Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Yuichi Kudoさんのログブック(旅行記)「北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅」

北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅

2012-06-21 - 2012-06-23 15 514 7

天津と北京の二都市の旅です。今回のハイライトはなかなか泊まることができない北京の釣魚台国賓館に2泊することです。実際泊まった感想は想像通りふつうは泊まれないんだろうなぁと感じるほど豪華で気品あるものでした。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2012/06/21

The Astor Hotel Gym & Pool 天津, 中華人民共和国 (中国)

The Astor Hotel Gym & Pool(天津, 中華人民共和国 (中国))|北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅(Yuichi Kudoさん)

千歳を出発しMU(中国東方航空)にて北京へ。その後高速道路を走り約120キロ西にある天津へ。夜、老舗名門ホテル「アスター(利順徳飯店)」に到着。ホテルに入ったとたん歴史を感じつつもモダンさを感じさせるなんともおしゃれなホテルでした。

The Astor Hotel Gym & Pool 天津, 中華人民共和国 (中国)

The Astor Hotel Gym & Pool(天津, 中華人民共和国 (中国))|北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅(Yuichi Kudoさん) - 03

アスターホテルの室内です。清潔感がありとても広く快適です。バスルームのバスタブも広くお風呂にテレビも完備。夜遅くに到着し疲れているにも関わらずいろいろと物色してしまいました。明日からの見学もあるしそろそろ寝ることにしよう。

2日目2012/06/22

The Astor Hotel Gym & Pool 天津, 中華人民共和国 (中国)

The Astor Hotel Gym & Pool(天津, 中華人民共和国 (中国))|北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅(Yuichi Kudoさん) - 02

早朝、ホテル周辺の解放北路を歩き、かつての英国租界地入口まで散策しました。解放公園は太極拳をする人で朝からにぎわっていました。天気は少し曇っていましたが、まあまあ少し肌寒い感じが目覚まし効果もある気持ちよく散歩できました。

The Astor Hotel Gym & Pool 天津, 中華人民共和国 (中国)

The Astor Hotel Gym & Pool(天津, 中華人民共和国 (中国))|北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅(Yuichi Kudoさん) - 04

朝、アスターホテル内を見学しました。アスターホテルは新館と旧館があり宿泊しているのは新館です。写真は旧館にあるエレベーターです。歴史を感じます。創業当時から今も現役で動いているそうですよ。同じようなエレベーターをトルコのペラパレスで見たことがあります。

Tianjin 天津, 中華人民共和国 (中国)

Tianjin(天津, 中華人民共和国 (中国))|北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅(Yuichi Kudoさん)

ここは静園です。ここは日本租界エリアで、1927年から満州国建国の1931年まで、ラストエンペラーである溥儀が暮らした邸宅です。洋風と日本風を合わせたおしゃれな建物でした。内部には溥儀と二人の妻の寝室、写真等が残されていました。

Tianjin 天津, 中華人民共和国 (中国)

Tianjin(天津, 中華人民共和国 (中国))|北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅(Yuichi Kudoさん) - 02

ここは天津で最も古いカトリック教会・望海楼教堂です。現在修復中の様子。昼食後に訪れたので、教会を見学し周辺を1時間くらい散策しました。中国なのにカトリックの教会というとおかしく感じますが、天津の町並みは不思議と西洋が中国にうまくなじんでいる感じがします。

Tianjin 天津, 中華人民共和国 (中国)

Tianjin(天津, 中華人民共和国 (中国))|北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅(Yuichi Kudoさん) - 03

老街です。天津の工芸・泥人形や、かりんとうのような名物お菓子、麻花の店もあり、ただ歩いているだけでも楽しくなるようなところです。時間もあったのでのんびりと散策。買い物を楽しみました。この後は駅に移動し北京に移動となります。

Tianjin 天津, 中華人民共和国 (中国)

Tianjin(天津, 中華人民共和国 (中国))|北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅(Yuichi Kudoさん) - 04

天津の駅から中国の高速鉄道に乗り込みます。日本で言うところの新幹線ですね。天津の駅の内装はとてもモダンで清潔感もありさすが中国有数の大都会という感じがしました。天津から各駅には一日100本もの高速鉄道が出発しているそうですよ。

Diaoyutai State Guesthouse | 釣魚台國賓館 北京, 中華人民共和国 (中国)

Diaoyutai State Guesthouse | 釣魚台國賓館(北京, 中華人民共和国 (中国))|北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅(Yuichi Kudoさん)

