Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸
Arikawa Satokoさんのログブック(旅行記)「レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。」

レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。

2010-08-28 - 2010-08-28 19 870 4
  • France
訪れた国
フランス

朝に着いたアンボワーズの街、観光案内所とお城が開くまでロワール川からゆっくりと眺める時間を取りました。お城の中はいたってシンプルで機能的ですが崖の上にあるのは中世からルネサンスへの移行期の象徴。装飾的で一見山城ですが庭もついています。テラスにあるサンチュベール礼拝堂にはレオナルド・ダ・ヴィンチの墓所があります。
またアンボワーズ城から歩いていける場所には、レオナルド・ダ・ヴィンチの住んでいた館、クロ・リュセがあり、ダ・ヴィンチの残した設計図から作った乗り物などが展示されています。

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

1日目2010/08/28

Rue de Blois サントル, フランス

Rue de Blois(サントル, フランス)|レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。(Arikawa Satokoさん)

アンボワーズ駅から徒歩でロワール川沿いに出ます。するとすぐに、あ、あれがアンボワーズ城だと分かる。

  • 行ってよかった!

Pont du Maréchal Leclerc サントル, フランス

Pont du Maréchal Leclerc(サントル, フランス)|レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。(Arikawa Satokoさん) - 02

トゥールではついぞ渡れなかったロワール川を渡る。ロワール川沿いの古城は意外とロワールの支流にあったりするので川のよく見ると名前が違っていたりします。

  • 行ってよかった!

Pont du Maréchal Leclerc サントル, フランス

Pont du Maréchal Leclerc(サントル, フランス)|レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。(Arikawa Satokoさん)

朝なので人はあまりいません。少し早く着いてしまったので、観光案内所が開くまでロワール川を気のすむまで眺めることにしました。
観光案内所はお城のある岸と同じ岸にあります。

  • 行ってよかった!

アンボワーズ城(Château d'Amboise) サントル, フランス

アンボワーズ城(Château d'Amboise)(サントル, フランス)|レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。(Arikawa Satokoさん) - 02

アンボワーズの地図をもらっておすすめの場所を聞いたらGO!アンボワーズ城に入ろうとすると高い城壁沿いの坂道を上がっていきます。下からサン・チュベール礼拝堂が見える。朝はなんとなく曇り気味だったのが晴れてきました。

  • 行ってよかった!

Chapelle Saint Hubert サントル, フランス

Chapelle Saint Hubert(サントル, フランス)|レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。(Arikawa Satokoさん)

お城を見に来たのに目が行ってしまうサン・チュベール礼拝堂。小さな礼拝堂ですがテラスの見晴らしの良い所にポンとあるのでとても目立ちます。

  • 行ってよかった!

アンボワーズ城(Château d'Amboise) サントル, フランス

アンボワーズ城(Château d'Amboise)(サントル, フランス)|レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。(Arikawa Satokoさん)

アンボワーズ城は山城ですがそろそろ守りよりも見た目重視のお城になってきたので窓や屋根に飾りがあります。

  • 行ってよかった!

アンボワーズ城(Château d'Amboise) サントル, フランス

アンボワーズ城(Château d'Amboise)(サントル, フランス)|レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。(Arikawa Satokoさん) - 03

アンボワーズ城のテラスから見下ろすアンボワーズの城下町。お城が開くとお土産屋さん等が開いて活気のある町に変身。

  • 行ってよかった!

Tombe de Léonard de Vinci サントル, フランス

Tombe de Léonard de Vinci(サントル, フランス)|レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。(Arikawa Satokoさん)

サン・チュベール礼拝堂の中にある、レオナルド・ダ・ヴィンチの墓所。フィレンツェに帰らずここに眠るレオナルド・ダ・ヴィンチ。イタリアからフランスに呼び寄せたのは、アンボワーズ城に居を構えていたフランソワ一世。モナリザがルーブルにあるのはそんな経緯があってから。

  • 行ってよかった!

アンボワーズ城(Château d'Amboise) サントル, フランス

アンボワーズ城(Château d'Amboise)(サントル, フランス)|レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。(Arikawa Satokoさん) - 04

王様の居城らしく、手の込んだ作りになり始めたお城。上階から見える屋根と煙突うノ様子ですが煙突一つ窓一つにも飾が欠かさずついています。白と赤レンガと紺のスレートの三色がちょうど綺麗に見えます。

  • 行ってよかった!

アンボワーズ城(Château d'Amboise) サントル, フランス

アンボワーズ城(Château d'Amboise)(サントル, フランス)|レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。(Arikawa Satokoさん) - 05

アンボワーズ城出口。アーチもただのアーチではなくて足がちょっと内また気味になっていて曲線的。晴れるとスレート屋根に反射してとても綺麗です。中は、意外とさっぱりしていて機能重視。

  • 行ってよかった!

