Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Mitsukuni Satoさんのログブック(旅行記)「Cycling in Rikuzentakata 2014」

Cycling in Rikuzentakata 2014

2014-05-23 - 2014-05-25 55 419 3
  • Japan
訪れた国
日本

自転車仲間と一緒に生まれ故郷の陸前高田へ行ってきました。箱根山の展望台へ登って、大船渡、綾里方面へ。大きなダムがあるの知らなかった。生まれた街なのに知らないことがたくさんある。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2014/05/23

栃木県(日本)|「自転車を積んで出発。」Cycling in Rikuzentakata 2014(Mitsukuni Satoさん)

自転車を積んで出発。

  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!

2日目2014/05/24

  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!

活魚 すごう 岩手県, 日本

活魚 すごう(岩手県, 日本)|Cycling in Rikuzentakata 2014(Mitsukuni Satoさん)

ウニ、アワビ、イクラ、ホタテの四色丼。これは美味しいですよ(笑)

  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!

栃木県(日本)|「綾里川ダム。小ぢんまりしていますが迫力ある。」Cycling in Rikuzentakata 2014(Mitsukuni Satoさん)

綾里川ダム。小ぢんまりしていますが迫力ある。

  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!

3日目2014/05/25

  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!
  • 行ってよかった!

奇跡の一本松 岩手県, 日本

奇跡の一本松(岩手県, 日本)|Cycling in Rikuzentakata 2014(Mitsukuni Satoさん)

全長2kmくらいある超巨大ベルトコンベア。鉱山とかでしか見られない、働くクルマ的な巨大ダンプも走ってました。

  • 行ってよかった!

奇跡の一本松 岩手県, 日本

奇跡の一本松(岩手県, 日本)|Cycling in Rikuzentakata 2014(Mitsukuni Satoさん) - 02

奇跡の一本松。特に感慨ありませんが、敢行に訪れてくれる人がいるからいいのかな。

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

映画テルマエ・ロマエのロケ地を巡る温泉旅行

温泉
映画テルマエ・ロマエのロケ地を巡る温泉旅行

2014-08-15 - 2014-08-22

  • 9
  • 大西桜子
実写劇場版テルマエ・ロマエに登場した平たい顔の種族の住む世界(日本)の様々なロケ地、温泉地、銭湯や観光地を県を大幅に跨いでご紹介します。車と防寒具は必須!

作者: 大西桜子

  • 11
  • 14625

栃木・福島・山形・群馬の一人旅

一人旅
栃木・福島・山形・群馬の一人旅

2014-11-01 - 2014-11-03

  • 7
  • Yu
#旅の目的は? 一人で目的もなく、行き先もなく、宿もなく旅をしてみたかった #一言でどうだった? 一人で寂しさを感じた一方で、人の繋がりに温かさを感じた旅 #どこに行った? 1日目:東京→赤羽→宇都宮→郡山→福島 2日目:福島→高湯温泉→福島→米沢→福島→郡山→宇都宮 3日目:宇都宮→小山→高崎→赤羽→東京 #どこに泊まった? 1日目:コートダジュール&ガスト@福島 2日目:東横イン@宇都宮 #何を食べた? 1日目:餃子@宇都宮、スターバックス@郡山、ガキ大将@福島、一心亭@福島 2日目:ガスト@福島、ドトール@福島、べこや@米沢、サンクス@宇都宮 3日目:東横イン@宇都宮、はらっぱ@高崎 #いくらかかった? 37000円くらい 交通費 JR東日本3連休パス:13390円、高湯温泉行きバス:1640円 宿泊費 1日目:1700円、2日目:6500円 食費+α 1日目:7000円、2日目:6000円、3日目:1500円 #各地の印象は? 宇都宮・・・夜はあまり人いない。JRより東武の方が人多い。 郡山・・・風俗の街。グリーンカレーが食べたかった。 福島・・・人が温かい街。飲み屋もそこそこあって居心地が良い。 米沢・・・米沢牛しかない。 高崎・・・駅はとても栄えてる。風が冷たくて寒い。 #次の一人旅では何を変える? 費用:青春18きっぷに変更して交通費を削減 宿泊:2泊ともホテルに変更して次の日に疲れを残さない 食事:1日2食は現地の名産品を食べる 観光:主要都市以外の駅で降りて、ぶらり散歩してみる #電車は何に乗った? 赤羽〜黒磯、東北本線(宇都宮線) 黒磯〜福島、東北本線 福島〜米沢、奥羽本線 小山〜高崎、両毛線 高崎〜赤羽、高崎線 #現地の名産品は?(◎=食べた) 宇都宮:餃子◎ 郡山:グリーンカレー 福島:ままどおる、いか人参、桃 米沢:米沢牛◎ 高崎:高崎パスタ◎

