Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Yuichi Kudoさんのログブック(旅行記)「貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅」

貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅

2011-07-11 - 2011-07-16 15 799 3

知る人ぞ知る貴州省の秘境茘波(れいは)を見学してきました。州都の貴陽からの車移動は予想通り大変でしたが、苦労していくだけの価値はある場所だと感じました。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2011/07/11

贵阳市 Guiyang Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国)

贵阳市 Guiyang(Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国))|貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅(Yuichi Kudoさん)

中国国際航空(CA)にて北京へ。翌日CA便にて貴州省の州都・気陽へ。今回の旅は知られざる世界自然遺産「荔波(れいは)」への旅です。貴州省の山奥に写真のようなカルスト地形の風光明媚な場所がるというのです。噂を聞きつけやってきました。

2日目2011/07/12

贵阳市 Guiyang Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国)

贵阳市 Guiyang(Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国))|貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅(Yuichi Kudoさん) - 02

午前、貴陽を出発し終日かけ山奥の秘境荔波へ。朝出発し到着は夕方5時くらいでした。とても長い道のり・・写真は貴陽の街です。貴陽は少数民族が住む山岳部とは違い古くから交通の要所として発展してきました。今では人口300万人を超える大都市です。

libo san li hotel Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国)

libo san li hotel(Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国))|貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅(Yuichi Kudoさん)

荔波到着。ついに到着。カルスト地形の山間部をひたすら走りたどり着きました。明日の観光に備え本日は早めに休みました。噂によるとあの有名な中国四川省にある九寨溝をも上回る素晴らしさとか。規模的に考えると西の九寨溝クロアチアのプリトヴィッツェ国立公園みたいなところなのか!?期待が膨らみます。

3日目2011/07/13

れいは Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国)

れいは(Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国))|貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅(Yuichi Kudoさん)

荔波風景区の見学スタート。小七孔風景区へ。天候に恵まれ少し暑い中でしたが、風光明媚な景色を堪能。本当に素晴らしい。古橋前で写真ストップ。水面に橋が反射し幻想的な景色でした。九寨溝と比べられるようですが、九寨溝よりは正直地味です。しかし素朴な景観は心が落ち着きます。

れいは Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国)

れいは(Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国))|貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅(Yuichi Kudoさん) - 02

写真は68級瀑布。歩ける石の数が68か所あるところから、この名前になったよう。小七孔風景区は、幅1キロ、長さ12キロの狭い谷で、少数民族の住居等、文化的景観及び洞、林、湖、滝、石、水などさまざまなカルスト景観が混在して分布している。

れいは Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国)

れいは(Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国))|貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅(Yuichi Kudoさん) - 07

翠谷瀑布です。荔波風景区、小七孔風景区の一つのハイライトスポットです。高い山の上から勢いよく滝が流れ落ちる姿は圧巻でした。中国の風景区はどこも必ずと言って良いほど見どころに石の看板があります。記念撮影好きな中国人らしいですが、海外からの観光客にとってもとてもありがたいです。

れいは Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国)

れいは(Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国))|貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅(Yuichi Kudoさん) - 03

臥龍潭(がりゅうたん)です。ここは人工的に堰き止められた小さな湖で、12キロにおよぶ小七孔渓谷の一番上流に位置し、渓流の水源となっているカルスト地下水の湧き出し口にあたります。水利のために作られた半円形のダムで地下水が堰き止められ、小さな湖ができています。ダムから勢いよく流れ落ちる白い落水と、堰き止められた湖面のコバルトブルーの鮮やかなコントラストには息をのみました。

れいは Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国)

れいは(Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国))|貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅(Yuichi Kudoさん) - 04

午後は水族の村へ。貴州省にはたくさんの少数民族が住んでいます。独自の文字と文化を持つ水族は荔波と隣の三都周辺にしか住んでいません。我々が行くと歓迎の儀式を行ってくれました。お酒がふるまわれましたが、とてつもなく強烈なものでした。焼酎を凝縮したみたいな!?

4日目2011/07/14

れいは Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国)

れいは(Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国))|貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅(Yuichi Kudoさん) - 05

本日は大七孔風景区の見学です。ここは小七孔とは違い迫力ある滝、きれいな湖等の具体的な見どころはありませんが、きれいな空気を吸いながらのんびりお散歩するにはとても良いコースでした。約2時間かけ同じ道を行って帰ってきました。

れいは Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国)

れいは(Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国))|貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅(Yuichi Kudoさん) - 06

午後、ブイ族の村へ。女性たちが独自の民族衣装を身に着けています。入口ではやはり歓迎の歌とお酒の振る舞いがあり、村の中では古くから伝わる紙の製法を教えてくれたりきました。村はこじんまりとしており30分くらいでぐるっとまわりました。

5日目2011/07/15

Duyun Dong (East) Railway Station Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国)

Duyun Dong (East) Railway Station(Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国))|貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅(Yuichi Kudoさん)

荔波を出発し貴陽を目指します。途中都均にて昼食。食後、明代の町並みを残す石板街の散策へ。約40分のんびりと散策しました。このあたりの名物茶「毛尖茶」を探し一軒のお茶屋さんに到着しました。値段を聞いたら1缶の茶葉で3000円とのこと。これは安いのか、高いのか?うーん、、とりあえず購入(笑)

贵阳市 Guiyang Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国)

