Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Arikawa Satokoさんのログブック(旅行記)「オランダの政治の中心、ハーグ。マウリッツハウス美術館で真珠の耳飾りの少女を見る。」

オランダの政治の中心、ハーグ。マウリッツハウス美術館で真珠の耳飾りの少女を見る。

2011-07-26 - 2011-07-2610 Episodes
Arikawa Satoko
Travel Collector
Arikawa Satoko
  • female
  • Netherlands
Places visited
Netherlands

ロッテルダムからICでハーグへ。正式名称はデン・ハーグ、ロッテルダムの駅舎で切符を買う時に窓口で駅員のおじさまに「Haag」の発音の仕方をレクチャーしてもらいました。(2011年はロッテルダム駅は改装中のため、プレハブっぽい駅舎)思っていた以上に大きな街で、マウリッツハウス美術館に「真珠の耳飾りの少女」を見に行く!という目的があったものの、肝心の美術館にたどりつくまでにビネンホフに寄り道。無事「真珠の耳飾りの少女」と対面し、美術館を出て水辺の風景を撮っていたら雨が降ってきたので、いつもお昼はパン屋さんでテイクアウトですがレストランに入りました。午後、雨のなか平和宮まで徒歩。

  • 0Favorite
  • 268view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12011/07/26

Binnenhof South Holland, Netherlands

Binnenhof(南ホラント, オランダ)|オランダの政治の中心、ハーグ。マウリッツハウス美術館で真珠の耳飾りの少女を見る。(Arikawa Satokoさん) - 02

マウリッツハウス美術館の在り処を、観光案内所で聞いたのに、見事に迷い込んでしまったビネンホフ。ここが国会議事堂中庭だとはこの時点で気が付いていません。

  • Loved to be there!

Binnenhof South Holland, Netherlands

Binnenhof(南ホラント, オランダ)|オランダの政治の中心、ハーグ。マウリッツハウス美術館で真珠の耳飾りの少女を見る。(Arikawa Satokoさん)

ビネンホフにある噴水。ほんのり濡れているように見えるのは、噴水の精ではなくて、少し前に降った雨のせい。この日は雨が多かった。

  • Loved to be there!

Binnenhof South Holland, Netherlands

Binnenhof(南ホラント, オランダ)|オランダの政治の中心、ハーグ。マウリッツハウス美術館で真珠の耳飾りの少女を見る。(Arikawa Satokoさん) - 03

ビネンホフの出口を探す。できれば、マウリッツハウス方面に抜けたい。白いアーチから出られそう。
余談ですがレンガ敷きの道が水はけがとてもいいです。雨が降っていたのがウソのよう。

  • Loved to be there!

Mauritshuis South Holland, Netherlands

Mauritshuis(南ホラント, オランダ)|オランダの政治の中心、ハーグ。マウリッツハウス美術館で真珠の耳飾りの少女を見る。(Arikawa Satokoさん)

表に真珠の耳飾りの少女がかかっていなかったら、きっと分からなかったと思う、マウリッツハウス美術館。入口は地下です。こじんまりとした建物ですが真珠の耳飾りの少女ともう一枚のフェルメールの絵を見にたくさんの人が来ます。でも、ものすごく混んでいるという感じはしませんでした。日本で見る時は並ぶし長時間対面もしていられない真珠の耳飾りの少女ですがここではじっくり見放題。

  • Loved to be there!

Ministerie van Algemene Zaken South Holland, Netherlands

Ministerie van Algemene Zaken(南ホラント, オランダ)|オランダの政治の中心、ハーグ。マウリッツハウス美術館で真珠の耳飾りの少女を見る。(Arikawa Satokoさん)

ホフ池からの眺め。左にある長い建物は国会議事堂。ビネンホフのちょうど裏側です。

  • Loved to be there!

Mauritshuis South Holland, Netherlands

Mauritshuis(南ホラント, オランダ)|オランダの政治の中心、ハーグ。マウリッツハウス美術館で真珠の耳飾りの少女を見る。(Arikawa Satokoさん) - 02

ホフ池から見るマウリッツハウス美術館。こうして見ると、水に浮かんでいるように見えます。ホフ池に映るマウリッツハウス美術館が綺麗。あまり運河の印象が残っていないのですが、やはり水のある場所というイメージは変わらないオランダ。

  • Loved to be there!

Lange Vijverberg South Holland, Netherlands

Lange Vijverberg(南ホラント, オランダ)|オランダの政治の中心、ハーグ。マウリッツハウス美術館で真珠の耳飾りの少女を見る。(Arikawa Satokoさん)

向かいにある木陰に行こうとしたら大粒の雨が降って来てしまったので、あえなくレストランへ退散しようとしつつ、ホフ池に雨粒の水環ができているのをのんきに見てました。

  • Loved to be there!

Vredespaleis (The Peace Palace) South Holland, Netherlands

Vredespaleis (The Peace Palace)(南ホラント, オランダ)|オランダの政治の中心、ハーグ。マウリッツハウス美術館で真珠の耳飾りの少女を見る。(Arikawa Satokoさん)

雨がやむ気配がないのですが、ハーグまで来たので、平和宮まで行ってみる。国際司法裁判所はこの中にあります。行った時はざっくりとしかここの裁判所の意味を考えなかったですが、つい最近捕鯨に関してここで判決が下されました。

  • Loved to be there!

Binnenhof South Holland, Netherlands

Binnenhof(南ホラント, オランダ)|オランダの政治の中心、ハーグ。マウリッツハウス美術館で真珠の耳飾りの少女を見る。(Arikawa Satokoさん) - 05

ビネンホフまで戻ってきました。噴水にはよく見ると綺麗な細工と赤いライオンのマーク。立ち上がったポーズのライオンはオランダでよく見かける紋章です。彫刻ベースの噴水ばかり見てきたので、このタイプの噴水は新鮮。

  • Loved to be there!

Binnenhof South Holland, Netherlands

Binnenhof(南ホラント, オランダ)|オランダの政治の中心、ハーグ。マウリッツハウス美術館で真珠の耳飾りの少女を見る。(Arikawa Satokoさん) - 04

ビネンホフを見納めしていたら雨が上がりました。雲の流れは早かったですが、少しだけ晴れ間もありました。オランダと雨はワンセット。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 268view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

オランダの政治の中心、ハーグ。マウリッツハウス美術館で真珠の耳飾りの少女を見る。 オランダの政治の中心、ハーグ。マウリッツハウス美術館で真珠の耳飾りの少女を見る。

Back to Top of オランダの政治の中心、ハーグ。マウリッツハウス美術館で真珠の耳飾りの少女を見る。