Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica
Arikawa Satokoさんのログブック(旅行記)「女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。」

女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。

2010-08-29 - 2010-08-2912 Episodes
Arikawa Satoko
Travel Collector
Arikawa Satoko
  • female
  • France
Places visited
France

シュノンソー駅から徒歩数分のところにあるシュノンソー城。ロワール古城の中でも有名なお城の一つ。川にかかるその姿は白鳥にも例えられます。女性たちが代々住んでいたからか。中に残る装飾も優美。また、二つのフランス式庭園は今でも美しいまま管理されています。
ロワール古城巡りツアーをするとだいたい組み込まれるくらいポピュラーです。別々の街に滞在していた友人と偶然会うくらい定番コース。

  • 0Favorite
  • 261view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime (need Login)

Day 12010/08/29

Château de Chenonceau Centre, France

Château de Chenonceau(サントル, フランス)|女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。(Arikawa Satokoさん)

シュノンソー城はシュノンソー駅からすぐ。林を抜けるとあります(チケット売り場は林の中にあります)ちょうど正面は改装中(白さを保つため)だったので覆っている布に正面の絵が描いてありました。(透けているわけではありません)正面から見ると小さ目のお城のように見えますが、川をまたいで建ててあるので入ってみると意外と大きいです。

  • Loved to be there!

Château de Chenonceau Centre, France

Château de Chenonceau(サントル, フランス)|女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。(Arikawa Satokoさん) - 03

シュノンソー城の手前にある塔。
入ることは出来ません。横についている細めの円柱の中が螺旋階段になっていると思うのですが、見た感じだと急な階段ではないのかな…と思える。

  • Loved to be there!

Galerie Centre, France

Galerie(サントル, フランス)|女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。(Arikawa Satokoさん)

橋の上にかかる広間。窓から川が見えます。床が碁盤の目のようになっています。天井は、木の梁が細かく貼ってあります。突き当りに扉が見えますが、向こう岸へ渡れるようになっていますが、観光客は渡れません。
ちょっと、端から端までダッシュしたくなるような細長さ。

  • Loved to be there!

Château de Chenonceau Centre, France

Château de Chenonceau(サントル, フランス)|女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。(Arikawa Satokoさん) - 02

城の中にある厨房。壁一面に用途によって使い分けていただろういろんな形の包丁、フライパン、鍋が並んでいました。こんなにいろんな種類と数があるのかとちょっとびっくりするくらい。毎晩、晩餐会状態だったのかな…すごいなと思ってしまう。

  • Loved to be there!

Château de Chenonceau Centre, France

Château de Chenonceau(サントル, フランス)|女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。(Arikawa Satokoさん) - 04

川を運搬用に使っていたので、これは荷物を釣り上げるためのハンドル。厨房は川の水面に比較的近い所にあります。

  • Loved to be there!

Château de Chenonceau Centre, France

Château de Chenonceau(サントル, フランス)|女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。(Arikawa Satokoさん) - 05

水をためておいて下の蛇口から出るようになっています。水道が引かれていない時はこんな風にしていたんだろうな。井戸は庭に一つあります。

  • Loved to be there!

Château de Chenonceau Centre, France

Château de Chenonceau(サントル, フランス)|女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。(Arikawa Satokoさん) - 07

厨房から川を見ることができます。ちょうどこの左側に荷物を受け取る場所があります。シュノンソー城はボートの貸し出しも行っていて、川から城を見たり、城の下をくぐったりできます。昔はこんな風に船で生活必需品を運んでいたんだろうな。

  • Loved to be there!

Château de Chenonceau Centre, France

Château de Chenonceau(サントル, フランス)|女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。(Arikawa Satokoさん) - 06

たくさんのプディング型と寸胴鍋。どんなお料理が作られていたのか気になります。現在フランス料理でセルクルを使って丸く成型したものがありますが、その原型はこのようなプディング型に詰めて成型していたのではないかな…と、歴史映画の晩餐会の様子を思い出してみる。

  • Loved to be there!

Château de Chenonceau Centre, France

Château de Chenonceau(サントル, フランス)|女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。(Arikawa Satokoさん) - 09

上階はここの城の主だった女性たちの部屋。壁は壁画ではなく壁紙でもなく、タペストリーです。いわゆるゴブラン織り。布に絵を描くのではなく、絵のような模様を色糸で織ってあります。染物なので褪色しやすいのですが、鮮やかに色が残っていました。

  • Loved to be there!

Château de Chenonceau Centre, France

Château de Chenonceau(サントル, フランス)|女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。(Arikawa Satokoさん) - 08

川にかかるシュノンソー城を庭から見ることができます。女性たちの住居や厨房、チャペルが右側の塔にまとまっていて、左側に長く伸びているのが広間です。広間は二階建てで上の広間は現代アートが展示されています。

  • Loved to be there!

Jardins du Château de Chenonceau Centre, France

Jardins du Château de Chenonceau(サントル, フランス)|女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。(Arikawa Satokoさん)

フランス式庭園から見るシュノンソー城。女性のために造られたお城にふさわしく、美しい庭園を二つ従えています。それぞれに女性ここに住んだ女性の名前が付いています。シュノンソー城を巡る女性たちの話は調べると昼ドラじみていて面白いです。ディアヌ・ド・ポワティエとカトリーヌ・ド・メディシスの辺り。

  • Loved to be there!

Jardins du Château de Chenonceau Centre, France

Jardins du Château de Chenonceau(サントル, フランス)|女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。(Arikawa Satokoさん) - 02

シュノンソー城の入り口は狛犬ならぬスフィンクスが左右にいます。左右から女性の顔に見つめられながら入るのがなんだか意味ありげ、シュノンソー城は女性のロマンティックとドラマのつまったお城。

  • Loved to be there!

Travel Tracking

Comments

  • 0Favorite
  • 261view

by adding to favorite, you can access this Logbook at anytime(need Login)

People also read these Logbooks (Travelogs)

女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。 女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。

Back to Top of 女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。