Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Takuo Shikataさんのログブック(旅行記)「経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿」

経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿

2005-07-14 - 2005-07-2321 Episodes
Takuo Shikata
Travel Collector
Takuo Shikata
  • male

「アジア最後のフロンティア」として経済沸騰中のミャンマー 安い労働力を背景に急成長を遂げる姿に世界のビジネスの注目を集めるが 旅行するにも見所あふれる場所 10年前に訪れた時は 首都のヤンゴン(当時)でさえ 人々はロンジーといわれる伝統的な巻スカートをはき まさに異国情緒漂う国だった さらに驚かされたのはその物価の安さ 日本に送ったポストカードの切手代は1枚たったの3円! さすがに物の値段はすでに高騰してしまったが 強い印象を残してくれた人々の親切さは いまなお変わっていないことを望む

  • 2Favorite
  • 2526view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12005/07/14

Sule Pagoda Road Yangon Region, Myanmar [Burma]

Sule Pagoda Road(ヤンゴン, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん)

バンコクから到着した当時のヤンゴン国際空港 その名からは程遠く 小学校の体育館のような規模だった

近代化と西洋化が進んでいたタイとは違い 古き良き東南アジアの雰囲気が漂う ヤンゴンの中心地を行き交う人々でさえ Gパンやスーツではなく 伝統衣装のロンジーを巻いて闊歩する姿が印象的で異国情緒満載

  • Loved to be there!

Pansodan Jetty Yangon Region, Myanmar [Burma]

Pansodan Jetty(ヤンゴン, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん)

10日ほど滞在したが 携帯電話を持った人を見たのは1度だけ シンガポールでビジネスを展開する敏腕ミャンマー人企業家だった

東南アジア特有のバイクの渋滞はないが 走っている車が古いため 排気ガスがひどい 

埠頭に向かうと 人々がボートに乗り込み家路を急ぐ

  • Loved to be there!

Bogyoke Aung San Market Yangon Region, Myanmar [Burma]

Bogyoke Aung San Market(ヤンゴン, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん)

巻きスカートと共に ミャンマーらしいものがこの「タナカ」といわれる化粧品

ファンデーションや日焼け止めとして用いられているが 経済成長が続けば このタナカも「ニベア」の製品に代わってしまう日が来るのだろうか?

  • Loved to be there!

Day 32005/07/16

Kyaithiyo Pagoda (Golden rock Pagoda) Mon, Myanmar [Burma]

Kyaithiyo Pagoda (Golden rock Pagoda)(Mon, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん) - 03

ミャンマーで楽しみにしていた1つがこのゴールデンロック

ゴージャスな金色は一旦置いて 今にも転がり落ちそうな岩 この岩には仏陀の頭髪が納められているとされる

入場料は6USドル(当時) しかし料金を支払う場所が分からず 気が付けばもう黄金の岩の前に到着

  • Loved to be there!
  • Budget:720USD

Kyaithiyo Pagoda (Golden rock Pagoda) Mon, Myanmar [Burma]

Kyaithiyo Pagoda (Golden rock Pagoda)(Mon, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん)

お祈りをささげる人の前にそびえたつ黄金の岩 そのまま滑り落ちていきそうなのに バランスを保っているのが神秘的

  • Loved to be there!

Kyaithiyo Pagoda (Golden rock Pagoda) Mon, Myanmar [Burma]

Kyaithiyo Pagoda (Golden rock Pagoda)(Mon, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん) - 02

お布施代わりに岩に金箔を張り付ける

この場所は女人禁制のため ゴールデンロックのある山頂までのトラックで一緒になったミャンマー人の女の子に 私の分まで岩にお祈りしてきてと頼まれた

厚い信仰心に支えられたミャンマー社会の一端を垣間見た

  • Loved to be there!