天津から高速鉄道に乗り、約30分で北京に到着しました。速い。。宿泊は贅沢にも普通は偉い人しか泊まることのできない北京釣魚台国賓館です。写真は国賓館の入口です。期待に胸が膨らみます。また明日は北京市内の見学。楽しみです。

3日目2012/06/23

Diaoyutai State Guesthouse | 釣魚台國賓館 北京, 中華人民共和国 (中国)

Diaoyutai State Guesthouse | 釣魚台國賓館(北京, 中華人民共和国 (中国))|北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅(Yuichi Kudoさん) - 02

朝、国賓館の敷地内を散歩しました。東京ドームの10倍はあるといわれる敷地内に18楼のゲストハウスが点在しています。歴史は古く800年前にさかのぼりますが、今では国家の首脳たちが外交を担う重要な場所として利用されています。すごい・・

Diaoyutai State Guesthouse | 釣魚台國賓館 北京, 中華人民共和国 (中国)

Diaoyutai State Guesthouse | 釣魚台國賓館(北京, 中華人民共和国 (中国))|北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅(Yuichi Kudoさん) - 03

敷地内には、いたるところに清代の建築が残る場所があります。早朝は動いていませんが、日中は専用カートもあり事前に予約するとカートに乗りながら敷地内を散策することができます。私は徒歩で約1時間かけ湖の周りを一周しました。素晴らしい!

TianAnMenGuangChangDong 北京, 中華人民共和国 (中国)

TianAnMenGuangChangDong(北京, 中華人民共和国 (中国))|北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅(Yuichi Kudoさん)

北京市内の見学。天気は良いのか悪いのか判断ができません。すごいガスでした。。中国は年々開発が進み環境汚染が大きな問題となっているとのこと。おそらく以前の日本も同じ状況だったんだろうと思いました。天安門広場を歩き故宮を目指します。

GuGong, Bus Stop, (E) 北京, 中華人民共和国 (中国)

GuGong, Bus Stop, (E)(北京, 中華人民共和国 (中国))|北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅(Yuichi Kudoさん)

故宮(紫禁城)です。写真のようにすごい人でした。正面入り口である午門から太和門をくぐります。するとそこは映画「ラストエンペラー」で百官が整列していた広場。正面が太和殿です。控えの間である中和殿、科挙の試験場であった保和殿も見学しました。

Diaoyutai State Guesthouse | 釣魚台國賓館 北京, 中華人民共和国 (中国)

Diaoyutai State Guesthouse | 釣魚台國賓館(北京, 中華人民共和国 (中国))|北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅(Yuichi Kudoさん) - 05

釣魚台国賓館に戻ります。夕食前にまた国賓館敷地内の散策。写真は天皇皇后両陛下が以前宿泊されたとわれる18号楼です。私は2号楼に泊まっており、以外に近いところに位置しておりました。翌日は帰国です。最後の夕食が楽しみです。

Diaoyutai State Guesthouse | 釣魚台國賓館 北京, 中華人民共和国 (中国)

Diaoyutai State Guesthouse | 釣魚台國賓館(北京, 中華人民共和国 (中国))|北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅(Yuichi Kudoさん) - 04

釣魚台国賓館での夕食です。うーん、おしゃれです。中国では珍しく個人ベースでお皿がサービスされました。円卓で皆で同じお皿をつつくというものではありませんでした。料理の内容も中華なのですが、洋のテイストもとりいれおり味も上品でした。明日は帰国。楽しい旅でした。

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

【天津】買って食べて思い出に浸って過ごした旧正月の旅

中国
【天津】買って食べて思い出に浸って過ごした旧正月の旅

2014-01-30 - 2014-02-05

  • 16
  • Yumi Nakamura
【天津ってどんなところ?】天津は古き良き中国の姿も残しつつ、租界時代の名残もあり、多くの著名人を輩出している大都市!環渤海湾地域の経済的中心地であり、中国北方最大の対外開放港。中国人に天津の人ってどんな人って聞けばだいたいおもしろい人たちいっぱいいるよね〜!って返ってくる。そう中国のお笑い芸人的な人たちを多く輩出しているのが天津なんだとか!確かにここに住んでる人たちは街中で喧嘩も多いけどその喧嘩の中にもジョークを混じり入れて話すほど笑いが絶えない人々がたくさん... ちょっと下品なところもあるけどそこもまたなんか馴染みやすい部分でもあるんだよね。不思議なことに。 租界時代の面影はたくさん残っていて、取り壊すことを禁止されている建物も多いため欧風建築物が数多く起こされている。なんだって中国の中でも上海と並んでも良いぐらい一番多くの国から租界地に選ばれたもの。 大学受験も終わり、大学が始まるまでの間にちょうど旧正月が行われるということで小さい頃、過ごしていた天津で一週間ほど過ごすことに。 ※天津に天津丼はございません

