Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Arikawa Satokoさんのログブック(旅行記)「フランスの歴史を変えたロワールの奇跡、ジャンヌ・ダルクが訪れたシノン城。」

フランスの歴史を変えたロワールの奇跡、ジャンヌ・ダルクが訪れたシノン城。

2010-08-27 - 2010-08-27 11 829 0
  • France
訪れた国
フランス

ロワール川古城の中でも古いシノン城。ジャンヌ・ダルクが訪れたことでも有名で、街の中にはジャンヌ・ダルクの像や、城まで登る道には彼女が馬を繋いだ場所と言うのがひっそり残っています。
シャルル七世がジャンヌ・ダルクを試した広間は今は屋根が抜けていますが、広間があったであろうことがうかがい知れます。残った棟には城の歴史が展示されています。
ロワール古城の中で前期ものは崖・山にあり守りが強固な作り、後期の物は主に権威の象徴のために造られているので平地にあって装飾的と言うのが全体的な印象。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2010/08/27

Statue de Jeanne D' Arc サントル, フランス

Statue de Jeanne D' Arc(サントル, フランス)|フランスの歴史を変えたロワールの奇跡、ジャンヌ・ダルクが訪れたシノン城。(Arikawa Satokoさん)

シノンまでの列車は改装中だったので代行バスで。
駅からは山の上のお城を目指してシノンの城下町へ。行く途中の広場にあったジャンヌ・ダルクの像。ここからロレーヌ地方の村からここまで馬で来てここにいたシャルル7世を訪ねた、そのお城がシノンのお城。

  • 行ってよかった!

Rue Haute Saint-Maurice サントル, フランス

Rue Haute Saint-Maurice(サントル, フランス)|フランスの歴史を変えたロワールの奇跡、ジャンヌ・ダルクが訪れたシノン城。(Arikawa Satokoさん)

城下町は古くて細い道。中世の街なのでそうそう簡単にはお城にたどりつけないようになっています。街自体が守りの街(お城に一気に登るためのエレベーターがあるくらいには高さと勾配があります)

  • 行ってよかった!

Château de Chinon サントル, フランス

Château de Chinon(サントル, フランス)|フランスの歴史を変えたロワールの奇跡、ジャンヌ・ダルクが訪れたシノン城。(Arikawa Satokoさん) - 02

九十九おりの道を登るとお城の入り口にたどりつきます。ここまでも坂を少し登ります。途中に「ジャンヌ・ダルクが馬をここで繋いだ」という表示がある一画がありました。同じ道を登っているのかと思うと感慨深いです。

  • 行ってよかった!

Château de Chinon サントル, フランス

Château de Chinon(サントル, フランス)|フランスの歴史を変えたロワールの奇跡、ジャンヌ・ダルクが訪れたシノン城。(Arikawa Satokoさん) - 04

中世初頭から砦として使われていた場所なので増改築の跡がわかります。一時期廃墟になっていたこともあったので、崩れてしまっている場所もあり、いっそう古さを感じさせる。

  • 行ってよかった!

Château de Chinon サントル, フランス

Château de Chinon(サントル, フランス)|フランスの歴史を変えたロワールの奇跡、ジャンヌ・ダルクが訪れたシノン城。(Arikawa Satokoさん)

シノン城の看板。
11世紀から15世紀(14かもしれません)アンドル・エ・ロワールの所有財産です云々の文言が書いてあるのですが、欠けているので判然としません。シャトー・ド・シノンはきちん残っています。

  • 行ってよかった!

Château de Chinon サントル, フランス

Château de Chinon(サントル, フランス)|フランスの歴史を変えたロワールの奇跡、ジャンヌ・ダルクが訪れたシノン城。(Arikawa Satokoさん) - 03

入口はがっしりと、扉を落とせるようになっています。百年戦争の舞台の一つ、ロワール川沿いも例外ではないと思えば、この要塞のような守りにも納得。

  • 行ってよかった!