Shwemawdaw pagoda Bago Region, Myanmar [Burma]

Shwemawdaw pagoda(Bago Region, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん)

ゴールデンロックの観光を終え マンダレーに移動すべくBagoに 夜行バスの出発までBagoの町を散策 

親しく話しかけてきた人がいたので アウンサンスーチー氏の事を尋ねてみたら それまで振りまいていた笑顔が一瞬にして去り 表情がこわばってしまった

この時 アウンサンスーチー氏は自宅軟禁に置かれ 彼女のことを話題にすることは 密告される恐れもあり 人々は口にできなかった

親切にもバス停まで送ってやると言ってくれたその人のバイクに乗ると 周りに聞こえないように アウンサンスーチー氏が自由の身になってミャンマーが民主化されるのは10年はかかるだろうと話してくれた

その言葉が現実となったことで 今なおこの人と話したことは忘れられない旅の出来事

  • Loved to be there!

Day 42005/07/17

30th Street Mandalay Region, Myanmar [Burma]

30th Street(マンダレー, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん)

ミャンマー第2の都市 北部のマンダレーに到着

イギリス占領まで王朝の中心だった古都 街は整然とした碁盤の目の区画に整備され アジアのごちゃごちゃした雰囲気とはちょっと違う

ここでもロンジー率は高い! ほぼ100%と言ってもいいくらい

  • Loved to be there!

29th Street Mandalay Region, Myanmar [Burma]

29th Street(マンダレー, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん)

立ち読みならぬ座り読み

空が厚い雲に覆われていたので 雨が降ったらどうするんだろうと心配したが 多少本が濡れても気にしないのだろう

  • Loved to be there!

Day 52005/07/18

U Bein's Bridge Mandalay Region, Myanmar [Burma]

U Bein's Bridge(マンダレー, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん)

マンダレー郊外のアマラプラにあるウー・ベイン橋に自転車を借りて向かう

マンダレー郊外で詳しい地図がなく 途中いくつかの分岐点が頭を悩ませたが ホステルの受付の人のメモが役に立ち無事着

ホステルの人がすすめてくれたスポットだったので 最初はどんな橋なのか?日本の援助で立てられたインフラ設備か何かかと思いや まったく違った

  • Loved to be there!

U Bein's Bridge Mandalay Region, Myanmar [Burma]

U Bein's Bridge(マンダレー, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん) - 02

チーク材でできた橋は両サイドに柵がないので 絵になるが 落下する危険性と隣り合わせ 

自転車で走ると カタンコトンと木が音を立てるのが耳に心地よく響く

20-30メートルおきに小屋みたいなものがあり 行商が営業中 

自転車に疲れたので橋の近くで休憩していると 牛の群れがすぐそばまで草を食べに来た 荒い鼻息を立てながら1mもないくらいの至近距離まで接近してきたので気が気でなかった

  • Loved to be there!

Mandalay Palace Mandalay Region, Myanmar [Burma]

Mandalay Palace(マンダレー, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん)

再びマンダレー中心に戻ると旧王宮のお堀に夕日が反射して1日の終わりを告げようとしていた

ミャンマー第2の都市といえど 停電がひどく 闇夜に包まれることもしばし

  • Loved to be there!

Day 62005/07/19

Bagan Mandalay Region, Myanmar [Burma]

Bagan(マンダレー, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん)

マンダレーからパガンまでバスで移動(4200チャット)

今までの旅史上 最悪のバス 座席の下に収納スペースを確保するため イスが高く引き上げられ 座ったら天井に頭がつきそうな圧迫感 補助席もないのに 通路に人が座り込み 座席の革張りが異臭を放つ 

普段なら出発してすぐに眠りにつけるのに このバスではなかなか寝付けなかった

  • Loved to be there!
  • Budget:420USD

Tharabar Gate Mandalay Region, Myanmar [Burma]

Tharabar Gate(マンダレー, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん)

道端に唾を吐く人を良く見かけたが 吐血したかのように吐くものが真っ赤

最初は体を心配したが どうやらその正体は噛みタバコのキンマ

添加物なしの手作りで新鮮なものを露店で販売 試しに1つ噛ませてもらったが 思わず吐き出してしまうほどだった これが噛みしめるようになったら ミャンマー人に近づけるのか

  • Loved to be there!

