Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Nakano Takayukiさんのログブック(旅行記)「カラカルパクスタン共和国とアラル海 〜世界から消えていく世界最大級の湖〜」

カラカルパクスタン共和国とアラル海 〜世界から消えていく世界最大級の湖〜

2014-09-25 - 2014-09-2517 Episodes
Nakano Takayuki
Travel Collector
Nakano Takayuki
  • 30s / male

アラル海。
-
かつては世界で四番目に大きな湖が、今やなくなりかけていて、
あと数年で姿を消すとまで言われている。
-
と言うわけで行って来ました!
-
現地の人みたく、バスを駆使!
片道3ドル、3時間半。
アラル海の漁で栄えていた町モイナク。
-
着いて、どうしようかなーとキョロキョロしてたら、
「おい、乗れ」と運転手と3人の若者が乗る車に言われて、
どこに行くかも聞かずに乗せられる。
-
若者たちが学校で降りたあと、
「で、お前は何処に行くんだ?」
-
今、聞く?
-

まー、乗る方も乗る方だけど。
-
-
船の写真見せたら、連れてってくれた。
船の墓場。

-
-
トルコ人のツアー客が何人が居た。
-
(ジープで元々は海の底だったとこを突っ切って、今の海岸線まで行くツアーが出てる。一日で50~80ドル、一泊で150~200ドルくらい)
-
僕は3時のバスまで、自由時間。
250km先にある、今の海岸線まで行く時間はなく、かつての海岸線を歩く。
-
まるで砂漠なのだが、
足元には貝殻がある。
-
-

昨日、ヒヴァでは命の連続を感じた。
遺跡の中に、今も人が日常を送っているからだ。
-
今日は、命の断絶を感じた。
つながるはずのバトンが途切れたような、そんな感覚。

-
-
ツアーじゃないから、
一人の時間が長い。
-
-
色んなことを思う。
-

あまりに広い「失った海」。
世界は、この海より遥かに広い。
-
まだまだ見たい世界が広がってる。
立ち止まるにはもったいないほどの。
-
-

行こうと思えば、どこだって行ける。
-
一歩一歩、どこに向かうか決めてさえいれば。
いつまでに、着くか決めてさえいれば。
-

風の音だけが無為に聞こえる一人の時間が、
忘れない時間を、身体に刻み込んでく。
-

-

作りかけの建物に入ると、
なぜか、鳥肌がやまなかった。
-

どんな想いが、
ここに残されてるのか。

-
ここには、あったはずの水が「無い」。
-
-
「無いこと」が有り、
それが、僕らに何かを残す。
-
-
<シルクロードのログブック>
ウイグルからキルギスへ。国境を越えてから、次の国境までの距離数百キロ?謎の境目をヒッチハイク。
https://www.compathy.net/tripnotes/18588

キルギス うるるん滞在記 〜青年海外協力隊とシルクロード〜
https://www.compathy.net/tripnotes/18672
-
ウズベキスタン うるるん滞在記 〜世界遺産と雑貨探し!シルクロードの旅〜
https://www.compathy.net/tripnotes/18850

-
カザフスタン うるるん滞在記 〜家族のつながりを知る、シルクロード〜
https://www.compathy.net/tripnotes/18633

  • 3Favorite
  • 955view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12014/09/25

Aral Sea Republic of Karakalpakstan, Uzbekistan

Aral Sea(Republic of Karakalpakstan, ウズベキスタン)|カラカルパクスタン共和国とアラル海 〜世界から消えていく世界最大級の湖〜(Nakano Takayukiさん) - 02

よくわからないまま、乗ったタクシー。

  • Budget:500USD

Aral Sea Republic of Karakalpakstan, Uzbekistan

Aral Sea(Republic of Karakalpakstan, ウズベキスタン)|カラカルパクスタン共和国とアラル海 〜世界から消えていく世界最大級の湖〜(Nakano Takayukiさん) - 13

貝殻が、砂漠ではなく海だったことを物語ります。

Aral Sea Republic of Karakalpakstan, Uzbekistan

Aral Sea(Republic of Karakalpakstan, ウズベキスタン)|カラカルパクスタン共和国とアラル海 〜世界から消えていく世界最大級の湖〜(Nakano Takayukiさん) - 14

