという団体です。是非HPを見てみてください。 http://www.page.sannet.ne.jp/acce/ - <フィリピンについてのログブック> 人身売買、戦争、貧困。日本とフィリピンの見えない関係 〜フィリピンのスタディツアーで見た風景 田舎編〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18915 - スラム街の向こうに高級マンション。格差が生む貧困。〜フィリピンのスタディツアーで見た風景 都会編〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18917

Travel Collector: Nakano Takayuki

  • 4
  • 4511 views

パヤタススタディーツアー パヤタススタディーツアー

Back to Top of パヤタススタディーツアー