贵阳市 Guiyang(Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国))|貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅(Yuichi Kudoさん) - 03

貴陽に到着。やはり長い道のりでした。写真は市内のランドマーク甲秀楼。明の時代に建てられた楼閣です。かつての中国官僚登用試験「科挙」を受ける人のための塾として使われていたようです。源治亜では市民の憩いの場となっています。

6日目2011/07/16

貴陽 青岩鎮 Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国)

貴陽 青岩鎮(Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国))|貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅(Yuichi Kudoさん)

本日は帰国に向け北京に戻る日。航空機の出発まで時間があったので、貴陽郊外にある青岩古鎮を訪ねました。古い町並みの岩堀の残る街はとても雰囲気があり今回の旅の最後の観光地としてはふさわしい場所となりました。昼食も街中で食べたのでのんびり過ごせました。

貴陽 青岩鎮 Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国)

貴陽 青岩鎮(Guizhou Sheng, 中華人民共和国 (中国))|貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅(Yuichi Kudoさん) - 02

でた!青岩で見つけました。唐辛子の素揚げです。試食しましたが見た目より辛くなく香ばしくとてもおいしかったです。さすが貴州省。辛いものはたくさんあります。有名な酸辣湯(サンラータン)も貴州省出身ですね。おいしかったので購入してしまいました。

Guizhou Sheng(中華人民共和国 (中国))|「青岩をゆっくり見学した後、いよいよ帰国に向けて古鎮を後にします。街中に入る前に取り忘れた街の城壁です。とても雰囲気のある街でした。貴陽から2時間弱かけて訪れる価値はありました。その後貴陽の空港から北京へ。そして帰国となりました。楽しかった。」

青岩をゆっくり見学した後、いよいよ帰国に向けて古鎮を後にします。街中に入る前に取り忘れた街の城壁です。とても雰囲気のある街でした。貴陽から2時間弱かけて訪れる価値はありました。その後貴陽の空港から北京へ。そして帰国となりました。楽しかった。

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

作者: Akira Naito

  • 11
  • 5555

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

作者: Daisuke Taniwaki

  • 15
  • 5215

ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

世界遺産
ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

2009-12-25 - 2010-01-02

  • 33
  • Yusuke Kon
人生で二回目の海外旅行はどういうわけかバックパッカーをすることになった。沢木耕太郎の深夜特急をバイブルなオレは行くしか無いのだ

作者: Yusuke Kon

  • 7
  • 3890

中国 ウルムチ滞在

一人旅
中国 ウルムチ滞在

2013-08-01 - 2013-08-08

  • 27
  • Shohei Watanabe
カザフスタンのビザを取得するため、ウルムチに1週間ほど滞在しました。思ったよりも漢民族が多く中国共産党の政策により、現在のウイグル自治区はトュルク系民族と漢民族が半々になってしまっています。 最近中国国内においてウイグル自治区がらみの問題が多いためか、ウイグルのバザール近くは中国公安が武装して治安維持にあたってました。 行くところもなく、観光地の天山天池へバスを乗り継いで行ってきました。 次回 カザフスタン アルマトイ https://www.compathy.net/tripnotes/652 写真はこちら。 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157637445453874/

作者: Shohei Watanabe

  • 14
  • 2999

初めての広州。


初めての広州。

2014-04-15 - 2014-04-19

  • 62
  • Jun
広州で大規模な見本市が行われるので、行ってきました。深圳は良く行きますが、広州まで行くのは初めてなのでワクワクしました。

作者: Jun

  • 4
  • 2623

船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

一人旅
船での出国!『新鑑真号に乗って』【大坂〜上海】

2008-04-14 - 2008-04-17

  • 9
  • Akira Naito
今でこそ飛行機が海外へのとこう手段として身近になったものの、はるか昔からついこないだまで、先人たちはこの海の向こうに待つ未知なる世界に憧れ、その身の危険を顧みず大海原へと出て行った。かつて上海で会った海路入国者たちに海路での旅の良さを聞いてからというもの、憧れるものの願わずだった海路での出国。満州から戻った僕の次の目的地は、前回の出国地。いざ、船で上海へ!

作者: Akira Naito

  • 6
  • 3302

中華人民共和国 内モンゴル自治区への旅


中華人民共和国 内モンゴル自治区への旅

2012-08-02 - 2012-08-07

  • 10
  • Kaori  Kasai
2012年8月、奔流中国のシルクロード乗馬キャラバンへ参加! 激動の中国の中にあって変わらないもの、力強く生きる人々の暮らしをこの目に焼き付けてきました。

作者: Kaori Kasai

  • 5
  • 4620

外洋クルーズのススメ

クルーズ
外洋クルーズのススメ

2013-09-25 - 2013-09-29

  • 13
  • Tomoaki Eto
「船旅は人生を変える」と言っても過言ではない。 特に大型豪華客船の旅は「地球を旅する」感覚を味わえる。 僕がこれまでに6回体験してきたクルーズの中から、昨年取材乗船した極めてコスパの高かった横浜〜上海の船旅を紹介。 ※こんな贅沢な旅が5〜8万円程度に収まることも…

作者: Tomoaki Eto

  • 3
  • 2919

貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅 貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅

貴州省の山奥カルストの大地茘波と少数民族と触れ合う旅 トップへ