Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
安田大祐さんのログブック(旅行記)「【勝手にバックパッカー】東南アジアで路地歩きイリュージョン~タイ・ラオス・ベトナム~【風景編】」

【勝手にバックパッカー】東南アジアで路地歩きイリュージョン~タイ・ラオス・ベトナム~【風景編】

2010-02-15 - 2010-03-0212 Episodes
安田大祐
Travel Collector
安田大祐
  • 30s / male

東南アジア一人旅バックパッカー。

はいどうも、こんにちは!

お呼びでもお呼びでなくても、はじめてしまいます、
タイ・ラオス・ベトナム旅行記。

勝手に始めて勝手に終わりますが、サクサク行っちゃいますよ。
なにせ今回は写真がちょっと多いのだ。

と、いうのは、今まではコンパクトデジカメで、
コソコソと盗撮するというスタイルだったけど、
今回からは一転、奮発してデジタル一眼レフ、買っちゃいました。
冷やし中華、始めました。
…ので、興奮して写真を普段よりも取りまくったせいです。

まぁそういうことで、この旅行をもって、
堂々と盗撮するというスタイルにプリンセス転向!
ということで、東南アジアの片隅で、イリュージョンかましてきました。

でも、ここに載せる写真はそんなにイリュージョンしてないので、
そんなに逮捕しないでください。

では、まず、ザックリと分けて、

【風景編】

  • 2Favorite
  • 410view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12010/02/15

「アジアの中枢、タイの首都バンコク。

まぁこのカオサンという地区は、
バンコクの中でもバックパッカーが集まるスポットなので、
本当の意味でのバンコクの味とはまた違うのかもしれないけど、
この感じ、懐かしいのです。

と、いうのも、今回、卒業旅行として東南アジアを選んだのは、
自分の1人旅の原点回帰

アジアの中枢、タイの首都バンコク。

まぁこのカオサンという地区は、
バンコクの中でもバックパッカーが集まるスポットなので、
本当の意味でのバンコクの味とはまた違うのかもしれないけど、
この感じ、懐かしいのです。

と、いうのも、今回、卒業旅行として東南アジアを選んだのは、
自分の1人旅の原点回帰として、初めて1人旅をした国、
タイをもう一度歩いてみようと思ったのがきっかけなのです。

思えば、初めて1人旅をした時は、自分一人でやったろ、
っていう力試し的要素が強かったんだなぁ。
おかげさまで、今では、何事もなんとでもなると思うようになりました。

だから、基本的には、オカマに殴られても、
国境で入国スタンプをもらうためにあちこちたらい回しにされてバスに遅れそうになっても、
真冬の北欧で宿が見つからず路頭に迷っても、
ティーンエイジャーが「Hey Chinese!Hoo!」って叫びながら
飛びかかってきても、
頭上にハサミが降ってきても、ノープロブレムなのである。

でまぁ、何が言いたいかというと…
すまん、今回はあんましそういう類のハプニングが無くて、
なんていうか…人に話して面白い話がそんなに無いのだ(笑)

なので、出来るだけ清らかな心で見守ってください、このブタ野郎。

  • Loved to be there!

Day 42010/02/18

「ナイトバザールの様子。
まぁこの辺は完全観光客ターゲットのバザールです。
が、そのぶん、こういう綺麗なお土産が売ってます。
写真は、花の形をした石鹸。

あ、ちなみにとあるナイトバザールで
Tシャルを憧れの眼差しで眺めたりしてショッピングを楽しんでいたら、

「Excuse me, how muc

ナイトバザールの様子。
まぁこの辺は完全観光客ターゲットのバザールです。
が、そのぶん、こういう綺麗なお土産が売ってます。
写真は、花の形をした石鹸。

あ、ちなみにとあるナイトバザールで
Tシャルを憧れの眼差しで眺めたりしてショッピングを楽しんでいたら、

「Excuse me, how much is this T-shirt?」

って聞かれたけど…

知らねー。このTシャツがいくらかなんて知らねー。

っていうか、オレ店員じゃねー、店員じゃねー、
決してカリスマショップ店員じゃねー。

所詮、アジア人なんて、欧米人から見たらどれも一緒の顔に見えるよな、そりゃ。

ま、「いくら?」って聞いてきた奴も、東アジア系だったけど。

わかれよ。

  • Loved to be there!