Château du Clos Lucé サントル, フランス

Château du Clos Lucé(サントル, フランス)|レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。(Arikawa Satokoさん)

レオナルド・ダ・ヴィンチの終の棲家、クロ・リュセ。アンボワーズ城から徒歩5分くらい。アンボワーズ城より小さな館ですが、外装が凝っています。壁面に彫刻なんて、教会ぐらいでしかお目にかかれない。さすが、レオナルド・ダ・ヴィンチの家。

  • 行ってよかった!

Château du Clos Lucé サントル, フランス

Château du Clos Lucé(サントル, フランス)|レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。(Arikawa Satokoさん) - 04

中には、レオナルド・ダ・ヴィンチの手記にある空飛ぶ機械を実際にミニチュア模型にして展示してあります。これはヘリコプター。

  • 行ってよかった!

Château du Clos Lucé サントル, フランス

Château du Clos Lucé(サントル, フランス)|レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。(Arikawa Satokoさん) - 02

こちらはグライダー。中に人が入って足をかける場所と手でつかむ場所があります。この羽根は動くはず。

  • 行ってよかった!

Château du Clos Lucé サントル, フランス

Château du Clos Lucé(サントル, フランス)|レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。(Arikawa Satokoさん) - 03

クロ・リュセの館の地下に伸びる秘密の階段。これはアンボワーズ城の地下につながっています。フランソワ一世がお忍びでレオナルド・ダ・ヴィンチの所に遊びに来られるよう(もしくはその逆)に作られたもの。真実は分かりませんがアンボワーズ城につながっているのは事実。

  • 行ってよかった!

Jardin du Clos Lucé サントル, フランス

Jardin du Clos Lucé(サントル, フランス)|レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。(Arikawa Satokoさん)

クロ・リュセの庭に、設計図通りの大きさのヘリコプターの模型がありました親子が動かしていました。固定されているからかもしれませんが飛びません。他にもモニュメントのある庭。アンボワーズ城もこクロ・リュセも庭が整備されていました。

  • 行ってよかった!

Rue Victor Hugo サントル, フランス

Rue Victor Hugo(サントル, フランス)|レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。(Arikawa Satokoさん)

クロ・リュセの入り口はちょっとわかりづらいですが、ポスターが貼ってあるのでそれが目印になります。また午後になると人の出入りが多くなるのですぐにわかります。アンボワーズ城とクロ・リュセはセットで見たい場所。

  • 行ってよかった!

サントル(フランス)|「これはロワール川沿いにたまに見かける岩窟住居。この辺りは渓谷になっていて、切り立った崖状になった場所に横穴を穿って家にしています。天然の石造りの家。断熱効果はバッチリ。バスで渓谷沿いを通るとポコポコあります。」レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。

これはロワール川沿いにたまに見かける岩窟住居。この辺りは渓谷になっていて、切り立った崖状になった場所に横穴を穿って家にしています。天然の石造りの家。断熱効果はバッチリ。バスで渓谷沿いを通るとポコポコあります。

  • 行ってよかった!

Quai François Tissard サントル, フランス

Quai François Tissard(サントル, フランス)|レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。(Arikawa Satokoさん)

ロワール川にある中洲から見るアンボワーズ城。ここから見るとそれなりに守りもできているお城です。ロワール川の流れはゆったりしているので、川面にアンボワーズ城が映ります。この中洲はビューポイント。

  • 行ってよかった!

Statue en Bronze de Léonard de Vinci サントル, フランス

Statue en Bronze de Léonard de Vinci(サントル, フランス)|レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。(Arikawa Satokoさん)

同じく中洲にあるレオナルド・ダ・ヴィンチのブロンズ像。ちょうどアンボワーズ城を見上げるように佇んでいます。手をかけているのはギリシア劇のマスク。今でこそイタリアとフランスは飛行機ですぐですが、フィレンツェからアンボワーズは、遠かっただろうなあ、ダ・ヴィンチ先生。

  • 行ってよかった!

旅のルート

コメント

いつでもこの旅行記を見返したり、この作者が新しい旅行記を作成した時にお知らせを受け取ることができます

この旅行記(ブログ)を読んだ人が読んでいます

水辺に反映するロワール古城の美しい城、アゼ・ル・リドー


水辺に反映するロワール古城の美しい城、アゼ・ル・リドー

2010-08-26 - 2010-08-26

  • 12
  • Arikawa Satoko
ロワール古城めぐりをするなら、絶対に来たいと思っていたアゼ・ル・リドー城。繊細な小箱のようなお城が湖面に反映する姿はとても美しいです。数あるロワール古城の中では少しマイナーかもしれませんが、列車と徒歩で行けるお城でもあるので、足を運びたかった場所でもあります。 お城と湖、また、その周りも落ち着いていて、じっくり見るにはとてもいい場所です。

