Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Takuo Shikataさんのログブック(旅行記)「"南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然」

"南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然

2007-02-16 - 2007-02-1815 Episodes
Takuo Shikata
Travel Collector
Takuo Shikata
  • male
  • Argentina
Places visited
Argentina

ブエノスアイレスは”南米のパリ”と称されるが アルゼンチンにはもう1つ”南米のスイス”と形容される街が中部にある それがサン・カルロス・デ・バリローチェ

そこに待っていたのは 美しい山々とそれに囲まれたいくつもの湖 空気も澄み渡り 広がる草原はアルプスの少女ハイジの世界 何日でも滞在していたいと思うくらい のんびりとリラックスできるリゾート地

  • 0Favorite
  • 541view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12007/02/16

Centro Cívico Río Negro, Argentina

Centro Cívico(Río Negro, アルゼンチン)|"南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然(Takuo Shikataさん)

山と湖に囲まれた自然の風景がスイスに似ているため 南米のスイスと言われるのかと想像していたが 街もどことなくアルプスのリゾートのようだ

実際 南半球のバリローチェでは7-11月はスキーリゾートとしてにぎわう

  • Loved to be there!

Puerto San Carlos Río Negro, Argentina

Puerto San Carlos(Río Negro, アルゼンチン)|"南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然(Takuo Shikataさん)

街の中心は観光客も多くて少しがやがやしているが 湖の近くは静けさが漂い 売店のノスタルジックな雰囲気がたまらない

  • Loved to be there!

Rio Negro Río Negro, Argentina

Rio Negro(Río Negro, アルゼンチン)|"南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然(Takuo Shikataさん)

バリローチェの大自然を体感するにはどうしたらいいのか?トレッキング?クルージング?

宿で一緒になったオランダ人がラフティングができることを教えてくれたので それに乗ってみる

  • Loved to be there!

Rio Negro Neuquen, Argentina

Rio Negro(Neuquen, アルゼンチン)|"南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然(Takuo Shikataさん)

川の流れに沿っていけばいいかと思いや パドルを漕いでバランスを保ちながら進まないといけないので 意外にハード

前日の雨で水の透明度は落ちてしまったが 飲み水としては全く問題ないようだ 

1時間ほどすると 国境を越えてチリに到着 いつの間に?

  • Loved to be there!

Day 22007/02/17

Cerro Otto Río Negro, Argentina

Cerro Otto(Río Negro, アルゼンチン)|"南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然(Takuo Shikataさん)

山をバックにサッカー

何人かは南米出身なので その腕前に戦々恐々としたが やっぱり皆がサッカーがうまいというわけではなかった

  • Loved to be there!

Bus Stop Río Negro, Argentina

Bus Stop(Río Negro, アルゼンチン)|"南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然(Takuo Shikataさん)

ラフティングの景色でも十分スイスらしさは味わえたが ビューポイントがあるということで 市バスで向かう

  • Loved to be there!

Cerro Campanario Río Negro, Argentina

Cerro Campanario(Río Negro, アルゼンチン)|"南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然(Takuo Shikataさん)

どこで降りればよいのか分からなかったが 観光客らしき人が何人かバスから去ったところで便乗下車

リフトに乗ること約8分 その間も吹き付ける風が体温を奪うくらい冷たい

  • Loved to be there!

Cerro Campanario Río Negro, Argentina

Cerro Campanario(Río Negro, アルゼンチン)|"南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然(Takuo Shikataさん) - 05

世界を股にかけるということで 足を広げて写真を撮ることがマイブームだった時期

この旅に合わせて購入したトレッキングシューズは 履き始めでもフィット感がすばらしかったがのに 夜中暗いドミトリーで荷造りをしていたら 違う人の靴と間違えてバックに入れてしまい あえなく別れの瞬間を迎えてしまうことになった

  • Loved to be there!

Cerro Campanario Río Negro, Argentina

Cerro Campanario(Río Negro, アルゼンチン)|"南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然(Takuo Shikataさん) - 03

頂上が雪化粧に覆われた山々に鮮やかなブルーの湖 まさにスイスのような景色

  • Loved to be there!

Cerro Campanario Río Negro, Argentina

Cerro Campanario(Río Negro, アルゼンチン)|"南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然(Takuo Shikataさん) - 02

湖の色は光の反射具合でエメラルドグリーンに見えたり サンゴ礁のような色彩を演出したり その移り変わるカラーで楽しませてくれる

  • Loved to be there!

Cerro Campanario Río Negro, Argentina

Cerro Campanario(Río Negro, アルゼンチン)|"南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然(Takuo Shikataさん) - 04

澄み渡った空気に いつまでもこのビューポイントに留まりたいところだが なにより寒さが予想以上だ あえなくリフトで下山

  • Loved to be there!

Day 32007/02/18

Llao Llao Hotel Río Negro, Argentina

Llao Llao Hotel(Río Negro, アルゼンチン)|"南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然(Takuo Shikataさん)

ビューポイントからのスイスな感じも十分味わえたが ホステルの人はLlao LLao ホテルにいってみるとさらに絶景に出会えるよということで またまた市バスにて向かう

山を背に広がる草原にロッジスタイルのようなホテル どこからかヨーデルが聞こえてきそうな まさにアルプスの少女ハイジの世界

  • Loved to be there!

Llao Llao Hotel Río Negro, Argentina

Llao Llao Hotel(Río Negro, アルゼンチン)|"南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然(Takuo Shikataさん) - 02

この自然豊かなバリローチェに 癒しを求めて 南米のパリ・ブエノスアイレスからもたくさんの人が訪れるのだろう

  • Loved to be there!

Llao Llao Hotel Río Negro, Argentina

Llao Llao Hotel(Río Negro, アルゼンチン)|"南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然(Takuo Shikataさん) - 03

ホテルの近くを散策していると 上空からは確認できなかったが 湖畔には別荘が立ち並ぶ アルゼンチン人もしっかりとバカンスを楽しむ国民性なので ここで家族や仲間とゆっくり過ごせたら リラックスできる

  • Loved to be there!

Mamuschka Río Negro, Argentina

Mamuschka(Río Negro, アルゼンチン)|"南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然(Takuo Shikataさん)

美しい山にきれいな湖 ハイジの世界と”南米のスイス”という枕詞にうなずくのには十分だったが 最後にもう1つ スイスといえばチョコレート ここバリローチェにも 専門店があった

地元の人はMamuschkaがおすすめということだったが 方向音痴のため 店が見つからない 暇そうに立っていたおじさんに尋ねるも 聞いた相手が悪かった このおじさんは知らなかった でも親切に家族に聞いてくれて一緒に探すことに しかし 探すまでもなく 目の前にお店があり 皆で大爆笑 「なんで視界に入っているのに気付かないのか!?」 なんでもジョークにして楽しめるアルゼンチン人はユーモアに溢れている

ばら売りでさまざまな種類がある 梱包はまだ改善できそうだが 味は申し分ない アルゼンチンでチョコレートを楽しめるとは これだけ箱に詰めても400円ほどだったので お値段もお手頃

  • Loved to be there!
  • Budget:400USD

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 541view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

"南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然 "南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然

Back to Top of "南米のスイス" アルゼンチン・バリローチェの大自然