Day 82010/02/22

「中学校の地理で習ったことがあると思います、メコン川。
タイとラオスを分かつ国境となっている部分のメコン川です。

この川をピュッと渡るだけでもう、ラオスの土。
国境を渡る旅に思います。

教科書に書いてあるような国境線は、どこにもひかれていないんだよな。」【勝手にバックパッカー】東南アジアで路地歩

中学校の地理で習ったことがあると思います、メコン川。
タイとラオスを分かつ国境となっている部分のメコン川です。

この川をピュッと渡るだけでもう、ラオスの土。
国境を渡る旅に思います。

教科書に書いてあるような国境線は、どこにもひかれていないんだよな。

Day 92010/02/23

「ラオスで、滝を見るためにバイクをレンタルして疾走。
風を追い越すこの感覚が気持ち良いのです。

ゲストハウスで見かけたポスターにひかれて、一目惚れしたセーの滝。
で、この船でいざ、目的の滝へ。

このイケメンは、途中で出合ったチャリ旅ライダー。
写真に映えるぜ。
(と、思いながらガンガン盗撮)」【

ラオスで、滝を見るためにバイクをレンタルして疾走。
風を追い越すこの感覚が気持ち良いのです。

ゲストハウスで見かけたポスターにひかれて、一目惚れしたセーの滝。
で、この船でいざ、目的の滝へ。

このイケメンは、途中で出合ったチャリ旅ライダー。
写真に映えるぜ。
(と、思いながらガンガン盗撮)

  • Loved to be there!

「で、蓋を明けたらこれでした。ガビーン。

よく考えたら、この時期は乾季でした。

乾季→雷様ニート状態→雨降んね→滝が枯渇→ガビーン。
本来なら、この段々全てに水が溢れているはずなのです!
次回絶対にまた来たいポイント。

ちなみにここに入るたびに3回くらいゲートでお金を払わされました。
チャリ旅

で、蓋を明けたらこれでした。ガビーン。

よく考えたら、この時期は乾季でした。

乾季→雷様ニート状態→雨降んね→滝が枯渇→ガビーン。
本来なら、この段々全てに水が溢れているはずなのです!
次回絶対にまた来たいポイント。

ちなみにここに入るたびに3回くらいゲートでお金を払わされました。
チャリ旅ライダーと話した結果、最初の野郎は、
なんちゃって係員だな、ということに落ち着きました。

  • Loved to be there!

Day 102010/02/24

「多くのバックパッカーがこの街に沈没するという街、ルアンパバーン(ラオス)。

ものすごく小さな街だけど、この小ぢんまりとした街に、
川の向こうにある雄大な自然。

この街に着いたその晩…」【勝手にバックパッカー】東南アジアで路地歩きイリュージョン~タイ・ラオス・ベトナム~【風景編】(安田大祐さん)

多くのバックパッカーがこの街に沈没するという街、ルアンパバーン(ラオス)。

ものすごく小さな街だけど、この小ぢんまりとした街に、
川の向こうにある雄大な自然。

この街に着いたその晩…

  • Loved to be there!

「ウヒョーイ!
ラオス料理、ラープでございます!

この写真に写っている露店のTシャツ売りが食していらっしゃられるのが、
ラープというサラダ状のなにかでございます候。

ラープにも種類があって、チキンとかポークとか、選べたんだけど、
せっかくだから一番値が張るフィッシュのやつにしてみたよっ。

いや

ウヒョーイ!
ラオス料理、ラープでございます!