なにかの工場になるかもしれなかった建物。

Travel Tracking

Comments

  • 3Favorite
  • 955view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

ウイグルからキルギスへ。国境を越えてから、次の国境までの距離数百キロ?謎の境目をヒッチハイク。

シルクロード
ウイグルからキルギスへ。国境を越えてから、次の国境までの距離数百キロ?謎の境目をヒッチハイク。

2014-09-11 - 2014-09-12

Read more

  • 23Episodes
  • Nakano Takayuki
陸路でシルクロードを行こう! という旅の最中、中国の中にあるウイグル自治区から、キルギスに向かって国境を越えて行きました。 - ウイグルの商業の中心地カシュガルから、中国国境の近くまでは乗合タクシーで移動。 門があるところで降ろされて、別のタクシーに乗り、入国管理の建物へ。 パスポートチェックを談笑しながら乗り越えて、いざキルギスへ!! - ・・・と思ったら、入国管理局の人と提携してるっぽい、また別のタクシーに乗せられて移動することに。どうせ近いだろうに、と思ってたら、看板にキルギスの国境の町Irkeshtamまで、200km以上の表示が?! - この、国と国の境目に、町があり、住人がいる。 どういう立場なのか?国籍はどうなってるのか?買い物は?移動は? - もう不思議たっぷり。 - 2時間ほど、ガンガン移動したあとにゲートがあり、パスポートがチェックされると、タクシーから降りろ、との指示。 - え?まだついてませんけど? - と思ったら、国境警備隊がトラックを指さして、「これに乗れ」と指示。 トラックの運転手も慣れたもので、「乗ってけ乗ってけ」と、言葉は全く通じないけど、楽しそうにドライブ。 - そして、20分も経たないうちに、運転手が「降りろ」と。また?! - どうやら、トラックは荷物チェックがあるから、時間がかかり、渋滞になっている。 なので、降りて歩いて行った方が早い、とのことらしい。 - キルギスの入国管理局まで徒歩10分。やっとのことでキルギスへ入った! - が、そこから最寄りの町までがまた長い・・・。 - - どう交渉しても、めっちゃ高いので、町ではなく最寄りの村まで行くことに。 ドラゴンクエストに出てきそうな村。宿屋もある。第一村人は馬に乗ってきた。 - そんな村に降りて、町までの移動を模索するも、けっこうな値段をふっかけてくる。 困っていたら、200m向こうで、トラックが止まった。 - No Moneyで交渉OK! 町に着いた時はあたりは真っ暗。早朝5時に宿を出たので、まさに1日がかりの国境越えでした。 - <シルクロードのログブック> キルギス うるるん滞在記 〜青年海外協力隊とシルクロード〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18672 - ウズベキスタン うるるん滞在記 〜世界遺産と雑貨探し!シルクロードの旅〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18850 - カザフスタン うるるん滞在記 〜家族のつながりを知る、シルクロード〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18633

Travel Collector: Nakano Takayuki

  • 3
  • 1650 views
カザフスタン うるるん滞在記 〜家族のつながりを知る、シルクロード〜

シルクロード
カザフスタン うるるん滞在記 〜家族のつながりを知る、シルクロード〜

2014-10-01 - 2014-10-01

Read more

  • 15Episodes
  • Nakano Takayuki
2014年 シルクロードの旅。カザフスタン編。 - 上海から入り、ウイグル自治区を抜けてキルギス、ウズベキスタン、そして、カザフスタンへ。 - 天然資源マネーで潤い始めたカザフスタンは、新首都アスタナを中心に急速に経済発展をしています。 - 僕は、ウズベキスタンの西の果てから鉄道で入りました。 3日間52時間の電車移動を経てたどり着くという、なかなかの長旅でした。 - 驚いたのは、北上して急速に温度が下がったこと。 到着したら、9月末にもかかわらず、雪が降っていました。街の人たちも冬の防寒具で全身を包んでいます。 - 観光地としては首都のアスタナは見るものは少ないかもですが、 僕がアスタナを訪れた理由は、大学の後輩を訪れるためでした。 後輩家族に、本当にお世話になりました。 1ヶ月の旅の間では味わえなかった日本食や、日本でもなかなか見ない洗練されたおうちでの滞在など、旅の終盤にめっちゃ幸せな時間を過ごしました。 - 子育てのこと、文化の違い、外から見た日本なども聞いたり、 日本では耳に入ってこないカザフスタンのことを知れて、思いがけない良い時間。 - 旅人が来ることは少ないかもしれませんが、意外な発展具合に驚くかと思います。 - <シルクロードのログブック> ウイグルからキルギスへ。国境を越えてから、次の国境までの距離数百キロ?謎の境目をヒッチハイク。 https://www.compathy.net/tripnotes/18588 キルギス うるるん滞在記 〜青年海外協力隊とシルクロード〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18672 - ウズベキスタン うるるん滞在記 〜世界遺産と雑貨探し!シルクロードの旅〜 https://www.compathy.net/tripnotes/18850

Travel Collector: Nakano Takayuki

  • 1
  • 765 views
カラカルパクスタン共和国とアラル海 〜世界から消えていく世界最大級の湖〜 カラカルパクスタン共和国とアラル海 〜世界から消えていく世界最大級の湖〜

Back to Top of カラカルパクスタン共和国とアラル海 〜世界から消えていく世界最大級の湖〜