作者: Arikawa Satoko

  • 0
  • 821

フランスの歴史を変えたロワールの奇跡、ジャンヌ・ダルクが訪れたシノン城。


フランスの歴史を変えたロワールの奇跡、ジャンヌ・ダルクが訪れたシノン城。

2010-08-27 - 2010-08-27

  • 11
  • Arikawa Satoko
ロワール川古城の中でも古いシノン城。ジャンヌ・ダルクが訪れたことでも有名で、街の中にはジャンヌ・ダルクの像や、城まで登る道には彼女が馬を繋いだ場所と言うのがひっそり残っています。 シャルル七世がジャンヌ・ダルクを試した広間は今は屋根が抜けていますが、広間があったであろうことがうかがい知れます。残った棟には城の歴史が展示されています。 ロワール古城の中で前期ものは崖・山にあり守りが強固な作り、後期の物は主に権威の象徴のために造られているので平地にあって装飾的と言うのが全体的な印象。

作者: Arikawa Satoko

  • 0
  • 758

2012.5 ロワール古城でオーロラ姫とマレフィセントに出逢う

女子旅
2012.5 ロワール古城でオーロラ姫とマレフィセントに出逢う

2012-05-10 - 2012-05-12

  • 49
  • tabitabi parsley
  • Haruna Okizaki
眠れる森の美女のモデルとなったお城”ユッセ城”へ行ってみたい・・・と古城が点在するフランスのロワール地方へ。 オーロラ姫に、アンジェリーナジョリー…じゃなくてマレフィセントにもお逢いしました。 フランス・ロワール地方には古城だけでなく、シャトーホテルも沢山あります。 1日半かけて古城めぐり、宿はもちろんシャトーホテル。 姉妹で行く(珍しく?)乙女な旅となりました・・・

作者: tabitabi parsley

  • 9
  • 2321

ショパンを訪ねる旅2009


ショパンを訪ねる旅2009

2009-05-26 - 2009-06-08

  • 42
  • Okano Hajime
ポーランド、イギリス、スペイン、フランスと4カ国を2週間の強行軍。足に豆ができて苦労しましたが、靴の中敷でなんとか克服。 皆さん見ていただいてるので、写真大量に増やしました。Ver.1.1

作者: Okano Hajime

  • 8
  • 2233

ロワール川沿いの街トゥール。旧市街地には中世の名残りのある静かな街。

街歩き
ロワール川沿いの街トゥール。旧市街地には中世の名残りのある静かな街。

2010-08-26 - 2010-08-29

  • 13
  • Arikawa Satoko
ロワール古城めぐりの拠点に滞在したトゥール。列車で行けるお城はこの街から日帰りしました(切符売り場で次の日の切符を買うという寸法、駅員さんが帰りの電車の時間などを教えてくれます。一部区間がレール改築中だったため、代行バスがありました)。旧市街のグランマルシェ界隈には、まだ中世の名残りのあり木組みの建物や、古い教会等があります。古い小路は探検するのも面白いです。

作者: Arikawa Satoko

  • 0
  • 892

青いステンドグラスのシャルトル。川べりには古い水車も残る古い町を散策。


青いステンドグラスのシャルトル。川べりには古い水車も残る古い町を散策。

2005-08-11 - 2005-08-11

  • 13
  • Arikawa Satoko
フランスの中でも指折りの教会一つ、シャルトルのノートルダム。建設期間が長かったので左右の尖塔の形が違うという例でしばしば美術史などに出てきます。中のステンドグラスも傑作として有名です特に南側にいる青い聖母。ステンドグラスと言うものが一般的になってきた初期の物、鉄枠部分が太く、バラ窓はとてもダイナミック。この教会に使われているガラスの青はシャルトルブルーと言われ現在の技術では作れない青色です。 またシャルトルの街は、古い建物がのこっており。教会の裏を流れる川には水車小屋や洗濯場などが残っています。

作者: Arikawa Satoko

  • 0
  • 598

女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。


女性のたちのドラマのつまった城、川の上にかかるシュノンソー。

2010-08-29 - 2010-08-29

  • 12
  • Arikawa Satoko
シュノンソー駅から徒歩数分のところにあるシュノンソー城。ロワール古城の中でも有名なお城の一つ。川にかかるその姿は白鳥にも例えられます。女性たちが代々住んでいたからか。中に残る装飾も優美。また、二つのフランス式庭園は今でも美しいまま管理されています。 ロワール古城巡りツアーをするとだいたい組み込まれるくらいポピュラーです。別々の街に滞在していた友人と偶然会うくらい定番コース。

作者: Arikawa Satoko

  • 0
  • 373

初めてのフランス旅行

初めての旅
初めてのフランス旅行

2011-06-13 - 2011-06-15

  • 9
  • Koz
初めての海外。憧れのパリ!古城!モンサンミッシェル! ワクワクとドキドキと不安でイッパイのフランスでした。 けど、本当に行ってよかった!そして、また行きたい

作者: Koz

  • 0
  • 358

レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。 レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。

レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりのアンボワーズ城とクロ・リュセの館。 トップへ