作者: Yu

  • 3
  • 580

2013 夏 平泉 ひとり旅

一人旅
2013 夏 平泉 ひとり旅

2013-07-28 - 2013-07-29

  • 18
  • Hideyuki  Nakajima
この年は夏休みが1日増えて8日間となったので、その夏休みの前半として2013年7月に行ったことがない平泉へ旅をしてきました。

作者: Hideyuki Nakajima

  • 1
  • 333

咲き乱れ!圧巻の藤満開。花が織りなす幻想の世界。

女子旅
咲き乱れ!圧巻の藤満開。花が織りなす幻想の世界。

2015-04-27 - 2015-04-27

  • 16
  • Nalumi Uchiyama
あしかがフラワーパークの藤はホント凄いです。 2014年CNNが『世界の夢の旅行先9か所』に、日本から唯一選ばれたそうです。

作者: Nalumi Uchiyama

  • 1
  • 292

美瑛、富良野、旭川と札幌、北の大地を満喫する旅 Jul.2014

一人旅
美瑛、富良野、旭川と札幌、北の大地を満喫する旅 Jul.2014

2014-07-06 - 2014-07-08

  • 16
  • momocol
初めての北海道は、前から行ってみたかった「青い池」を起点に。風景に圧倒されてしまいつつ、美味しいものも食べちゃう、遠慮のない旅。

作者: momocol

  • 11
  • 6170

“東洋のガラパゴス” 奄美大島へ、往復6,000円でいってきた!


“東洋のガラパゴス” 奄美大島へ、往復6,000円でいってきた!

2014-10-18 - 2014-10-21

  • 59
  • Miho Nico Suzuki
トロピカルカラーで透明な海 おだやかでゆっくりなひとびと おいしい食事と、黒糖焼酎・・・ 鹿児島県の奄美大島へ行ってきました! 2014年7月からLCCのバニラエアが 奄美大島へのフライトを開始したんです。 (以前は東京からの飛行機が片道2〜4万円くらい) 今回、バニラエアのキャンペーンで 航空券が往復6,000円でGETできたので、 初めての奄美大島へ 彼と一緒にふたり旅♪

作者: Miho Nico Suzuki

  • 4
  • 11419

建築とアートを巡る瀬戸内旅行

建築
建築とアートを巡る瀬戸内旅行

2011-03-10 - 2011-03-13

  • 24
  • Chikako Murakami
大学の卒業旅行として瀬戸内海に浮かぶ島々へ行きました。 2010年に瀬戸内国際芸術祭が開催され、注目を浴びた瀬戸内海の島々。この芸術祭のキレイなポスターに魅せられ、いろいろ調べてみると有名な建築家が設計した美術館やアート作品が数多くあることを知りました。調べているうちに、webで見るだけでなく実際にその空間にいって見てみたいとの思いが強くなり、瀬戸内海の島々へ行くことに決まりました。島から島へは主にフェリーで移動します。フェリーから見える島々の景色もとてもきれいでした。

作者: Chikako Murakami

  • 2
  • 5098

まるでめがねのワンシーンのよう。同じ太陽に朝はみとれ、夕に黄昏れる。石垣・竹富島。6年前と変わらない春の浜辺は変わらず美しい。

家族旅行
まるでめがねのワンシーンのよう。同じ太陽に朝はみとれ、夕に黄昏れる。石垣・竹富島。6年前と変わらない春の浜辺は変わらず美しい。

2014-04-14 - 2014-04-19

  • 30
  • Satoko Nishiyama Fujioka
家族で沖縄本島・石垣島・竹富島を巡った一週間。 1泊那覇、1泊石垣島、3泊は竹富島にて。 それぞれ、もう何度もいっている島なのに、息子を持ってからみる沖縄は、また全然違ってみえた。 夕陽に黄昏れたり、赤から橙に変わる朝日を眺めたり、イモリの鳴き声で目を覚ましたり。 五感全部で、色んなものを掃きだして、もう一度自分をリニューアルしたような、そんな何かすっきりとする旅だった。 けれども、旅はもっともっと、関わる人を幸せにできるpeacefulなものなのに、いく先々でそうではない事柄もみた。 どうしたらこれが解消されるのか、色んなところをみながら、私なりの答えを考えていきたいなぁとも思う。

作者: Satoko Nishiyama Fujioka

  • 4
  • 4412

Cycling in Rikuzentakata 2014 Cycling in Rikuzentakata 2014

Cycling in Rikuzentakata 2014 トップへ