作者: Yumi Nakamura

  • 0
  • 810

上海で国際交流

中国
上海で国際交流

2014-05-11 - 2014-05-11

  • 5
  • Masaya Kawabe
初めての中国。少し不安はありましたが、国籍関係なく皆とてもフレンドリーでとても充実した時間を過ごす事が出来ました!参加者が自国の料理を振る舞う「Cooking Exchange」も行われました。

作者: Masaya Kawabe

  • 3
  • 347

四川省の山奥、美しい村丹巴訪問の旅

中国
四川省の山奥、美しい村丹巴訪問の旅

2010-09-27 - 2010-10-02

  • 15
  • Yuichi Kudo
四川省の山奥に位置する中国一美しい村と話題の丹巴を訪問しました。四川省の州都成都から片道で6時間以上と、とてもタフな旅となりましたが田舎でしか味わえない人々の無垢な対応とのどかな景色に感情。日本の里山のようなどこかなつかしい光景に時間も忘れのんびりと村を散策してきました。素朴ながらにも一生忘れない旅となりました。

作者: Yuichi Kudo

  • 2
  • 1135

旧満州エリア紀行

一人旅
旧満州エリア紀行

2008-03-19 - 2008-04-06

  • 52
  • Akira Naito
父親が幼少期を過ごしたという旧満州エリアへ行ってきました。まずはトランジットでソウルで一泊。そのあとハルピンから中国へ入り、旧満鉄の路線に乗って南進。日露戦争の激戦地『旅順』や番外編として勝手にレッドトライアングルと名付けた『中朝露国境』、そして最後は大連からフェリーで烟台へ渡り友達の待つ青島へ。

作者: Akira Naito

  • 11
  • 5383

中国国家AAAAA級風景区

一人旅
中国国家AAAAA級風景区

2014-05-02 - 2014-05-11

  • 26
  • Daisuke Taniwaki
GWを使って、中国は上海〜張家界〜三江〜龍勝〜広州と旅してきました。 中国ではAAAAA級とAAAA級の観光地で、日本にはないスケールの大きい絶景が拝めます。 また、北京・上海とかとは違った中国のちょっとした田舎の雰囲気も味わえます。 張家界〜三江〜龍勝はまだ日本人にはあまり知られておらず、日本人は一人も見ませんでした。 地元の人も日本人というものをほとんど見たことがなく自分が言うまで日本人だと思われなかったw 日本人だとわかっても別に嫌がられることもなく、良く来たねぇと優しくしてくれた。 日本人は少ないが地元人には超メジャーな観光地のため、観光客はかなり多い。 観光地内のバスは本数が少ない(特に龍勝)ため、日程に余裕を持って移動すると良い。 コストはかかるが移動にタクシーを使えばかなり旅程がラクになると思う。

作者: Daisuke Taniwaki

  • 14
  • 4879

ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

世界遺産
ニューイヤーを香港で迎えたバックパッカーの旅

2009-12-25 - 2010-01-02

  • 33
  • Yusuke Kon
人生で二回目の海外旅行はどういうわけかバックパッカーをすることになった。沢木耕太郎の深夜特急をバイブルなオレは行くしか無いのだ

作者: Yusuke Kon

  • 7
  • 3762

中国 ウルムチ滞在

一人旅
中国 ウルムチ滞在

2013-08-01 - 2013-08-08

  • 27
  • Shohei Watanabe
カザフスタンのビザを取得するため、ウルムチに1週間ほど滞在しました。思ったよりも漢民族が多く中国共産党の政策により、現在のウイグル自治区はトュルク系民族と漢民族が半々になってしまっています。 最近中国国内においてウイグル自治区がらみの問題が多いためか、ウイグルのバザール近くは中国公安が武装して治安維持にあたってました。 行くところもなく、観光地の天山天池へバスを乗り継いで行ってきました。 次回 カザフスタン アルマトイ https://www.compathy.net/tripnotes/652 写真はこちら。 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157637445453874/

作者: Shohei Watanabe

  • 14
  • 2877

初めての広州。


初めての広州。

2014-04-15 - 2014-04-19

  • 62
  • Jun
広州で大規模な見本市が行われるので、行ってきました。深圳は良く行きますが、広州まで行くのは初めてなのでワクワクしました。

作者: Jun

  • 4
  • 2488

北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅 北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅

北京釣魚台国賓館宿泊と天津の旅 トップへ