Château de Chinon サントル, フランス

Château de Chinon(サントル, フランス)|フランスの歴史を変えたロワールの奇跡、ジャンヌ・ダルクが訪れたシノン城。(Arikawa Satokoさん) - 05

今は崩れて天井が抜けていますが、この暖炉のある場所でジャンヌ・ダルクがシャルル7世に謁見しました。身代わりを王座に置いて、自分は諸侯の格好をしていたシャルル7世をジャンヌ・ダルクが間違えることなく見つけて挨拶をしたのは有名なエピソードとして語られています。その奇跡とも言える場所が目の前にあるという現実。残っている建物の中にはジャンヌ・ダルクに関する事柄が時系列に展示してあります。

  • 行ってよかった!

Château de Chinon サントル, フランス

Château de Chinon(サントル, フランス)|フランスの歴史を変えたロワールの奇跡、ジャンヌ・ダルクが訪れたシノン城。(Arikawa Satokoさん) - 06

シノン城から眺める川。残っている塔には矢を出すところや、物見の場所が今でも残っています。

  • 行ってよかった!

Château de Chinon サントル, フランス

Château de Chinon(サントル, フランス)|フランスの歴史を変えたロワールの奇跡、ジャンヌ・ダルクが訪れたシノン城。(Arikawa Satokoさん) - 07

シノン城から見下ろす城下町。下から来たので道が狭いのは感じていましたが、上から見るとなおいっそう密集して建てられてるように感じる。

  • 行ってよかった!

Château de Chinon サントル, フランス

Château de Chinon(サントル, フランス)|フランスの歴史を変えたロワールの奇跡、ジャンヌ・ダルクが訪れたシノン城。(Arikawa Satokoさん) - 08

対岸から見るシノン城。
門(右端)から城の奥(左端)までかなりの長さであることと、ほぼ垂直に城壁が作られていることがわかります。典型的な山城のシノンはロワール古城の中でも最古の城。

  • 行ってよかった!

La Vienne サントル, フランス

La Vienne(サントル, フランス)|フランスの歴史を変えたロワールの奇跡、ジャンヌ・ダルクが訪れたシノン城。(Arikawa Satokoさん)

ロワール川にそそぐヴィエンヌ川。中洲では夏なのでボート遊びをしている家族がいました。今ではのどかな風景のシノン。

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。


レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。

2010-08-28 - 2010-08-28

  • 19
  • Arikawa Satoko
朝に着いたアンボワーズの街、観光案内所とお城が開くまでロワール川からゆっくりと眺める時間を取りました。お城の中はいたってシンプルで機能的ですが崖の上にあるのは中世からルネサンスへの移行期の象徴。装飾的で一見山城ですが庭もついています。テラスにあるサンチュベール礼拝堂にはレオナルド・ダ・ヴィンチの墓所があります。 またアンボワーズ城から歩いていける場所には、レオナルド・ダ・ヴィンチの住んでいた館、クロ・リュセがあり、ダ・ヴィンチの残した設計図から作った乗り物などが展示されています。

作者: Arikawa Satoko

  • 0
  • 925

水辺に反映するロワール古城の美しい城、アゼ・ル・リドー


水辺に反映するロワール古城の美しい城、アゼ・ル・リドー

2010-08-26 - 2010-08-26

  • 12
  • Arikawa Satoko
ロワール古城めぐりをするなら、絶対に来たいと思っていたアゼ・ル・リドー城。繊細な小箱のようなお城が湖面に反映する姿はとても美しいです。数あるロワール古城の中では少しマイナーかもしれませんが、列車と徒歩で行けるお城でもあるので、足を運びたかった場所でもあります。 お城と湖、また、その周りも落ち着いていて、じっくり見るにはとてもいい場所です。