この写真に写っている露店のTシャツ売りが食していらっしゃられるのが、
ラープというサラダ状のなにかでございます候。

ラープにも種類があって、チキンとかポークとか、選べたんだけど、
せっかくだから一番値が張るフィッシュのやつにしてみたよっ。

いやいや、ウメー、ラープ超うめー。

って、ガツガツ食べてたら、翌日、

  • Loved to be there!

Day 112010/02/25

「こうなりました。ドビュッシー!

腹痛、発熱、下痢、嘔吐。
なんだこれ、なんか色んな症状のフルコース。

早朝4時にお腹が痛くなって、トイレに駆け込むと、
この旅初めての下痢でドビュッシー。

「へへ、ついに来やがったか…」
とまぁ、ちょっと余裕をチラ見せしながら再び床につき、
次に目を覚ますと、

こうなりました。ドビュッシー!

腹痛、発熱、下痢、嘔吐。
なんだこれ、なんか色んな症状のフルコース。

早朝4時にお腹が痛くなって、トイレに駆け込むと、
この旅初めての下痢でドビュッシー。

「へへ、ついに来やがったか…」
とまぁ、ちょっと余裕をチラ見せしながら再び床につき、
次に目を覚ますと、どうにも体がフラフラ。

この胸の高鳴りは、青春のあの日!
というのはさておき、食欲も湧かなかったけど、
下痢のときは水分をとらなきゃいかん、と思って、水とパインジュースを購入。

それからまた大人しくベットへカムバック。
略してベッカム。

水とパインジュースで栄養補給だぜ。

ってやってたら、胸にこみあげるロマンスが。
すぐさまトイレに滑りこみ、嘔吐でドビュッシー。

パインジュースが酸味を5割増しにしてくれた昼下がり。

そんなこんなでこの日は1日中ベッドで生ける屍やってました。
まぁなんか汚い話で大変申し訳ない。

反省は、してない。

ドビュッシー!

  • Loved to be there!

Day 132010/02/27

「お口直しに。

食虫なのかな?

オレは食中だったけど。」【勝手にバックパッカー】東南アジアで路地歩きイリュージョン~タイ・ラオス・ベトナム~【風景編】(安田大祐さん)

お口直しに。

食虫なのかな?

オレは食中だったけど。

Day 152010/03/01

「こちらが本当のお口直し。

ベトナムにて。

空は美しい。

空は全てを包み込むように柔らかい。」【勝手にバックパッカー】東南アジアで路地歩きイリュージョン~タイ・ラオス・ベトナム~【風景編】(安田大祐さん)

こちらが本当のお口直し。

ベトナムにて。

空は美しい。

空は全てを包み込むように柔らかい。

「「これがアタシのビジネス。

アタシのボスはアタシだよ。

アンタのボスは、誰だい?」」【勝手にバックパッカー】東南アジアで路地歩きイリュージョン~タイ・ラオス・ベトナム~【風景編】(安田大祐さん)

「これがアタシのビジネス。

アタシのボスはアタシだよ。

アンタのボスは、誰だい?」

Day 162010/03/02

「「そりゃあ、曇りの日もあるし、雨の日だってあるさ。

だけどこいつら、いつも真っ直ぐ伸びてやがる。

あんたはどうだい?」」【勝手にバックパッカー】東南アジアで路地歩きイリュージョン~タイ・ラオス・ベトナム~【風景編】(安田大祐さん)

「そりゃあ、曇りの日もあるし、雨の日だってあるさ。

だけどこいつら、いつも真っ直ぐ伸びてやがる。

あんたはどうだい?」

Travel Tracking

Comments

  • 2Favorite
  • 410view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

【勝手にバックパッカー】東南アジアで路地歩きイリュージョン~タイ・ラオス・ベトナム~【風景編】 【勝手にバックパッカー】東南アジアで路地歩きイリュージョン~タイ・ラオス・ベトナム~【風景編】

Back to Top of 【勝手にバックパッカー】東南アジアで路地歩きイリュージョン~タイ・ラオス・ベトナム~【風景編】