Day 82005/07/21

Old Bagan Mandalay Region, Myanmar [Burma]

Old Bagan(マンダレー, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん)

バガン観光のハイライト 無数の寺院や仏塔が点在するオールドバガンを目指すべく 朝食後ホステルの玄関を出ると… 

突然 気分が悪くなり道端に嘔吐 さらに一瞬にして高熱に襲われ 立っていられない状態に

結局その後 しばらく寝込むことになり 3日間くらいかけて ゆっくりと回ろうと思っていたバガンの予定に変更を余儀なくされた

赤痢か何かにかかったのか 病院に行かずに自力で完治させたのでいまだに謎

泊まっていたホステルのスタッフが色々と気遣ってくれ 感謝の一言に尽きる

宿泊先:Golden Village Inn
宿泊代:3ドル/日

  • Loved to be there!
  • Budget:360USD

Old Bagan Mandalay Region, Myanmar [Burma]

Old Bagan(マンダレー, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん) - 02

2日近く寝込んだら体調も少し回復し 自転車でオールドバガンへ

昼間は暑すぎて観光どころではないので 午前中か日没の時間帯に訪れるのがおすすめ

自転車をこいでいるとおじさんにつかまり話し込まれる 近くの学校の教師らしい 先生の給与は月給9ドル 学校も政府からの資金補助が十分に行き届かずNGOの支援が頼りの綱ということだった

先生に別れを告げ オールドバガンに入ると 一体いくつあるのだろうかというくらい 見渡す限り寺院&仏塔 

世界遺産級の遺跡なのに道も未舗装で 素朴な雰囲気に心が和む

何時間でも眺めていられる風景

  • Loved to be there!

Day 102005/07/23

Inle Lake Shan, Myanmar [Burma]

Inle Lake(シャン, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん)

ミャンマー最後の目的地インレー湖

ニャウンシュエの町をぶらついていると インレーまでのボートの勧誘を受ける

値段を聞くと800円/日で貸切ということで交渉成立

川風を感じると肌寒く すれ違うボートで革ジャンを羽織っている人に共感

  • Loved to be there!
  • Budget:800USD

Inle Lake Shan, Myanmar [Burma]

Inle Lake(シャン, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん) - 04

ボートの借り上げが安く済んだので気を良くしていたのに 今度は入場料ならぬ入湖料 

このお金は一体何に使われるのか? 

2005年は3USドルだったが 2014-2015の地球の歩き方には10ドルとの記載

10年で3倍以上の値上がり 恐るべしミャンマーの物価上昇

  • Loved to be there!
  • Budget:360USD

Ywama Village Shan, Myanmar [Burma]

Ywama Village(シャン, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん)

インレー湖とひと口にいっても 水上家屋が立ち並び 集落を構成しているようだ

Ywamaという名のコミュニティに立ち寄る 観光客向けの民芸品を製造・販売している場所のようで 湖で育つ蓮から織物をつくったり 絹を素材としてストールなどを織ったりしていた

  • Loved to be there!

Inle Lake Shan, Myanmar [Burma]

Inle Lake(シャン, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん) - 02

伝統的な漁をしている水上の民を発見

ボートにエンジンも付いていない 実に素朴な暮らしの一面

  • Loved to be there!

Inle Lake Shan, Myanmar [Burma]

Inle Lake(シャン, ミャンマー)|経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿(Takuo Shikataさん) - 03

湖上に住む人々にとっては 移動手段はボートに頼ることになる

1日の仕事を終えたのか 家路を急ぐようにもみえる人たち

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 2Favorite
  • 2526view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿 経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿

Back to Top of 経済沸騰中!!ミャンマーの素朴な姿