作者: Arikawa Satoko

  • 0
  • 874

2012.5 ロワール古城でオーロラ姫とマレフィセントに出逢う

女子旅
2012.5 ロワール古城でオーロラ姫とマレフィセントに出逢う

2012-05-10 - 2012-05-12

  • 49
  • tabitabi parsley
  • Haruna Okizaki
眠れる森の美女のモデルとなったお城”ユッセ城”へ行ってみたい・・・と古城が点在するフランスのロワール地方へ。 オーロラ姫に、アンジェリーナジョリー…じゃなくてマレフィセントにもお逢いしました。 フランス・ロワール地方には古城だけでなく、シャトーホテルも沢山あります。 1日半かけて古城めぐり、宿はもちろんシャトーホテル。 姉妹で行く(珍しく?)乙女な旅となりました・・・

作者: tabitabi parsley

  • 9
  • 2463

ショパンを訪ねる旅2009


ショパンを訪ねる旅2009

2009-05-26 - 2009-06-08

  • 42
  • Okano Hajime
ポーランド、イギリス、スペイン、フランスと4カ国を2週間の強行軍。足に豆ができて苦労しましたが、靴の中敷でなんとか克服。 皆さん見ていただいてるので、写真大量に増やしました。Ver.1.1

作者: Okano Hajime

  • 8
  • 2300

ロワール川沿いの街トゥール。旧市街地には中世の名残りのある静かな街。

街歩き
ロワール川沿いの街トゥール。旧市街地には中世の名残りのある静かな街。

2010-08-26 - 2010-08-29

  • 13
  • Arikawa Satoko
ロワール古城めぐりの拠点に滞在したトゥール。列車で行けるお城はこの街から日帰りしました(切符売り場で次の日の切符を買うという寸法、駅員さんが帰りの電車の時間などを教えてくれます。一部区間がレール改築中だったため、代行バスがありました)。旧市街のグランマルシェ界隈には、まだ中世の名残りのあり木組みの建物や、古い教会等があります。古い小路は探検するのも面白いです。

作者: Arikawa Satoko

  • 0
  • 945

青いステンドグラスのシャルトル。川べりには古い水車も残る古い町を散策。


青いステンドグラスのシャルトル。川べりには古い水車も残る古い町を散策。

2005-08-11 - 2005-08-11

  • 13
  • Arikawa Satoko
フランスの中でも指折りの教会一つ、シャルトルのノートルダム。建設期間が長かったので左右の尖塔の形が違うという例でしばしば美術史などに出てきます。中のステンドグラスも傑作として有名です特に南側にいる青い聖母。ステンドグラスと言うものが一般的になってきた初期の物、鉄枠部分が太く、バラ窓はとてもダイナミック。この教会に使われているガラスの青はシャルトルブルーと言われ現在の技術では作れない青色です。 またシャルトルの街は、古い建物がのこっており。教会の裏を流れる川には水車小屋や洗濯場などが残っています。

作者: Arikawa Satoko

  • 0
  • 631

女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。


女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。

2010-08-29 - 2010-08-29

  • 12
  • Arikawa Satoko
シュノンソー駅から徒歩数分のところにあるシュノンソー城。ロワール古城の中でも有名なお城の一つ。川にかかるその姿は白鳥にも例えられます。女性たちが代々住んでいたからか。中に残る装飾も優美。また、二つのフランス式庭園は今でも美しいまま管理されています。 ロワール古城巡りツアーをするとだいたい組み込まれるくらいポピュラーです。別々の街に滞在していた友人と偶然会うくらい定番コース。

作者: Arikawa Satoko

  • 0
  • 406

初めてのフランス旅行

初めての旅
初めてのフランス旅行

2011-06-13 - 2011-06-15

  • 9
  • Koz
初めての海外。憧れのパリ!古城!モンサンミッシェル! ワクワクとドキドキと不安でイッパイのフランスでした。 けど、本当に行ってよかった!そして、また行きたい

作者: Koz

  • 0
  • 384

フランスの歴史を変えたロワールの奇跡、ジャンヌ・ダルクが訪れたシノン城。 フランスの歴史を変えたロワールの奇跡、ジャンヌ・ダルクが訪れたシノン城。

フランスの歴史を変えたロワールの奇跡、ジャンヌ・ダルクが訪れたシノン城。 トップへ